« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月26日 (日)

忙しい季節が始まる...

2012feb_052

週末にお雛さまを飾りました。
昨年の震災では、飾っておいたお雛さまも散々になってしまいました。
意外に全くどうしようもなくなったものはありませんでしたが、それでも部分的に壊れたところがあり、今年は修理しながら飾りました。「アロンα・つり名人」を、いざというときのために用意していますが、こんな時にも役に立ちました。(私は修理を手伝っただけですが)

お雛さまは、2月に入ってから、遅くともお節句の一週間前までには飾る習わしのようです。早く飾りたい場合は、節分の豆まきが済むと立春ととなり、春を迎える、その頃に。ゆっくりで良い場合は、バレンタインデーが過ぎてからで良いようです。また、片付けは、遅くとも三月中旬までに済ませるようです。

昨年は震災に会ってしまったので、今年はひな祭りが終わったらすぐに片付けようと思います。一日も早い震災の復興を祈念しつつ。

2012feb_057

4月から常会の当番が廻ってきます。それに関連し、地区の行事の各種委員を決める打ち合わせがありました。
20年来です。この町に住んでもう20年以上になります。早いものですね。                      

週末にかけて、出張で広島方面に行ってきました。年度末を向え、また忙しくなってきました。 

この週末は、ギター関係の催しもいろいろあったようですが、都合がつかずすべて欠席させていただきました。残念です。

.

   

Giverny Salon

2012jan_084

5月27日(日)にアコラで開催する Giverny Salon (愛好家の自由演奏会)のゲストは大島直さんです。大島さんから、そのプログラムについてご連絡を頂きました。

・ソナタOp.15-2    F・ソル

・ギター讃歌        E・サインス・デ・ラ・マーサ

・パラグアイ舞曲           A・バリオス
 ワルツ第3番
 郷愁のショーロ     

・南のソナチネ       M・M・ポンセ

 他

クラシックギターの本格的なプログラムになりそうです。

大島さんは6月に東京でリサイタルを開催いたします。リサイタルに向けて、充実した演奏をアコラでも楽しめるものと思います。                                                           

参加者を募ります。                                                                     

                            

2012feb_050  

大島さんも出演した、女性3名をメインとした日本ギター連盟の若手によるコンサートがヤマハホールでありました。

3月10日(土)のアコラのGiverny Salon のゲストは、そのコンサートのメインのひとり、河野智美さんです。

                                         

河野智美さんからご連絡いただいているプログラムです。

・無伴奏ヴァイオリンソナタ第1番 (J.S.バッハ)
   アダージョ
   フーガ
   シチリアーノ
   プレスト

・序奏とカプリス (ジュリオ・レゴンディ)

・フェネラリーフェのほとり (ホアキン・ロドリーゴ)
・高原の丘を下って 

・埴生の宿による主題と変奏 (横尾幸弘)

先日、少し変更があるとの連絡を頂きました。決まりましたら、ブログに掲載します。                                       

                                                               

                                                        

愛好家の自由演奏の曲目の申し込み状況を紹介します。

・小鳥たちの大聖堂       (J.メルリン)      
・孤独な旅人の歌        (J.メルリン)      
・死んだ兵士のための子守歌 (J.メルリン)            
・練習曲Op.6-11            (F.ソル)      
・練習曲第1番              (V.ロボス)      
・エチュード No.7     (N.コスト)      
・早春賦                 (中田 章)      
・エチュード                    (N.コスト)      
・アンダンティーノop31-5  (F.ソル)      
・愛の歌                       (J.K.メルツ)      
・アンダンティーノop31-5    (F.ソル)      
・前奏曲ニ短調BWV999     (J.S.バッハ)      
・練習曲第14番               (F.ソル)      
・マルヴィーナへ     (J.K.メルツ)      
・スペイン舞曲第5番      (E.グラナドス)      
・BWV998よりプレリュード    (J.S.バッハ)      
・スペイン風セレナーデ           (J.マラッツ)      
・紫陽花                      (イ・カンフェン)      
・プレリュードとクーラント   (A.ヴィヴァルディ)      
・インヴェンション No.13   (J.S.バッハ)

曲目はあと2、3曲でしょうか。                                                                             

河野さんのソロコンサートは、茨城で聴く機会はなかなかないと思いますので貴重です。楽器はダブルトップです。河野さんは、今井ギターを愛用されていましたが、今回は新しい楽器です。

演奏を聴かれるだけの方も募集します。

ぜひ、ご参加いかがでしょうか。

.

