« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月29日 (土)

最近の出来事

Aa ◆Nice Music & Luxury Night

常陸多賀駅前にある二葉ビル2階で、Nice Music & Luxury Nightが開催された。おいしいお酒と料理とともに、ギター演奏やギター伴奏による歌を楽しむ会。主催者のTさんから声を掛けられていましたが、予定時間になっても仕事の関係で行くことができなかった。やっと、待機解除となり、1時間ほど遅れて会場にかけつけると、会もたけなわでした。アラ6の方々がフォークソングなどを上手に歌い、そのパワーに驚きました。いろいろな話で盛り上がりとても楽しい会でした。私はアランブラ他を演奏致しました。

20090828144324 ◆仕事で東京に行きました。都市対抗野球で勤務する会社のチームが勝ち進んでおり、東京ドームで第3戦がありました。仕事が終わり、試合まで時間があったので、後楽園界隈を散策しました。高田元太郎さんのアルトフィールド教室が後楽園駅から歩いて直ぐのところにあるというので行ってみました。大きな10階建てのビルの地下で直ぐ分かりましたが、あいにくオープンしていませんでした。

20090828145819 とても暑い日でしたので、涼を求めてドームの傍の小石川後楽園に行ってみました。後楽園には何度か行きましたが、ここは初めてでした。水戸黄門ゆかりの庭園でもあり、ゆっくり待とうと思いました。庭内はきれいに整備されていました。一周回ってみましたが、パソコンが入ったかばんの重さと暑さでばてばてになってしまいました。この状態で、知人たちと会って観戦するとビールを飲んでしまい、帰れなくなりそうなことは目に見えています。残念ながら観戦はギブアップしました。試合は、3-3で延長と成り、5-3で勝ったそうで、相当盛り上がったことと思います。

◆園城寺さん、アマコン2位!おめでとう

ブログ掲載が遅くなってしまいましたが、第10回全日本アマチュアギターコンクールで、アコラフレンズの仲間の園城寺哲男さんが2位を受賞しました。
私は観戦出来ませんでしたが、今回は87名のエントリーのうち、3名欠席で84名の参加だったそうです。1位の山室敏博さんが弾いた「埴生の宿の主題による変奏曲」には感動して、涙が出たという審査員もいたとのことです。

「あちこちミスがでてしまっていて、期待した演奏は出来なかったのですが、皆様のご協力のおかげで、本当に良い練習が出来た結果と思って感謝しています。昨年の本選では、後半途中で詰まってしまい、後半の最初に戻って弾き直し・・・ という大変な失態をしてしまったので、今回は出来るだけたくさんのステージ経験、またはそれに準じる経験を積もうとしてきました。アコラでの演奏も とても為になりました。ありがとうございます。
また、練習しなおして、聞いていただきたく思います。 よろしくお願いいたします。(園城寺)」

園城寺さんは、もう来年を目指しているようです。楽しみです。皆さんの応援宜しくお願いします。

2009年8月28日 (金)

ギター(沖仁さんのブログから)

Dscn0239 沖仁さんの2009年08月23日(日)のブログから引用です。 

くだまいてます 
 曲作ったりアレンジしたりしてると、ギターに触ってる時間は長いんだけど、それは演奏って感覚ではないんですね。 なので、久しぶりに曲と関係なくギターに触ると、とても新鮮で、ああ、ギターっていいなと心から思います。

 右手の人差し指の頭の肉の部分が弦に触れて、ゆっくりと指先にスライしていって爪に当たり、離れて音が出る。 その過程が実に心地良いんです。

 長年音楽をやっていて、陥ってしまいがちな落とし穴をいくつも避けながら進んできたつもりなんだけど、この心地よさを忘れたら自分はおしまいだな、と思います。

 ・・すいません、今ちょっと酔っ払ってるんでうっとうしいかもしれないけど、語っていいですか?

