上質の音楽を少人数で楽しむ会2023

Acousticlifeface

   Eto_usagi_kamifubuki
Acousticlife  イベント予定 2023年

※コロナの影響等によって変更の可能性がありますので、参加される直前にリンク先で最新のものをご確認ください。

◆1月22日(日) 愛好家の会 ゲスト:森田 晴
◆2月26日(日) ギターの集い @笠間の家 (会場に注意)
◆3月18日(土) 富川 勝智 コンサート&レッスン会
◆4月 8日(土)  Aranjuez & Maris 交流会
◆4月19日(水) アフタヌーンサロン  
◆5月 7日(日)  愛好家の会 ゲスト:村北昌嗣 
◆5月17日(水) アフタヌーンサロン  
◆6月 4日(日)  愛好家の会 予定
◆6月21日(水) アフタヌーンサロン 予定
◆6月17日(土) 小暮浩史 レッスン会&ミニコンサート
◆6月18日(日) 小暮浩史&愛好家との出会い コンサート
◆7月 5日 (水) 渡邊泰敏を囲んで コンサート 予定
◆9月 3日 (日) 松澤結子 レッスン会
◆9月20日 (水)  アフタヌーンサロン 予定
◆10月1日(日) 愛好家の会 予定
◆10月18日(水) アフタヌーンサロン 予定
◆11月 5日 (日) 愛好家の会 予定
◆11月15日(水) アフタヌーンサロン 予定

予約、問い合わせ:marisguitar@gmail.com  
            
愛好家の会(フリーコンサート+ゲストコンサート)
 毎月第1(日)14時から開催することを基本とし、コンサートなど特別なイベントがある場合は都度、日程を設定。
コンサートやレッスン会 (有名プロギタリストによる) 
 休日開催が基本。 
アフタヌーンサロン 
 毎月第3(水)14時から開催することを基本とし、コンサートなど特別なイベントがある場合は都度、日程を設定。

各記事(特にイベント開催に関するもの)は、状況に応じ適宜更新しておりますので、「トップページのリンク」をクリックして念のための再確認をお願い致します

 

「愛好家の会」~集う、楽しむ、演奏する~

1月22日(日) 愛好家の会 ゲスト:森田 晴

4月  8日(土)   Aranjuez & Maris 交流会

5月  7日(日)  愛好家の会  ゲスト:村北昌嗣
               
村北ギターの記事 

・6月  4日(日) 愛好家の会 予定

・6月18日(日) 小暮浩史&愛好家との出会い 

・10月1日(日)  愛好家の会 予定

・11月5日(日)  愛好家の会 予定

            

コンサート&レッスン会 ~聴く、学ぶ、応援する~

3月18日(土)富川勝智 リサイタル&レッスン会

6月17日(土)小暮浩史 レッスン会&ミニコンサート

・9月  3日(日)松澤結子 レッスン会

 

 アフタヌーン・サロン ~創る、豊かなひととき~ 


・4月19日(水)開催 

・5月17日(水)開催

・7月5日(水)  渡邊泰敏を囲んで コンサート 予定
        
ウェブサイト

・9月20日 (水) 開催 予定

・10月18日(水)開催 予定

・11月15日(水)開催 予定

 

その他のイベント

2月26日(日)笠間の家 コンサート 
              

(2022年)

・12月18日(日)  千葉ソロ@浦安音楽ホール

・12月25日(日) フリコン@G文化館

 

■過去のイベント
2022年イベント
2021年イベント
アコラ15周年記念コンサート
AMF in ひたちなか 2017
アコラ10周年記念コンサート 
アコラ5周年記念コンサート

会の趣旨 (連絡先など) 
  Marisのアトリエ 動画 
35659909_1694981930622413_20629854621458

2022年12月 9日 (金)

水戸で合わせの練習

水戸のFelice音楽教室で、谷島さんと「Marisのアトリエ組曲」の合わせ練習をしました。

と言っても、第2楽章、第3楽章を1回ずつ合わせただけでした。

あとは、第1楽章、間奏曲、第4楽章を私が弾いて、作曲者である谷島さんに聴いて頂きました。

また、今後の活動の相談などをしました。

Img_8248

近くにある見川神社

 

***

天気が良いので、弘道館の駐車場に車を停めて「江山閣」を観に歩いて行ってきました。

大手門

Img_8262

 

