« 仕事の合間 | トップページ | ギター »

2007年11月30日 (金)

服部文厚&河野智美ジョイントリサイタル

20071128213250 日暮里サニーホールで、服部文厚&河野智美ジョイントリサイタルが開催された。高田元太郎氏のお弟子さんたちのアルトフィールドという会の活動の一環とのこと。

服部さんは、GLC大学生の部1位、クラシカル1位の経歴を持っている。前半は、今ひとつ調子が出ないようであったが、後半のヒナステラのソナタは、大きな構成と力強い表現で、実演ならではのひきつけるものがあった。

河野さんは、クラシカル1位、スペイン2位の経歴を持っている。前半は、クレンジャンスのアラベスクなど、後半は原田健司作品と聴きやすいプログラミングだった。唄いまわしがとても自然だった。

最後は、二重奏で、ロドリーゴのトナディーリャとファリャのはかなき人生を演奏した。トナディーリャは、30数年前プレスティ&ラゴヤの録音を聞いた。最近しばしば演奏されるようだが、たぶん河野さんがプレスティのパートを弾いたのだろう、きびきびして良かった。

蛇足だが、ステージでは緊張していたのでしょうか、演奏後はとてもリラックスした感じでした。河野さんは、足立江美子さん(腱鞘炎)のピンチヒッターとのこと。

« 仕事の合間 | トップページ | ギター »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 服部文厚&河野智美ジョイントリサイタル:

« 仕事の合間 | トップページ | ギター »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