上質の音楽を少人数で楽しむ会 2019年

 Face21

2019年はアコラ15周年を迎え、下記イベントを開催しました。

8月10日(土)
クラシックギターコンサート in ひたちなか 
~プロ&愛好家との出会い~
@ひたちなか市文化会館小ホール
ゲスト:
小暮 浩史(国際GC優勝者)、他

0810cgc_fn_01s

(終了しました)画像をアップしました
 
 
        

■ブログ Acousticlife  
「音楽」のカテゴリから見てください

   

■イベント 2019年
 
 
<アコースティック・マルシェ 

・1月20日(日) 中村 俊三 新春コンサート  
        (終了)     

・5月19日(日) 熊坂 勝行コンサート 
         ~グラナダの夢~
           (終了)


・7月21日(日)長塚 彰 with フレンズコンサート 
        (終了)


・11月17日(日)松澤 結子、細谷 寛子コンサート
 
                募集中!

 

・12月15日(日)キャメロン オコナーコンサート
 (来日記念)

 

<ジヴェルニーサロン> 

3月3日(日) AM 10:00~   (終了)
 
4月7日(日) AM 10:00~   (終了)
  

6月30日(日) AM 10:00~  (終了)

 
9月14日(土)AM10:00~  (終了)

 

 

<その他のイベント> 

・1月26日(土) 展望カフェコン 谷島&熊坂
      @吉田正音楽記念館 (終了
 
・1月27日(日) 鉾田市民音楽祭 谷島&熊坂
      @大洋公民館  (終了
 
 
・3月9日(土) Spring Concert Ⅱ  賛助出演 
      @ギター文化館 (終了) 
 
 
・4月14日(日) ワンコインコンサート 熊坂
      @ギター文化館 (終了)
  
・4月27日(土) アマチュアギターディ 2019
      @浦安音楽ホール(終了)
 
・6月21日(金) The Colleagues Joint Concert
         一夜限りのコラボレーション
      @名曲喫茶 カデンツァ 
   (終了)

・8月12日(月・祝)恐竜展 ミニコンサート
      @菊池寛実記念高萩炭鑛資料館
                     (終了)
              
 
・8月18日(日) フリーコンサート in 松戸 2019
      @松戸市民劇場ホール
 (終了)   
 

・10月20日(日)ギターで楽しむ演歌・歌謡曲コンサート
      @ギター文化館


・10月27日(日)ペッペルコンサート
      @ソフィアザール駒込

 

■過去のイベント
2018年イベント
2017年イベント 
・AMF in ひたちなか 2017
・アコラ10周年記念コンサート 
・アコラ5周年記念コンサート

会の趣旨 (連絡先など) 
 
35659909_1694981930622413_20629854621458

 

2019年10月13日 (日)

久々のソル

ハギビスで那珂川の周辺が氾濫し、水戸市では大変なことになっています。ひたちなか市でも湊地区、枝川地区で大きな被害を受けました。

被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

小さな被害。

我が家の換気システムから漏水し、一晩中起きて対応していました。

Img_5002

まだ午後で台風が来る前ですが、左手前のコーナーから雨水が連続的に漏れてきます。

Img_5004

住宅会社にメールを入れたら、換気システムを止めるようにとのことでした。

止めたら漏れが小さくなりましたが、夜になって台風が本格的に来るとまた漏れ出しました。

バケツ、2杯くらいで済みましたが、一晩中起きていました。

 

***

その間、久しぶりでソルを聴いてみました。

ソルはギター再開した時から、十年弱まじめにレッスンを受けたりしていました。

エチュード、魔笛(Op.9)、第7幻想曲(Op.30)、悲歌風幻想曲(Op.59)、第2幻想曲(Op.7)をやりました。

1曲に1年近くかけた曲もありました。当時は、Youtubeもあまりなく聴ける演奏が少なく、有名でない曲は音源がなくジェファリのソル全集を見て一応ですがどんな曲が有るのか全曲なぞりました。それで大体分かっている気になっていたのですが、最近ソルの曲の演奏を聴いて少し気になっていたので、この機会に5時間位いろいろ聴いてみました。