 最近よく考える事ですが、音楽の本質って、エネルギーのやり取りだと感じてます。 そして、もし音楽に効能があるとしたら、それは陰のものを陽に変えるということだと思うのです。言い換えれば浄化すること、もっと砕けて言えば癒すこと。(世間で言う「癒し系」は嫌いですが)
 フラメンコなんてまさにそうです。 あれはジプシーたちが迫害を受けて非人間的な生活を強いられる中で生まれた悲鳴がそのルーツですから。そして悲鳴をあげる事で彼らはどうにか癒され、生き延びてきた訳でしょう?一般的にうるさくて悪い音楽と思われがちなパンクやロック、クラブミュージックなんかも正にそうで、ああいう音楽で発散できなかったら世の中にはもっと凶悪な犯罪がはびこっていたのではないでしょうか?
 そしてクラシック音楽の構築美とハートのこもった演奏によって心が慰められるのは誰もが認めるところでしょう。

 で!僕はよく思うんですが、世界中で何千万枚もCDが売れている人の歌と子供を寝かしつけるためのお母さんの子守唄と、規模は違うけどどちらも本物ではないかと。 
 で!じゃあ偽物の音楽ってなに?と考えた時、創る側、演奏する側の立場からするとですね、自分の音楽でまず自分自身が浄化されているかどうかだと思うんですよ。 まず自分自身の心が震えないと。 自分を差し置いてまわりの為に創った音楽は、邪なもののような気がします。 僕は自分の出している音がいやでいやで仕方なく、でも仕事だから心を殺して弾いてた時期がありました。 その時はかなり精神が荒涼としてましたね~。 そういうのって自分が一番やられちゃうんですね。 さぞかし邪悪な音を出してたことでしょう。(ま、修行だから許して欲しいんですが・・) えーと・・なにを書いてるんでしたっけ。

 あ、だから僕にとって、ギターっていいなあ、好きだなあと思えることは出発点でもあり、絶対に離れてはいけない地平だと思うんですよ。 今日はテオドロ・ペレスのギターを弾きながらそんな事を思いました。

 数年前、テレビであなたにとって音楽は?と聞かれて愛情の結晶と答えたり、心の栄養素と答えたりしました。 今だったらなんと答えるでしょう?

 ギター、かなあ・・・

2009年8月23日 (日)

Giverny Salon・谷島&中田ミニコンサート

2009aug_006 Giverny Salonを8月22日(土)に開催いたしました。参加いただいた方、ありがとうございました。

愛好家の自由演奏会は、いつものメンバーに加え、新しい方の参加がありました。水戸のNさんが、アコギでゴンチチの曲などを演奏されました。鉄弦の音は、クラシックとはまた違って面白いですね。根強いファンがいるのもうなづけます。そういえば、バリオスも鉄弦を使っていましたね。                            

2009aug_028 ミニコンサートは、ゲストに谷島崇徳さん(G)と中田由紀乃さん(Fl)をお迎えし、ギターソロとギター&フルートデュオの演奏を楽しみました。

 次回は9月20日(日)です。久々の日曜日の朝の開催となります。参加を希望される方はお早めに連絡をお願いします。                                                  

                                                     

会の画像を掲載しました。
http://www.ijsnet.ne.jp/~us3jazc3/yajima20090822photo.htm

谷島さんと中田さんの演奏(youtube)http://www.youtube.com/user/liveyazzy#play/uploads/9/I6pNFStvPcs

2009年8月22日 (土)

Giverny Salon・大島 直  ミニコンサート(9/20)

Pict0003_2 次回のGiverny Salonは、9月20日(日) 10:00開演です。

ゲストは、大島  直さんです。

オール スペイン物です。                                                                  

                                              

◆ゲストのミニコンサート プログラム

(E・サインス・デ・ラ・マ-サ) 
 ・ギタ-讃歌   
 ・ハバネラ
 ・散歩  「プラテ-ロと私」より   

(F・タレガ )
 ・パバ-ナ  
 ・マズルカ ト長調
 ・メヌエット
 ・ワルツ 2人の姉妹           

(I・アルベニス)
 ・カタル-ニャ 

◆愛好家の自由演奏会(ギター名曲を弾く会)

