« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月29日 (日)

大島ギター教室発表会

2012jan_101

1月29日(日)、今日は快晴で、絶好のマラソン日和でした。ひたちなか市の名物となっている市民マラソン大会が開催されました。震災、原発の影響等でランニングを控えているという方もいるという話も聞きましたが、いざ開催してみるとこれまでに最高の参加者だったとのことでした。

「つくば市ふれあいプラザ」で、大島直さんのギター教室発表会があり、行ってきました。

2012jan_097

カルカッシの画がデザインされたパンフレットも趣があり、ソロ、デュオ、アンサンブルのレッスンの成果が披露されました。F.ソルなどの古典を中心とした内容で、しっかりとした好感の持てる演奏内容でした。

2012jan_088

2012jan_095

2012jan_099

2012jan_089

最後に、大島さんの演奏があり、バリオス作品・4曲が演奏されました。

安らぎと優しさを感じました。

2012jan_084

今年で2回目の発表会ですが、来年も開催されるとのことで、楽しみです。                                 

大島さんは、6月2日に東京でリサイタルを開催されるということで、詳細が決まりましたらこのブログでもご紹介いたします。

.                                                       

              

2012年1月28日 (土)

しあわせのパン

O0480036011542846327

昨年9月に洞爺湖に行って、穏やかで清々しい風景や上質のオーヴェルジュに感動しました。

Toyastay

こんなところで、美味しい料理とワインそしてギター音楽でひとときを過ごせたら最高だと思っています。アコラに来られる皆さんも、いつも頑張っている自分へのご褒美としていかがでしょうか。

洞爺湖クラシカルギター・サミット構想中です。                                  

                                                            

                                                   

最近、TVで洞爺湖の風景を見かけまして驚きました。

「しあわせのパン」という映画が封切られたとのこと。

http://www.youtube.com/watch?v=XjA480U_TSY

今日、封切りということで、さっそく観にいってきました。

自分のイメージとは違うけれど、この映画はこの映画でよかったです。ちょっとメルヘンチックでしたかね。

久しぶりのシネコンでしたので、そのあとで、「麒麟の翼」も観て来ました。これもよかったです。

.

2012年1月27日 (金)

ゴヤ展

120127_030201

高速バスで東京に行くので渋滞を予測して朝6時台のものに乗ったところ、渋滞も無く9時ごろに上野に着いてしまいました。

上野公園で時間をつぶそうと思いましたが、東京文化会館はメンテナンス休館でした。ここは閉まっているときが多くありませんか? 

向かいの国立西洋美術館でゴヤ展をやってまして、開館前から行列でした。プラドで裸のマハ、着衣のマハなどを観ましたので、このゴヤ展をやることは知っていましたが、行く予定にはしていませんでした。ぶらっと入ってみて、一瞬にして、スペイン、ゴヤのいた時代にいる感覚になったのには驚きました。すごい存在感です。絵のことは全く分かりませんが、圧倒的に凄い技量、個性をもっていたことが分かります。

よく会場に合わない音楽を聞いて今ひとつ乗らないときがあります。この演奏スタイルは洒落た場所でお酒を飲みながら聞いたらもっといいかななどと思うようなことがあります。しかし、ある国際的に有名なバイオリン奏者のレッスン会を聴講したとき、その演奏者がワルツを弾くと、その場ががらっとかわり舞踏会場にいるような気分になりました。やはり、その位の何かがあるかないかなのでしょう。

ゴヤの版画がたくさんありました。こういうのを見ていると、色彩を補おうとするのかどうしてもギター曲が聞こえてきてしまいます。また、ゴヤと同じ世界にいたソルのことを考えます。2006年のブログにも少し書いたのですが、マハのモデルについては古くから論争が絶えず諸説唱えられているそうですが、ゴヤと深い関係にあったとも推測されるアルバ女公爵とする説(画家自身が異端審問所に召還された際に証言したため)、画家のパトロンであった宰相ゴドイの愛人ペピータとする説(作品制作の依頼主と推測されるため)、ゴヤの友人の神父が寵愛していた女性とする説(ゴヤの孫が証言しているため)などが有力視されているそうです。

ソルはアルバ女公爵の支援を受けており、また、宰相ゴドイにギター曲を献呈しています。そんなことから、この版画には興味があります。

Goya

この版画が来ているか探しましたが、残念ながらこの版画は来ておらず、展示されていませんでした。          

ソルとゴヤの共通点として、二人ともスペインからフランスに亡命。パリで同じホテルに滞在していた。(同じ時期に滞在していたかは、未確認です)                                           

                                                                                                                                        

 

                                                

                                                   

                                                       

                                                           

.

