« イタリアの調べ | トップページ | 水戸・秋三昧 »

2011年10月22日 (土)

オペラ・レクチャーコンサート

111021_203601

日立シビックセンターで会社が終わってから行ける時間に「オペラ・レクチャーコンサート」がありました。古典の名作、グルックの「オルフェオとエウリディーチェ」について、臼井英男氏のお話とピアノ、メゾ・ソプラノ、紙谷弘子さんが出演されました。

臼井氏の解説で、オペラの映像と紙谷さんのレチタティーヴォを巧く融合させた、味わい深いものでした。

オペラというと言葉の意味が分からずとっつきにくいですが、臼井氏のオペラ大好きという愛情あふれる解説で楽しみながら聴くことができました。紙谷さんは、地元出身で藝大を卒業し国際的に活躍されている方。主役のオルフェ(男性)のパートを歌われました。

20111021a

「黒いオルフェ」でも同じギリシャ神話をもとにしており、ギター愛好家にもなじみがある話。今回の映像はメトロポリタン劇場で上演されたもので、現代的な舞台となっており、オルフェが竪琴ではなくギターを背負っているのはちょっと笑えました。

レチタティーヴォもすばらしく、なかなか得がたい密度の高い時間を過ごしました。                               

                                                

第2幕の「精霊の踊り」はセゴビアが弾いていましたね。

http://images.google.co.jp/imgres?imgurl=http://ec5.images-amazon.com/images/I/51orTSdDKXL._SL500_AA280_.jpg&imgrefurl=http://www.amazon.co.jp/Orfeo-Euridice-Ballet-Segovia-guitar/dp/B0051QTI6U&usg=__b3gyfsJxQ6IRz_IxQIP5NnAeWLM=&h=280&w=280&sz=20&hl=ja&start=1&zoom=1&tbnid=CySDKjzH9oRDTM:&tbnh=114&tbnw=114&ei=7SiiTuWwHc6ImQWGqcGgCQ&prev=/search%3Fq%3DOrfeo%2Bed%2BEuridice:%2BBallet%2B(arr.%2Bfor%2Bguitar%2Bby%2BA.%2BSegovia)%26hl%3Dja%26sa%3DG%26gbv%3D2%26tbm%3Disch&itbs=1

.

.

« イタリアの調べ | トップページ | 水戸・秋三昧 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オペラ・レクチャーコンサート:

« イタリアの調べ | トップページ | 水戸・秋三昧 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