« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月26日 (土)

F.ソルを勉強する会(7/25)に注目!

Sorkitaguchi

講師に、北口 功氏、及び富川 勝智氏をお招きし、7/25に「フェルナンド・ソルを勉強する会」をアコラで開催いたします。

この会をやることになり、私なりにソルのことを考えています。

ソルは何を見ていたのだろうか?スペイン時代のソルは、私たちが今日見ることのできるゴヤの絵画に描かれた風景とよく似たものを見ていただろうと思われます。それは、ソルもゴヤも、アルバ女公爵に庇護されていたからです。同じ館に出入りしていたものと思います。ソルの演奏をゴヤも聴いたのだろうと思います。ゴヤの絵にもギターを描いたものがが幾つかありますね。スペインが激動の時代でした。

1c6bfa5db037d3b108b5f81e094df969a67

ソルは、晩年はパリで過ごしました。この頃のパリの様子を描いた絵のひとつを掲示します。この穏やかな感じが好きです。ソルもパリでこんな日を過ごしたのだろうとイメージを膨らませています。

さて、富川氏から凄い連絡がありました。

尾野 桂子さんと宮島幸太郎さんというギタリストが、この会に参加されるということです。どんな曲を演奏するのでしょうか、楽しみです。

プロも注目するこの会でお互いに啓蒙できるといいですね。教科書にあるソルでなく、参加者それぞれのソル像ということです。

富川氏のブログ;

http://guitar.livedoor.biz/archives/2010-06.html#20100626

演奏参加者は、締め切らせていただこうと思いますが、聴講のみでの参加もできることと致しましたので、希望される方はご連絡を下さい。

フェルナンド・ソルを勉強する会;

http://www.ijsnet.ne.jp/~us3jazc3/sorzemi2010.htm

.

ギターがいっぱい

今日は、仁平さん・細谷さんDUOからご案内を頂き、アルカンヘル館というところへ行ってきました。アコラフレンズのメンバーでもある長塚さん・名川さんDUOも参加し、DUOXDUOのジョイントコンサートです。

2010jun_109  2010jun_110

入り口にアルカンヘルのオブジェがあります。

2010jun_111  2010jun_112

中には、もちろんアルカンヘルが、またバルべロ・イーホも展示されていました。

2010jun_114  2010jun_122

プログラムは、それぞれのDUO、ソロがあり、最後に四重奏で佐藤弘和の田園組曲が演奏されました。1回しかあわせていないとは思えない完成度でした。

全体に、これまでの練習成果が良く出たしっかりとした演奏で感心いたしました。

演奏中に携帯に電話が! マナーモードにしていたので迷惑にはならなかったが、コンサート終了後、返信してみると、ギター製作家の高橋さんからでした。7月10日にコンサートを開催するとの連絡で、演奏者は児玉さんとそのお仲間とのこと。

皆さん、熱心に活動していることを実感しました。

夜は、「ギターフェスティバル in ひたちなか」の会場となるひたちなか市文化会館に併設している「カフェ・レストランSwing」に行ってきました。9月18日のフェスティバル後の打ち上げ・交流会の準備のためです。

食事をしたあと、小1時間ギターを弾かせてもらいました。このような場所で演奏すると、いつもとは違って、新鮮な感じで演奏ができますね。

2010jun_127

.

2010年6月20日 (日)

つくばクラシックギター愛好会・北口功教室会

2010jun_108

アジサイの花がきれいに咲いているつくば市「ゆかりの森」で
つくばクラシックギター愛好会・北口功教室発表会がありました。

前日からレッスンがあり、皆で夕食をしながらのギター談義・音楽談義。そして、恒例のリハーサル、深夜まで続きました。

2010jun_079

2010jun_082                                                                          

           

2010jun_086

最後は北口先生によるカタロニア奇想曲とセビーリャの演奏がありました。
カタロニア奇想曲は渋い味わいで、スペイン情緒が薫り立つ。                                  

                                      

                                                            

2010jun_107

発表会当日もいい天気でした。

2010jun_088

北口先生の挨拶で、発表会が開始。。。 

 ソルの作品は誰が弾いても味わいがありますね。

 特に、今回はソルの二重奏が何曲演奏されましたが、充実していました。                                           

                                                                     

                                                                                                         

                                                                  

打ち上げ、乾杯~!