.

2012年1月24日 (火)

益田正洋 ギター・リサイタル(2/4)

2月4日(土)にアコラで、益田正洋さんのギター・リサイタル を開催いたします。

Pmasuda_2

2012年2月4日(土) 15:00開演

    
◆プログラム (曲目は変更の可能性があります)

 前半
      
 F.ソル           :魔笛の主題による変奏曲op.9
 M.リョベート編:カタルーニャ民謡集より
 E.グラナドス   :詩的ワルツ集より

 後半

 H.ヴィラロボス:前奏曲より
 L.レニャーニ  :カプリス集より
 A.タンスマン  :カヴァティーナ組曲

◆プロフィール

第20回クラシカルギターコンクール
入賞(史上最年少) 審査委員長 伊福部昭氏より審査員特別賞を授与 第21回クラシカルギターコンクール 第1位受賞(史上最年少 当時12歳) 第35回東京国際ギターコンクール 入賞 2003年 バーネットファミリー財団国際ギターコンクール ファイナリスト

ジュリアード音楽院(アメリカ・ニューヨーク) 修士課程首席卒業 2001年、ロドリーゴ生誕100周年記念コンサートのソリストとして、リンカーンセンターにてJ.デプリースト(東京都響常任指揮者)指揮、ジュリアード・シンフォニーとアランフェス協奏曲を演奏。

◆参加費 :\3,000 (要予約)

お申し込みを受付中です。

                                                                                                                                          

◆益田さんの最近の活動

2012年1月21日 恒例のニューイヤーコンサート

2012年ニューイヤーコンサートは福田進一とギター界をリードする次世代の名手たち、朴葵姫・益田正洋・松尾俊介による新たなカルテットを結成しました!
すでに多方面で活躍の益田正洋、松尾俊介に2012年秋にNYデビューが決定した朴葵姫(パク・キュヒ)を迎えたソロ、デュオを含む多彩なプログラム。

Masudany 

.

2012年1月22日 (日)

ストリーミング配信

Stream

先ほど、アウラのサロンコンサートで、「東京国際ギターコンクール優勝記念 藤元高輝ニューイヤーギターコンサート 」がインターネットのストリーミング配信されていましたが、ご覧になられたでしょうか。

私のところでは、パソコンの環境のせいか、残念ながらほとんど受信できませんでした。

それでも、プログラムの最後に演奏した「ゴヤのマハ」とアンコールは聴くことができました。感度の良いマイクで拾っているようで小さな音も鮮明に聴こえましたが、逆にファルテでは音が大きすぎて、これはこちらの聴いている環境のせいでしょうが音が割れてしまって聞きにくかったです。                                               

こういったコンサート活動も盛んになってくるのでしょうね。もっといい配信・受信環境で、自宅でそれなりのクオリティで聴けるようになれば、メリットもあるでしょうね。

このコンサートも行こうかどうか迷いました。今日は、雨も降って寒かったので、行くとしたら結構大変でした。

.                                                          

            

北口功さんの郵便馬車(Youtube)

◆先日の北口功さんのアコラでの会に、こんな感想を頂きました。

・先日のギター愛好家の会は、参加できてよかったですよ。新たな出会いもありましたし、今年も一年ギターと付き合って、自分と向き合っていこう!って思いました。
北口功さんのリサイタルって、何かが違うなぁって感じました…
今まで、プロのコンサートで感じたことって、テクニックが凄いとか、音色が美しいとか、表現力が繊細だとか、感動したとか、ステキな曲に出会えたとか、やっぱりギターっていいよねとか…
でも、あの演奏から感じることはそう事ではなくて、なんか不思議な体験だったので、感想は?と聞かれて、どう答えていいのか困りました。

あの不思議な体験は何だったのか分かるのには、5、10年かかるかも!ですね。
また自分の演奏が変わる気がします。ありがとうございました。                               

・北口先生の演奏はまことに素晴らしい。
派手さは無いが重厚で聴衆に訴えかける何かがあります。
                                                  

◆アコラで演奏したシューベルトの「郵便馬車」を、北口功さんがYoutubeにアップされましたので、ご紹介いたします。

http://youtu.be/u7_uDIk52jc

.