6弦をFに調弦する第3幻想曲(Op.10)は当時も少しやったのですが、やはり良い曲ですね。

Op.7のものを第1幻想曲と呼ぶ人もいます。たしかに、Op.4の幻想曲の楽譜に第2幻想曲と書かれておりますので、内容からみてもOp.7のものが第1幻想曲にふさわしいです。

Op.7の譜面はピアノのような2段譜になっていますが、これは、ピアニストのプレイエルに捧げたためでしょうか。プレイエルはピアノを開発した人の一人でもあり、有名なプレイエル社をつくった人なんです。そんな人にギター曲を捧げた、ギターでもここまでできるという、ソルの並々ならぬ思いが感じられます。

この曲にétoufféという表記が出てきます。ピッチカート的な特殊奏法です。こんなところも、ソルはピアノでは出せないギターならではの効果を示そうとした思いが感じられます。

このétouffé、ソルを勉強した人ならご存じでしょう、ソルは晩年ギター教則本を書いていてその中でも説明されています。ただ、この教則本、難解で有名です。ソルの性格か、音楽の話の前に、物理や数学的な話が多いです。菅原さんはソルは数学を学んだのでそういった独自性、知識を示している。。。と話されていました。そんなこともあってか、ソルのいう弾き方でやっている人は少ないです、

 

とても良い動画がありましたので、紹介します。

HOW TO PLAY PIZZICATO (pizz) on the Classical Guitar

There are six kinds of pizzicato:
 1.Fernando Sor's étouffé technique
 ・・・

いろいろ参考になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年10月 7日 (月)

ちょっとびっくり自分の演奏が。。

ウェブを見ていたら、まだ200回位しか視聴されていない自分の演奏が引用されていて、ちょっとびっくりしました。

Img_4935

 

サイトURL;John-Quijano


John-Quijanoさんは、コロンビアのギタリストらしい。

 

メルツのコンチェルティーノ、

この曲は歴史的イベントであるマカロフのギター作曲コンペティションにて、コストと競って第1位を獲得した曲です。私がギターを再開した2004年頃にはこの曲を弾いている人やレコード類はなく、文献に出てくる幻の曲的な感じでした。その後、林祥太郎やエカチャイの演奏で知られるようになりました。
一見テクニカルな曲なのでバリバリ弾く人が多いですが、自分はピアノコンチェルトの緩徐楽章のような感じが出せたらと思って演奏しました。この曲にはメルツが模索したギター演奏技法が盛り込まれています。メルツ当時の手書き譜をみると2000年代に出版された楽譜には記載されてない記述があり、メルツの意図を想像しながら再現しようと試みました。

2012年、シニアギターコンクールの優勝者演奏に向けて練習していたころの演奏。

 

 

 

.

 

2019年10月 4日 (金)

蜜蜂と遠雷

「蜜蜂と遠雷」、観てきました。
国際ピアノコンクールに参加する4人のピアニストたち。ピアノコンチェルト、迫力ありました。

また、予選の課題曲にカデンツアがあって自由に演奏するところがありますが、小説にはない音をどうやって映画化するのか、難しかったと思いますが、聴き入りました。

恩田陸の同名小説を映画化したものですが、恩田さんは私と同じ高校の後輩なんだそうです。

20190215mitsubachitoenrai_full

 

予告編や館内にも大きなポスターがありました。来月はいよいよ「マチネ・・」ですね!

Img_4983

Img_4984

 

 

2019年10月 1日 (火)

ギターで楽しむ 演歌・歌謡曲コンサート (10/20)

10/20(日)14時開演

「ギターで楽しむ 演歌・歌謡曲コンサート」

会場:ギター文化館

ギター愛好家によるアットホームなコンサート。

入場料金:500円 75歳以上無料

 

※都合により予告なく曲目・曲順が変更になる場合がありますので、予めご了承ください。

052e1bd788b52371695777db1010390b

 

私は、地元茨城県の作曲家による名曲を2曲、演奏します。

・吉田正作曲 「再会」 

   (歌:松尾和子) 熊坂勝行編 

・マシコタツロウ作曲 「ハナミズキ」

   (歌:一青窈)  蓮見昭夫編

  