水戸一高に移築された藥医門、オリジナルの創建は安土桃山時代という。。

Img_8252

建築家・妹島さんが関係し、少し前にリニューアルされた江山閣に行ってみました。

 Img_8256

Img_8253

誰が見ても、資材置き場ですね。

それも震災後放置されたままのような感じです。

周囲にある記念碑だったらしいところも崩壊したままです。

教育現場の(意図的な?)荒廃を感じました。

 Img_8255

向かい側の三高は、きれいに見えます。

Img_8258

 

帰り道、Swing に寄ってみました。

Img_8264

Img_8265

ちょうどマスターも居て、ギター演奏の会場として利用しないかと話されました。現在はジャスや歌系のグループは定期的に使っているとのことでした。

来年6月に文化会館で小暮さんを囲んだコンサートを開催する際には、打ち上げ・交流会などで使用する考えでしたが、文化会館は使用しなくなったのでその話はなくなりました。これからも何かの折に使おうと思っています。

ここでも、キャンペーンが適用できました。

 

***

今日は、近所のラーメン屋へ、キャンペーン協力です。

美味し。

Img_8266

 

 

2022年12月 7日 (水)

キャンペーンに協力

Hpmain

市の飲食業支援事業で、このポスターの店で1000円以上購入すると500円OFFになるという。

さっそく、この取り組みに協力することにしました。

 

5/1、8店舗廻り、うち5店がOK

Img_8219

Img_8220


12/4は、昼に近所のラーメン店1軒

12/5は、湊線の開運鐡道神社に行ったので、那珂湊周辺を廻ってみました。

Img_8245 

1月22日に開運鐡道神社で、新春弾き始め「奉納演奏」の話が急浮上しています。

先日、ちょうどBSプレミアムで、湊線などローカル線の番組を観たところでした。

森田晴さんに「奉納演奏」して頂けないか打診しています。

午後からの「愛好家の会」に参加される方も希望者は参加できるように考えています。

すべて関係者は、ボランティアということです。。

 

Img_8244

Img_8241

Img_8242

6店舗廻って、ランチ1軒と酒屋2軒とケーキ屋で、4店がOK

 

12/6は、Nさんとランチで1店

12/7は、近所の鶏のから揚げ屋へ、注文してから1時間待ちで、現在ブログを書いています。。

1週間で、17店舗廻って12店舗に協力できました。7割、大成功!

 

【3/18】富川 勝智 ギターリサイタル

Dsc_550411024x683
2023年3月18日(土)富川 勝智ギターリサイタルを開催します。

巨匠ホセ・ルイス・ゴンサレスを讃えて

巨匠ホセ・ルイス・コンサレスが他界してちょうど25年になります。

彼のテクニックや音楽性はセゴビア及びレヒーノ・サインス・デ・ラ・マーサから引き継いだ「スペインギター音楽」の王道と言えるものでした。

彼が愛したレパートリー、彼の作曲作品も演奏します。」

(以上は、富川氏からのメッセージ)

※一度、3月19日(日)とアナウンスしましたが、3月18日(土)に決定しました。



***

2023年3月18日(土)

開場:13時半 開演:14時 終了:17時頃

会場:Marisのアトリエ

料金:3,000円

料金は、富川 勝智 コンサート、愛好家演奏を含みます。

なお、少人数で開催のため事前予約をお願いします。

 

♪ 富川 勝智 ギターリサイタル

~巨匠ホセ・ルイス・ゴンサレスを讃えて~

【主な演奏曲目】

・特性的小品集  (M.トローバ)

・トナディーリャ (A.バリオス)

・夜明け    (J.L.ゴンサレス)、等


 2 ステージから構成される本格的なリサイタル
です。

 

※プログラムは都合により変更になる場合がございます。

追悼記念10周年サイト

           

【 富川 勝智(とみかわ まさとも)プロフィール】

上智大学外国語学部イスパニア語学科卒業後、スペインへ留学4年。

巨匠ホセ・ルイス・ゴンサレス、アレックス・ガロベーに師事。

帰国後、精力的に演奏活動を行う。

CD「プラテーロとわたし」「あなたとわたし」はスペインギター音楽の知られざる歴史的側面を伝える名盤としてレコード芸術誌特選盤に選ばれるなど評価が高い。

著作「クラシックギターの教科書」「子どものためのクラシックギターレッスン」「クラシックギターワークアウトブック」(YAMAHA)はいずれもベストセラーであり、指導者としても優れた門弟を育てている。

洗足学園音楽大学講師。公益社団法人日本ギター連盟代表理事。

 

※富川氏がひたちなかに来られるこの貴重な機会に、レッスン会、愛好家演奏も計画しています。

 

♪ 愛好家演奏  募集中!