2012年1月19日 (木)

小澤征爾・水戸芸術館ライブ

北口さんのギター・リサイタルの感想は、過去ブログに随時追加する予定です。

今、小澤征爾の水戸芸術館ライブがTV放映されています。NHK水戸放送局の特別番組のようです。ハイドンのチェロコンチェルト、近年発見されたそうですが、第3楽章などスリリングです。                                                              

                    

2012jan_080  2012jan_081

2012jan_082

2012jan_083                                                     

                                                    

震災で、水戸芸術館も使えなくなり、佐川文庫で復興チャリティコンサートをやっている様子も放映されていました。佐川文庫といえば、P.シュタイドルのリサイタルをやった場所ですので、感慨がありました。

ライブといえば、1月22日、アウラで藤元高輝さんのサロンコンサートがありますが、その模様は、インターネットでストリーミング配信されるそうです。3時からだったと思います。

  

◆益田正洋 ギター・リサイタル

Masudany

アコラで、2月4日(土) 15:00- 益田正洋さんのギターリサイタルを開催いたします。ご希望の方は、メール、電話でご連絡下さい。

http://www.ijsnet.ne.jp/~us3jazc3/Masuda2012concert.htm

.

.

2012年1月17日 (火)

Giverny Salon(愛好家自由演奏会)弾き始め

2012jan_050  2012jan_053

2012年最初のGiverny Salon(愛好家自由演奏会)を1月15日に開催いたしました。

画像をアップします。

2012jan_049

2012jan_045

2012jan_044 

2012jan_043

2012jan_042

2012jan_041

2012jan_040

2012jan_038

今回は北口功さんの講評を交えながら進行されました。

2012jan_037

2012jan_036

2012jan_035

2012jan_034

会のあとで、代永さんから6月16日(土)に開催予定のオーシャン・ギター・パル コンサートの紹介がありました。 14:00開演で、会場は東海村のリコッティです。演奏で参加される方も募集中です。希望者はこちらに問い合わせ下さい。

2012jan_033

.

.

2012年1月15日 (日)

北口 功 ギター・リサイタル

2012jan_028

F.ソルの第2グランドソナタ 全曲演奏(約30分)を含む、クラシックギター音楽の王道という感じのプログラムでした。

2012jan_029

2012jan_074

2012jan_064

2012jan_073

2012jan_066

2012jan_060

2012jan_056

アンコールは、森に夢見る。

2012jan_055

最後に、これからも、楽しい、音楽の魅力を感じられる演奏会をやっていきたいとの話がありました。

次回は、4月29日大阪フェニックスホール、5月6日ギター文化館でコンサートを行う予定とのことです。

                                                               

+  +  +

2012jan_032

リサイタルの後、公開レッスンを行いました。

曲目はスペイン風セレナーデ。                                                                        

                        

2012jan_030  2012jan_031

打上げは、レストランで遅くまで盛り上がりました。          

                                                                                                                                                

◆寄せられた感想
今日の北口功さんの演奏すばらしかったです。
豊かな深みのある音の響きに魅了されました。
一曲一曲に対する愛情が感じられました。
公開講座に至り、ギターへの情熱がますます高まり、感動しました。
貴重な経験を味わわせていただき、有り難うございました。                                

                                                         

           

◆最近のギター界はイベント的なコンサートも多いようですが、今日の北口功ギター・リサイタルは、それらとは違ってギター音楽の代表的な作品を極めつくしたライフワーク的な演奏会でした。

.情熱を感じました。多くの方に深い感銘を与えたものと思います。

北口さんは、色紙に「伝承」という言葉を残されました。

これまでに追求したギター音楽の美を、演奏会に来られた方々に伝えたいという思いを感じました。

                                                

F.ソルのソナタは次のようになるかと思います。

第一ソナタ Op.14 グランソロと呼ばれているもの

第二ソナタ Op.15

グランドソナタ Op.22

第二グランドソナタ Op.25

グランドソナタと第2グランドソナタにはメヌエットを含んでいます。このメヌエットは、ソルが特別な思いを持っていたように思います。Op.11で12のメヌエットを書いています。簡潔で独創的な小品集だと思います。また、有名な、Op.15のスペインのフォリアによる変奏曲では、最後にメヌエットで締めくくっています。今回、北口さんは、第2グランドソナタで最終楽章にあるメヌエットを変奏曲に繋がるものとして演奏されました。この長大な曲が、引締まったさらに魅力的な曲に感じられました。 

