« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土)

朗読劇・少年口伝隊一九四五 宮下祥子

Kudenntai1 Kudenntai2

毎日暑いですね。

井上ひさし氏脚本の朗読劇『少年口伝隊一九四五』が新国立劇場で公演されました。
「広島がヒロシマになった日」をテーマにした朗読劇で、2008年の日本ペンクラブの国際フォーラムで新国立劇場演劇研修生の2期生が初演を演じて以来、翌年は3期生が演じ、今回は4期生が朗読しました。

この朗読劇の大きな特徴は、宮下祥子さんの演奏するギター音楽がこの劇の唯一の音楽となっており、客席からも見える舞台の後ろで最初から最後まで演奏していることです。

重苦しいテーマなので、人によっては苦手な方もいるようですが、若い演者達の熱心な朗読・演技により悲惨な中にもどこか生きる希望が感じられ、緊張感をもった音楽がそれをしっかり支えていました。井上ひさし氏が、宮下さんの演奏するF.ソルの悲歌風幻想曲を聴いてインスピレーションを受け、宮下さんを特命でこのような舞台となったそうです。宮下さんの演奏はそれに相応しいもので、大変すばらしく感動的でした。悲歌風幻想曲の冒頭の不協和音から始まり、Aの音が通奏低音のように劇の部分部分で響きます。先日のソルの会の余韻がまだ醒めないのですが、何箇所かで流れる長調のテーマが、また良いです。ソルって本当に凄い。

Drama02

E198acdd789b882e

約1時間の1幕の朗読劇です。いいメッセージを持っています。広島では有志の方々がこの朗読劇を上演しているようです。14人いれば出来てしまうんですね。また、今年、ドイツでもドイツの劇団によって上演されるようです。今回、TV等の取材もかなりあったようで、これから一般に広まっていくのでしょう。

2010july_126

終演後、楽屋に宮下さんを訪ねました。ピアニストの高木さんとトークで盛り上がっていました。

◆ ◆ ◆

この朗読劇の音楽に、宮下祥子さんの演奏するF.ソルの悲歌風幻想曲が用いられることとなった理由は何なのでしょうか。井上氏自身がこれ以外は考えられないと言われたそうです。

全くの推測ですが、井上氏が宮下祥子さんの演奏するF.ソルの悲歌風幻想曲に感激したことには間違いはないでしょう。そしてバッハやモーツアルトのような超一流と言われる音楽ではないものの、そこには約二百年後の現在でも感動させるものがあり、ギタリストはこの曲を現在のものとして共感を持って伝えようとしている。このようなことが、ヒロシマの出来事を伝えていくこと、ヒロシマで亡くなった人の替わりに生きるというメッセージに重なったのではないのか、そんなことを想像致しました。

誰も亡くなっていく運命ですが、生きることは何かをすること、人に何かを伝えることなんでしょうね。

.

2010年7月27日 (火)

F.ソルを勉強する会

Sorkitaguchi

7月25日、アコラで北口功氏と富川勝智氏を講師に招き、「F.ソルを勉強する会」が開催されました。夏の1日、F.ソルを愛する人達とF.ソルについてまたソルの音楽について、実際に演奏された音を通して感じ、考える貴重な時間を過ごすことができました。

2010july_081

受講生の演奏に対するアドバイス

2010july_071

2010july_078

19世紀ギター、立奏で教則本の解説

2010july_079

音源を使ってオペラ作品等の解説

2010july_113

ソルの代表作のコンサート

2010july_106

両先生と参加された皆様に深く感謝いたします。

これからもこのような真摯な会ができたらと考えています。次回はさらに突っ込んでみたいです。今回はソルのエチュード、幻想曲が中心になりましたが、ソルの変奏曲やソナタについても触れないわけにはいかないでしょう。丁度、現代ギター誌でも、濱田先生他がF.ソルの記事を書かれており、ソルに対する関心の高まりのようなもの、一種の熱気を感じています。

◆感想を幾つか頂いています。皆さんの感想・コメントをぜひお寄せください!

