« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月24日 (日)

最近

Hi3f00980001

震災から1ヶ月経ち、仕事のほうは復興モードに入っています。会社では相当の人数が徹夜体制で対応しています。GWも出勤という人が多いです。まだJR特急が1日2往復しか運行していませんので、普通は県内でやる打ち合わせも東京でやることになり出張しました。丁度、応接室から東京スカイツリーが良く見えました。

大地震に対する備え、これから加速されないといけないでしょう。                                                  

                                                

Joseluiz  

帰りに某ギターショップに立ち寄りました。

この前服部さんにアドバイスしていただいた弦を使ってみたら良かったので、高音弦についてさらに希望を話したところ、新たなアドバイスをしていただきました。弦によって音が大分変わります。楽器との相性をはじめ、プラス、マイナス面もあるので丁寧な対応は嬉しいです。

銘器が展示されており、弾かせていただきました。

演奏に関するハード面というと、主に楽器、弦、爪ということになりますが、楽器もいろいろありますね。

最近、国際コンクールで優勝している演奏家がレコーディングに使用した楽器リストです。NAXOSのCDに記載されているレコーディング情報からピックアップしました。

Aguirre Rafael       Z.Gnatek, Sydney
Ana Vidovic           Zagreb, Zeljiko Sever
Ceku Petrit           K.Panhuysen, Germany
David Martinez        Paco Marin, Granada
Denis Azabagic        OttoVowinkel, 1997
Dylla Marcin           B.Teryks, Mainz
Elena Papandreou    Jose L. Romanillos, 1992
Larousse Florian     Hugo Cuvilliez,Marsanne, France
Michalis Kontaxakis   Alkis, Athens
Ricardo Gallen         Paco Santiago Marin, Granada
Thomas Viloteau      Greg Smallman, Melbourne

定評のある楽器、新しい製作家による楽器。これからどんな楽器が注目されるのか楽しみです。一定の品質があれば、演奏家の好みで多様化していく方向になるのではと思われます。                                  

ショップに、ホセ・ルイス・ゴンザレスのCDタレガ讃があり購入しました。ゴンザレスが活躍した時は、会社に入社しギターから離れていたときなので一度も聴いたことがありません。上記のNAXOSの若手演奏家とはまた違った演奏が聴けるのではと楽しみです。

どちらが良い、また、どちらも良いというものでもないのですが。

 +    +    +                                                                       

多くの方が言われていますが、この震災の影響は長期になると思いますので、音楽の力が助けになるのではないかと私も思っています。ギターというシンプルな楽器はほんとうにすばらしいと思います。                                                                    

  

                                                 

2011年4月13日 (水)

義援金を送りました

大震災から1ヶ月目の月曜日、また大きな地震がありました。

皆様はご無事でしょうか?

やっと、常磐線が一部運行し始めたので、臨時バスの運行がなくなっていた矢先のこと。常磐線の列車は運休となり、通勤、通学の帰りの人で駅は大混雑。タクシーを待ったがあまり来ず、そのうち雨も降り出し、大稲妻が起こるなど異常な状況となってきました。会社がバスをチャーターしているという情報が入り、会社に戻ってみましたが、既に相当の人が待っており、最初のバスには乗れず。次のバスは、何時になるか分からないとのこと。

これまでの経験から帰宅はあきらめ、知り合いの旅館になんとか素泊まりで泊めさせてもらいました。次の日は早朝から出勤し早めに帰宅、ちょうど常磐線が動き出したので、勝田駅まで無事帰って来られました。

ところが、午後にまたまた大きな地震があり、常磐線が動かなくなってしまったとのことです。

家では、本、花瓶や湯のみ茶碗が落ちるなど、大震災の片づけをしたばかりなのに。

また、夜中に結構大きな地震が数回あり、今日(水曜日)は、寝不足状態です。

そうしてみると、先日のGiverny Salonは偶然にいい状況で開催できたということに驚きます。

義援金を郵便局から日本赤十字社へ送金いたしました。

控えです。

2011apr_078

ささやかではありますが、ギターに関する活動を通じ、被災地の方々の支援に協力できましたことを、大変嬉しく思います。ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。演奏も心のこもったものだったと思います。                                               

.

