« 1月のレッスン | トップページ | 現代作家美術展 »

2007年1月27日 (土)

フェルメールの絵

V22フェルメールの描く女性は、現実のいっさいから切り離された、夢のような時間を手触りのあるものに変えるために選ばれた巫女のような存在だ。彼女たちは、現実のどこにもない「時間」を慕ってやってくる訪問者を待ちながら、独り簡素な部屋のなかに光に包まれて佇み続ける。
  フェルメールの世界 ( 小林頼子 NHKbooks )

画家ヨハネス・フェルメールは1632年にデン・ハーグ近郊の古都デルフトで生まれ、1675年に亡くなるまで生涯をこの地で過ごしました。 19世紀に専門家によって見直されるまで、歴史の塵の中に埋もれていたそうです。

フェルメールにギターを描いたものがあります。ギターを爪弾く少女は画面の左側にいる誰かに微笑を浮かべた顔を向けているようです。 この絵がギターを描いているからというわけではありませんが、フェルメールの絵ってどこかギターに通じるって感じます。

               Photo

« 1月のレッスン | トップページ | 現代作家美術展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェルメールの絵:

« 1月のレッスン | トップページ | 現代作家美術展 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