吉田正とギターについてもちょっと触れながら、やる予定です。

 

 

 

 

 

 

ペッペル・プチ・コンサート (10/27)

Cid_e95e70266cd743bbb58deaf603a5b64a

 

バイオリンの北川さんからのお話で、

10月27日(日)PM 14:00~ ソフィアザール駒込で演奏することになりました。

 

・ギターソロ モンポウ プレリュード

・バイオリンとギター
       パガニーニ カンタービレ
             チェントネーデ ソナタ

他は、ピアノや室内楽のようです。
演奏者は15名ほど参加するそうです。

 

モンポウはスペイン、カタルーニャの作曲家。

「内なる印象」、「ひそやかな音楽」、「歌と踊り」等のピアノ曲がよく知られ、“フォーレ、サティ、ラヴェル、ドビュッシーらの影響を受けながらも「繊細な神経を持つ、詩人肌で、内気で、夢見がちで、寡黙な音楽家」”と評されています。

「繊細」「静謐」「内省的」という言葉がぴったりします。

ギター作品を3つ残しました。

ギターのためのオリジナル作品「コンポステラ組曲」、「歌と踊り第13番」とピアノ曲から自身が編曲した「歌と踊り第10番(聖母マリア頌歌)」です。

「コンポステラ組曲」は1962年に作曲され、I. プレリュード、 II. コラール、III. 子守唄、IV. レチタチーボ、V. 歌、VI. ムニェイラ の6つの楽章から成り、スペイン北西部のガリシア地方にあるカトリックの三大巡礼地の1つ「サンティアゴ・デ・コンポステラ」の情景や宗教的な雰囲気を感じとることができます。

この作品はアンドレス・セゴビアに捧げられ、セゴビア編によって一般的に演奏されますが、本日は手書きファクシミリにもとづく版に拠り、「プレリュード(前奏曲)」を演奏します。

ギターに凝縮したモンポウの世界を少しでも表現できたら嬉しいです。

 

最近、クラシックらしい曲を弾く機会が少なくなってしまったので、いい機会、と思ったが、つい2週間ほど前から左手薬指が曲がらなくなってしまい、この選曲は悩ましい。。。

 

◇プログラム

チェロ カルテット

ギター 

ギターとバイオリンのデュオ

モーツァルトのカルテット

休憩

シューマンの ピアノカルテット

ブラームス のカルテット

シューベルト の クインテット

 

2019年9月29日 (日)

フルートとギターのミニコンサート@JR日立駅

フルートの池田さく子さんとギターの新野英之さんによるミニコンサートを聴いて来ました。

Img_4955

Img_4950s

  Img_4949s

とても良い天気で、太平洋を背景にしたJR日立駅の展望イベントホールは、ブルーに包まれ海の中にいるかのようでした。

お二人の演奏は自然で、とても良い響きでうっとりしました。ジュリアーニや映画音楽、ラテン、日本の歌など。その中で池田さんが作曲した曲、青い色が特徴的な還暦を迎えた知人の画家のために作曲したという曲だそうですが、フルートとオリジナルのピアノ譜からアレンジしたという新野さんのギターがいい雰囲気でこの会場にぴったりでした。

Img_4976s

Img_4974s


2,3時間後に天皇陛下が国体視察の途中にこの駅に来るというので警備の方とお迎えの市民が集まって来ました。

Img_4977

Img_4947

 

 

 

シニアギターコンクールを観戦しました

なかなか、聴き応えがありました。

特に、シニアはレベルが高かった。

昨年優勝者、箭田さん、鈴木幸男さんの演奏はさすがにすばらしかった。

 

予選のひとこま

201909281012471

201909281153051

201909281156181

 

前年度優勝者

201909281401531

201909281409031

 

201909281423471

201909281425361

 

本選のひとこま

201909281559111

201909281559112

 

201909281540501

201909281540502

 

***

結果を聞かずに帰ったので、S様から、以下教えて頂きました。

 

シニアギターコンクールの結果と講評についてお知らせします。

シニア部門

 第1位 黒田さん

 第2位 高橋さん

 第3位 柏木さん

 第4位 近藤さん

 第5位 山下さん

 第6位 永松さん

 

