« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月31日 (日)

第3回クラシックギターのつどい

2010oct_098  2010oct_100

「第3回クラシックギターのつどい」が守谷市の市民交流プラザで開催されました。

今日は、近隣でいろいろな音楽の催し物が開催されているということでしたが、開演になりましたらホールに一杯のお客さんでした。

2010oct_102

主催者の細川さんのギター活動などを通じて知りあった方々が参加しているということで、演奏は、重奏、3重奏、ソロといろいろなジャンルが楽しめました。

2010oct_114

今回は、ダウランド、バッハ、ビバルディ、ヴァイスなど古い時代の曲が多く演奏されました。

2010oct_139

ラヴェルの「亡き王女のためのパバーヌ」など美しいアンサンブルもあり、「聴く人、弾く人が、楽しいひと時を共有でき、ギターを愛する人たちの輪が広がるといいなと思います。」という主催者の言葉通りの和気藹々とした良い雰囲気の会でした。

皆様、どうもありがとうございました。

画像をこちらにアップしておきます。時間がないので文章は後ほどと致します。

http://www.ijsnet.ne.jp/~us3jazc3/MoriyaGuitartsudoi20101031.htm

.

Volavérunt

Museodelpradogoya1m

1999年のスペインとフランス映画「Volavérunt」には、ゴヤやF.ソルが仕えたアルバ女公爵が登場します。

2010oct_096

宮廷音楽の場面では、ボッケリーニ(1743-1805)のギター5重奏曲のファンダンゴの部分が演奏されていました。19世紀ギターを使っていました。時代考証をきちっとやっているなと思いました。

F.ソルもこんな感じで、宮廷やアルバ女公爵の館で演奏していたのだろうとイメージされます。

2010oct_085

2010oct_087                                                                   

                                                       

「ドン・ルイス皇子の家族(1783)」 ゴヤ画。

ちょっと分かりにくいですが、左脇の画家はゴヤ自身、右側に立って腕組みしているのがボッケリーニといわれています。

380pxla_familia_del_infante_don_lui

ソルがアルバ女公爵に仕えていた頃はドン・ルイス皇子は既に亡くなっており、ボッケリーニは晩年失業し貧しかったそうです。                                                             

                                                    

今日は実家で法事の予定だったが、天気が悪かったので急遽延期となりました。

1年前に見たDVDを改めて観てみました。

さて、明日は守谷でギターフェスです。

.

2010年10月29日 (金)

羽田国際空港

20101027085515  20101027084933

羽田国際空港に行ってきました。

といっても、出張のついでに見物に立ち寄っただけです。江戸情緒のショップ街もTVのニュースで見た通りで、全体にこじんまりとした感じでした。その分、使い勝手が良いように感じました。やはり、都心から近く、利用者には便利でしょう。

20101027093043

私のほうは国内線で広島まで出かけました。少し時間があったのでカード会社のラウンジを利用しました。

2010aug_124  2010aug_120

空港といえば、茨城空港。コンパクトさでは羽田国際空港以上です。この機能追求型はある意味、気持ちがいいです。

韓国、神戸へは定期便が、上海など中国へはチャーター便が就航中です。年内には札幌便が、また中部(愛知)空港便も出来るようです。利用してみたいですね。

来週は六ヶ所へ出張です。これは電車かな。忙しくなりそうです。

.