1人 8分以内  料金はリサイタル料金に含まれます。

演奏希望者は、曲目も連絡ください。

富川先生と相談し、3人の方にリサイタルの前に演奏して頂きます。

 

♪富川 勝智レッスン会 募集中!

50分 10,000円 (~3名)

午前中から行います。

スペインギターの伝道師

 

受講申し込み者

①根本様

②村田様

③    募集中

 

※当日全体のスケジュールは、後報いたします。

 

※なお、新型コロナの状況によっては開催日や内容の一部変更等があることをご承知おきください。

少人数で行いますので、お早めにお申込みを頂ければ幸いです。

 

【お問合せ・お申込み】

marisguitar@gmail.com

2022年12月 6日 (火)

【2/26】「笠間の家 コンサート」 開催します

Kasamanoie

 

ギターの集い 笠間の家
「Marisのアトリエ組曲」に寄せて

「笠間の家」で、クラシックギターの小さなコンサートを開催します。
愛好家のフリーコンサートもできます。
ご参加いただければ幸です。
笠間の街の観光も楽しいです。。。

 

2023年2月26日(日)14時~

会場:「笠間の家」 笠間市

ウェブサイト

Img_8118

◆内容:

・コンサート

  「Marisのアトリエ組曲」全曲 初生演奏、他

 作曲家:谷島崇徳 熊坂勝行

 賛助演奏 細谷寛子

・愛好家のフリーコンサート

 

◆コンサート プログラム

・熊坂勝行

 アリエッタ    クレンジャンス
 トリストローザ  ヴィラ=ロボス
 アリア      クレンジャンス

・細谷寛子

 

谷島崇徳

「別れ」 Op. 21    ソル
 ベイビーズソング~  佐藤弘和

 

Marisのアトリエ組曲 

 谷島崇徳 熊坂勝行

【谷島崇徳 プロフィール】

Yajima_20221209124501

MI Japan GITマスターコース修了
高崎芸術短期大学音楽科作曲専攻卒業
同大学専攻科及び研究科ギター専攻修了
作曲を松本玲子、クラシックギターを伊藤博志各氏に師事
アレクサンダーテクニックを石井ゆり子氏に学ぶ

 

 

◆募集:愛好家フリーコンサートの参加者募集中!

 人数:6,7名程度 (先着順)

 参加料:1000円(演奏時間は10分以下、聴くだけの方も同料金)

申込みが増えてきましたので、順次アップして行きます。

 

愛好家フリーコンサート プログラム(順不同) 

酒寄様 バーデンジャズ組曲~シンプリシタス(J.イルマル)

長塚様

森 様

村田様 クラベリトス(M.リョベート編)
        ワルツ第4番(A.バリオス)

 

 

 

よろしくお願いします!

        

 

2022年12月 5日 (月)

【1/22】ギター愛好家の会 ゲスト:森田 晴 開催します

新春<ギター愛好家の会>を開催します。

ゲストに、茨城県出身のクラシックギター界 期待の新人 森田 晴さんをお迎えします。
現在、昭和音大で学ばれ、GLCギターコンクールで2位、3位を受賞し、いろいろな演奏会でも大活躍中です。
ギター愛好家の会ではフリーコンサート、ゲストコンサートを開催し、ギター仲間の交流を深めたいと思います。
もちろん、演奏はしないで聴くだけの方も大歓迎です。 皆さまのご参加をお待ちしております!

***

2023年1月22日(日)

開場:13時半 開演:14時 終了:17時頃

会場:Marisのアトリエ

料金: 1,500円

料金は、森田 晴 ミニコンサート、愛好家 フリーコンサートを含みます。

なお、少人数で開催のため事前予約をお願いします。

 

♪ 森田 晴 ミニコンサート

・アンダンテとポロネーズ (コスト)

・ワルツ第4番 (バリオス)

・バーデンジャズ組曲 (イルマル) 

*プログラムは都合により変更になる場合がございます。

 

【森田 晴 (もりた はる)プロフィール】

2021年3月茨城県立水戸第三高等学校音楽科卒業

2021年4月現在昭和音楽大学短期大学部(弦管打楽器コース)

2021年8月第46回GLCギターコンクール大学生の部第2位

2022年5月アルテリッカしんゆり「ザ・ギター&フルートライヴ」にて福田進一、熊谷俊之らと五重奏で共演

2022年8月第47回GLCギターコンクール大学生の部第3位

 

【新着情報】
2022年12月2日(金)代々木公園近くのハクジュホールで「若きギタリストたちによるギターコンサート」があり、
四人の若きギタリストの一人として、森田さんの溌溂とした演奏がありました。
現在は通学のため神奈川にお住まいですが、出身は茨城県の笠間市です。








  





参加者、募集中です!

