« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月30日 (月)

Giverny Salon (8/5) ゲスト熊谷俊之

Kumagai

いよいよ今週末、8月5日(日) 14:00- になりました。

◆熊谷さんのミニコンサート・プログラム

 ・ダウランド ジョン・スミス卿のアルマンド
         蛙のガイヤルド
 ・ピアソラ   五つの小品
 ・ウォルトン  五つのバガテル

◆愛好家の自由演奏会  (順不同)
 ・ロンド   (N.コスト)
 ・ラ・クンパルシータ (M・ロドリゲス)
 ・煙が目にしみる   (J・ケルン)
 ・エチュード ニ短調 (N.コスト)
 ・涙の讃歌  (F.シューベルト)
 ・スケルツィーノメヒカーナ (M.ポンセ)
 ・無言歌Op.30-3  (J.メンデルスゾーン)
 ・練習曲Op.31-10 (F.ソル)
 ・練習曲1番     (V.ロボス)
 ・2つのメヌエット   (P.ラモー)
 ・アルハンブラの想い出 (F.タレガ)
 ・月光    (F.ソル)
 ・月光    (F.タレガ~玖島隆明編曲)
 ・練習曲Op.60‐5 (M.カルカッシ)
 ・マルヴィーナへ  (J.メルツ)
 ・ドビュッシー讃歌 (M.ファリャ)
 ・前奏曲1番     (V.ロボス)
 ・朱色の塔   (I.アルベニス)
 ・インベンションNo.13 (バッハ~真鍋理一郎編)
 ・六つの対話風小二重奏曲Op.34ー2よりロンド(F.カルリ)
 ・千の風になって(新井満~吉田光三編)
 ・二重奏曲 (F.カルリ) 

(曲目は変更の可能性があります)

参加者は締め切らせていただきました。
開始時間など、お間違えのないように。

では、お待ちしております。

.

洞爺湖にて

2012july_059

暑い日が続きます。

北海道の洞爺湖半に行ってきました。新千歳空港は観光客で大変混雑していましたが、洞爺湖温泉街、さらに洞爺湖の反対側まで来ると、大変静かでした。

2012july_090

こんな風景の綺麗なところで、美味しい料理とお酒、そしてギター音楽でひとときを過ごすというのが夢でした。

Toyastay

穏やかで清々しい風景と上質のオーヴェルジュにて、

ミニコンサート、講習会、洞爺湖周辺散策、日帰り温泉体験などを、楽しみました。

また、明日からの暑い日にがんばれそうです。

.

2012年7月22日 (日)

NaCl クラシック・コンサート

Imgnacl

日立シビックセンターで、「NaCl CLASSIC CONCERT」が、7月22日(日) 14時から開催されます。

詳細はこちらを参照ください。

http://www.civic.jp/2012/06/0722-1.html

シュニトケが注目されているようです。
両親はユダヤ系ドイツ人。彼が生まれる前にロシアに移住する。
少年時代ウィーンで三年間、帰国後はモスクワ音楽院で音楽を学ぶ。母校の教授となり、1960年代から本格的に作曲活動を始める。
後半からは数多くの映画音楽を手がけ、地位を築く。前衛的手法、パロディー、ジャズの手法を取り入れた作品で注目される。89年からはドイツに定住。
1998年8月3日死去。作品は200曲以上。

フィギュアスケートの浅田真央選手もシュニトケの曲を使用しているようです。

http://www.youtube.com/watch?v=huKegY7tU5I



ピアニストの永田絵里子さんは、桐朋学園を経て、現在はモスクワ音楽院に在籍されています。多くのコンクールで受賞されているようです。ちなみに、職場で隣の隣に机がある方のお嬢様です。

+  +  +  +  +

行ってきました。

現代曲が多かったです。なかなか迫力がありました。

2012july_028

2012july_010

2012july_019

.

.

2012年7月16日 (月)

日立ギタークラブコンサート(7/29)

Hitachiguitarclub

日立市を中心に活動している相澤さんから「日立ギタークラブコンサート」の案内をいただきましたので、紹介致します。

日 時:平成24年7月29日(日)      
    13:00~16:00 (開場:12:30)      
会 場:日立市女性センター      
    「らぽーるひたち」多目的ホール      
出 演:日立ギタークラブ      
    こんぺいとう      
    滝波ギタースクール

プログラム:

演奏者               曲目              作曲者
こんぺいとう    花                喜納 昌吉
                   浜辺の歌         成田 為三
                   花祭り             Zaldivav
菅原 清喜     Andante          F.Carulli
鴨志田 恵子    涙そうそう        Begin
下河邊 知寿子   ノクターン         C.Henze
太田 秀夫         ハバネラ           A.Alba
今橋 武久         月の砂漠         佐々木 すぐる
栃尾 光治          太陽がいっぱい   N.ロータ
岡田 文夫          おまえに               吉田 正
西牧 忠彦          悲しい酒              古賀 政男
田所 典子          かあさんの歌         窪田 聡
渡辺辰一郎        マリア・ルイサ        J.Sagreras
川又 豊子          精霊流し              さだまさし
相澤 淳一          細雪                    市川 昭介
                        さだめ川               船村 徹

               休憩

全員
                  河は呼んでる        Gay Beart
                       千曲川                 猪俣 公章
                       寒い朝                 吉田 正
                       いつでも夢を         吉田 正

                       ふるさと               岡野 貞一
ギター合奏クラブ
                     想い出の渚          加瀬 邦彦
                       秋のときわ路        相澤 淳一
                       琵琶湖周航の歌    小口 太郎
                       ドレミの歌             R.Rodgers
滝波 嗣雄         第1歩                  ソル
久保田 健治 
半田 善久         さくら変奏曲          日本古謡
                       ラ・クンパルシータ  M.Rodoriges
佐藤 真知子     アランブラの思い出  タルレガ
久保田 健治     グラナダ             アルベニス
重本 順子        オルフェの歌           ボンファ
河内  清          プレリュードNO.1     ビラ・ロボス
原田 秀夫        オリエンタル        グラナドス
三宅 真      ソナチネ第二楽章   トローバ
工藤 美智子     タンゴ・アン・スカイ   ディアンス
滝波 嗣雄        クラウナ・ポデミコ     ペルナンブコ

吉田正さんの曲が入っているのが、日立市らしいですね。

ご都合のつく方は、いかがでしょうか。

.

