« Giverny Salon・ゲストコンサート:与那嶺 新 | トップページ | Giverny Salon (3) »

2011年10月 9日 (日)

Giverny Salon (2)

2011oct_046

プリンセス・ピンクさんの応援演奏

 ・龍人 (P.ピンク) 

2011oct_044_2

 

  ・「母へ」より、「母の涙」,、「いつも一緒に」

思い出のつまった感動的な曲を、演奏されました。

自分の思いを曲にできるなんて素晴らしいですね。

2011oct_043

2011oct_050         

                   

                                                                 

◇与那嶺 新 ゲスト演奏のスナップ

2011oct_089

2011oct_036

2011oct_030

2011oct_037

2011oct_027

2011oct_022               

             

2011oct_082

◇与那嶺さんからのメッセージ

昨日は素敵な会を開いていただきありがとうございました。
初めて出会う人達や、僕のことをずっと見守っている方々の前で
演奏できたことで演奏後は清々しい気持ちになれました。
ピンクさんの素敵な演奏応援に励まされたことも嬉しかったです。
このアコラでの貴重な体験の記憶を大切に、これからも音楽と
向き合っていきます。
アコラに関係するみなさま、どうもありがとうございました。                                         

            

◇プリンセス・ピンクさんからのメッセージ

昨日は、素敵な演奏をありがとうございました。
皆さんの演奏も楽しませて頂けたし与那嶺君も近頃珍しいほどの好青年。
応援演奏できて嬉しいです。
皆さまにも宜しくお伝え下さいませ。
本当にありがとうございました!

http://princesspink.seesaa.net/article/229697314.html

アコラの会で、与那嶺君への応援演奏ってな訳で
少し演奏させてもらった。
コンサートの前には、フリーコンサートも行われ
一人目の演奏者は主催の方・・・私の作曲した
「出会いの喜びと不安」を弾いて下さって
しかも思い入れを込めて曲を大切に育てて下さったのが
感じられる素敵な演奏で、大感謝!
打ち上げでの食事も美味しかったし、何よりも
仲間達との語らいに幸せを感じた                                                                         

                                          

◇寄せられた感想

・ギター名曲を弾く会に参加させていただき
ありがとうございました。
久しぶりにステージで演奏ができ、
あがりながらも、弾くことの喜びを感じました。
与那嶺さんの演奏一年ぶりに聞きました。
感情の入れ方が素晴らしいですね。

プリンセス・ピンクさんの事、何もしらなかったので
勉強不足でした。
母を亡くした想いは、年齢にかかわらず同じで、
遠い記憶がよみがえりました。
愛好家の皆さんに出会えてうれしいかぎりです。
ありがとうございました。(Nさん)

・素敵な演奏をタップリ聴かせていただきました。
皆さんに刺激されて、帰るなりギターの練習に熱が入ってしまいました。

それと、与那嶺 新さん の大聖堂には感動しました。
私もいつかは弾きたいと(一応)目標にしています。
ありがとう御座いました。(Sさん)

・会に参加された皆様に感謝しております。群馬在住のMです。
若い情熱を感じる与那嶺さんの演奏を聴かせて頂くと、わたくしの疲れっきた心と体は再び元気になって行きました。

忘れかけていたギターを始めたころの初心を感じました。(Mさん)

.

.

.

« Giverny Salon・ゲストコンサート:与那嶺 新 | トップページ | Giverny Salon (3) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Giverny Salon (2):

« Giverny Salon・ゲストコンサート:与那嶺 新 | トップページ | Giverny Salon (3) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