« 佐藤純一コンサート | トップページ | 芝界隈 »

2007年3月13日 (火)

水戸芸術館・現代美術ギャラリー

3月10日の午後、水戸芸術館で小口達夫氏(専属楽団総楽団長)の講演会があった。
「音楽とまちづくり」というタイトルだった。小澤征爾が率いる水戸室内管弦楽団が欧州で演奏会を行うらしい。ウィーンフィルを目指している。都市ではドイツのワイマールを参考に歴史の街水戸を活かしてはという意見など。意義深いお話であった。
その後、現代美術ギャラリーで「夏への扉」と題した催しを見た。タイトルが、「マイクロポップの時代」というもので、松井みどり氏がコーディネイトしているらしい。水戸芸術館の音楽ホールへはしばしば行くが、こちらは初めてだった。未知への扉であったが知人の案内もあり、また展示が結構インパクトがあり、面白く、リピーターとなりそうである。奈良美智、杉戸洋、森千裕の作品など。

« 佐藤純一コンサート | トップページ | 芝界隈 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水戸芸術館・現代美術ギャラリー:

« 佐藤純一コンサート | トップページ | 芝界隈 »