« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月30日 (土)

アナ・ヴィドヴィチ リサイタル

2012_06_30 

つくば市ふれあいプラザホールで、アナ・ヴィドヴィチのリサイタルがありました。

【プログラム】
 ・テデスコ:ソナタ ボッケリーニ讃歌
 ・武満 徹 :「ギターのための12の歌」より
   シークレットラヴ、オーバー・ザ・レインボー、イエスタディ
 ・タレガ  :アルハンブラの想い出
 ・アルベニス:スペイン組曲Op.47より グラナダ、アストゥリアス
 ・バッハ  :前奏曲、フーガとアレグロ 変ホ長調 BWV.998
 ・バリオス :大聖堂
 ・ウォルトン:5つのバガテル

また、角圭司さんとのDuoでピアソラのタンゴ組曲から2曲演奏されました。

最初のCDが発売された時、1曲目のバッハを聞いて、ものすごいテクニックにびっくりし、ファンになりました。でも、初来日した時のリサイタルをTVで見て、期待が大きすぎたのか、ちょっと違和感を感じました。また、演奏の姿勢が気になりました。

しかし、「スペインの城」を弾いた最近のCDでは、味わいのある演奏をしていました。

今回、期待と不安で聴きに来ましたが、メロディがくっきりと明瞭で、表現が一層大きくなった印象です。弱音が美しく、ギターの良いところがとてもよく伝わってきました。

楽器は、J.K.レッドゲイトというオーストラリア在で、ラティス・ブレイストやダブルトップの楽器を制作している制作家のもののようです。この会場は何回か来ていますが、音響が良くないので、千葉ソロギタークラブの方々が一番前の席を取ってくださり、一緒にいい条件で聴くことができました。音量が大きいので、弱音も美しく出せるのでしょう。後ろの席で聞いたらどうだったのでしょうか。

最初のボッケリーニ讃歌、出だしから柔らかい音で、流麗な演奏でした。

アランブラの思い出は、p,m,i,mという個性的な運指を使った、ゆっくりとしたテンポでくっきりとした表現。こぶしのところをきれいに聞かせるような演奏でした。(運指については、見た目にもそうでしたが、念のため本人に尋ねましたので、間違いありません。)

グラナダも良かったが、何と言っても大聖堂が良かった。一般にダブルトップは音が今ひとつという声もありますが、第一楽章は、澄んだ艶のある輝いた音で聴かせました。第三楽章はやや遅めのテンポで、テクニックを見せるのでなく、第一楽章が浮かんでくるような、静謐感のある演奏で、新鮮な印象を受けました。素晴らしかった。

今もアメリカで生活しているのでしょうか?その割にはストイックな感じで、品格も漂ってきています。素晴らしい演奏家になられたようです。                       

                                                              

+  +  +                                                               

 

緑に囲まれた会場。

2012jun_090  2012jun_091                                        

                             

2012jun_079 

 

中村先生は、「体育会系でなくて良かった。外見も中身も見事に大人になりましたね」と言っていました。 

.

2012年6月29日 (金)

シビックセンター・アトリウムコンサート

120714

日立市のシビックセンターでアトリウムコンサートがあります。

7月14日(土) 13:30-14:00

代永さんが、トランペットとウクレレのDuo、それとギターSoloで演奏するそうです。

トランペットが主役で、アコラのブログ掲載をお願いするものではありません、とのことですが、ご紹介致します。

曲目は親しみやすいものばかりです。入場は無料です。ご都合のつく方はいかがでしょうか?

ギター演奏の写真は 夏の時期にアコラで撮ったもののようですね。

.+ + +

あっという間に、7月になりますね。

土曜日は、アナ・ヴィドヴィッチリサイタルを聴きに行く予定です。                                    

また、8月5日(日)の熊谷俊之 ミニ・コンサートへのお申込者が増えてきました。

希望されるかたはご連絡をください。お持ちしています。  

2012jun

.                 