♪ 愛好家フリーコンサート (1組 8分以内) 

・中野様 ラリアーネ祭   (L.モッツアーニ)

・村田様 練習曲ニ短調   (N.コスト)

・成田様

・根本様

・熊坂  ソナチネ3より  (M.ジュリアーニ)

 

当日の概略タイムスケジュール

♪ 愛好家 フリーコンサート 14時~

♪ 森田 晴 ミニコンサート    16時~

※なお、新型コロナの状況によっては開催日や内容の一部変更等があることをご承知おきください。

少人数で行いますので、お早めにお申込みを頂ければ幸いです。

 

【お問合せ・お申込み】

marisguitar@gmail.com

2022年12月 3日 (土)

ギタリストの響演2022(12/2、3)

12月2日(金)18時から、代々木公園近くのハクジュホールで「若きギタリストたちによるギターコンサート」がありました。

Shinnshin

Img_8229

Img_8230

ギター連盟代表理事の富川勝智さんの挨拶に続いて、四人の若きギタリストの溌溂とした演奏がありました。

 

演奏後、森田 晴さんにご挨拶

森田さんは、来年1月22日(日)Marisのアトリエで開催する「愛好家の会」のゲストとして、ミニコンサートをして頂くことになっております。

Img_8231

現在は通学のため神奈川にお住まいですが、出身は茨城県の笠間市です。

森田さんが水戸三高の音楽科に入ったため、ギタークラスができ、そのためギターの先生を呼ぶことになったという逸話があります。

その先生が、何と北田奈津子さんだったとのこと。東京から教えに来ていたんですね。

確かに、そんな話を昔聞いた気もします。

中学生のころの演奏はギター文化館で聴いたことがありますが、大学生になりしっかりとした演奏をされて、1月の「愛好家の会」がますます楽しみになってきました!

***

本日は、昼間はバイオリンとの合わせの練習予定でしたが、バイオリンの方が仕事の休みが取れなくなってしまいました。それで、ギター関係の場所を廻ってみました。

池袋から要町まで昔はよく歩いていきましたが、数年ぶりで方向音痴になりましたが、立教大学の案内を見つけ、迷子にならずに済みました。

Img_8222

Img_8221

この近く、嘗て「ホマドリーム」があったところはフィットネスクラブになっていました。

私がアコラの活動を始めた時と、菅原 潤さんが現代ギター誌の編集長から独立し自分でホマドリーム誌を立ち上げた時期と重なり、ここにも何度か伺ったことがありました。強者どもの夢の跡を感じました。

Img_8223

そこから「現代ギター社」へ行きました。

12時からショップオープンですが、編集室の方にご挨拶に行ってみました。

「Marisのアトリエ組曲」のことや菅原さんにアコラでやってもらった「ソル講演会」のことなどについて、営業・編集の3名の方にお話を聞いて頂きました。今後、何かあるかもしれません。。。

 

Img_8225
 

いつもの中華屋さん「青山一品」で角煮刀削麺を。
美味かった!

Img_8226

 
それから、「プラザギター」へ行き、店長と雑談を。。

鹿島に将来引っ越して来るという可能性も無きにしも非ずとのこと。

GGショップがオープンする時間を過ぎたので現代ギター社に戻り、いつもの弦・キュヒセットを買いました。今回は村治佳織セットも比較のため買ってみました。ウィンターセールで安くなっています。


それから、「クロサワ楽器総本店」に行ってみました。店に入るや、すばらしいギターの響きが!
もしやと思ったら、やはり岡野さんでした。名器を3本並べて、試奏中でした。