ミドル部門

 第1位 佐々木さん

 第2位 直井さん

 第3位 後藤さん

 第4位 守さん

 第5位 増田さん

 第6位 安原さん

 

<藤井先生の講評>

・シニア課題曲

 4拍子で弾いている人が多かった。

・ミドル課題曲

 装飾音符の弾き方がポイントだった。

・音合わせを各弦チューナーでやるのは頂けない。

 折角の音感をきたえるチャンスをのがしている。

 またチューナーを付けたままで演奏する人が(プロにも)いるがやめた方がいい。

入賞者について

シニア 

1位 黒田さん:申し分ない演奏だった。

2位 高橋さん:がっちり弾けていた。音楽的にはフーガは逃げるテーマを追いかけても追いかけても結局追い付かないというもので、そのテーマの感じが出るといい。

3位 柏木さん:テクニックは安定していた。

 

ミドル 

1位 佐々木さん:見事な演奏だった。年々音楽的にレベルアップしている。

2位 直井さん:楽しそうだった。

3位 後藤さん:(技術はともかく)ギターが好きなことが伝わってきた。

 

以上、簡単かつ抜けもあると思いますがご容赦ください。

 

 

2019年9月23日 (月)

お彼岸に高萩に行って来ました

実家のあった高萩に墓参りに行って来ました。

その帰りに、お手まき記念の森に行ってみました。

Img_4906

Img_4908

 Img_4913

山﨑猛の彫刻

 

 

それから、炭鉱記念資料館にも立ち寄りました。

展示室で少し演奏しました。

201909231510521

 

Img_4925s

演奏を聴いて頂きました。

来年の話ですが、総合福祉センターで少し演奏するかもしれません。

  

Img_4927

美味しい野菜を作っています。

Img_4928

市の商工会でお酒も販売し始めたということで、買ってみました。

 

自然を楽しめる施設が市の山間部に今夏オープンしたそうです。      

P7101331

P62710132

機会があったら行ってみたいと思います。

 

Photo_20190923234901

総合福祉センター

 

 

2019年9月19日 (木)

アコースティック マルシェ キャメロン・オコナーコンサート(12/15)


Ddddd




12月15日(日) 

開場:13:30 開演:14:00 終演:17:00

会場:Marisのアトリエ

♪キャメロン・オコナーコンサート

 

◇プログラム

 

J.S. Bach: Prelude in E major

JSバッハ: プレリュード 1006a ホ長調

Cameron O’Connor: A Short, Sentimental Song

キャメロンオコナー:短いセンチメンタルな歌

 

Richard Wagner: Hymn to the Evening Star

R.ワーグナー:夕星の歌 キャメロンオコナー編

 

Fernando Sor: Fantasy in D (ca. 1830)

F.ソル: ファンタジーニ長調

 

Tarrega/ Hirota (arranged by Kanengiser): Lagrima-Hamachidori

タレガ/ 弘田 龍太郎: ラグリマ-浜千鳥 カネンガイザー編
 
Tarrega: Capricho Arabe

タレガ: アラビア風奇想曲
 

Isaac Albeniz: Sevilla

アルベニス:セビリア

 

 

—-intermission—-

 

 

Sakamoto Ryuichi (arranged by Sato Hirokazu) : Merry Christmas, Mr. Lawrence

坂本龍一:戦場のメリークリスマス  佐藤弘和編
 

Cameron O’Connor: Three Northwestern Scenes

 キャメロン・オコナー3つのノースウエスタン情景

 I. Fall in Corvallis  コーバリスの秋

 II. Rain in the Old Growth Forest  森林の雨

 III.Winter sun  冬の太陽
                                    

 

Sato Hirokazu: Christmas Carols Medley

佐藤弘和: クリスマスキャロルメドレー

 

  

♪ Free Time 16:00頃~17:00

ご来場されたお客様の演奏、交流会

        

料金: 3,000円

料金は、♪コンサートと♪Free Timeを含みます

・メンバー登録でワンドリンクサービス

 

☆この記事を見て、メール等で申し込みの連絡をして頂ければ幸いです。

          

 

(キャメロン・オコナー プロフィール)