  参加者の募集を開始いたしました。

http://www.ijsnet.ne.jp/~us3jazc3/ooshima2009sept.htm 

2009年8月19日 (水)

Giverny Salon・谷島崇徳&中田由紀乃   ミニコンサート(8/22)

今度のGiverny Salonは、8月22日(土)AM10時から開催します。

◆ミニコンサートゲストは、谷島崇徳さん(G)と中田由紀乃さん(Fl)で、ギターソロとギター&フルートデュオの演奏をお楽しみください。

プログラムが決まりましたので紹介いたしします。

(ギターソロ)
  ・SUNDAY MORNING OVERCAST (ヨーク)
  ・マーレイの亡霊 (ヨーク)
  ・そらはキマグレ (押尾コータロー)

(ギター・フルートデュオ)
  ・マシュ・ケ・ナダ    (J.ベン)
  ・タンゴの歴史から  (ピアソラ)
    1900 BORDEL
    1930 CAFE
    1960 NIGHTCLUB

◆愛好家の自由演奏会については、下のURLに詳細があります。

 聴かれるだけでもOKです。

http://www.ijsnet.ne.jp/~dee2jak3/yazima2009Augacola.htm

2009年8月18日 (火)

激務の夏休みと休日

2009summer_022 8/10の台風で朝の通勤電車が乱れ、やっと会社に着いたところ、急な仕事で福井県まで出張となりました。タクシーで出張者それぞれの家を回り、数日分の宿泊の用意をして、水戸から特急、新幹線、特急と乗り継いで、着いたのが夜中。その日は泊まり、翌日から仕事、そのまま徹夜へ。8/11は早朝に静岡沖地震があり、新幹線に影響がでたが、8/10のうちに出発したので影響を受けず、良かった。

2009summer_028 その後、一旦家に帰ることができたましたが、8/13からの夏休みに、また先の仕事の対応で東京に出張することになりました。これも夜中までコンビニのおにぎりで頑張り、8/14までかかってしまいました。8/15はなんとか実家のお盆に間に合いました。8/16、17は、庄内にミニ旅行の予定を入れていました。上司に相談したところ、8/17は上司が仕事の対応をして頂けることになり、何かあったら携帯で対応することにしていました。お昼には岐路モードになっていましたが、電話が入りいろいろありそうでこれから打ち合わせがあるとの話で緊張感がアップ。昼食が済んだころ、他のメンバーで対応できるという連絡があり、一安心しました。いい上司にめぐり合い、本当に感謝いたします。

2009summer_031 庄内ミニ旅行の写真

 月山: 「月山」というと思い出すのが新井満が作曲した歌。森敦の文章に曲をつけたものだが、この曲は学生時代に聴き、今でも覚えている。他にこの地方のことを知らないこともあり、庄内、月山と聴くとこの歌が浮かんでくる。 新井満は「千の風になって」の訳詩、作曲で最近再び有名に。

2009summer_037  庄内映画村株式会社: 「おくりびと」など、映画の撮影支援をしている。 オープンセットは撮影中で見物できなかった。
  

  宿から見た夕日: 「山形スクリーム」という映画の撮影に使われたという老舗ホテルで、囲炉裏料理と地酒を満喫した。撮影では「 バブル崩壊後、今にもつぶれそうなホテルという設定」とのこと(ホテル談)。     2009summer_046

  羽黒山と五重塔: 羽黒山は巨木が多く、どこかヨセミテを思わせる。杉並木や五重塔は、ミシュランのグリーンガイドにも掲載されています。

                                                                                              

                                                                 

 8/18は家で休んでいます。「おくりびと」は最初の部分だけしかWOW WOW見ていなかったので、今日、ゆっくり見ました。チェロの演奏に納棺の所作がつながり、崇高な感じを受けました。 いい映画ですね。                                     

