« 共楽館・あれこれ | トップページ | 新緑の季節・忙しい »

2009年4月29日 (水)

ビウエラ登場します(5/9)

Vihuelaplayer 永島志基さんの5月9日(土)に開催されるアコラでのコンサートでは、19世紀ギター、モダンギターの他に、ビウエラも演奏するという連絡をいただきました。

16世紀、スペインを中心に盛んに演奏されたビウエラですが、その後、ギターやリュートが主流になりました。大変珍しい楽器で、私はまだ見たことも聴いたことが無く、とても興味があります。

演奏曲も、ミラン、ムダラ、ナルバエスといった、当時のビウエラの曲をビウエラの演奏で聴けるのは、大変貴重な機会です。

タイトルの「スペイン音楽の光と影」にふさわしい、充実した内容になりそうです。ビウエラの後は、19世紀ギターで、アグアド、ソルとなります。後半は、タレガ、アルベニス、これは1日ではもったいない内容ですね。お薦めいたします。

+++

2009april_056 プリザーブド・フラワーというと綺麗な色の花々のイメージが浮かびますが、最近、葉を使ったものが出てきました。

この感じがなかなか良く、気に入っています。

2009april_057 アコラで、プロザーブド・フラワーの講習会をやりましたが、結構評判がよく、これからも予定しています。

ギターを聴きながら、プリザをつくる、というのはどうでしょうか?

関心がある方は、連絡ください。

http://www.ijsnet.ne.jp/~dee2jak3/Nagashima2009acola.htm

« 共楽館・あれこれ | トップページ | 新緑の季節・忙しい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビウエラ登場します(5/9):

« 共楽館・あれこれ | トップページ | 新緑の季節・忙しい »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