カリフォルニア州立大学 ノースリッジ校 ギター演奏科 学士取得

ジュリアード音楽院 音楽修士取得

南カリフォルニア大学 ソーントーン音楽学校 博士号取得    

南カリフォルニア大学 ソーントーン音楽学校 大学院 アシスタント    

南カリフォルニア大ベーカーズフィールド、リバーサイドシティーカレッジ、

ベーカーズフィールドカレッジの講師を経て現在はオレゴン州立大学教員   

東京国際ギターコンクール 入賞

フランシス・ウォルトン国際ギターコンクール 入賞 

他 数々のコンクール入賞

ソロ、室内楽、現代音楽で様々なキャリアを持つ

リンカーン・センター でタン・ダン指揮の元のコンチェルトにてデビュー  

ジュリアード音楽院、アスペン音楽院にてシャーロン・イズビンのアシスタント

を務めUSCにてカネンガイザーのアシスタントを務める。
 

長野県でのギターサマーセミナー ヤングアーティスト ゲスト演奏を行う。

・作曲家としても国際的な活躍をしており

“Perturbasion Variations”が長沙国際ギターフェスティバルにて  特別賞受賞

“3つのノースウエスタン情景” がオタワ(カナダ) 21世紀ギター会議での演奏会に選ばれた。

 

Img_3608



2018年、長野県原村でのサマーセミナーでお会いし、ワーグナー研究家のオコナー氏とメルツ編のワーグナーの「さまよえるオランダ人」について情報交換しました。快く、初見で演奏してくれました!

素晴らしかった!

 

アコースティック マルシェ 松澤結子 /細谷寛子コンサート(11/17)開催します

8317201234_38c3d13c55 



11月17日(日) 

開場:13:30 開演:14:00 終演:17:00

会場:Marisのアトリエ

今回はマルシェにふさわしく、

なんと松澤結子さんのコンサートと細谷寛子さんのコンサートの

2つを行います。

 

♪コンサート

#細谷寛子 コンサート 14:00~14:20頃 

 19世紀ギターによるミニコンサートです

 

#松澤結子 コンサート   14:30~15:30頃

 マヌエル・カセレスのギターを使います

   カセレスは明るく華やか、アルカンヘルは重厚でいぶし銀のよう……

(松澤さんのコメント)

  

 

♪ Free Time 16:00頃~17:00

ご来場されたお客様の演奏、交流会

        

料金: 3,000円

料金は、♪コンサートと♪Free Timeを含みます

・メンバー登録でワンドリンクサービス

 

☆この記事を見て、メール等で申し込みの連絡をして頂ければ幸いです。

 

#松澤結子コンサート

(プログラム)

・ジュリアーニ 
  "おお、空よ静かに"の主題による変奏曲


・レゴンディ エチュード No.1


・タレガ アルハンブラ宮殿の想い出


・ヴィラ=ロボス  ショーロ No.4


・グラナドス スペイン舞曲第5番 



 

(プロフィール) 

7才よりギターを始め、本木盛夫、小原聖子の各氏に師事。桐朋学園短期大学にて佐藤紀雄氏に師事。S・グロンドーナ、T・ケイン、W・カネンガイザー、各氏のマスタークラスを受講。2011、2014年にイタリアのキジアーナ音楽院夏期マスタークラスにてO・ギリア氏のレッスンを受講、及びファイナルコンサートに出演。

第28回GLC学生ギターコンクール中学生の部第1位、第27回スペインギター音楽コンクール第4位、40回神奈川新人ギタリストオーディション主席合格。

 

#細谷寛子ミニコンサート

(プログラム)

・アントン・ディアベリ ソナタOp.29ー2より

 Allegro risoluto、Adagio、Menuett
 

 

(プロフィール) 

茨城県桜川市在住。ギター文化館・初心者ギター講座を受講しギターを始める。19世紀ギターの音色・響きに魅了され、ラコートモデルを愛用。F.ソル 、J.k.メルツ、A.ディアベリ等の作品を演奏

Hosoya11

 

♪ Free Time  で演奏を希望する方は、マルシェお申込み時に併せてご連絡をお願いします。

 

 

 

 





 

«♫リオリコギターアンサンブル@石岡jicca

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