2010jun_093

2010jun_096

2010jun_103

2010jun_104 Joyful

2010jun_105_2 

2010jun_106 ソロデビュー                                                        

                                                          

そしてこんな方も見えられました。北海道に帰る準備で忙しい中来てくれたようです。これからも頑張ってください。                                          

2010jun_089

* * * * * * * * *

前日のリハーサルで私は曲の途中で忘れてしまう場面が何度かありました。
夜中、かなり眠かったことはありましたが、もう一つ7フレットにつけたマークが消えてしまっていました。これが気になって小さなミスをしているうちに、肝心の流れを失ってしまったようです。
それと、土曜日は先週末からギターにほとんど触っていないことが多く、かなり弾いているつもりの曲でも怪しげな状態となっていたことが考えられます。本番前は庭で少し弾き込みをし、なるべく集中力を維持するよう心がけました。今度は、どうにか止まらずに演奏できました。

普段、気楽に弾いていますが、人前で演奏するのは確かに大変です。誰の演奏に対してもそういう目で見ることが大切ですね。それを克服して流暢に演奏している人は、ほんとに凄いですね。

.

.

2010年6月14日 (月)

宮下祥子・蔵楽々会

2010jun_027

■宮下祥子さんのギターコンサートとニューヨークで活躍されているシェフ杉江さんのお料理を楽しむ会が茨城県の木内酒造蔵楽々会で行われました。

蔵楽々会最高の数の参加者だったらしく、賑やかにそして日本には珍しくゆったりとした時間運びで深夜まで5時間を超えるイベントでした。各界のVIPも来て大人の時間が流れていました。酒蔵での演奏、温度の変化で音の性格が変わったりしてギターは生きていると宮下さんがいわれるのがよくわかりました。使用楽器はアルカンヘルでした。

これまでの演奏ももちろん素晴らしかったのですが、宮下さんの演奏はこれまで聴いたものとは違っていました。感激しました。

http://www.ijsnet.ne.jp/~us3jazc3/Miyashita20100613.htm

    ファンとの記念写真

2010jun_052

  VIPも来られていました

Miyashita1

宮下さんは、現在、東京、千葉でレッスン会をされています。茨城からもレッスンに行かれている方がおり、今度茨城でもレッスン会を開催することとなりました。年間に数回不定期に開催するものです。希望される方は連絡を下さい。先着順にノミネート致します。                                                       

                                                                      

■先週は、宍戸ヒルズCCで行われた日本ツアー選手権の最終ラウンドを観戦しました。

2位に7打差で最終ラウンドをスタートした宮本は後半スコアを落としましたが、17番を終えて2位に2打差に迫られたものの18番バーディーを決めて優勝。石川遼は成績はいまひとつでしたがいいプレーもありさすがです。

予想していましたが、友部ICの出口から渋滞し、駐車場が一杯で各駐車場に廻され転々としました。すごいイベントでした。

                                                                 

■9月18日に開催する「ギターフェスティバル in ひたちなか」の実行委員会活動が動き出しました。今月中には内容を発表したいと思います。                                              

 

■そして、7月25日は北口功さん、富川勝智さんを講師にお招きし、「フェルナンド・ソルを勉強する会」を開催いたします。あと数名の参加を受け付けます。

これまでにお申し込み頂いた方で演奏曲目を連絡していない方は、連絡をお待ちしています。また、両先生に対するソルやソルの曲の演奏に関する質問事項を受け付けています。こちらは今月一杯で締め切らせていただきますので、質問がある方はご連絡を宜しくお願い致します。                                                           

                                                         

.                  

2010年6月 4日 (金)

ギタードリーム・新編集長

Hi3f00670001

久しぶりに近くまで行ったので、池袋のホマドリームに行ってみました。

新編集長の玉置さんと1時間ほど話してきました。何年ぶりでしょうか。編集の仕事が忙しくて大変だといっていましたが、以前会ったときとは別人のように精悍になられた印象を受けました。本気で仕事をしている気迫が伝わってきました。頑張っていますね。

伊福部さん、早川さんが有名になる前、若いころのギターとの係わりを知ったのは、数年前ネットサーフィン(死語?)で玉置さんの文章をたまたま観たからでした。

菅原さんの話、北海道のギター界の話、など。また、大塚先生は千葉に住まわれていたが、2、3年前に亡くなられたとのこと、初めて知りました。

私のギタードリームの年間購入データが上手く引き継がれておらず、今回分がなかなか配送されなかったのでメールしました。メールしましたらすぐに届きました。今日、お話を聞いて、原因が分かって安心しました。

最後にお写真を撮らせて頂こうとしましたら、写真には顔は出さないとのことで、このようなものになってしまいました。

20100603184341

これからも、ますます魅力的で楽しいギタードリームとなることを強く感じました。

.

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

無料ブログはココログ