2012年2月20日 (月)

中村ギター教室(水戸市)

201202101741185e4s

クリスティアーノ・ポルケドゥのバリオス ギター独奏曲全集(6枚組)を聴きました。

中村俊三さんのブログで紹介されており、ショップで見かけたので購入しました。通販価格に比べるとちょっと高めでしたが、こういうものは見かけたときに買わないと絶品になってしまうので、貴重です。

バリオスの曲は大体は聞いていると思っていましたが、110曲もあるとさすがにはじめて聴く曲も多くあり、楽しめました。

兎に角、ひととおり聴くだけでも大変でしたが、これからも時間を見つけて、じっくり聞いてみようと思っています。

詳細は、こちらの中村さんのブログをご覧下さい。

http://mitoguitar.blog85.fc2.com/blog-entry-397.html

2012feb_051

水戸市にある中村教室でレッスンを受けました。

今回は、ソルとバリオス。

演奏姿勢、右手の角度など、基本的なことから、それぞれの曲の指導を受けました。

しっかりとした音で演奏をすることは基本中の基本です。今回の中村先生のレッスンはギターの音造りを重視したもので、とても参考になりました。

ギター演奏技術と音楽をバランス良く指導いただけるので、ギターを早く上達したい方にぜひお薦めいたします。                                                                                                  

                 

アコラで毎年コンサートを聴かせていただいていますが、今年もアコラで Giverny Salonとして、10月に演奏していただく予定です。お楽しみに。

また、中村先生が率いる水戸ギターアンサンブルの演奏会が、9月15日 ひたちなか市文化会館で開催されます。こちらも、楽しみです。

(中村教室HP)

http://www15.plala.or.jp/mitoguitar/

.

.

.

2012年2月18日 (土)

Giverny Salon(3/10) 自由演奏曲目

Giverny Salon(3/10) の自由演奏を募集中です。

現在の申し込み状況速報です。

・小鳥たちの大聖堂 (J.メルリン)
・孤独な旅人の歌 (J.メルリン)
・死んだ兵士のための子守歌 (J.メルリン)
・エチュード No.7   (N.コスト)
・早春賦 (中田 章)
・紫陽花 (イ・カンフェン)
・プレリュードとクーラント   (A.ヴィヴァルディ)
・インヴェンション No.13   (J.S.バッハ)
・BWV998よりプレリュード (J.S.バッハ)
・スベイン風セレナーデ     (J.マラッツ)

発表会やコンクールの指慣らしとして、また、ちょっと珍しい曲を紹介したいなんてことでも結構です。

今回は、ゲストに、河野智美さんをお迎えしています。

その場で、河野さんとのちょっとした交流会を予定しています。演奏のアドバイスなどもいただけると思います。

参加希望者は、ご連絡をお待ちしています。

                

http://acousticlife.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/givernysalon-b9.html

お申し込みの追加です。ありがとうございます。

・練習曲Op.6-11        (F.ソル)
・練習曲第1番           (V.ロボス)

・エチュード                  (N.コスト)
・アンダンティーノop31-5 (F.ソル)
・愛の歌                       (J.K.メルツ)
 
・アンダンティーノop31-5 (F.ソル)
・前奏曲ニ短調BWV999  (J.S.バッハ)
・練習曲第14番       (F.ソル)

メールでお申し込みいただいていましたが、タイトルがなく、見落としてしまいました。申し訳ありませんでした。迷惑メール的なものが多く来るので、タイトルがないものは開封せずに消去しています。

・スペイン舞曲第5番   (E.グラナドス)

さらにお申し込みを頂きました。

・マルヴィーナへ      (J.K.メルツ)

.

.

2012年2月12日 (日)

ギター文化館・佐藤純一ミニコン

2012feb_030

ギター文化館で佐藤純一さんのミニコンサートがあり、聴きに行ってきました。

サトジュンさんは、アコラでも演奏していただいたこともあり、しばらく生演奏を聞いていなかったので、楽しみにしていました。また、先日のぺロアのリサイタルのとき、隣に座っていたサトジュンさんとの話で、今日、ミニコンでソナタ・ロマンティカを演奏するということを聞きました。

昨年、ソナタ・ロマンティカの第4楽章を練習として少し弾いたことがあります。また、第2楽章はシューベルト・イヤーにちなんでこれも少しかじった程度ですが、シューベルトを髣髴とさせるとてもきれいな曲です。

サトジュンさんは、第1楽章と第4楽章を演奏しました。第4楽章はゆったりめのテンポで丁寧に弾いていたようです。特注のトーレスタイプの佐久間ギターとのことで、楽器のことは詳しくないですが、聞いた感じではかなり志向性の強い楽器のように思いました。 いいミニコンサートでした。 コアな愛好家の方も聴きに来ていました。                                