                 

2012年6月23日 (土)

現代ギター7月号 (No.580)

Imggg

今月号には、身近な話題に関係する記事も多かったので、ご紹介します。

・シニアギターコンクールの記事: 宮下祥子さんのレポートで、写真もカラーで大きく3枚掲載されていました。(P.50)

 どうした具合なのか、ちょっとゆがんだ画像で笑えます。

・Hakuju ギターフェスタ 2012 英国の伝統と革新: 荘村清志さん、福田進一さんがプロデュースするギター音楽祭です。その音楽祭の8月18日の「旬のギタリストを聴く」シリーズに登場する熊谷俊之さんのインタビューがあります。(P.27)  

 8月5日に、これとほぼ同じプログラムで熊谷さんのコンサートをアコラのGiverny Salonで聴くことができます。参加申し込みを受付中ですので、希望者は連絡をお願いします。お持ちしています。

・北口功さんのフォトレポート: 4月の大阪ザ・フェニックスホールでのリサイタルの写真と記事があります。 (P.38)

 充実した演奏ぶりで、観客を酔わせた、と評されています。G文化館でほぼ同じ内容のリサイタルを聴きました。大竜巻のあった日ということも重なり、大変印象深いです。

・藤元高輝さん&小暮浩史さんのフォトレポート: 4月のGGサロンでのリサイタルの写真と記事。 (P.40)

 このGGサロンでの演奏を聴き、アコラでの演奏をオファーしました。12月1日(土)にアコラのGiverny Salonで聴くことができますので、予定に入れておいてくださいね。GGの記事にもありますように、大変期待の持てる内容だと思います。デュオの名前は「こーき & ひろし」というそうで、初めて知りました。

・ギター名曲の謎: ラグリマに関する大変興味深い手塚健旨さんの仮説が書かれています。今回の話題は献呈を受けた人物についてです。 (P.58)

 この曲は深い悲しみをたたえたものという見方が定説になっていますが、私は昔から逆に喜びの涙という印象を持っていました。手塚さんはまた違いますが、悲愴感はみじんもなく美しい乙女の印象と書いています。

 以前、このシリーズで愛のロマンスの作曲者を紹介していましたが、一昨年出版された濱田滋郎さんの「CDでわかるギターの名器と名曲」の中で既に愛のロマンスの作曲者が紹介されていますね。この本では濱田さんと佳織ちゃんの対談も面白いです。

・つくばのギターフェスティバルの記事: 4月にカピオホールで開催された「ギターフェスティバル in つくば」に関する記事。クアトロ・パロスの萩野谷さんが書いています。 (P.96)

その他、ソルとレゴンディのロンドンでの活躍などなど、楽しめました。一時期の雑誌の内容から大分変わって充実してきたように思いました。

.

ロマンティックギターⅡ(コスト作品集)

U9g6jpfu

先日、山野楽器に立ち寄ったら、ギター曲が店内に流れていたのでついつい時間を潰してしまいました。CD棚をいろいろ見ていましたら、以前買おうと思って買っていなかったCDがあり購入しました。

Brigitte Zaczek
romantic guitar II works by N. Coste

1 Andante et Polonaise op.44
2 Rêverie op. 53 Nr.1
3 Fantaisie sur deux motifs de "La Norma" op.16
4 Le Zuyderzée (Ballade) op.20
5 Caprice sur l´Áir Espagnol "La Cachucha" op.13
6 Grande Sérénade op. 30
7 Valse Favorite op. 46
8 8 Walzer aus
"16 Walses favorites de Johann Strauss" op.7

Heptacorde R. Lacote, Paris 1855, collection of
Bernhard Kresse (1, 2, 3, 4, 5)
J.A.Stauffer & Comp. Wien 1837 (6, 7, 8)

ザチェック女史は、ワルカーの姪で、NAPOLÉON COSTE (1805 - 1883)の生誕200年を記念して制作されたものです。オリジナル楽器(ラコートの7弦ギター、シュタウファーの8弦ギター)を使用しています。

CDカバーの装丁が大変素晴らしく、コスト好きの人は多分持っているChanterelle社の楽譜の表紙にも使われているコストの肖像画を使っています。でも、良く見ると、オリジナルの画には4台の楽器が描かれていますが、これには5台、右側のカラーの楽器がさりげなく追加されています。この楽器はラコートの7弦のように見えます。これは想像ですが、この画の左側に、既にオリジナルの画に描かれている楽器もラコートの7弦で、CDのカバー用に追加するとしたらシュタウファーの8弦なのではないのかなと思われました。

演奏のほうは大変素晴らしく、特に、op. 30 のGrande Sérénade はコストの代表作と呼ばれるのにふさわしい演奏で、これまでこの曲がコストの代表作といわれることに今ひとつ頷けませんでしたが、この演奏を聴いて認識をあらためました。素晴らしいです。

この曲も10分を越える大作で、交響曲をイメージして創られたものと思います。コストの曲は大規模なものが多いので、なかなか演奏される機会がないと思いますが、ぜひ聴いてほしいCDだと思いました。

.

