« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月26日 (月)

休日

2011sep_065 

9月は仕事が忙しく、休日もほとんどなくさらに半徹夜が何日もありました。

会社の連休に合わせ、北海道を旅行しました。

北海道大学理学部、鈴木章がノーベル化学賞を受賞し、その記念に理学部の歴史的建物を博物館として、一般公開しています。

2011sep_063  

2011sep_064

歴史を感じる建物内に展示された無数の蝶の標本。これには圧倒されました。かって昆虫を研究する研究者集団がいたとのこと。

それが、画家、三岸好太郎にも影響を与えたらしい。

2011sep_057

丁度、チェンパロのミニコンサートが開かれていました。                                  

 

植物園にも行ってみました。

2011sep_069_2

台風15号が通過しましたが、札幌にはそれほど大きな影響はなかったようです。

植物園の一角には北海道の動物の剥製などを展示した古い建物があり、歴史を感じさせる。園内は、植物の配置が工夫され、またその維持管理が良くなされていました。

静かな木々の間を歩いていると、どこか欧州の植物園にいるようで、N.コストの曲が良く似合う。

アマチュアギタリストのKさんと時間があれば会うことにしていたが、やはり時間がないのでブログで見た白石の喫茶店にひとりで行ってきました。Kさんの友人のギタリストが始めた店ということで、店内にはメロウなギター曲が流れていました。それぞれが静かにいい時間を過ごしているという感じで、寛げました。                                                 

 

翌日、レンタカーで、北海道支笏湖洞爺国立公園の地に湖を一望しながら フランス料理を愉しむオーヴェルジュへ向う。

2011sep_039

施設、食事も予想以上のクオリティで満足。

何より、風景がすばらしい。3時ごろより起きて、ヴェランダに座ってワインを飲みながらただ湖を眺めぼんやりしていた。この季節、まだ寒いほどではなく、清々しい。

2011sep_027

2011sep_022                                                     

                                   

   

朝食までの間、湖畔まで散歩。

2011sep_018                                                   

 

+ + +

今回は、茨城空港から札幌へ行ってみました。台風に追われる形で、行きは飛行機がかなり揺れ不安感がありましたが、羽田に行く時間で着いてしまう感じでとても便利でした。

帰路、雲の間から東北の景色が見えました。海岸線から一定の距離は何もなく、津波の被災状況がよく分かりました。また、原発も見えました。台風などの雨水で放射性物質が洗い流されることを期待しますが、そのような神頼みに頼らず一刻も早い復旧を実施して欲しいものです。それほど、広い面積でないことが上空から見て分かりました。脱原発という言葉で原発は終わったかのような風潮は安易すぎると思います。

2011年9月19日 (月)

宮下 祥子 ギターリサイタル @アコラ

9月18日、宮下祥子さんのギターリサイタルがアコラでありました。

2011sep_060

◆プログラム

・ソナタK146,K380 (D.スカルラッティ)

・グランドソナタ作品22 (F.ソル)
   第1楽章 アレグロ
   アンダンティーノ・レント作品24-1
   第4楽章 ロンド・アレグレット

・ポロネーズ第2番作品14 (N.コスト)

  +  +  +

・ソナタ (L.ブローウェル)

・夢          (F..タレガ)
・エチュード24番 (D.アグアド)

・アストゥリアス (I.アルベニス)
・朱色の塔   (I,アルベニス)

2011sep_050

2011sep_043

前古典から現代まで、各ジャンルから名曲をとりあげたプログラム。といってもいわゆる名曲集とは違って、かなりマニアックな選曲。ソルでは、他の作品番号の曲を組み合わせた演奏でしたが、違和感はありませんでした。本来のグランドソナタは4楽章ですが、演奏効果を考えるとすっきりとして聴きやすい構成だと思いました。

前半は、初めてプログラムに入れる曲で端正な中にも迫力ある演奏でした。後半は宮下さんのヴィルティオーゾ性溢れる演奏でした。フォルテを弾くと、こちらの足元が振動するようなパワフルな演奏でした。

今回は、「上質の音楽を少人数で楽しむ」というアコラの趣旨に立ち返り、20名限定でやってみました。2000÷20=100 100倍の感動が得られたでしょうか?

.日立市方面からも熱心な方々が見えられました。ありがとうございます。

リサイタルの後で、ミニレッスン会がありました。

2011sep_020

森に夢見る(バリオス)、こちらは主にテクニカルな指導でした。

2011sep_024

エチュードop.31-5(ソル)、アンダンテop.39(コスト)、

アドバイスにより音楽がより活き活きしたものに変化することが感じ取れました。

演奏表現についてのアドバイスとQ&A。たいへん熱心な指導でした。

2011sep_028

2011sep_035

2011sep_038

色紙に、「アコラは私の原点!!」と書いてくださいました。

原点に立ち返って頑張るようにとのメッセージのように思いました。

この後、レッスン受講者、聴講者とレストランで打ち上げ。

遅くまで充実した時間をありがとうございました。

                                                                             

次回は、10月8日(土)13:30- 愛好家の自由演奏会と与那嶺新さんのミニコンサートです。P.ピンクさんの応援演奏もありますので、ご都合がつく方はいかがでしょうか。

http://www.ijsnet.ne.jp/~us3jazc3/yonamineacola2011.htm

.

.

.