2010年10月24日 (日)

秋ですね。。

2010oct_063

早朝の千波湖、紅葉し始めた景色が秋を感じさせます。

今、湖畔にある映画「桜田門外の変」のロケセットが観光スポットとして賑わっています。16日に封切になったのでまた観光で訪れる人が多いようです。

2010oct_068

知人達が「桜田門外の変」にちなんだ作品のプリザーブドフラワーの展示を依頼されたそうで、その展示の手伝いをしてきました。指示で展示館の写真パネルの前に展示しましたが、最終的には他の場所に移すことになりました。(写真は移動前)お客さんが入場する前にとのことで、忙しかった。

機会がありましたら、映画とあわせてこのロケセットを観にいってみてはいかがでしょうか?あまり知られていない歴史について、貴重な展示がされています。

2010oct_079

その後で、地域の文化祭へも行ってきました。

2010oct_080

午後からは、アコラフレンズの練習でつくば市まで出かけてきました。ちょっとユニークな場所で練習しています。来年の「ギターフェスティバル in つくば」に向けて選曲中です。

2010oct_084

来週は仕事で広島に出張があり、また東京で別な会議もあります。週末は守谷で「ギターの集い」もあり忙しくなりそうです。

夜は、アコラ発足時からお世話になっている大先輩のKさんが見えられました。最近ソロの演奏を聞かせていただきましたが、いよいよ二重奏、三重奏も始められるそうです。

楽しみです。

あっという間に10月も過ぎようとしています。

              .

.

2010年10月23日 (土)

秋ですね

2010oct_062  2010oct_059

アコラフレンズの長塚さんや、コンクールにチャレンジしている水谷允彦さんが活動をしている茨城新堀ギター音楽院の創立40周年記念コンサートがありました。

会場内の他の施設では秋の文化祭が催され、学生など大勢が集い、また当コンサートにはドクター新堀も見えられ、大勢の聴衆で賑わいました。

アコラフレンズの演奏曲の編曲をされた荻野さん、アコラにも良く見えられる細川さんにもご挨拶ができました。細川さんは守谷のギターの集いの主催者でもあります。

このコンサートは結城市のアクロスという文化会館のホールで開催されましたが、結城市の辺りは県内と言ってもあまりいく機会がないので、この機会にちょっと寄り道をしてみました。

2010oct_051  2010oct_052

フラワーパーク。ここは何回か来たことがあります。今は、秋バラがとてもきれいで辺りに芳香を放っていました。今年の夏の暑さで家のバラが幾つか枯れてしまったので、2株買って帰りました。

ここの大粒のブルーベリーがそのまま溢れんばかりに乗った特製のソフトクリームはお勧めです。

2010oct_057  2010oct_056 

それから、足を伸ばして古河の文学館まで行ってきました。併設のレストラン唐草は人気で、とても混んでいましたが運良く待たずに食事をすることができました。文学館のスペースはピアノが置いてあり、月一回で音楽会も開催しているとのこと。一度観にいってみようと思っていましたが、大正浪漫的な雰囲気も大変良く、クラシックギターのこじんまりした演奏会にも向いた場所だと思います。ただ、利用できる時間は夜しかないということで、なかなか利用しにくいかなと思いました。

.

RUI ~ギターフェスティバル in ひたちなか~

                                                                    

                                             

                                                                          

       

「ギターフェスティバル in ひたちなか」での演奏です。

良かったら聴いてみてください。 

◆RUI  第1、2、4楽章   長岡克己作曲                                      

                                                     

                                                                 

                                                           

http://www.ijsnet.ne.jp/~us3jazc3/GuitarFes2010photo.htm

.

2010年10月21日 (木)

守谷クラシックギターの集い(10/31)

2009oct_030  2009oct_008k

守谷「クラシックギターの集い」

日時 10月31日(日)      13時30分開演
場所 守谷市交流プラザ  0297-45-2278

聴く人、弾く人が、楽しいひと時を共有でき、
 ギターを愛する人たちの輪が広がるといいなと思います。
                             (主催者)

--------------------------------------------------
  一    部   
    
禁じられた遊び              スペイン民謡 
野に咲く花のように         小林 亜星 
メヌエット                 J.S.バッハ
カヴァティーナ               S,マイヤーズ 
レオ・ネーサ                M.リョベート 
無伴奏チェロ組曲第一番 プレリュード     J.S.バッハ
リュート組曲二番より プレリュード          J.S.バッハ
魔笛の主題による変奏曲                    F.ソル
アルハンブラ宮殿の想い出                    F.タレガ 
二つのワルツ                    エリクソン、ノイマン 
愛の夢                              リスト      
Fool on the Hil l                   PAUL McCARTNEY 
PLINK PLANK PLUNK          Leroy Anderson
    
