« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月26日 (土)

Giverny Salon 4/10開催

今度のアコラのGiveny Salon(愛好家の自由演奏会)は、
4月10日(日)AM10時から開催いたします。

ゲストは、中村俊三さんです。

Nakamura

http://www.ijsnet.ne.jp/~us3jazc3/Nakamura2011acola.htm

被災地支援のチャリティイベントとして実施したいと思います。
被災地の為になるなら演奏したいという方、ぜひご参加をお待ちしています。
聴くだけの方も大歓迎です。

希望者はメールをお願いします。

中村さんのブログ:

http://mitoguitar.blog85.fc2.com/blog-entry-324.html

.

2011年3月21日 (月)

4/10 Giverny Salon(ゲスト:中村俊三) について

Redrose by 伊藤邦雄

4/10に予定しているGiverny Salomについて、近況をご報告いたします。

ひたちなか市では、東北・関東大震災の影響でまだ水道が復旧していません。また、JRが水戸以北で不通となっていることやガソリンがなかなか買えない状況になっていることなどから、開催について検討中です。3/26、27までの状況で水道が復旧していないようでしたら、時期を延期し実施したいと考えています。宜しくお願いいたします。                                                      

                

なお、ゲストの中村俊三さんと相談した結果、大震災の被災地支援のチャリティコンサートとして実施したいと思います。電気を使わない節電の支援コンサートということです。

Nakamura

宮下祥子さんや富川勝智さんなどギタリストによる被災地支援のチャリティイベントが立ち上がっているようです。

宮下さんはブログでこのようなことを言っています。

義援金をつのるのでなく、また聴いた人からお金をもらうのではなく弾く行為そのものが社会貢献になるようにしたかったんです。
参加費を払って演奏することで寄付できる仕組みにしました。お金を出すのは自分なんです。

今回の「Giverny Salon 愛好家の自由演奏会」も、この趣旨で実施したいと思います。経費以外は被災地支援の寄付と致します。

被災地の為になるなら演奏したいという方、ぜひご参加をお待ちしています。

交通事情など、まだGiverny Salonを実施するのに適切ではありませんが、参加を希望される方はいつものようにメールをお願いします。

http://www.ijsnet.ne.jp/~us3jazc3/Nakamura2011acola.htm

中村さんの演奏曲目も、チャリティコンサートの趣旨でHPのものから少し曲目の変更があるようです。 きまり次第、HPに掲載いたします。                                                        

なお、いつも参加いただいている方でも、こんな折ですから、無理に参加される必要ありません。ご一報いただければ幸いです。

                                                                     

                                                              

                                                                           

                                               

                                                                                 

                                                                

.

2011年3月18日 (金)

東北・関東大震災

今回の大地震により亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
被害を受けられた皆様、そしてその関係者様にお見舞い申し上げます。

こちらにも、いろいろな方からの励ましのメールを頂き、大変ありがとうございます。

停電、断水になり、携帯も通じなくなってしまいました。
幸い、家は大丈夫でしたが、ものが散乱し食器などはかなりのものが壊れました。
この辺は震度6だったようです。

やっと、13日の午後になって電気が通りまして、多少普通の生活ができるようになりました。水道の復旧はまだです。風呂に水を張っていたので、トイレは今のところそれで何とかしのいでいます。近所の食品加工場が地下水を汲み上げていて、これを町の人にも提供してくれて助かっています。
携帯も使えるようになりましたが、何かあるとすぐに繫がらなくなってしまいます。    
常磐線は復旧にまだまだ時間がかかるようです。
商店は閉店したままですが、コンビニで多少ものが買えるようになりました。ガソリンスタンドは長蛇の列で、17日の朝は6時から並びましたが買えませんでした。このスタンドも、次の供給がないとのことでしばらく閉店となるようです。

東北や福島の被災者に比べるとたいしたことはありませんのでご心配なく。

余震や誘発された別の震源地の地震が数箇所で起こっていますのでまだまだ注意が必要ですね。
1日も早い復興を祈ります。

                                                                             