                                     

2012feb_029

昔グロンドーナさん達と行ったおいしい蕎麦屋さんで、お昼を食べようと思いましたが、なんとお目当ての店が閉店になっていました。それで、昼を食べられそうなところを探しました。「ひたち野」という店の看板があり、行ってみましたが、行けども何も無く、やさとのフラワーパークまで来てしまいました。サトジュンさんのミニコンサートに間に合わなくなりそうで、そこの売店でお弁当を買うことになってしまいました。

あとで聞いたら、その「ひたち野」は筑波山の近くとのこと。とんでもない看板です。それから、お目当ての蕎麦屋さんは2、3日前に閉店になってしまったとのことです。

さらに驚いたのはその蕎麦屋さんの倉庫を、ギター製作家のNさんがギター工房として使用することになったらしいということです。早速、もう一度、店に行ってみましたところ、Nさんにお会いすることができました。物置というより住居という感じで、工房+αといった感じでした。Nさんも張り切っている感じが伝わってきました。きっと、いいギターができることでしょう。そして、いずれは蕎麦屋さんの方も再開させて欲しいと思いました。

2012feb_036  2012feb_034

その向かいに、ヨーグルト・チーズ工房があります。

2012feb_033

知る人ぞ知る店らしく、いい感じでした。プレーン・ヨーグルトとモッツレラ・チーズを買って来ました。今夜は、ホットワインとチーズでゆっくりしたいと思います。

.

カフェ・コンサート@日立吉田音楽記念館

Yonaga

アコラの常連さんの代永さんが、日立市の吉田正音楽記念館でコンサートを開催します。

ご紹介いたしますので、ご都合のつく方はいかがでしょうか?

吉田記念館 展望カフェコンサート
オーシャン・ギター・パル クラッシクギターの調べ

2012年2月25日(土) 開場5:30 開演 PM6:00

1 代永英雄 ソロ
・ いそしぎ                   ---------- P・フランシス ウェブスター
・川の流れのように   ---------- 見岳 章

2 相澤淳一 ソロ
・北の旅人         ----------弦 哲也
・禁じられた遊び     ----------映画「禁じられた遊び」

3 佐藤真知子 ソロ  
・デイドリーム・ビリーバー  ------- モンキーズ
・枯葉(ボサノバ)       ---------J・コスマ

4 飛田達雄 ギターソロ 
・星に願いを         ---------  L・ハーライン
・スターダスト        ----------  ホアギー・カーミハエル 

5 久保田健治 ソロ  
・白い恋人たち        ----------フランシス・レイ
・ジョニーへの伝言      ----------都倉俊一

6 久保田健治/佐藤真知子 デュオ
・少年時代           ---------- 井上陽水
・明日に架ける橋     ---------- ポール・サイモン

7 皆さんで歌いましょう ギター 代永英雄、相澤淳一
・エーデルワイス
・贈る言葉 ― 乾杯  
・見上げてごらん夜の星を
・ふるさと

詳細は、今後変更の可能性もあるとのことです。

.

2012年2月11日 (土)

アコラ・フレンズ 練習スタート

2012feb_027 

「ギターフェスティバル in つくば」に向けて、アコラ・フレンズの練習がスタートしました。

今年は、開催日が4月22日(日)ということで、例年より1ヶ月近く早まりました。昨年に一度メンバーが全員集まって曲目を決めてから、全員が集まれる日が無く、やっと全員がそろって練習をしました。

曲目は、バロックの超有名曲と、超有名曲をバロック風にアレンジした曲を演奏します。

出来は、3月、4月にあと何回集まれるか、ですね。

2012feb_028

鈴木さんの熱心な指導もあって、だんだん曲になってきたようです。

私は、ギターアンサンブルは高校の時、ギター同好会の学園祭の出し物としてやったような記憶がある程度です。その時の曲を今回演奏することになり、またそのときも鈴木さんと一緒でした。ほんとうに奇遇です。

その後は、大学でマンドリンオーケストラのギターを少し弾きましたが、どうも性分に会わないので半年くらいでやめてしまいました。

その後はアンサンブルをする機会がありませんでしたが、アコラ・フレンズで演奏することになり、皆さんの足を引っ張らないようにと、蛮勇をふりしぼって、練習しています。

ご都合がつきましたら、「ギターフェスティバル in つくば」に足を運んでみてください。

.