・昨日はお疲れ様でした。とても内容の濃い会になりましたね。

皆さんそれぞれのソルに対する思い入れや、真剣に打ち込んでいる姿が印象的で、とてもいい影響を受けることが出来ました。北口先生の演奏は相変わらずダイナミックで、後半の幻想曲×2も集中して聴くことができました。また、シンプルな教育的作品の演奏がサスガで、難易度の高い複雑な曲よりも、初級~中級者が取り組むようなシンプルな練習曲を美しく弾けることの重要性を再認識しました。華麗なパッセージや多声の弾き分けよりも、そこにこそクラシック音楽の美しさの本質があると思います。後半の大曲よりも前半の教育的作品の演奏の方が、勉強すべき点が凝縮されている感があります。

・・・と、濃い会に影響され、濃いコメントになってしまいました。(Yさん)

・昨日はどうも有り難うございました。中身の濃い、充実した一日でした。ちょっと無理をしたせいか途中で少しきつくなったのですが、北口先生の最後の演奏を聴いて、すっかり元気になりました。また少し頑張ってみようかなと思います。(Nさん)

・昨日は、ありがとうございました。素晴らしい企画に参加できましたこと、とても感謝いたします。

北口先生の素晴らしい演奏を初めて聴いた方が、驚いていました。
自分の演奏は、めちゃくちゃでしたが、最期まで弾けたからよしとして、また頑張ろうと思います。31-1は、納得できるまで、弾き続けようと思います。大好きですから。
富川さんのお話もよかったです。
難しいお話だと、睡眠不足の私でしたから、こっくりこっくりしちゃったかもしれませんが、ひきこまれるような感じでした。
帰りは、電車のなかで4時間足止めになってしまいましたが、Nさんとたくさんお話ができて、いい1日になりました。ソルの教本を見ながら、この曲もいいわよ・・・なんて話をしながら・・・家に着いたのは、深夜でしたが、さっそくギターを取り出し、31-2を練習始めました。やる気満々です。

ときどきフリーコンサートに出させていただきながら、人前での演奏に挑戦していきたいと思います。これからもよろしくお願いたします。(Hさん)

・昨日は、はじめてお伺いし、とても楽しい、充実した一日となりました。勝田ははじめてですが、道路も立派で街並みも綺麗ですね。また、ホールは音響も素晴らしく、音楽にかける思いが伝わってきました。また、壁にかけられたキルト、見事でした。

さて、昨日は、信号故障で、羽鳥でストップ。Hさん、宮崎台の若い男性も一緒でしたので心強かったです。ギターの話で盛り上がりました。結局、家に着いたのは、今日の1時半。先生方は大丈夫でしたかと心配して帰途につきました。これも忘れられない思い出となります。(Nさん)

.・先日はソルの勉強会に参加させて頂きましてありがとうございました。たいへん充実した1日でした。

ソルについても知らなかった事を沢山知ることができました。北口先生の悲歌風幻想曲久しぶりに聴く事ができ感動でした。大きな幻想曲2曲をきいて、すごく得した気分で帰って来ました。

あらためて、ソルの素晴らしさを再確認し、練習曲集を引っ張り出しやり直してみようと思っています。(Oさん)

■富川氏のブログ;

http://guitar.livedoor.biz/archives/2010-07.html#20100728

.

2010年7月24日 (土)

F.ソルを勉強する会 富川勝智レクチャー

Sorkitaguchi

前回のブログで北口功氏のコンサートについて書きましたが、今回は富川勝智氏のメッセージです。これは、富川氏のブログからの引用です。                                                     

                                                             

                                                              

”・・・ざっくりといえば、上記のことを考えてきたわけですが・・・。


もっと、たくさん話したいことがあります。他のギター史上のことと関連づけていけば、もっと具体的な例をあげて話せるネタがたくさんありますね。

とりあえずは、明日のレクチャーは概要をポイントしぼって話しますが、いろいろと広げていける部分は多いかなあと感じています。



まだ、一回目も終わっていないのに、「ああ、2回目やりたいなあ!」って思っている自分がいます。

明日、レクチャーでお会いできるかたは楽しみにしていてくださいね!”                

