« 大島 直 リサイタル @アコラ | トップページ | 30th さとうちゅう ギターコンサート (9/16) »

2012年6月 3日 (日)

セゴヴィア「没後25年記念CDコンサート」

2012mays

水戸の中村ギター教室で、セゴヴィア「没後25年記念CDコンサート」が開催されました。

セゴヴィアのバイオグラフィーの説明を聞いた後、1927年の最初の録音から、1955年のライヴ録音まで、主要なセゴヴィアの演奏を中村先生の解説により鑑賞しました。

セゴヴィアといえば、私も学生当時夢中で聴いたことを思い出します。

グラナダ、セビリア、スペイン舞曲第5番、10番が入った小型版のLP(ドーナツ盤?)や亜麻色の髪の乙女、古城、メンデルスゾーンの無言歌の入ったものは良く聴きました。特に前者は、これ以上の演奏はそうそうないと思います。

また、ソルとタレガの入ったLP、これにも大変感動しました。ソナタ・ロマンティカの入ったLP、またコンポステラやポーランド組曲が入ったLPも素晴らしかった。プラテーロと私のLPには完全に参った。その感動で、ヒメネスの生家のあるスペインのモゲールに22歳のときに旅行しました。会社に入って、しばらくしてギターから離れましたが、セゴヴィアの影響がなければ、たぶん今ギターに関わっていなかったのではないかと思います。6月2日が命日だったとのことです。(なお、当時は、セゴビアと書いていたと思います。)25年の歳月で、歴史的ギタリストという位置づけになってしまうのでしょうね。

いろいろありますが、CDコンサートの後で中村先生に、セゴヴィアの演奏を現在にどう活かしたら良いのか伺いましたところ、セゴヴィアはギターの良いところをたくさん引き出した、そこから学ぶことは大きい、といったお話でした。確かにそのとおりだと思います。

今日のCDコンサートの曲は大体は聞いたことのあるものでしたが、ハイドンのメヌエットは多分始めて聴いたと思います。雑誌で見たことはありますが、中村先生のお気に入りの曲という話がありました。ギターを活かした編曲・演奏で感心しました。

楽器は、マヌエル・ラミレス、ハウザーⅠ世、ホセ・ラミレスⅢ世を使用したとのことで、楽器についても中村先生から解説がありました。

次回はどんなCDコンサートになるか楽しみです。ある曲をいろんな演奏家が演奏したものを聴いてみるのもいいかなと思います。演奏家の名前は後で公表するというのはどうでしょうか?                                                             

                                                                

+  +  +

2012may_181  2012may_178s

2012may_177

JR勝田駅の前に、新しくできた市民交流センターでギャラリーコンサートがありました。今回はオカリナのグループの演奏でした。市民交流センターのオープン時に、アコラも利用団体として登録しました。来週末に試みにギターのミニコンサートをする流れになってきました。

来週ギャラリーに展示する団体と木曜日ごろに相談し、土曜日あたりに急遽演奏ということになるかもしれません。その際はブログに掲載しますので、ご都合のつく方はギャラリーに足をお運びいただければ幸いです。まだ、何も決まっていないので、かなり不透明な状況です。  

                                                     

      

.

« 大島 直 リサイタル @アコラ | トップページ | 30th さとうちゅう ギターコンサート (9/16) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セゴヴィア「没後25年記念CDコンサート」:

« 大島 直 リサイタル @アコラ | トップページ | 30th さとうちゅう ギターコンサート (9/16) »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