« 朴葵姫ミニライブ | トップページ | 「ギターフェスティバル in ひたちなか」(9/18)開催!入場無料 »

2010年8月25日 (水)

富川勝智ギターリサイタル(10/11)のお知らせ

Epson001  Epson002

7月の「F.ソルを勉強する会」で広範なレクチャーをしていただいた富川勝智さんが、10/11にギターリサイタルを行います。ご都合のつく方はいかがでしょうか。

■プログラム

カステーリャ組曲 M.トロバ
歌とカステーリャ舞曲 R.S. デ・ラ・マーサ
マテオ・アルベニス賛歌 グスタボ・ピッタルーガ
プレリュードと舞曲 フリアン・バウティスタ

夢見る道 E.S. デ・ラ・マーサ
3つの幻影のファド ハビエル・モンサルバーチェ
組曲 ”プラテーロと私” E.S. デ・ラ・マーサ

富川さんからそのメッセージを頂きました;

10月11日に東京Hakuju Hallでリサイタルを行います。私がイメージした「スペイン」がテーマです。スペイン音楽とはいっても、あえてアルベニスやグラナドスははずしました。ソルもあえてはずしました。前半がカスティーリャ地方の印象、後半がカタルーニャ地方の印象・・・としています。
通して聴いていただければ、なんとなく両地域の雰囲気の違いが直感でおわかりいただけるかもしれません。
今回のリサイタルはスペインから帰国して10年という節目に行おうと考えたものでもあります。いままで私がギタリストとして、そして、ギター史の研究者として考えてきたことを盛り込んだ内容となっているのはいうまでもありません。数年前から1920年代~40年代あたりまでのスペイン音楽史に興味がいっていますので、それをサブテーマとしています。ピッタルーガやバウティスタはその関連から盛り込んだプログラムです。ポスト・ファリャの作曲家がどのような作風を有していたか?・・・はほとんど知られることはありません。そのほとんどがスペイン市民戦争によって海外へ逃亡するか、もしくは国内に残ったとしても沈黙をせざるを得ない状況にいたからです。有名なのは暗殺されたアントニオ・ホセですが、彼以外にも才能ある作曲家がいたことを忘れてはならないのです。
・・・と、若干硬い内容に思われるかもしれませんが、ギターがギターらしく響く曲を選別したことはいうまでもありません。これも最近思いますが、「ギターらしさ」というものは何なのか?という問いかけを我々ギタリストは忘れてはならないなあ、と思うわけです。今回のリサイタルでもその点を忘れることがないように、セレクションしました。
お時間ある方は是非お越しください。ちょっと変わったプログラムではありますが、ギターの可能性を感じていただけるリサイタルにしようと思っています。

HP: http://guitar.sakura.ne.jp/

.

« 朴葵姫ミニライブ | トップページ | 「ギターフェスティバル in ひたちなか」(9/18)開催!入場無料 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富川勝智ギターリサイタル(10/11)のお知らせ:

« 朴葵姫ミニライブ | トップページ | 「ギターフェスティバル in ひたちなか」(9/18)開催!入場無料 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