2012年6月17日 (日)

はにわ公園 菖蒲園

2012jun_073

はにわ公園内の菖蒲園のハナショウブが見ごろです。

アコラから5分ほどの閑静な住宅街にある、ひたちなか市馬渡はにわ公園には、古墳時代の5世紀から6世紀頃に古墳のまわりに立てるための埴輪(はにわ)を製作していた”馬渡埴輪製作遺跡”(国指定史跡)があります。ここの菖蒲園には、ちょっと目にはわかりませんが、100種以上5000本のハナショウブがあるとのことです。最近、新種のハナショウブも見つかったそうです。                        

   
2012jun_074

2012jun_076

小さいですが睡蓮の池があり、睡蓮も咲いていました。

2012jun_072

今週と来週の土日は、見物者が多いので、ボランティア団体と地区自治会で接待や交通整理などを行っています。私も今年は自治会の週末の当番になっていまして、駐車場の交通整理を行いました。                                                

                       

            

.

2012年6月16日 (土)

オーシャンギターパル・コンサート 盛会

2012jun_071 

東海村のリコッティで、オーシャンギターパルのメンバーによるギターコンサートが開催されました。

2012jun_070 2012jun_069

主催の代永さんの挨拶、進行は相澤さん。

2012jun_065  2012jun_068

2012jun_064

2012jun_062

2012jun_060

2012jun_054

2012jun_053

2012jun_052

2012jun_050

2012jun_051

2012jun_049

2012jun_047

2012jun_044

2012jun_042

ギター合奏&皆さんで歌いましょう

2012jun_039

2012jun_035

2012jun_034

2012jun_031

2012jun_029

最後は、ゲストの中村さんの演奏。

2012jun_025   

                            

演奏者は、高萩、日立、ひたちなか、水戸、土浦、守谷、常総、桜川と言った具合で、ギターを弾くのが大好きというメンバーが県内からあつまりました。それぞれ、演奏経験が豊富で、演奏に味わいがありました。

特に19世紀ギターで弾かれたマルヴィーナへは雰囲気もとても良く、感心しました。モンキーズの曲もポップな感じが気持ちよかったです。スターダスト、ジャニーギターも懐かしくギターの味を出していました。アジサイの二重奏はうっとりしました。

中村さんはアストゥリアス、セビリア、アンコールにタンゴを演奏してくださり、会を盛り上げました。

梅雨寒の中、お客さんが来てくれるか心配でしたが、100名を超える大盛況でした。2時間半のコンサートを最後まで聴いてくださり、演奏参加者兼後援者として、厚く御礼を申し上げます。

.

2012年6月13日 (水)

オーシャン・ギター・パル  コンサート(6/16)

主催者の代永さんから、今週末のギターイベントの告知がありました。

Ricottie

+ + +

最終的な プログラムを 掲載させていただきます。
多くの皆様の参加で、このような機会は なかなか ないことだと思います。
ご都合つきましたら お知り合いにも声をかけていただいて ご来場いただけると幸いです。
アットホーム的な演奏会を 楽しみにしています。 代永

“オーシャン・ギター・パル” クラシックギターコンサート
日時:2012年6月16日(土) 場所:リコッティ
時間:開場13時30分 演奏:13時50分~16時10分