    
  二    部

コーヒールンバ                   J.M.Perroni
シシリアーナ                フォーレ
涙のパバーヌ                    ダウランド
ファンタジー                     S.L.ヴァイス
広島という名の少年         武満 徹
南米組曲より                    アジャーラ
 プレリュード・パラグアイ・ブラジル   
ラグリマ                   F.タレガ
アデリータ     
アラビア風奇想曲  
無伴奏ヴァイオリンパルティータ第一番より J.S.バッハ    
 サラバンド・ドーブル 
調和の幻想 作品3-8より第1楽章      A.ヴィバルディ   
亡き王女のためのパバーヌ          M.ラヴェル

(曲目、演奏順は変更の可能性があります)

,   
   
      

 

水戸ギター・アンサンブル演奏会(11/14)

Hitachinaka

第14回水戸ギター・アンサンブル演奏会

2010年11月14日(日) 18:00~

ひたちなか市文化会館小ホール

*** ギターアンサンブルのご紹介です。***

                   曲目

<合奏>    バルトーク ~中村編 : ルーマニア民族舞曲

         ムソルグスキー ~中村編 : 「展覧会の絵」より

<二重奏>  カルリ : セレナード ト長調 作品96-3(全3楽章)

         ジョプリン 中村編 : エリート・シンコペーション、 

                       ラグタイム・ダンス

         ガーシュウィン ~中村編 : サマータイム

<独奏>   タレガ : ベニスの謝肉祭

         エルヴィン ~中村編 : 奥様お手をどうぞ

         ロドリゲス ~中村編 : ラ・クンパルシータ

         入 場 無 料

         

2010年10月18日 (月)

ドガ <パガンとオーギュスト・ドガの肖像>

Doga

横浜美術館でドガ展をやっています。ドガの<エトワール>は有名ですが、ドガ展を観に行った知人からこんなカードをもらいました。

Img20071107140353709

<パガンとオーギュスト・ドガの肖像>パガンはスペインの唄がうまいギタリスト。後ろの方はオーギュスト。エドガー・ドガのお父さん。お父さんはサロンを持っており、このような演奏会をたびたび行っていたとのこと。1871-72年の作品。

ソルが亡くなったのが1839年、タレガが生まれたのが1852年。パリでは音楽はスペインブームだったようだがどんな歌を歌っていたのだろう?コッタンが活躍するのがもう少しあとで、タレガがアランブラの思い出を持ってパリに行ったのはもう少し後の時代。                                                  

                                                                    

<エトワール>の絵でカーテンの後ろに居るのは踊り子のパトロンらしい。

1019694933_33

フェリシテ・ユラン、バレリーナ。ソルと一緒にロシアへ行って大成功し、ロシア皇帝に仕えロシアバレーの礎を築いた。ソルの2番目の奥さんと言われています。1823年~26年春までソルは自作のバレエ公演のためにロシアに滞在していましたが、その後ひとりパリに戻ってしまいます。

ソルの時代から数十年がたち、バレリーナも王侯貴族に庇護される時代からドガの絵にあるように変わってきたことがわかります。

<エトワール>と<パガンとオーギュスト・ドガの肖像>からの夢想です。

そういえばこの<パガンとオーギュスト・ドガの肖像>は、NAXOSのCDのカバーに使われていました。たしかメルリンの「思い出の組曲」が入っていたCDです。

.