2012年2月 8日 (水)

Giverny Salon(ゲスト:河野智美)

Tomomikohno

Giverny Salon @Acoustic Life  
2012年3月10日(土) 13:30開演
    ゲスト演奏: 河野 智美
                    
◆プログラム

 ・無伴奏ヴァイオリンソナタ第1番 (J.S.バッハ)
   アダージョ
   フーガ
   シチリアーノ
   プレスト

 ・序奏とカプリス (ジュリオ・レゴンディ)

 ・フェネラリーフェのほとり (ホアキン・ロドリーゴ)
 ・高原の丘を下って 

 ・埴生の宿による主題と変奏 (横尾幸弘)

 (曲目は変更の可能性があります)
  

◆プロフィール
東京都出身。4歳よりピアノ、7歳よりギターを始める。
高校在学時、神奈川県新人ギタリストオーディションに入賞、
2001年 クラシカルギタ-コンク-ル優勝、
2000年,2001年 スペインギター音楽コンクール2位入賞。
これまでに、横尾幸弘,江間常夫,高田元太郎,福田進一の各氏に師事した他、R.ディアンス,E.フェルナンデス,M.バビロニ,C.マルコトゥーリ,S.テナント,F.クッキ, M.E.グスマン、メリダ(メキシコ)にてA.ピエルリ、イサカ(NY)にてE.イサーク、M.ペレイラなどのマスタークラスを受講。
2004年、原田健司プロデュースによるクラシックギター作品集『白い軌跡』、チェリスト森谷佳奈と共に『DIECI CENTESIMI』をリリース、クラシックギターの枠を越えて多くの人に支持された。また数回に渡りシンガー・ソング・ライター福沢恵介氏のレコーディングにて自身のアレンジによるソロ・ギターバージョンを収録。
2008年 アジア国際ギターコンクール第3位、
2009年 東京国際ギターコンクール第3位、杉並公会堂にて受賞記念リサイタルを開催。
2011年 韓国にてアルマ・ギタープロモーションDVD『Recollections』発売。日本各地の他、ロシア、韓国、中国、タイにて招聘コンサートを行うなど活動の幅を広げている。
日本女子大学人間社会学部現代社会学科卒、10年に渡り企業で勤務経験を持つなど、幅広い経験を音楽に活かしつつある。日本ギター連盟、日本ギタリスト協会会員、日本スペインギター協会理事。昭和音楽大学、アルトフィールド音楽教室講師

◆参加費 :\2,500 (要予約)

◆主催 :上質の音楽を少人数で楽しむ会 Acoustic Life

◆スケジュール
      13:30-15:00 愛好家の自由演奏会
      15:00-16:00 河野 智美 ミニコンサ-ト 
   

◆河野さんの最近の活動

20120215s

*2012年2月15日(水)
開演19:00(開場18:30)
「1日遅れのバレンタインコンサート」

出演:宮下祥子、坪川真理子、河野智美、富川勝智、
佐藤孝広、尾野桂子、酒井良祥、坂場圭介、大島直
会場: 銀座ヤマハホール
デュオ、トリオ、カルテット、そして9重奏もあります。
かっこよくおしゃれなギター重奏の世界を素敵な
ヤマハホールにてお楽しみください。

プログラム:
◎トリオ
序奏とファンダンゴ(L.ボッケリーニ~池田慎司編)
黒い海(F.クレンジャンス)
肖像(R.ニャタリ)
◎デュオ
幻想曲Op.54(F.ソル~コスト編)
◎カルテット
バントウー・クイッカン(A.ヨーク)
ウアレケナ(S.アサド)
◎9重奏
アティック(A.ヨーク)

  
 

2012年2月 5日 (日)

ジュディカエル・ぺロワ

120122small

ジュディカエル・ぺロワのギターリサイタルを聴いてきました。

フローリアン・ラルースの師だということでジュディカエル・ペロワに関心がありました。兎に角、バッハは凄かった。スカルラッティの後、鍵盤楽器奏者は急に忙しくなったそうですが、このぺロワのバッハが、ギターで弾くバッハのレベルを引き上げることは間違いないでしょう。すでに日本の若手ギタリストも何人かフランスに留学し、ぺロワに師事しているようです。プロギタリスト達はこれから急に忙しくなることでしょうね。右手の弾弦などもユニーク(一般的?)な動きのようでした。

・ファンタジアOp.19/ルイジ・レニアーニ
・セビーリャ/アルベニス (エレジー/カスパル・メルツから変更)
・リュート組曲第2番BWV997/J.S.バッハ
 プレリュード 、フーガ 、サラバンド 、ジーグ・ドゥーブル
・郷愁のショーロ/アグスティン・バリオス
・ソナタ第3番/マヌエル・マリア・ポンセ
 アレグロ、シャンソン、アレグロ・ノン・トロッポ
・プレリュード・フーガ・アレグロ BWV998/J.S.バッハ

