« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月21日 (日)

北口 功・つくば市でコンサート&名曲CD

4539442633706

つくば市の花水木で北口 功氏のギター・サロンがありました。日曜日の朝に音楽を聴くという催しで、新しいCDに入った曲を中心としたプログラムをアルカンヘル(2007年)で演奏されました。

CD発売記念的な演奏会はギター文化館で1月に催されました。その時はギター製作家の方と話し込んでしまい、肝心のCDを入手できませんでした。今回やっと入手でき、サインまで頂きました。CDに入っている曲目と使用楽器は以下のようなものです。

◆LEYENDA~カーノコレクションによる名曲集1

ソル:第7幻想曲[使用楽器:マヌエル・ラミレス1905]
アルベニス:アストゥリアス[使用楽器:ドミンゴ・エステソ1923]
ヴィラ=ロボス:プレリュード第1番[使用楽器:サントス・エルナンデス1924]
バリオス:森に夢みる[使用楽器:サントス・エルナンデス1930]
J・S・バッハ:テンポ・ディ・ボレアとドゥーブル[使用楽器:マルセロ・バルベロ1936]

4539442633713

◆PALACIO~カーノコレクションによる名曲集2

シューベルト~メルツ:セレナーデ/タレガ:アデリータ、涙[以上使用楽器:アントニオ・デ・トーレス1882]
シューマン:トロイメライ/バリオス:ディノーラ[以上使用楽器:ホセ・ラミレス1912]
ソル:アンダンテ・ラルゴOp.5-5/アルベニス~リョベート:セビーリャ[以上使用楽器:ジュリアン・ゴメス・ラミレス1931?]
タレガ:アルハンブラ宮殿の思い出/バリオス:クリスマスの歌[以上使用楽器:マヌエル・デ・ラ・チーカ1959]
武満 徹「12の歌」より中田 章:早春賦、アイルランド民謡:ロンドンデリーの歌[以上使用楽器:イグナシオ・フレタ・イ・イーホス1983]

カーノコレクションギターの個性溢れる音色は聴いていて本当に気持ちがいいです。トーレスの渋さ、存在感は凄い。アデリータ、ラグリマは絶品です。バルべロでのバッハも素晴らしいです。マヌエル・デ・ラ・チーカのクリスマスの歌などは曲と音がひたっとはまってこんな良い曲だったのかとあらためて聞き入りました。派手さはありませんが、聴くたびに聴く側の状態に応じて新たな発見がある、そんな感じを受けました。

凄いCDですね。

2010年3月16日 (火)

Giverny Salon・河野智美コンサート

2010mar_080s

3/13にアコラのGiverny Salonで、河野智美さんのミニコンサートがありました。

プログラムは次のようなものです。

吉松隆            : 風色のベクトル
G.レゴンディ         : 練習曲第1番、 夢 
J.S.バッハ          : アンダンテ、アレグロ
D.ボグダノヴィッチ : ソナタより第1,2,4楽章
I.アルベニス     : アストウリアス
F.タレガ        : アルハンブラの想い出

2010mar_044

コンサート後の交流会で多くの感想を頂きました。

河野さんのプログラムはどれも河野さんの魅力が感じられるもので感心しました。すっきりしたクリスタルな演奏で、表現が伝わってくる爽やかな演奏でした。
特にアルハンブラやアストリアス、またレゴンディ、バッハも良かったです。
 今度、4月29日(木・祝)19:00 東京/杉並公会堂小ホールにて、「ムジカ・フィクタギターコンサート〜菅原潤氏を偲んで」が開催されるとのことで、多くの方が演奏を聴かれることを祈念いたします。

交流会の感想:

・トレモロがとても綺麗でした。
~トレモロは色々検討しました。
・河野さんが好きです。(笑) 最後に手が痛いのでアランブラで最後にしますとのことでしたが、繰り返しもきちっとされて感激しました。
~弾いていたら、とてもこのホールが気持ちが良くてフルバージョンになってしましました。練習でもフルバージョンで弾くことはないんです。
・いい演奏をありがとうございました。
・演奏の姿から男性的な方かなと思いましたが、とても魅力的な女性らしい方だなと思いました。
・ボグダノビッチはすばらしく、惹き込まれました。
・高田先生のレッスンや現代ギター社のサマースクールに関連した質問。
~ピアノはすぐ弾けてしまうこと、バッハは敬遠していたが最近やりだしたこと、横尾先生の話題やさくら変奏曲はたまに演奏されることなど。
・アストゥリアスはかっこよかった。将来弾きたい。
・ハウザーで演奏してくださいとの要望があり、アランブラ、アストゥリアスなどのさわりを演奏。 (持ち主?自分に?)もう少し弾き込んだらいいですね。(笑)
・引き込まれました。こんなに感銘を受けたことはない。東京国際で優勝できなかったのは何か失敗があったのでしょうか?
~コンクールはその時の演奏の結果が評価されるもの。12月からちょっとうまくなったかな。(笑)
・ピアノとギターについて
~ピアノとギターは平行してやっていた。難しいほうが好き。 ピアノは高校までやった。名曲が多いので楽しいが、一生かけてやるのはギターだと思った。
・昔やったが中断し、最近再開した。綺麗な音でゆっくりした曲を弾きたい。
~肉と爪半々で弾く、爪の裏側を磨くなどのアドバイス
・アストゥリアスがとても力強く印象的だった。
・緊張しないで弾くコツは?
~どういう歌い方をするかに注力する等、何かを考えるようにしている。普段の練習から気をつける。音のバランスを聴きながら練習することも大切。
・現代曲の演奏
~最初は譜面のみで練習し、ある程度弾けるようになったら人の演奏を聴いてみるようにしている。
・P指の弾き方
~特別なものはないです。弦を指で捕らえて弾くこと。弦の弾力を感じながら弾く。

