« ギターを愛する人のコンサート | トップページ | 祈り »

2007年8月31日 (金)

サマーワークショップ@自由が丘

2007summer_046 夏休み、自由が丘美術館で開催されたサマーワークショップに出かけた。

早朝の電車内でピティナの吊り広告を見た。写真の前山仁美さんは、2006年ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、聴衆賞受賞しており、今年水戸の佐川文庫でも演奏している。                                                                                

2007summer_047_3 会場は、九品仏浄真寺の近くにある都会的な小さな美術館。少し早くついてしまったので、寺内を散策した。3つの阿弥陀堂に各3体の仏像が置かれ、上品上生、上品中生、~下品下生と呼ばれている。都会の中で、緑が多く住民の憩いの場となっているようだ。セミが鳴いている。今日も暑い日が始まる。

2007summer_049 美術館だけに会場にはボイスの版画が展示され、いい雰囲気だ。ワークショップは、木村悟さんの「ストレッチ」からはじまった。腕のしくみ(鎖骨からの動き)、楽器の構え方(両手を離しても楽器が動かない)、右手のタッチ(芯のある大きな音)、左手の構え(チェロ的)、指のウォームアップ等など。木村さんは腱鞘炎で最近手術をされたそうで、その傷跡が生々しい。本人の体験を踏まえたレクチャーは説得性があった。

2007summer_056 マスタークラスは、5名が受講。木村さんと明石現さんのレッスンを受けた。その中で、高校1年のF君は、テデスコのソナタ第4楽章で受講。4歳からギターを弾いており、各種コンクールにチャレンジしている。今年は、東京国際やモイスイコスにも出るという。ライバルは木村祐君らしい。セゴビアの演奏が刷り込まれている自分からすると奇異な表現が何箇所かあった。木村さんは、上手いことリードし、表現の見直しを勧める。最終的には、中庸な聴きやすい音楽になった。自分の場合は、曲に取り組んで日も少ないのでさらっとした演奏だったと思うが、明石さんから細かなニュアンスを指導していただき、かなりふくらみがある演奏の方向性が見えてきた。最近、目が悪くなり、小さな楽譜は見えなくなってしまった。いよいよ暗譜しないと弾けなくなるか。。

その後、木村さん、明石さんのミニコンサートがあった。木村さんは、右手p、iのみでバッハのリュート組曲のプレリュードを演奏した。ちょっと痛々しかった。全快してから聴きたい。明石さんはうわさ通り、繊細な丁寧な演奏をされた。

打ち上げは、案内ではワインパーティとなっていたが、実際は美術館の奥様の豪華な手料理も加わり、楽しいディナーとなった。2007summer_039     

明石さんの奥さんは女優をされていたという。スタッフも明石ファミリーで、トレーニング(キャンプ)というより、お宅に招待されたような、楽しい時間を過ごしました。

サマースクールは、老舗のGGのもの、濱田先生の清里のこだまの会のものは参加したことがある。今年、蓼科高原サマースクールが立ち上がり、田口さんから誘いがあったがどうしても時間がとれず断念した。最近は、各所でいろいろあり、部外者もOKというものもあるので、参加してみてはいかがでしょうか?

« ギターを愛する人のコンサート | トップページ | 祈り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サマーワークショップ@自由が丘:

« ギターを愛する人のコンサート | トップページ | 祈り »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