BWV998では、パイプオルガンが鳴っているかのような感じで、3声、4声がきれいに流れ圧巻でした。

BWV997も同様ですが、こっちはリュート的なアプローチもありかなと思いました。チェロ組曲など弦楽器オリジナルのバッハはどんな風に弾くのか興味があります。

アンコールで弾いたバッハ(パルティータ?)はさらに凄かった。これを聞いただけでも価値があったでしょう。

ぺロワを招聘した樋浦さん、今回のリサイタルを行ったギター文化館の木下さんに感謝いたします。

NAXOSからバッハのCDが出ているようですが、すでに売り切れとのことで本日のCD販売はありませんでした。

.

益田正洋ギターリサイタル@アコラ

2012feb_008

益田正洋さんのギターリサイタル、今年でデビュー20周年とのことで、選りすぐりのプログラムで大変充実した内容でした。

ソルの魔笛で開始。

リョベートのカタルーニャ民謡集から6曲は、曲の解説を交えての演奏でした。

・哀歌
・盗賊の歌
・アメリアの遺言
・王子
・レリダの囚人
・聖母の御子

2012feb_009

グラナドスの詩的ワルツ集は、プログラムでは抜粋版で演奏することになっていましたが、特別に全曲(序奏と8つのワルツ)が演奏されました。全部で17分かかるそうですが、あっという間に終わってしまったという感じで、見事な演奏でした。

後半は、ロボスの前奏曲、第3番、第1番で開始。

レニャーニのカプリスをリクエストしていましたが、第19番、第1番、第7番の3曲を演奏されました。益田さんは、テクニックが抜群の上に、またその音が大変すばらしく、音そのものに艶があり情感を感じました。

2012feb_014

後半の最後はタンスマンのカバティーナ組曲。サラバンデでは静寂が最高に達しました。

2012feb_007

アンコールでは、レニャーニのカプリス第2番を華麗に演奏し、最後はバッハのプレリュード(BWV998)で優雅に締めくくりました。

2012feb_006

強い音でありながらマイルドな音で、明快に音楽を作られ、感動しました。すばらしい。

いい演奏会でした。勉強にもなりました。                                                                  

                                                           

2012feb_003  2012feb_004

打上はいつもの場所で、楽しい時間を過ごしました。                                  

                                                        

2012feb_017

明日は現代ギター社でギターのテクニックに関する講習会を行うそうです。

.

.

2012年2月 3日 (金)

益田正洋 ギター・リサイタル(2/4)

Pmasuda_2

2月4日(土)にアコラで、益田正洋さんのギター・リサイタルが開催されます。いよいよ、明日に迫りました。ギター愛好家の方には特典があります。当日御問合せ下さい。

2012年2月4日(土) 15:00開演 (14:30開場)

    
◆プログラム (曲目は変更の可能性があります)

 前半
      
 F.ソル           :魔笛の主題による変奏曲op.9
 M.リョベート編:カタルーニャ民謡集より
 E.グラナドス   :詩的ワルツ集より

 後半

 H.ヴィラロボス:前奏曲より
 L.レニャーニ  :カプリス集より
 A.タンスマン  :カヴァティーナ組曲

◆プロフィール

第20回クラシカルギターコンクール入賞(史上最年少) 審査委員長 伊福部昭氏より審査員特別賞を授与 第21回クラシカルギターコンクール 第1位受賞(史上最年少 当時12歳) 第35回東京国際ギターコンクール 入賞 2003年 バーネットファミリー財団国際ギターコンクール ファイナリスト

ジュリアード音楽院(アメリカ・ニューヨーク) 修士課程首席卒業 2001年、ロドリーゴ生誕100周年記念コンサートのソリストとして、リンカーンセンターにてJ.デプリースト(東京都響常任指揮者)指揮、ジュリアード・シンフォニーとアランフェス協奏曲を演奏。

◆参加費 :\3,000 (要予約)

お申し込みを受付中です。

                                                                                                                                          

◆益田さんの最近の活動

2012年1月21日 恒例のニューイヤーコンサート

2012年ニューイヤーコンサートは福田進一とギター界をリードする次世代の名手たち、朴葵姫・益田正洋・松尾俊介による新たなカルテットを結成しました!
すでに多方面で活躍の益田正洋、松尾俊介に2012年秋にNYデビューが決定した朴葵姫(パク・キュヒ)を迎えたソロ、デュオを含む多彩なプログラム。

Masudany 

.

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