シューベルトの曲は、「郵便馬車」、 「セレナーデ」、「仮の宿」 はメルツの編曲です。  「影法師」 は、北口さんが自ら編曲したものとのことです。歌詞の内容を説明した後に演奏されましたが、感動的でした。ここでは、前面には出てきませんでしたが、編曲したメルツの凄さにも感心しました。それを取り上げた北口さんも良かったです。熱く歌い上げて、凄かった。私としては、今回のリサイタルの中で最も感動した部分です。

ホセのソナタは、何年も前に楽譜は購入しましたが、難しそうで手を出していません。これも凄い曲ですね。

コンポステラ、何年か前にチャレンジしました。また、弾いてみようと思いました。その時はオリジナル版が出たのでそれでやりまして、セゴビア編では省略したり改変したところがあることが分かりましたが、オリジナル版はなかなか弾きにくいところがあります。北口さんの演奏はセゴビア編に近いようでした。

アルベニスの3曲は、大変熱のこもった演奏でこれでもかという感じでした。                                                   

                                                 

単に音を聴いたのとは違い、ライブによって、身体の動きも含めたより説得性のある音が伝わってくることが実感できました。                                                                                                                        

「上質の音楽を少人数で楽しむ」というアコラの趣旨に合った会だったと思います。

皆様の感想なども頂ければ幸甚です。                                         

                                               

◆中村先生のブログにこのギター・リサイタルのことが書かれていましたので、ご紹介させていただきます。

http://mitoguitar.blog85.fc2.com/blog-entry-392.html

.

2012年1月 8日 (日)

Giverny Salon近況&益田正洋リサイタル

◆Giverny Salon (1/15) 参加近況

 ◇昨日のギターコンペE部門に参加された方が、1月15日のアコラの会に参加希望されました。

  演奏曲目は以下です。

   ・スペイン風セレナーデ (J.マラッツ)      
   ・タンゴ (I.アルベニス)      

  東京から来られるとのことで、楽しみです。

  http://acousticlife.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/giverny-salon11.html  

             

  もう1名様の申し込みがありました。

   ・アストゥリアス (I.アルベニス)

                

 ◇昼食

  昼食は、時間と場所の関係上、各自でとっていただくことにします。近くに、レストラン、美味しいパン屋さん、コンビニなどあります。また、アコラの場所をご提供します。コーヒー、紅茶などはサービスいたします。                                           

                                                       

◆益田 正洋 リサイタル (2/4) 近況

 ◇益田 正洋さんから、2月4日(土)のアコラでの演奏会について、近況報告がありました。

  プログラム(予定)

 前半      
 F.ソル           :魔笛の主題による変奏曲op.9
 M.リョベート編:カタルーニャ民謡集より
 E.グラナドス   :詩的ワルツ集より

 後半
 H.ヴィラロボス:前奏曲より
 L.レニャーニ  :カプリス集より
 A.タンスマン  :カヴァティーナ組曲

 時間は、15:00開演の予定です。

 さらに詳細が決まりましたら、ブログに掲載いたします。

 受付を開始しますので、ご希望の方はメール・電話等にて連絡をお願いします。

.

 

ギターコンペ関東甲州大会

第5回ギターコンペティション関東甲州大会に参加しました。

2012jan_020  2012jan_003

会場の角筈ホールは、都庁の近くにあり、200名程度のこじんまりしたところでした。10時半位に会場に着いたのですが、上の階が図書館になっており控え室以外では音出しが全くできないとのことで、ジュニア部門の2、3名を聞いて、付近を散策しました。

2012jan_018

隣にパークハイアット東京があり、レストランのある最上階へ行ってみました。最近こういうのがはやっているようですが、おしゃれなライブラリが併設されており、良い雰囲気でした。眺望が抜群で富士山がくっきり、大きく見えました。このフロアには幾つかレストランがありましたが、どれも昼食には高価すぎるので、地下階のイタリアンで昼食をとりました。

2012jan_006  2012jan_005

会場に戻って、抽選で2番バッターということでした。私の所属するF部門は18名の参加があり激戦区です。知った方も多く参加しています。早くやったほうがリラックスできるので良かったです。