 .

2011年4月11日 (月)

義援金に感謝

2011apr_064

◆Giverny Salon、ゲストに中村俊三氏をお招きし、盛会のうちに終了いたしました。

メルツの楽譜や、フィンガルの洞窟の説明なども交えて進められました。

ハインリッヒ・アルベルのソナタ第1番ホ短調という珍しい曲が
演奏されました。話によると荘村さんが昔弾いていたらしい。すっきりとした佳曲。

アンコールのルパン3世、驚きました。

◆今回のGiverny Salonは東北・関東大震災被災地支援
チャリティイベントとして開催いたしました。
本会にご協力いただきました皆様に厚く御礼を申し上げます。
中村先生はギャラを義援金として寄付してくださいました。
ありがとうございます。

義援金にご協力いただいた皆様(順不同)
中村 俊三
清野 貫男
長塚 彰
鈴木 幸男
名川 晴美
代永 英雄
杉澤 百樹
高橋 正
伴 正宏(2名様)
佐藤 智美
石川 博久
深作 純子(2名様)
関 義孝
山崎 守
赤岡 伸雄
綿引 武
根本 秀則(2名様)
鈴鹿 貢
伊藤 邦雄(2名様)
及川 英幸
熊坂 勝行
熊坂 まゆみ

経費を一部差し引き、皆様の参加費を義援金とさせていただき
ました。郵便局から日本赤十字社へ送ります。
今日、郵便局に行ってみましたが、日曜でやはり当業務は受け付
けていませんでした。市役所にも行ってみましたが、時間が遅かっ
たのか窓口業務は終了していました。
来週早々に送ります。ブログにて報告致します。

http://www.ijsnet.ne.jp/~us3jazc3/Giverny20110410photo.htm

2011年4月 8日 (金)

Giverny Salon

4月10日(日)のGiverny Salonには多くの方の参加申し込みを頂き、大変ありがとうございます。当日、お待ちしております。

     2009oct_040

◆中村俊三 コンサート プログラム;

 アプト~メルツ編 
   ・燕が家に翔る時
 メルツ  
  吟遊詩人の調べ作品13より 
   ・ロマンス
   ・不安
   ・フィンガルの洞窟
   ・愛の歌
  ハインリッヒ・アルベルト 
   ・ソナタ第1番ホ短調(全3楽章)
 ソル 
   ・モーツアルトの主題による変奏曲
 アンドリュー・ヨーク 
   ・サンバースト
 日本古謡~横尾幸弘
   ・さくら変奏曲

また、愛好家の自由演奏会のプログラム;

  ・ジャルダン・スクレ レーモン
 ・Zaqu         長岡克己
 ・白い恋人たち    フランシス・レイ
 ・アリアと変奏     フレスコバルディ
 ・この道        山田耕筰
 ・アストゥリアス   アルベニス
 ・ファンタジー     長岡克己
 ・ドビッシー讃歌   ファリャ
 ・入り江のざわめき アルベニス
 ・南米組曲      アジャーラ

被災地チャリティの趣旨にご賛同いただき、あわせて厚く御礼を申し上げます。

中村俊三コンサートの曲の詳しい解説がこちらに掲載されています。             

http://mitoguitar.blog85.fc2.com/blog-entry-325.html

                                                       

                                                                                          

■次回のGiverny Salonは、7月2日(土)です。

ゲスト演奏者は、昨年の東京国際ギターコンクールで本選入賞された小暮浩史さんです。アコラでは2回目となります。彼からメッセージをいただきました。

     Kogure

 ご無沙汰しております。こちらは何事もなく元気にやっております。
 そちらはいかがでしょうか?東京よりも被害が大きいと思いますので、今後もくれぐれもお気を付けくださいませ。

 
 まだコンサートの曲目は決めていないのですが、おそらくスペインものをメインに据える形でプログラムを組むと思います。

◆プログラム (演奏予定曲目)

 ・スケルツォ・ワルツ       (M.リョベート)
 ・サパテアード、ロンデーニャ (R.S.デ・ラ・マーサ)
 ・アラビア風奇想曲       (F.タレガ)
 ・オリシャスの祭礼       (L.ブローウェル)
  他

 今回はスペインの正統なギター音楽に焦点を当ててプログラムを組みましたので、ギターという楽器の素晴らしさを改めて実感していただければと思います。
 また6月にドイツのフェスティバルに参加して、頑張ってパワーアップして帰ってまいりますので、皆さん是非お越しください! 