私も弾かせてもらおうと思いましたが、爪が欠けておりモチベーションが上がりませんでした。。。

原宿から、代々木公園を通ってハクジュホールへ。

Img_8227

Img_8228

兼平さんとハクジュホールであって、近くの店でコーヒーを飲みながら1時間ちょっとギター談義。

4月の「アランフェス&Marisの交流会」が楽しみです。

アランフェスギターサークルからは、東京で活動している有名アマチュアがひたちなかまで来て頂けるということで驚異的です。一人一人がゲスト演奏するようなレベルの方が10名やってきます。。

それから、上記の若手4人のコンサートを聴きました。

この中で、森田さんの他では、渡邊 華さんの演奏が光っていました。高田先生のところでずっと学んでいて教室発表会などの演奏は聴いていましたが、最近の演奏はギタリストという風格が出ていました。

 

***

12月3日(土)は11時から、ハクジュホールで「東京国際ギターコンクール 2次予選会」でした。

新宿御苑の近くに宿を取ったので朝行ってみようと思ったら、9時オープンということで、朝食後は明治神宮に参拝しました。

202212030843071

202212030845391

202212030856461

202212030858131

202212030902291

202212030907311

渋谷から名付けたのか、味もビターな渋ビール

Img_8233_20221204062801

10時にハクジュについたら、一番乗りでした。開場は10時半からということで、順番待ちの椅子に座って待っていました。数年前は、1時間前から長塚さん他、茨城からも愛好家の知人が多く来ていましたが。。。

東京国際ギターコンクール 2次予選

202212031046441

13人の予定が、イタリアの3名が不参加となり、10名が演奏。

その結果、次の6名が、明日の本選へ。

Andres Madariaga (Chili)
Emmanuel Sowicz (UK&Chili)
Eric Meier (Canada)
IIie Dragos (Romania)
Filippos Manoloudis (Greece)
Koki Itoh (Japan)

2jiyosen

私の印象と全く同じで、妥当な結果だと思います。

課題曲のソナタクラシカ第一楽章、昔、曲を知らない状態で楽譜をみてなぞったことがあった。あまり面白い曲とは思わなかった。さすが国際的なギタリストたちの演奏、テクニックの見せ場に加え、曲の魅力を際立たせるそれぞれの表現が面白かった。

本選は、12月4日(日)です。

Yosenntuuka

(小原先生のFBからこの画像を引用)
                  

***

コンクールは午前、午後に亘り、その間にランチ。

Img_8235

代々木公園ではアジアンフードの大きなイベントが。。。

凄い行列で。

Img_8237

東京駅前の新槙町ビル。昔仕事でよく打合せに来ていた。。

Img_8240

***

Filippos Manoloudis のFBより;

1st Prize in the prestigious 65th Tokyo International Guitar Competition!
So many feelings about these photos! I feel so blessed to have shared the stage in the finals in the Hakuju Hall(ハクジュホール) , one of the most beautiful halls I have ever performed in, with Dragos, Eric, Manny, Andres and Koki : absolutely fantastic musicians and -even more importantly- great friends.
Such a professionally organized competition by the Japan Federation of Guitarists, who took care of every little detail for such an event! Feeling grateful to them, to the jury, as well as to everyone who made this experience all the more enjoyable: to my brother Jason Manoloudis (who joined the travel to Tokyo from Greece!), to Ioana Takayanagi for helping in basically everything concerning our time in Japan and of course to all the friends that I met here, old and new ones 😁
Last but not least, my eternal gratitude goes to my family and friends, as well as my teachers Tilman Hoppstock and Fotis Koutsothodoros. So happy to hear so many wonderful comments about my Koumridis Handmade Classical Guitars guitar from the audience too!
Finally time to enjoy japanese culture, food and travels😌 Already looking forward to coming back next year for concerts in this amazing country! ❤
318242949_6083319825035151_7319711910745

 

2022年11月30日 (水)

マリア・ルイサ・アニード

Anido3

イサベル・ゴンザレス・マリア・ルイサ・アニード

1907年 1月26日ブエノスアイレス生-1996年 6月4日バルセロナ死去。ギターをアルゼンチンのドミンゴ・プラトと、スペインのM・リョベートにレッスンを受け、リョベートと共に、アルゼンチンでしばしばコンサートを行い、ロンドンはじめ、各地でコンサートを開催し、その天才ぶりに周囲を驚かせた。
同時期に活躍した、イダ・プレスティー、ルイゼ・ワルカーとともに、三大女流ギタリストの一人と言われている。
来日した折には、明仁皇太子にも会われている。

サグレラス作曲の「マリア・ルイサ」は、彼女のために作曲された。


リョベートが彼女のために作曲した「Respuesta」を聴くと、さすがとしか言いようがない。

グロンドーナさんも弾いているが、彼女の演奏はリョベートのイメージがストレートに伝わって来る。

すばらしい!