1 代永英雄 ソロ
・鏡の中のアンナ    ---------- C・ラスチェリ
・ブーベの恋人      ---------- A・イチニ
2 甲斐 洋 ソロ
・恋は水色        ---------- A・ポップ
・男と女           ---------- F・レイ
3 伊藤邦雄 ソロ
・カヴァティーナ     ----------  S・マイヤーズ
・鐘の響き        ---------- J・ベルナンブーコ
4 飛田達雄 ソロ
・11月のある日     ----------  L・ブローウエル
・タンゴ・アン・スカイ    ---------- R・ ディアンズ
5 細谷寛子 ソロ
・エストレリータ        ---------- M・ポンセ
・マルヴィーナへ      ---------- メルツ
6 清野貫男 ソロ
・この道            ---------- 山田 耕筰
7 清野貫男/常井昌江 デュオ
・ロンド OP.34       ---------- カルリ
8 佐藤真知子 ソロ
・デイドリーム・ビリーバー ------- モンキーズ
9 久保田健治 ソロ
・秋桜(コスモス)     ---------- さだ まさし
・やさしく歌って       ---------- C・フォックス
10 久保田健治/佐藤真知子 デュオ
・明日に架ける橋    ---------- P・サイモン
11 根本 滋  ソロ
・エチュード        ---------- コスト
・星に願いを       ---------- ハーライン
12 関 義孝  ソロ
・スターダスト       ----------  H・カーミハエル
・ジャニー・ギター    ---------- V・ヤング
13 幕田弘幸 ソロ
・ひまわり         ---------- H・マンシニ
・スペイン舞曲第5番   ---------- E・グラナドス

ギター合奏&皆さんで歌いましょう
・埴生の宿ー浜辺の歌ーふるさと

14 杉澤百樹 ソロ
・アメリアの遺言     ---------- リョベート
・アラビア風奇想曲   ----------  F・タレガ
15 渋谷正通 ソロ
・前奏曲第1番        ---------- V・ロボス
16 長塚 彰 ソロ
・禁じられた遊び     ---------- A・ルビーラ
17 長塚 彰/渋谷正通 デュオ
・紫陽花(アジサイ)    ---------- I・カンフェン
18 熊坂勝行 ソロ
・アランブラの想い出  ----------  F・タレガ 
・ハナミズキ        ---------- マシコタツロウ

ゲスト演奏 中村俊三 ソロ
・アストゥリアス       ---------- I・アルベニス
・セビージャ         ---------- I・アルベニス

入場無料です。 ご都合がつきましたら、ぜひ、聴きに来てください。

.

2012年6月 9日 (土)

ギャラリーコンサート 無事終了

2012jun_015   

ひたちなか市・市民交流センターのコミュニティギャラリーで「クラシックギターの調べ」と題したギターコンサートが開催されました。

2012jun_001

センター長の五十嵐さんにご紹介頂き、恐縮しました。

2012jun_002

2012jun_008   

会場は音響も適度で、ギターにちょうど良く、弾いていて気持ちが良かったです。先週の日曜に話があり、水曜日に話が纏まってあまり準備時間がなかったので、これまで弾いてきた曲にポピュラーな曲を織り交ぜてみました。最後まで聴いて頂き、ありがとうございました。

佐野絵画同好会の皆様の絵もとても雰囲気があり、センターの横須賀さんから、上質な演奏会だったと、締めのご挨拶を頂きました。

2012jun_020_2

こんなチラシを造って下さいました。

次にお呼ばれする機会があるかどうかかわかりませんが、そのときには、今回のプログラムをもう少し整理しようと思います。演奏技術面と一般の人を対象にした演奏会の構成など、良い勉強になりました。
Acoustic Life としてこのような演奏会への参加を今後も行っていこうと考えています。
                             

いったん会場をセッティングした後、市民交流センターの指定駐車場となっている市営駐車場に車を移動させましたが、駐車場が運悪く満車で駐車場を探して、開演時間にぎりぎりとなってしまいました。また、今日から入梅で、急いだので体中雨に濡れてしまい、スタートはあまり良い調子ではありませんでしたが、ともかく無事終了致しました。

演奏後、お二人からギターを教えてくださいと言われたのには、びっくりしました。

聴きにきてくださった方には厚く御礼を申し上げます。

.

2012年6月 6日 (水)

ギャラリーコンサート・ギターの調べ(6/9)

120606_183601  120606_183701

JR勝田駅前に新しくオープンしたひたちなか市市民交流センターのコミュニティギャラリーでギターの演奏を行います。

6/6(水)~6/11(月)まで、佐野絵画同好会の作品展が行われています。10名の方々の約30点の絵画が展示されています。

6/9(土) 午後3時~4時頃に「クラシックギターの調べ」というタイトルで Acoustic Life として、ミニ・コンサートを行います。

~ クラシックギターの調べ ~

         ◇ 第1部 ◇
          エターナリー

           ハナミズキ
     小鳥たちの大聖堂

マイメモリー(冬のソナタより)
         愛のワルツ

      アランブラの思い出

120606_183901  120606_183902

        ◇ 第2部 ◇
          森に夢見る

         さくら(独唱)
            この道
          コンプライント

          愛のロマンス

(曲目は変更の可能性があります)

素敵な絵画を鑑賞しながら、ソロギター演奏も楽しんでいただけたらと思います。

入場無料です。

.