2010年10月17日 (日)

2つのコンサート

◇2人で120才記念コンサート

2010oct_048

知人のOさんとKさんが還暦を記念してギターコンサートを開催いたしました。場所はつくば市の洞峰公園の新都市記念館。やっと秋らしくなってきた湖畔の傍の建物でした。

プログラムは、これまで弾き込んでこられたソル、タレガ、バリオス、そしてバッハ。1曲1曲に短い感想がプログラムにかかれており、演奏の合間のスピーチと相俟って思いが伝わってきました。

ちょうど絵画展をやっており、多くの方が訪れていました。

ギターの端正な音色が絵画展の雰囲気によくあってました。

時折、子供の声が聞こえてくるがこういうコンサートでは気にならない。生活の中にあるギター、音楽に相応しい。

2人のギターに対する愛情が感じられました。これからも、お元気でギターを楽しんでください。

2010oct_044

2010oct_046

◇Cuatro Flores  4本の花

午後はギター文化館で、足立江美子、佐藤絢子、船津ひろみ、河野智美さんのコンサートを聴きました。

プログラム:
リュート組曲2番よりプレリュード(J.S.バッハ)
エレジー・タランテラ(J.K.メルツ)
アルハンブラ宮殿の思い出(F.タレガ)

アストゥリアス(I.アルベニス)
ヴェニスの舟歌(F.メンデルスゾーン)
ファンタジア(A,ムダラ)
愛のワルツ(ノイマン)他

ソナタ3曲(D.スカルラッティ)
魔笛の主題による変奏曲Op.9(F.ソル)

無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番BWV1003より
アンダンテ,アレグロ (J.S.バッハ)
夢(J.レゴンディ)
タンゴ・アン・スカイ(R.ディアンス)

「板前の好む4つの食材(」啼鵬)という委嘱作品が初演されました。

 

20101013132425287    2010101313235951f

Adati 20100212165514aa9s

それぞれの個性が発揮されていました。舟津さんのエレジー、佐藤さんのヴェニスの舟歌は聴かせました。足立さんの演奏はなかなか聴く機会がなく今回が2回目でしたが、スカラッティの装飾音は華麗にきまっていて気持ちがいいです。河野さんのレゴンディは最高レベルの演奏ではないかと思います。貫禄を感じさせる演奏でした。

最後に啼鵬さんの新作もばっちりきまって盛り上がりました。

2つのコンサート、女性のパワーを感じました。

.

2010年10月12日 (火)

富川勝智ギターリサイタル

富川さんのギターリサイタルが、Hakujyu Hall で開催されました。

■プログラム

カステーリャ組曲     M. トロバ
歌とカステーリャ舞曲   R.S. デ・ラ・マーサ
マテオ・アルベニス賛歌 グスタボ・ピッタルーガ
プレリュードと舞曲    フリアン・バウティスタ

夢見る道          E.S. デ・ラ・マーサ
3つの幻影のファド    ハビエル・モンサルバーチェ
組曲 ”プラテーロと私” E.S. デ・ラ・マーサ

アンコールは、エストレリータとラグリマ。

カスティーリャとカタルーニャの二つの世界というタイトルで、スペインから帰国して10年目の節目として開催したとのこと。初めて聴く曲が多く、勉強になりました。こういったテーマをもったプログラムは小さい会では見かけますが、このようなリサイタルでは珍しいのではないかと思います。スペインギター音楽の未だ闇の部分に正面から取り組まれた姿勢に好感を持ちました。演奏では、後半の「プラテーロと私」は叙情感がありとても魅力的でした。

20101011150105

コンサートホールとして世界初のリクライニング・シートが設置され、くつろいだ環境で演奏を楽しみました。 前半は、前から数列目でしたが、座席がステージよりも低く、音が上を通ってしまうのかやや聴きにくかった。後半は最後列で聴いたみたが、音がとてもクリアーに聴こえ、心地良かった。

2010oct_037

眼下に広がる代々木公園の緑と、新宿の高層ビル群が眺められるホールで、休憩時間はワイン、コーヒーなどが楽しめます。

2010oct_039

終演後も華やいだ賑やかな感じの会でした。

2010年10月10日 (日)

このところ...