中村先生も見えられ演奏を楽しまれたようです。(中村先生のブログ)

http://mitoguitar.blog85.fc2.com/blog-entry-247.html

Giverny Salon の模様;

http://www.ijsnet.ne.jp/~us3jazc3/kohno2010photo.htm

    

2010年3月 7日 (日)

「旅する長崎学」レクチャー・コンサート

 2010mar_016_2 2010mar_021

「旅する長崎学」レクチャー・コンサート
「龍馬が生きた時代~音色で感じる幕末長崎~」が、水戸京成百貨店でありました。

長崎県の物産展のイベントとして開催されたようです。

会場に向う途中、旧県庁の広場で茨城県内各地の農産物の物産展のようなものをやっていましたので立ち寄ってみました。試食をしたところ自然の風味そのままでとても美味しく、生しいたけ(かなり大きく10cm位あり)パック、たくあん、こんにゃく、しそとみょうがの漬物、たまり付け、キムチ、いそべ餅、炊き込みご飯などをついつい買い込んでしまいました。きのこ汁のサービスもあり、朝食にしました。

 2010mar_017

偕楽園は観光客で混んでいるので、観梅は旧県庁近くの第ニ公園に行くことが多いです。今日は、丁度見ごろでした。

2010mar_013  2010mar_015

百貨店のオープンにあわせて行ったので、駐車場もまだ空いており、コンサートの座席も良いところを確保できました。そのあとは長崎物産展内でお昼にする予定でしたが、朝食をしっかりとってしまったので、焼き鯖寿司や太巻きがセットのなった大村寿しというものがあったのでそれで済ませることに。長崎の焼酎、そしておつまみに「ちゃんぽん揚げ」というものを買ってみました。

「旅する長崎学」レクチャー・コンサートでは、永田斉子さん(月琴)とSissi jiさん(二胡)が演奏しました。

2010mar_011  2010mar_006

龍馬の奥さんのおりょうさんが長崎で月琴を習ったということにちなんだ演奏会です。

プログラムは、当時、楽しまれていた明清楽とのことです。

月琴は、横溝正史の推理小説のTVドラマの中でちょっと見たことがあるくらいでしたが、ちゃんと音楽を表現できる楽器でした。琴に似たとてもいい響きでした。二胡ほどではないですが、ギターのように歌わせることもできるようです。

水戸にいて、幕末の長崎に居るような、貴重ないい時間を過ごせました。

2010年3月 5日 (金)

次のGiverny Salon(3/13)・         河野智美ミニコンサート

  Konomages

今度のGiverny Salon(愛好家の自由演奏会)は、3/13(土)の午後1時半からです。開始時間がいつもと異なりますのでお間違えの無いようにお願いいたします。

参加を希望される方は、演奏曲目とあわせてご連絡下さい。                      

 参加費:2000円 (飲み物付き)                                                         

◆ミニコンサートは、昨年の東京国際ギターコンクールで第3位を受賞された河野智美さんです。河野さんは、コンクールでは、トッカータ・イン・ブルー、レゴンディの練習曲、悪魔の奇想曲など難易度の高い、ドラマチックな曲を演奏されました。コンクールでは本当に感動的な演奏でした。今回のアコラでの演奏もきっとすばらしいと思います。ぜひお聴き逃しなく。

2009tokyo_035   440_6_20091123111151_dvc00003  2009tokyo_009_2

河野さんについては、Guitar Dream誌17号で実力派女性ギタリストとして、また現代ギター誌2月号では今年の東京国際の模様が取り上げられていますので、ご覧下さい。質問したいことがありましたら、事前にメールで送ってください。当日、交流会の話題としたいと思います。

最近は、D.ボグダノヴィッチのソナタを軽快に弾かれています。アコラでこれも演奏していただけます。聴き所の一つです。

悪魔の奇想曲をもう一度聴きたいとお願いしたのですが、これは無理なようです。個人的にはマスカレードのような曲も懐かしいところではありますが。。。

週末で参加者は一応締め切ります。演奏曲目の連絡を頂いていない方や質問事項がある方も週末を目処にお願いします。

http://www.ijsnet.ne.jp/~us3jazc3/kohno2010.htm

私ごとですが、先日左手を握ったら凄い痛みがして中指が握ったまま開かなくなってしまいました。しばらくして、右手で何とか元に戻すことができましたが、それ以来、力を入れるのが怖くなってしまいました。右手の方も小指がばね指状態です。昨年の状態にまた戻ってしまったようです。少し休みながら様子を見てみます。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

無料ブログはココログ