2012年6月 4日 (月)

30th さとうちゅう ギターコンサート (9/16)

Imgsatoucyu

アコラにも来られる「さとうちゅう」さんが、ギターコンサートを開催いたしますので、ご紹介いたします。

9月16日(日)14:30開演 @土浦市民会館小ホール 入場無料

豪華なプログラムです。

・ジョン・スミス卿のアルメイン(ダウランド)

・リュート組曲第4番(バッハ)

・グランド・ソナタOp.22(ソル)

・ヒア・カムズ・ザ・サン(ハリソン)

・イン・マイ・ライフ(レノン&マッカートニー)

・カンツオネッタ(メンデルスゾーン)

・コユンババ(ドメニコーニ)

・エナジー・フロー(坂本龍一)

・ソナタ(トゥリーナ)

1983年より演奏活動を続けて、このコンサートシリーズも30回目とのこと。いやー凄いです。感心いたします。

ご都合のつく方はいかがでしょうか?

.

2012年6月 3日 (日)

セゴヴィア「没後25年記念CDコンサート」

2012mays

水戸の中村ギター教室で、セゴヴィア「没後25年記念CDコンサート」が開催されました。

セゴヴィアのバイオグラフィーの説明を聞いた後、1927年の最初の録音から、1955年のライヴ録音まで、主要なセゴヴィアの演奏を中村先生の解説により鑑賞しました。

セゴヴィアといえば、私も学生当時夢中で聴いたことを思い出します。

グラナダ、セビリア、スペイン舞曲第5番、10番が入った小型版のLP(ドーナツ盤?)や亜麻色の髪の乙女、古城、メンデルスゾーンの無言歌の入ったものは良く聴きました。特に前者は、これ以上の演奏はそうそうないと思います。

また、ソルとタレガの入ったLP、これにも大変感動しました。ソナタ・ロマンティカの入ったLP、またコンポステラやポーランド組曲が入ったLPも素晴らしかった。プラテーロと私のLPには完全に参った。その感動で、ヒメネスの生家のあるスペインのモゲールに22歳のときに旅行しました。会社に入って、しばらくしてギターから離れましたが、セゴヴィアの影響がなければ、たぶん今ギターに関わっていなかったのではないかと思います。6月2日が命日だったとのことです。(なお、当時は、セゴビアと書いていたと思います。)25年の歳月で、歴史的ギタリストという位置づけになってしまうのでしょうね。

いろいろありますが、CDコンサートの後で中村先生に、セゴヴィアの演奏を現在にどう活かしたら良いのか伺いましたところ、セゴヴィアはギターの良いところをたくさん引き出した、そこから学ぶことは大きい、といったお話でした。確かにそのとおりだと思います。

今日のCDコンサートの曲は大体は聞いたことのあるものでしたが、ハイドンのメヌエットは多分始めて聴いたと思います。雑誌で見たことはありますが、中村先生のお気に入りの曲という話がありました。ギターを活かした編曲・演奏で感心しました。

楽器は、マヌエル・ラミレス、ハウザーⅠ世、ホセ・ラミレスⅢ世を使用したとのことで、楽器についても中村先生から解説がありました。

次回はどんなCDコンサートになるか楽しみです。ある曲をいろんな演奏家が演奏したものを聴いてみるのもいいかなと思います。演奏家の名前は後で公表するというのはどうでしょうか?                                                             

                                                                

+  +  +

2012may_181  2012may_178s

2012may_177

JR勝田駅の前に、新しくできた市民交流センターでギャラリーコンサートがありました。今回はオカリナのグループの演奏でした。市民交流センターのオープン時に、アコラも利用団体として登録しました。来週末に試みにギターのミニコンサートをする流れになってきました。

来週ギャラリーに展示する団体と木曜日ごろに相談し、土曜日あたりに急遽演奏ということになるかもしれません。その際はブログに掲載しますので、ご都合のつく方はギャラリーに足をお運びいただければ幸いです。まだ、何も決まっていないので、かなり不透明な状況です。  

                                                     

      

.

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