このところ仕事が忙しく、平均3-4時間睡眠だった。

その合間にでかけたイベントなど;

20100915204007

高田元太郎さんのバッハとサンスのリサイタル。高田さん自身のギター版編曲により無伴奏チェロ組曲第1番、無伴奏ヴァイオリン・ソナタの第1番、第3番他を演奏。凄かった。バイオリンを越えチェンバロを思わせるバッハだったというような評価もちらほら。これって、究極のギターのバッハということになりますね。

              

20100919184811

ノンアルコールビールの飲み比べ。結構酔った気分になったりして。

20100904124825

20100904112220

ユーミンのスペシャルコンサート。チケットをプレゼントされたので行ってみた。アトラクション張りの大仕掛けな演出で素晴らしく贅沢なコンサートだった。会場はディズニーシー。

20100830193103

20100830193140

東京ドームの都市対応野球。大応援団で盛り上がった。結果は惜敗だった。                                                              

                                         

■9月の北口先生のつくば市「ゆかりの森」でのレッスン

A.カルレバーロの南米風組曲第3番を受講。北口先生が留学から帰国した頃演奏していた曲と知る。北口先生のレパートリーの広さに驚きました。                                                  

                                    

■「ギターフェスティバル in ひたちなか」のCD、DVD

Cd2

・CDは中村先生が制作されました。

ひたちなか市文化会館の3点つりマイクで収録したもので、とてもいい音質です。                            

・DVDは谷島先生が制作中。谷島さんからのメッセージ;

今回は新しいソフトを投入して編集したのですが、なかなか勝手が分からず、だいぶ時間がかかってしまいました。

録音レベルが低かったので上げておきました。ノイズ除去なども出来るだけ頑張りましたが、ちょっと厳しかったです。苦心の力作を是非ご覧ください。

希望(演奏)者+谷島先生、大野先生、中村先生を収録しています。

DVDは、1枚2000円です。

ご希望者は連絡をください。

.

.

.

國松竜次ギターリサイタル(12/5)@アコラ

201012omote 201012ura

國松竜次の12月のツアーが発表になりました。

2010年12月4日(土)
國松竜次ギターリサイタル
会場:オペラシティ近江楽堂(東京)
(京王新線「初台駅」東口より徒歩1分)
開演:19:00(18:30開場)
チケット:前売\3000、当日\3500
Tel:03-5353-6937(近江楽堂)
0774-45-4645(パシオンムジカル)
Mail予約:pasionmusical@hotmail.co.jp
チケットぴあ:0570-02-9999 Pコード:111-134
ローソンチケット:0570-084-003 Lコード:38319
----------------------------------------------------
2010年12月7日(火)
國松竜次ギターリサイタル
会場:ザ・フェニックスホール(大阪)
(「梅田駅」「淀屋橋駅」より徒歩8分)
開演:19:00(18:30開場)
チケット:前売\3000、当日\3500
Tel:06-6363-7999(ザ・フェニックスホール)
0774-45-4645(パシオンムジカル)
Mail予約:pasionmusical@hotmail.co.jp
チケットぴあ:0570-02-9999 Pコード:111-134
ローソンチケット:0570-084-005 Lコード:56308
----------------------------------------------------
2010年12月12日(日)
國松竜次ギターリサイタル
会場:青山音楽記念館バロックザール(京都)
(財)青山財団助成公演
(阪急嵐山線「上桂駅」より徒歩5分)
開演:14:30(14:00開場)
チケット:前売\3000、当日\3500
Tel:075-393-0011(バロックザール)
0774-45-4645(パシオンムジカル)
Mail予約:pasionmusical@hotmail.co.jp
チケットぴあ:0570-02-9999 Pコード:111-134
ローソンチケット:0570-084-005 Lコード:56308
----------------------------------------------------