2011年9月15日 (木)

ピアノとギターのコンサート(DUO Felice)

  20110706122500c58

9月10日(土) 水戸市にある茨城県民文化センター小ホールで、
谷島崇徳、谷島あかね夫妻のピアノとギターのコンサートがありました。

プログラムは以下のとおりです。
□第一部 ギター・ソロ  谷島崇徳

F.ハンド : Celtic tale
        Missing her
        Elegy for a king

L.ブローウェル : 舞踏礼賛

佐藤弘和 : ベイビーズソングより「結」、「萌真」

吉松隆 : 水色のスカラー

2011sep_001

□第二部 ピアノ・ソロ 谷島あかね

吉松隆 : 4つの小さな夢の歌、 緑のワルツ、 虹色の薔薇のワルツ

チャイコフスキー : 「四季」より「松雪草」、「舟歌」、「秋の歌」

カプースチン : 8つの演奏会用練習曲より「プレリュード」、「夢」、「トッカーティナ」

□第三部 ギター&ピアノ

ジュリアーニ : ロンドⅠ、Ⅱ

ボッケリーニ :ファンダンゴ

佐藤弘和 : はかなき幻影

壺井一歩 : バラの組曲より「粉鐘楼」、「わかな」 (委嘱曲)

2011sep_007

F.ハンド の Celtic tale から始まり、谷島さんの感性によくあった現在の時代のギター作品が演奏されました。吉松隆、佐藤弘和の作品を中心にした大変聴きやすいものだったと思います。

吉松隆の「水色のスカラー」は、あまり演奏されませんが、なかなかいい曲です。

あかねさんのピアノ演奏、よく聴きますが、普段はとても迫力のある曲が多いのですが、今回は静かなロマンティックな曲が多く、新しい面を見せていただきました。吉松隆の曲はギターとハーモニカのための曲をピアノソロにしたものです。

壺井一歩のバラの組曲は、委嘱作品で、今回はその中から2曲が演奏されました。全曲を聴いて見たいと思います。ジュリアーニ、ボッケリーニでは、どうしても音量のバランスでギターの音が聞こえにくいのですが、壺井一歩の作品では逆にピアノをかなり抑えた感じでした。佐藤弘和作品はその辺のバランスが大変いいと思いました。

会場には、中村俊三さん、大島直さん、田部井さんの息子さん、G文化館の木下さんなどが見えられていました。

あかねさんはご出産間近で、はらはらしましたが、無事にコンサートが終了し、終演後は多くの祝福の声がありました。

2011sep_004

開演前に、オープニングアクトということで、谷島さんとのDUOでRUIを演奏させていただきました。実は、9月になってから仕事が忙しくなり休日返上で、ほとんど半徹夜状態でした。この日も参加できるか直前まで微妙でしたがなんとか参加できて、本当によかったです。もっとも、その晩はほとんど寝る時間がなかったです。

やっとブログアップでしました。

9月18日は、宮下祥子さんのリサイタルです。

.

.

2011年9月 7日 (水)

Duo Felice Concert (9/10)

20110706122500c58

谷島崇徳・谷島あかね(DUO Felice)のギター・ピアノ・コンサートが9月10日に茨城県民文化センター小ホールにて開催されます。

いよいよ今週末に迫ってきました。

県民文化センター小ホール
開場17:30
開演18:30
チケット2000円


■プログラム

一部 ギターソロ

・A Celtic Tale
・Elegy For a King
・Missing Her
           (F.ハンド)

・舞踏礼賛(ブローウェル)

ベイビーズソング~
・結美
・萌真
         (佐藤弘和)

・水色スカラー(吉松隆)


2部 ピアノソロ

4つの小さな夢の歌
1.春 5月の夢の歌
2.夏 8月の歪んだワルツ
3.秋 11月の夢の歌
4.冬 子守歌

3つのワルツ~
1.緑のワルツ
2.虹色の薔薇のワルツ
           (吉松隆)

「四季」-12の性格的小品
・4月 松雪草
・6月 舟歌
・10月 秋の歌
           (チャイコフスキー)

8つの演奏会用練習曲~
・プレリュード
・夢
・トッカティーナ
           (カプースチン)


3部 デュオ
・ロンド1、2 (ジュリアーニ)

・ファンダンゴ (ボッケリーニ)

・はかなき幻影 (佐藤弘和)

バラの組曲~
・粉鐘楼
・わかな
           (壺井一歩)


曲目は変更するかもしれませんとのことです。

私もオープニングアクトで何か演奏するかもしれません。

.

2011年9月 2日 (金)

宮下 祥子 ギターリサイタル @アコラ

Sachiko

宮下 祥子 ギターリサイタル
(Sachiko Miyashita Guitar Recital)

2011年 9月18日 (日) PM 3時 開演 @アコラ

■プログラム■
・ソナタK146,K380 (D.スカルラッティ)

・グランドソナタ作品22 (F.ソル)
   第1楽章 アレグロ
   アンダンティーノ・レント作品24-1
   第4楽章 ロンド・アレグレット

・ポロネーズ第2番作品14 (N.コスト)

  +  +  +

・ソナタ (L.ブローウェル)

・夢         (F..タレガ)
・エチュード24番  (D.アグアド)

・アストゥリアス (I.アルベニス)
・朱色の塔     (I,アルベニス)

                                                                                           

http://www.ijsnet.ne.jp/~us3jazc3/Miyashita2011acola.htm

アコラで開催されるリサイタルのプログラムが決定いたしました。ソナタを中心とした大変聴き応えのある内容だと思います。                                              

.

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