« 爪のことなど | トップページ | 2008年・S.グロンドーナの来日 »

2007年12月24日 (月)

ギター

Vicc60558 村治奏一さんのコンサートに行ってきました。プログラムは4部構成で、1部はクラシックで、コスト、ソル、タレガ、レゴンディという本格派。ここで前半終了。2部はポンセとバリオス。3部はガーシュイン、オーバー・ザ・レインボウ、フェリシダージ、4部はA列車で行こう、ア・ミ・マドレ(バリオス)、ラメントス・ド・モロ。聴衆は大満足のようでした。レゴンディは19世紀ギターを使えばと思いましたが、後半で本領発揮でした。ボサノバ的な曲が割りとありました。本人の今の好みでしょうか、聞いていても気持ちがいいくらいはまっていました。その中で。ア・ミ・マドレが出てきてびっくり。この曲は本当に泣かせます。クリスマスというのに満員のお客さん。奏一さん、ありがとうございます。

今年は、本当に自分でもいろいろありました。来年はどんな年になるかな。初心に帰ってギターと生活について考えていきたいと思います。興味がある方は、ぜひアコラにお出でください。

私のギター再開時に大きな影響を与えたプロギタリストのIさん、最近は多彩な活動をしているようです。ブログに、「「人とのよい交流をとおして楽しむのが大人の音楽の楽しみ方である」ともいえます。」と書いていました。その通りですね。また、演奏をお願いします。大人の味わいのある演奏、本当にいいです。泣かせる歌を聞かせてください。

人の間に美しいギター;

何事にも出会いが大切で、ギターにもそれが言えると思う。私がギターに係わり出したのもつい最近のことだ。あるコンサートで、不思議なことにその場に居るだけで、とても神聖な気分になった。ギターコンサートというのはただの音楽でなく、神様からの贈り物だという思いが沸きあがってくる。

確かにギター音楽は生きている。

だから生きている人間に優しい。

親しい友人とギター音楽。上質な時間を過ごすために、この二つはこれから先、私にとって不可欠な気がする。

(清酒、白鶴様、阿木耀子様ありがとうございます)

悲しいけれど人はいずれ亡くなります。何かしないといけない。そんな思いです。

« 爪のことなど | トップページ | 2008年・S.グロンドーナの来日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギター:

« 爪のことなど | トップページ | 2008年・S.グロンドーナの来日 »