                                                                        

20090706_689383 もうひとつ、上野国立科学博物館で「黄金の都 シカン」をちょっとだけ観に行きました。 インカ帝国以前にアンデス地方、ペルー北部海岸周辺に栄えた都だそうです。発掘された黄金の仮面など、見所が多いです。まだ見ていない方は、9月4日はシカンにちなんだギターとサンポーニャの無料コンサートもあるようですので、いかがでしょうか。

シカンとは、ムッチャク語で月の家、月の神殿という意味のようです。

2009年8月 1日 (土)

ジュリアーニのSemiramideは凄い

Imagessemiramide_2 エリアスのCD、ジュリアーニが作曲(編曲)したロッシーニのオペラSemiramideを収録している。CD2枚組みで、約2時間、19世紀ギターでの演奏。

当代の人気作曲家のオペラ2幕を、ギターで再現。当時、録音技術がない時代に、オペラをギター1台で演奏したということは、大変意義があったと思う。もちろん、ロッシーニのお墨付きで行ったもので、当時のサロンで大いにもてはやされたものと思われる。

纏まった録音は初めてと思われるが、まだこんな古典の曲があったとは、ジュリアーニはすごい。エリアスの演奏もいい。

早速、何曲か弾いてみたが、この時代の楽譜は同名で異種の内容があるようで、録音しているものと若干違っているものもありそう。

・ロッシーニ:歌劇『セミラーミデ』(マウロ・ジュリアーニ編曲ギター・ソロ版)
 イザー・エリアス(ギター)

 録音時期:2008年10月21-26日
 録音方式:デジタル(セッション)
 世界初録音

Rossini: Semiramide (arr. for solo guitar by Mauro Giuliani)
CD1
1.Overture [13:32]
2.Terzetto: Là dal Gange [5:52]
3.Quartetto: "Di tanti Regi e Popoli" - Allegro [2:03]
4.Quartetto: ""Di tanti Regi e Popoli" - Andante [2:13]
5.Quartetto: "Di tanti Regi e Popoli" - Allegro [1:21]
6.Quartetto: "Di tanti Regi e Popoli" - Allegro - Adagio [4:35]
7.Cavatina: "Ah, quel giorno" - Andantino [3:06]
8.Cavatina: "Ah, quel giorno" - Allegro [3:35]
9.Duetto: "Bella imago degli Dei" - Allegro giusto [2:26]
10.Duetto: "Bella imago degli Dei" - Andantino [2:01]
11.Duetto: "Bella imago degli Dei" - Allegro Vivace [3:50]
12.Cavatina: "Bel raggio lusinghiero" - Andante grazioso [4:54]
13.Cavatina: "Bel raggio lusinghiero" - Allegretto [3:19]
14.Duettino: "Serbami ognor si fido il cor" - Andantino [4:36]
15.Duettino: "Serbami ognor si fido il cor" - Allegro giusto [3:54]
16.Seconda Marcia [1:55]
17."Giuri ognuno" [5:47]
18."Qual mest gemito" [4:23]
19."Ah! Sconvolta nell'ordine eterno" [4:38]
CD2
1.Duetto: "Se la vita" - Allegro [2:55]
2.Duetto: "Se la vita" - Andantino [3:36]
3.Duetto: "Se la vita" - Allegro [6:35]
4.Aria: "In si barbara sciagura" - Andantino [3:03]
5.Aria: "In si barbara sciagura" - Allegro [2:47]
6.Aria: "In si barbara sciagura" - Allegro vivace [3:59]
7.Aria: "Deh ti arresta" - Andantino [2:33]
8.Aria: "Deh ti arresta" - Allegro [5:42]
9.Preghiera: "Al mio pregar t'arrendi" [2:23]
10.Terzetto: "L'usato ardir" [2:23]
11.Coro "Vieni Arsace" [1:44]

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

無料ブログはココログ