数小節、弾いてみるだけで、ギター演奏テクニックの理解と良い練習にもなりますね。。
トレモロも、ワンランクアップ、間違いないです。

 

 

 

2022年11月27日 (日)

ボランティア・コンサート(11/27) をしました

Img_8206

秋の骨董市で賑わうお寺で、「ギター名曲と平和への祈り」と題したクラシックギターのミニコンサートをさせて頂きました。

Img_8202

Img_8204

境内に、寄席の案内と共に、私のギター演奏も大きく貼りだされていました。

Img_8207

               

長老からのご紹介、たいへん恐縮です。

202211271327209

202211271327206

202211271327202

202211271327204

202211271327207

202211271327208

ラグリマ~禁じられた遊び

アデリータ~カバティーナ

マリエッタ~ひまわり~アルハンブラの思い出

アンコールは、ハナミズキ

 

続けて行われた定例の寄席。

落語:立川 らく次

202211271402571

コント:コント青年団

202211271431301

講談:神田 阿久鯉

202211271500491

さすが、練り上げられた芸。。

笑いあり、涙ありの優しい時間でした。

        

***

前日は爪を入念に仕上げて、いい感じだった。

しかし、ホーローにぶっつけてしまい、人差し指の爪にひびが入ってしまった。

樹脂で固めたが、心配なのでアロンアルファとティシュで補強。

Img_8199

しかし、当日の朝、爪先が欠けていた!

Img_8211

残った部分をていねいに仕上げて、本番を迎えることに。。

大事なところでは手袋をするとかが、必要ですね。

特に、洗面、台所、車への積み込みなど、思わぬリスクがあります。

 

2022年11月20日 (日)

笠間の家

妹島和世、2010年に建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞を受賞し、2012年にはフランスのルーヴル美術館の別館を手掛け、名実ともに世界の一流建築家の仲間入りをしたといわれている。

先日、その妹島さんがデザインを手掛けたJR日立駅にて行われたコンサートに参加しました。

その時思ったのは、コンサートホールではなく、なぜこういった場所で演奏するのかということ。

アートとの出会い・・気分が上がる、深く心になじむ、元気が出る

日常生活の中にギターの風景・・ギターへの親しみ、普及

などなど、、

 

妹島和世 日立駅への思い

この記事の中に次のような経歴があった。

1956年日立市生まれ。
1981年日本女子大学大学院修了。
1987年妹島和世建築設計事務所設立。
1995年西沢立衛さんとともに、設計事務所「SANAA」を設立。

女子大から建築家になった! 

経歴に興味がわき、さらに調べてみた。

1956 - 茨城県日立市に生まれ育つ。
1975 - 茨城県立水戸第一高等学校を卒業。
1979 - 日本女子大学家政学部住居学科卒業。
1981 - 日本女子大学大学院修了。
 同年、伊東豊雄 建築設計事務所に入所する。
 在籍時には東京遊牧少女の包、神田Mビルなどを担当する。
1987 - 妹島和世建築設計事務所を設立し、独立する。

高校の2年後輩だった!

妹島 母校を語る

日立駅コン会場に来てくれた画家の今橋さんは、妹島さんと同じ小学校だったという。

妹島さんの父は日立製作所に勤務していた。高校時代の知人と環境が似ている。

 

前置きが長くなりましたが、来年、「笠間の家」で小さなコンサートを計画しています。

先日行ってきました。

Img_8118    

この「笠間の家」を設計した伊藤豊雄は、妹島さんの建築の先生・師匠?にあたる方なんですね。

「笠間の家」は、日本を代表する建築家である伊東豊雄が設計した。陶芸家里中英人(故人) のアトリエ兼住居として1981年に建築され、日本建築家協会新人賞(1984)を受賞した作品。

建築ライブラリ 笠間の家

http://kousin242.sakura.ne.jp/blos/fff/%E9%96%A2%E6%9D%B1/%E7%AC%A0%E9%96%93%E3%81%AE%E5%AE%B6/

笠間の家 ウェブサイト

https://kasamanoie.wixsite.com/kasamanoie

 

 

«日立駅コン(11/19)無事終了しました!