 アコラさんで弾かせていただくのが今から楽しみです。  
                            小暮 浩史

2011年4月 7日 (木)

上野・神田

2011apr_019

今日は仕事で東京に行きました。特急がまだ動いていないので、高速バスで。渋滞を予測して余裕を持って行きましたが、大きな渋滞もなくほぼ時刻表どおりに着きました。

時間があったので、上野公園にちょっと立ち寄ってみました。桜が満開で、かなりの人出でした。

東京文化会館は節電とのことで、10時開館を11時開館とし、開館している時間を短縮していました。いろんなイベントが中止や延期になっているのは、残念です。

その足で、神田明神にも行ってみました。こちらも桜がきれいで賑わっていました。春ですね。

2011apr_021 

某ショップをのぞいてみました。服部文厚さんがいらしてシュタイドルや高田先生のことなどをうかがいました。高田先生は大分回復されたそうです。最近、弦は、オーガスティン、ハナバッハ、カンティーガなどを使って来ています。服部さんのアドバイスで高音プロアルテノーマル、低音サバレスコラムを購入してきました。先週、プロアルテハードを張ったところで丁度いい感じになってきたところでしたが、早速張り替えて見ました。安定するまでに2、3日かかると思います。両者は全然傾向が違うので、どんな感じになるか楽しみです。                        

                                                                                           

                                                             

2011年4月 4日 (月)

4月

2011apr_007

大震災から3週間が経ちました。ひたちなか市周辺は大分復旧されています。気がつけばもう4月です。例年でしたら、新年度ということで賑わった感じがあるのですが、まだまだそんな気分にならない毎日です。しかし、そんな中でも植物は季節になると咲き出していまして大変元気づけられます。

草花については花屋にもまだ種類が少ないようです。

2011apr_003

2011apr_013

4月10日のGiverny Salon(愛好家の集い/ゲスト:中村俊三)ですが、交通事情に不便な中、おかげ様で参加者が集まってきました。こんな折ですが、ギター演奏会で被災者のお役に立てればということで参加される皆様に、心から感謝を申し上げます。

聴かれる方に対して演奏される方が、まだ少ないようですので、水曜日頃まで演奏の方もあわせて募集したいと思います。宜しくお願いします。

今回、レーモンのジャルダン・スクレを演奏する予定です。レーモンは人気があるようで、コンプラントという曲の楽譜は以前GGショップで買おうと思って行ってみましたら、入荷早々完売になったとのことでした。再入荷したようなので今度は通販で申し込みましたが、やはり品切れで、しばらくは入荷の予定がないとのことでした。

その際一緒に申し込んだ、メルリンの5つの愛の歌、長岡克己のファンタジーの楽譜が届きましたので、この休日に練習してみました。メルリンのものは全く聴いたことがない曲ですが2,3曲面白い曲がありました。今回は、長岡克己のファンタジーにチャレンジしてみようと思っています。 一夜漬けですが、ご容赦ください。                                                                

大震災の記録として、ひたちなか・水戸の画像をネット上から転載します。東北地方ほどではありませんが、それでも過去に例のないものでした。

Img_976012_22961527_6 お魚市場

443f4a0f726c863abafee064157b8cff

Car

Car2

06_0320_jobanline JR

JRは3/31に上野~勝田間が開通(一部)致しました。高萩までは4/9に一部運行が開始されるということで、新学期を迎える学生さんには朗報です。現在は、6時の始発バスに乗って勝田駅まで行って、7時の臨時高速バスに乗り換え通勤しています。徐々にマイカー通勤者が増えてきて渋滞し、通勤に2時間以上かかっています。                                  

.

 

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