« 佐川文庫リサイタルシリーズ・菊地裕介 | トップページ | つくばクラシックギター愛好会 »

2007年10月31日 (水)

アグアド ロンド・夢想

Images_2アグアドのOp.2のロンドは、なかなか魅力的な作品だ。
この曲は、Op.2-2か、あるいはOp.2-3なのか?アグアドについては、高橋功氏が書いているもの以外伝記などを読んだことがなく、手元にある情報であれこれ想像してみた。

Op.2は6曲で構成されている。3つのファクシミリ版で、タイトル、
番号(くくり)も異なっている。残念ながら、私にはどういう年代順かは
分からないが、何となく①、②、③のような気がする。

<アグアドのOp.2の構成と出版譜との関係>

          ①    ②    ③
Adagio          No.1     No.1     No.1

Polonaise      No.2     No.2    

Andante                             No.2

Rondo          No.3     No.3   

Andante                             No.3

Rondo          No.4     No.4    

ファクシミリ版:
①:S.Richault社 「Collection」
②:Schott社   「3 Rondos Brillants」  F. De Fossaに捧ぐ
③:Schott社   「3 Rondos Brillants」

   

ブリームは、1曲目から4曲目(Adagioi~Rondo)を弾いているCDで、
Adagio~No.1、Polonaise~No.2、Introduction and Rondo~No.3
としている。版によって、4曲目のRondはOp.2-2となったりOp.2-3と
いうことになってしまう。アグアドの流儀を受け継いでいるホルヘ・
アリサは、Andanteを付けず、Rondoのみを弾いていた。

タイトルも、「3つの華麗なロンド」と呼ばれることもあるが(実際楽譜
にもそう書いている版もあるが)、ロンドは2曲しかないです。
これはどういうことでしょうか。
ポロネーズがロンド形式と見れなくも無いですが。。

そして、なにより関心があるのは、アグアドのほかの作品と比べ
このロンドイ短調は出色だということ。華麗というよりは、田舎じみて
いるとも感じるがそこが鄙びた感じで、ギターの音になった時
ぴたっとはまる。また、独特の流麗さがある。

以前、ソル研究家のS氏も、「アグアドではなく、ソルがつくったのか
も知れない、、、」と言っていた。ソルは、「2人の友」をアグアドに献呈
し一緒にデュエットをした。また、Op.30の第7幻想曲も捧げている。
しかし、このロンドは、曲想が、ソルの曲ではないように思います。

1784年4月8日マドリード生まれ。1825年(41歳)にパリに行く。
ギターの教則本で有名だった、とあるが、教則本がいつ出版された
のか諸説あるようです。パリに行く以前。1843年。1849年など。
もっとも教則本も何種類かあるようです。特に、パリでDe Fossaが
仏語訳し1826年に出版したそうです。これを1873年としているものも
あります。
Op.2は1872年にRichault社から出版されたというのもあります。
アグアドは、1838年にスペインに戻り、1849年に亡くなりました。
作品番号は16番まであり、作品番号のないものでは、ソルのグラン
ソロのアグアド版などがあります。

Op.2がアグアドのオリジナルでは無いとした場合、誰の曲か?という
ことは興味があります。アグアドがパリに居た1826年頃は、有名な
ギタリストがパリに集まっていた時期であり、その方からの特定は
困難でしょう。カルリ、カルカッシ、ソル、コスト、フェランティ等々。
一番考えられるのは、ド・フォッサでしょう。1775年に生まれ、1849年(アグアドと同じ!)に亡くなっています。
RECUERDO(思い出)という曲がド・フォッサからアグアドに献呈され
ています(1850年出版)。マイナーなアレグレットの部分がどこか
ロンドに似てなくもない。。

それから、この辺は夢想ですが、上記Op.2の楽譜②では、ド・
フォッサに捧ぐとあります。ド・フォッサのオリジナをアグアドが纏め
た、いわば共同作品ではないでしょうか。演奏ではアグアドは
ずば抜けていたようですから。また、逆にアグアドの教則本の仏語
訳にあたってはド・フォッサ自身が相当加筆しているので、親密な
関係だったと想像させます。

Fossa

ド・フォッサの曲は山下和仁氏がCDを出していますが、それはまだ聴いていません。

楽譜を見た感じでは、フォリアをテーマにした幻想曲などなかなか良さそうです。

*追記 Op.2には、Meissonier,Paris 1825年版というのがあるようです。これでは、③のくくりとなっているようです。

« 佐川文庫リサイタルシリーズ・菊地裕介 | トップページ | つくばクラシックギター愛好会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アグアド ロンド・夢想:

« 佐川文庫リサイタルシリーズ・菊地裕介 | トップページ | つくばクラシックギター愛好会 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