« ギターを作った世紀 | トップページ | 水戸市民音楽祭 »

2007年6月30日 (土)

レッスン日

2007jun_079 ここはどこでしょう?

ゆかりの森でのレッスンの後、道に迷っていつの間にか歴史公園という処の入り口にたどりついた。広い駐車場に車が数台止まっていたので、中に入ってみた。チケット売り場の方が、「もうやっていないのですよ。」「何もないですよ。」と念を押すが、もう来ることも無さそうなので、のぞいてみることにした。

ワープステーションというロケ地を兼ねた観光施設が茨城にできたという話は聞いていたが、運営がうまくいかなかったようだ。今は、ロケ地としてのビジネスのみにシフトして、運営しているらしい。

2007jun_083 閑散としていたが、一人でぶらぶらするには好都合だった。3日前まではロケが入っていたとのことで、チェックして来れば結構面白い場所かも知れないです。

今日は、高橋氏のショートギターで「森に夢見る」のレッスンを受けた。この曲は、これまで弾いたことが無かった。5弦、6弦を下げることや左手の押さえが自分にはなじまないようで避けていた。最近は、名曲にチャレンジすることを目標にしているので、敢えてチャレンジしてみた。高橋氏のショートギターは古典やそれ以前の曲には抜群に合う。バリオスはどうか。そういえば、高橋氏がこのショートギターを持ってきたとき、「森に夢見る」が弾きやすいですよと言って、ご自分で演奏されたことを思い出した。レッスンの格好が付くようにと付け焼刃的に運指が決まったのが2、3日前。高橋氏の言うとおりこのショートギターで練習すると左手がずいぶん楽で、苦労が少ない。また、20フレットまであるので、例のところがそのまま弾ける。

今日のレッスンでは、いろいろアドバイスを頂いたが、例の20フレットのあたりで、このショートギターを活かした運指を教えていただきこれは目から鱗。その他でも、ベニーテスの運指と異なって、メロディを歌わせる運指などを教授いただいた。

師匠曰、「運指がわかってもね。。頑張ってください。」

ギターを弾ける時間は限られるので、明日からは、G-Clefで弾く曲を練習しないと。。。

« ギターを作った世紀 | トップページ | 水戸市民音楽祭 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レッスン日:

« ギターを作った世紀 | トップページ | 水戸市民音楽祭 »