プログラム

禁じられた遊び~イントロ付 (作者不詳)
アランブラの想い出 (F.タレガ)
アストゥリアス (I.アルベニス)
聖母の御子 (M.リョベート)
クリスマスの夜 (M.リョベート)
嘆き、またはマハとうぐいす (E.グラナドス)
パガニーニの主題による狂詩曲より第18変奏 (S.ラフマニノフ)
オブリビオン (A.ピアソラ)
エスクアロ (A.ピアソラ)
赤とんぼ (山田耕筰)
あの町この町 (中山晋平)
浜辺の歌 (成田為三)
椰子の実 (大中寅二)
オリエンタルワルツ Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ (國松竜次)
羅城門 (國松竜次)

今回初演になる「羅城門」という曲は、2002年にアンサンブル曲として作ったものですが、ギターソロへ編曲したバージョンを演奏します。平安時代の鬼退治のストーリーに基づいています。鬼との遭遇、鬼の腕を切り落とす場面、その後腕を取り返しにやってくる…などの場面が描写されています。

その他、禁じられた遊びやアランブラの想い出などギターの定番曲や、クリスマスに関した曲も入れていて、ギターを初めて聴く方にも、ギターをやってる方にも楽しめるようにとプログラムを考えてみました。

よろしければ是非聴きにいらして下さい!

(國松さんのブログから)

http://www.ryujikunimatsu.com/japanese.html

----------------------------------------------------

この間に、12月5日(日)にアコラで特別なリサイタルをやっていただけることになりました。

そうしましたら、HPに掲載と同時に、なんと東京方面から2名の熱心なファンのお申し込みがありました。

チラシにないリサイタルも凄いのではないかと思いますが、それを見つけ申し込まれたファンの方々はもっと凄いですね。

私も既に生で2回聴いています。

「嘆き、またはマハとうぐいす」は、特に素晴らしく、ギターでこの演奏は信じがたいです。
この曲1曲を聴くだけでも価値があると思います。

.

2010年10月 9日 (土)

「ギターフェスティバル in ひたちなか」のCD頒布中

Cd2_2 

「ギターフェスティバル in ひたちなか」のCDを、送料込み1000円で演奏された方にカスタマイズし、お渡ししています。

演奏者+谷島崇徳+大野加奈代+中村俊三 が収納されます。

中村先生が音量、音質等を調整され制作されました。聴いていると、フェスティバルの様子が思い出され、なかなか良いものです。

未だ、お申し込みされていない方で、このCDを希望される方は連絡をください。

                                                                        

振込み先:ゆうちょ銀行【店名】〇六八【店番】068

【預金種目】普通預金 【口座番号】0525828

.

2010年10月 3日 (日)

坪川真理子・Giverny Salon

2010oct_015

坪川真理子さんをゲストにお招きし、Giverny Salonがアコラで開催されました。

プログラムは、以下に示す通りです。当初の予定にないマラッツのスペインセレナーデも演奏されました。

・トナディーリャ (アンヘル・バリオス)

・朱色の塔 (アルベニス/坪川編)

・スペイン セレナーデ (マラッツ)

・カスティーリャの唄と踊り、

 ロンデーニャ (R.S.デ・ラ・マーサ)

・椿姫幻想曲 (アルカス)

マドリッド王立上級音楽院ギター科を日本人女性として始めて卒業(優秀賞受賞)したというキャリアが示すように、スペインギターの伝統を感じさせる演奏でした。そしてエレガントな演奏でした。

楽器はマリン。

「カスティーリャの唄と踊り」はあまり演奏されませんが、いい曲ですね。

アンコールは、ホルヘ・カルドーソの「ミロンガ」のソロバージョンでした。

2010oct_011

今回のGiverny Salonへの登場は、Sさんのご尽力によるものでした。昨日は、「ふるさと懐古館」という郷土の歴史的建造物内でミニコンサートがありました。お疲れ様でした。

http://www.ijsnet.ne.jp/~us3jazc3/tsubokawa2010photo.htm

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