(富川氏のブログ)

http://guitar.livedoor.biz/archives/2010-07.html#20100724

レクチャーの観点など興味深いお話が書かれていますので、是非、ご一読ください!

では、いよいよ明日ですね。

.

                  

2010年7月16日 (金)

F.ソルを勉強する会 北口功コンサート

Sorkitaguchi

7月25日にアコラで開催される「F.ソルを勉強する会」に関し、北口功氏から連絡がありました。

いよいよ近づいてまいりました

曲ですが、

昼食直後のpart1では、小品を弾きます
皆さんの演奏には、小品を弾いてくださいとお願いしておりますので、私も小品を弾きます
part2は最後ですので大曲2曲を弾きます
第7幻想曲はソルの円熟期の傑作の頂点として、悲歌風幻想曲はいわば後世への遺書として、取り上げたいと思います
メヌエットイ長調も初期の華麗なギター捌きとヴァイタリティーをあらわす曲として、part2にいれます

まとめますと
part1
教育的作品Op.60-No.1, No.2, No.4
教育的作品Op.31-No.1, No.2, No.3, No.4
教育的作品Op.35-No.4, No.17, No.22

part2
メヌエット・イ長調(のちのOp.11-6)
第7幻想曲Op.30
悲歌風幻想曲Op.59

この曲目は皆さんにお知らせいただいて結構です
がんばります

http://www.ijsnet.ne.jp/~us3jazc3/sorzemi2010.htm

夏の1日、ソルと向き合う、こんな時間も貴重でしょう。

2010年7月14日 (水)

7月も忙しい

先週末はミニ夏休みで4連休だったのですが、病院に泊まったり、仕事で徹夜したり、身近な方々の演奏会に行ったり、 9月の「ギターフェスティバル in ひたちなか」の打ち合わせをしたり、庭の雑草を刈ったり植物を植えたりと、とても忙しかったです。ギターが弾ける時間は本当に貴重です。

2010july_040

水戸市民芸術祭・市民音楽会 10日は水戸ギターアンサンブルの「展覧会の絵」、11日は合唱団アルシス他、知人が参加しており、出かけました。芸術館はスタッフが多く撮影などはすべてスタッフが行っており、一般の撮影は禁止されていましたので画像はありません。

水戸ギターアンサンブルは、きちっとした演奏でこのような場でも聴かせる演奏をしており、感心致しました。持ち時間が限られており、抜粋版になってしまい残念でした。              

.

2010july_034  2010july_031

夜は、ギター製作家の高橋達男さんから紹介があり、邂逅社主催のコンサートに行って来ました。前半が、児玉さんのギターソロ、後半が和楽というグループの演奏がありました。児玉さんは愛器ロマニロスで美しい高音と柔らかく甘やかな響きでした。高橋さんが新作の楽器を持ってこられ、試奏させていただきました。高橋さんの個性が発揮された楽器だと感じました。

水戸京成百貨店のそばの花屋さんは趣味が良いと思います。花々をたくさん購入しました。それから、梅雨の間に伸びきった庭の草木を切ったり、花々を入れ替えました。今はラヴェンダが満開で、作業中も芳香を放っています。一部を切ってラヴェンダ・バンドルをつくりました。これは、ソルの会で希望者に差し上げようと思います。

2010july_041  2010july_059

2010july_052  2010july_055

また、「ギターフェスティバル in ひたちなか」の主催者・共催者の打ち合わせをしました。中村先生のスタジオに谷島先生ファミリーが来られました。演奏参加者が決まりましたのでプログラムの大枠を決めました。谷島さんがすてきなチラシをつくられました。Sさんが市の教育委員会の後援の取得に尽力されています。来週にはチラシを配布できそうです。