2012jan_007

2012jan_011

2012jan_015

2012jan_016

2012jan_017

2012jan_026

「森に夢見る」を演奏しました。比較的リラックスしていたのですが、途中で3小節位飛んでしまいました。それ以外は、大体おおまかには自分でやろうと思っていたことができたかなというところでした。

演奏時間ですが、年末、楽器が乾燥してきたせいか調子が良くなり、6分の壁を越えて5分45秒位で演奏できるところまでになりました。最終的には、表現とのバランスで6分ちょっと位で弾こうと思っていましたので、予定通りでした。やはり、細かいところまで気をくばるのは大変でした。3、4分の曲でもきっちり弾いた演奏のほうが、こういう場では聴いていて好感を持ちました。たぶん審査員もそのような評価ではないかと思います。

結果は銀、またF部門とG部門に対する優秀賞を一緒に頂きました。坪川審査員の話では優秀賞は限りなく金に近い演奏ということでした。途中飛ばしてしまいましたので、優秀賞は寛大なものと思います。

控えで緊張していましたので金賞の鈴木さんの演奏を聴く余裕がなかったのですが、良い演奏をされたと思います。おめでとう!

アコラでF部門の金賞独占にはならなかったですね。

2012jan_021 Jan

新宿駅の近くのジビエ料理の店で打ち上げをしてきました。

今回、面識のなかった方から、良い演奏でしたね、と感想を頂きました。記憶容量が乏しくなってきており、ミスのない演奏は自分には無理ですので、多少でも良いところが出せたのであれば、それが最高です。

.

.

2012年1月 3日 (火)

Giverny Salon 愛好家の自由演奏会(1/15)

        Imagekado_2

Giverny Salon 愛好家の自由演奏会を、1月15日(日) 10:00から、アコラで開催いたします。

新年の弾き始め、演奏プログラムです。

・黒ネコのタンゴ(F.パガーノ         千葉慶博編曲)      
・カノンの調べ (J.パッヘルベル  千葉慶博編曲)
・森に夢見る (A.バリオス)      
・練習曲6-11 (F.ソル)      
・練習曲1番  (V.ロボス)      
・メヌエット op.276 No.18 (F.カルリ)      
・雪の降る街を (中田喜直 東条俊明編曲)      
・3つのメキシコ民謡より第2番 (M.ポンセ)    
・When you wish upon a star  星に願いを (L.ハーライン)      
・Bossa Nova Cinema Guitar ピノキオのテーマ (江部賢一)      
・KANCION ミ・フェボリータ (スペイン民謡)      
・盗賊の歌 (M.リヨべート)      
・アラビア風奇想曲 (F.タレガ)      
・タランテラ (J.メルツ) 
・アストゥリアス (I.アルベニス)   
・ドビュッシー讃歌 (M.ファリャ)
・スペイン風セレナーデ (J.マラッツ)      
・タンゴ (I.アルベニス)         

楽しい演奏会になりそうです。

.

2012年1月 1日 (日)

謹賀新年・今年もよろしく

2011may_047

謹んで、新年のご挨拶を申し上げます。

昨年は、日本全国が大変な1年でしたが
何とか Acoustic Life の活動を行うことができました。
応援して下さる皆様に深く感謝申し上げます。
また、ギターのすばらしさを一層感じた1年でもありました。

今年も皆様と一緒に、ギターライフを楽しくやっていきたいと思います。

  上質の音楽を少人数で楽しむ会/Acoustic Life                                                           

                                 

■今年最初のGiveny Salon(愛好家の自由演奏会)を1月15日(日)に行います。

ゲストは、北口 功さんです。

http://acousticlife.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/115-f676.html         

ご都合がつきましたら、ご参加いかがでしょうか。

よろしくお願いします。                                                                                

                        

■Acoustic Life の2012年の予定

◇1月15日(日)  10:00-11:30 愛好家の自由演奏会   
            13:30-15:30 北口 功 リサイタル
            
   
◇2月 4日(土)   15:00-17:00 益田 正洋 リサイタル
             
              ※愛好家の自由演奏会は中止
              開演時間にご注意下さい

◇3月10日(土)  13:30-15:00 愛好家の自由演奏会
             15:00-16:00 河野 智美 ミニコンサ-ト 

                                        

また、宮下祥子さんのリサイタルが、水戸で9月に予定されており、そのお手伝いを致します。

.

.

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

無料ブログはココログ