原発の件、TV情報などから推測するのみですが、情報が少なく詳しいことは分かりません。

http://www.nisa.meti.go.jp/

重要なのは、注水し続け燃料を冷やし、溶融することのないようにすることだと思います。燃料ペレットが高温になったり溶けると燃料ペレット内に閉じこめられていた放射性物質がさらに多量に放出されることになると思われます。また、原子炉容器、格納容器に大きな損傷がないようにし放射性物質の閉じ込め効果をできるだけ維持することだと思います。
M9という想定外の大地震、大津波で、本来の装置で自動的に冷却できる範囲を超えてしまい、運転員、作業員の対応にかかっている状況だと思います。
報道では、津波で非常用の発電機の燃料タンクもなくなってしまったようです。
厳しい環境の中ですが、現場で対応されている方々の頑張りでなんとか事象が終息することを祈っています。
電源の復旧作業も進んでいるということなので期待したいと思います。

以下のサイトで線量率をみていますが、影響は無さそうです。

全国:http://www.bousai.ne.jp/vis/index.php

茨城:http://www.houshasen-pref-ibaraki.jp/present/result01.html

ひたちなか市馬渡 (nGy/h)

3/18    6:20               290
3/17 16:30         307
3/16 下がってましたのでメモしていませんでした              
3/15    6:50              2865
3/14    5:20                 49
           4:10                 50
           3:10                 50 (普通の時のレベル)

3000nGy/hという数値ですが、3ヶ月間継続した場合でも、胸部X線CTを1回撮像したときに受ける線量と同程度なので、影響はないといえます。300nGy/hでは1年受けてもそれ以下になります。屋内にいれば、なお更小さい値になります。

ちなみに、医療で受ける放射線などを除き、自然にある放射線量から年間(世界平均)で、宇宙から380,000nGy、大地から460,000nGy、食物から240,000nGy だそうです。

各地の線量率の数値などはトレンドグラフで見られるようになっていると良いでしょうね。

放射線の場合は、低線量まで精度よく測れるので、影響範囲が分かりやすいともいえます。

.

.              

                                                                   

. 

2011年3月 7日 (月)

Pavel STEIDL マスタークラス&リサイタル

2011mar_028

シュタイドルのリサイタルはほんとうに感激しました。

シュタイドルは3回の来日公演を聴きましたが、特に、今回は彼の熱意、ギターに対する熱意、ギターを愛する人に対する強い思いやりが感じられ感動しました。

凄かった!

「自由さ」、「楽しさ」、という言葉がぴったりします。

2011mar_003

マスタークラスでも百面相や踊りながらの熱心な指導がありました。

右手の使い方、左手の使い方、フレーズ、テンション、ビブラート、スペースをとる、レガート、爪、指/頭/スピリット、等々。有意義でした。

小川先生、中里さんが見えられていました。現代ギターの記事になることと思います。                                                  

                                                          

           

2011mar_041

リサイタルは、オペラシティのリサイタルホールで開催されました。

満員で当日券はなし。開場の1時間以上前から列ができはじめました。

ボヘミアの音楽は、3年前佐川文庫でのリサイタルのアンコールで弾いたチェルベンカのサラバンドを含む作品。この曲は幸せな気持ちにさせます。

ソル、コストは、パフォーマンスも素晴らしかった。

ロボスのプレリュード、綺麗な音だった。

テデスコのソナタの第2楽章で自分の携帯に電話がかかってきて、びっくり! 幸いマナーモードにしていたので事なきをえましたが、驚きました。

                                                                       

                    

2011mar_038

2011mar_036  2011mar_035

2011mar_037

高田先生もみえられました。大分ご回復されたようです。

スタッフのアルトフィールドの皆様にも大変お世話になりました。

宮下さんも2週間にわたる演奏ツアーが大盛況で終了しほっとしたようです。シュタイドルの来日にご尽力され、お疲れ様です。                                                   

アコラのブログをみて、このリサイタルに来られたという方もいて、嬉しかったです。                     

                                                           

                                      

                                                                

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