2010july_036s

現代ギター誌やギタードリーム誌を見て、「ギターフェスティバル in ひたちなか」に来る方はあまりいないと思いますが、最近両誌の編集長さんとお会いする機会があり、話題にしましたところ、コンサート・ガイドへの掲載を快諾して下さいました。

このイベントは、プロ・アマが一緒に演奏をするというユニークなコンサートで、入場も無料ですので、ぜひ多くの方にギターを楽しんで頂ければと思います。

http://www.ijsnet.ne.jp/~us3jazc3/GuitarFes2010.htm

ひたちなか市の夏のイベントといえばRIJ(ロック・イン・ジャパン)です。以前は市民を対象にチケットの先行販売があったのですが、最近はなくなってしまいました。一般発売開始と同時にPCと携帯電話で申し込んだのですが、電話がつながらず、昼前にやっとつながったときには土、日分のチケットは無くなってしまっていました。今年は、観覧用にミニテントを購入し準備していたのに、残念。

.

2010年7月 9日 (金)

朝顔まつり

20100708115539  

仕事の合間に入谷の朝顔まつり(朝顔市)に行ってみました。花が咲いた朝顔は「彦星」と「織姫星」が今年も出会えたしるしとして、縁起の良いものとされたそうです。

平日の昼間でしたが、浴衣姿の人もいて結構な賑わいでした。

20100708115454

街の向こうには東京スカイツリーが見えます。

江戸情緒、縁起を買う、なかなかいいものだと思いました。

Ass

2010年7月 4日 (日)

長岡克己&倉石アオミGGサロンコンサート

2010july_010

2010july_021

2010july_013

長岡克己&倉石アオミのGGサロン・コンサートに行ってきました。

長岡克己さんの作品を中心としたコンサートで、プログラムは以下のようなものでした。

1部
【長岡克己&倉石アオミ】
Ame(長岡克己)
月下の残像(長岡克己)

【倉石アオミ】
Fantasy(長岡克己)
La Neige<雪>(長岡克己)
エボカシオン、ホローポ(メルリン)

2部
【長岡克己】
マルボーロの主題による変奏曲(ソル)
アリア(ヘンデル~長岡編)
Zaqu(長岡克己)

【長岡克己&倉石アオミ】
Mizukagami(長岡克己)
RUI(長岡克己)

最近、松田弦さんやいちむじんの演奏で有名な長岡さん(ジェノバ在住)の作品をご本人の演奏で聴くという会でDuoの相手は倉石アオミさん。数回しかあわせていないということでしたが、RUIを献呈された方ということで演奏はこれらの作品の魅力を最高に表現したものだと感じました。RUIは他の演奏では何度も聴いていますが、新たな発見がありました。RUI、Zaqu,La Neigeなどは定番になりそうですね。倉石アオミさんの繊細な演奏も堪能しました。

アンコールは、これも長岡さんの作品で、DUOで「6月20日」、長岡さんのソロで「雲」(新曲)が演奏されました。6月20日はどこか切ない感じが印象的でした。

打ち上げには、佐藤弘和さん、松田弦さんなども参加され盛り上りました。

2010july_016

■銀座のヤマノ楽器のギターフェアに行ってきました。

本日は黒澤哲郎氏に無料でリペア相談をしていただけるというイベントもあり、多くの方が来ていました。

20100703141035

製作家の黒澤哲郎さんは、H市のご出身で、私が毎日通勤の途中で目にしている黒澤楽器店は親類のかたが営まれているということは承知しておりましたが、会うのは初めてでした。最近、有名ギタリストが一押ししていることもあり関心がありましたが、とでも気さくな方でした。スペインへ渡り、テサーノス・ペレスの工房で研鑽を積んだ他、アントニオ・マリンの工房で塗装技術を学ばれたそうです。

.

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