2012年7月15日 (日)

ホルヘ・ルイス・サモラ ギターリサイタル

2012jun_039

ホルヘ・ルイス・サモラがギター文化館でリサイタルを開催しました。

キューバ出身で1993年のパリコン優勝者とのこと。
プログラム前半から、次のような曲目を披露しました。

J.S.バッハ
 ・シャコンヌ
J.K.メルツ
 ・ハンガリー幻想曲
A.バリオス
 ・森に夢見る
 ・コスタリカの主題による変奏曲

Jlz

用事があって前半しか聴けませんでした。

いきなり、「シャコンヌ」にびっくり。

「ハンガリー舞曲」はテクニックを活かした演奏で楽しめました。

「森に夢見る」はきれいなトレモロを聴かせました。

「コスタリカの主題による変奏曲」の実演は始めて聴きましたが、パラグアイ舞曲に似たメロディがでてくるかなりテクニックを要する曲。サモラには向いた曲のようで、楽々と弾いているようでした。

しっかりした音とテクニックを披露するタイプのように見受けられましたが、時々ど忘れするなど、調子が今ひとつだったかもしれません。

暑い中、厚着の衣装は汗の噴出を防止するための工夫か?演奏中もペットボトルで水分を補給しながらの演奏は、珍しかった。それが気にならなかったのは、サモラの気さくな人柄でしょう。

いろいろ勉強になりました。

.

.

2012年7月14日 (土)

熊谷俊之さんからの連絡

暑いし、湿度がありますね。

湿度75%の中でギターの練習をしましたところ、肘からだけでなく、お腹からも汗が噴出してシャツを通して楽器がびしょびしょになってしまいました。こんな日は珍しいですね。

熊谷さんから、アコラのコンサートのプログラムの連絡がありました。

   ・ダウランド ジョン・スミス卿のアルマンド
            蛙のガイヤルド

   ・ピアソラ   五つの小品

   ・ウォルトン  五つのバガテル

Kumagaipict                                             

                                 

Hakuju ホールのコンサートと同じ内容です。

また、楽器は今井さんのものを使用するとのことです。

楽しみです。

申込者があまり多くなると、いい環境で聴きにくくなりますので、来週あたりで締め切ろうと思います。希望される方でまだ連絡をいただいてない方は連絡をお願いします。

また、演奏曲が未定でも、演奏するか希望しないかについてメールをいただけますと助かります。今回は参加者が多そうです。

http://www.ijsnet.ne.jp/~us3jazc3/Kumagai2012concert.htm

.

2012年7月13日 (金)

クラシックギターの調べ Ⅱ

2012jun_029

「クラシックギターの調べ Ⅱ」、無事終了いたしました。

おいでくださいました皆様に厚く御礼申し上げます。

「ふれ愛展 part4」の暖かい感じの作品に囲まれて、今回も前回に引き続き、いい雰囲気の中で演奏ができました。

2012jun_030

2012jun_031

2012jun_032

今日は、特に暑かったので、演奏していても汗をかきました。アルマギターは良く鳴って、こういう場所では、心強く、弾きやすかったです。

2012jun_025

2012jun_026

最後まで聴いて下さり、ありがとうございます。

アンコールのリクエストをたくさんいただきました。

アンコールに、「エターナリー」、「ハナミズキ」、「桜(独唱)」を演奏しました。

リクエストは、「太陽がいっぱい」、「旅情」、「鉄道員」、「ジャニーギター」などをいただきました。私も大好きな曲ですが、今回は譜面を持ってきていなかったので、残念ながら、次回ということにさせていただき、上記の曲を演奏いたしました。

次回がいつになるかは分かりませんが、声がかかったときに演奏できるように準備しておきたいと思います。やはり、往年のギター名曲というものに対して、皆さんのリクエストが感じられました。

打ち上げは、隣のサザコーヒー店で。今日演奏した曲について、いろいろご意見などを頂き、向いている曲とあまり良くなかった曲などの仕分けをしていただきました。                                  

                             

また、先ですが、11月3日(土)には、アコラフレンズによるギャラリーコンサートを企画しています。これは、かなり高密度のクラシックギターのコンサートになりそうです。 

よろしくお願いします。

.

2012年7月12日 (木)

ギャラリーコンサートご案内

急な連絡ですが、市民交流センターでギャラリーコンサートを開催することになりました。

~ クラシックギターの調べ Ⅱ ~

2012年7月13日(金) 16:10-17:00頃
ひたちなか市市民交流センター1F 
  コミュニティギャラリー

◇ 第1部 ◇
パリの空の下

想い出のサンフランシスコ
レモンのキッス
オネスティ

さかさまの空 (「梅ちゃん先生」のテーマ曲)
禁じられた遊び

Acousticlifeimage

◇ 第2部 ◇
アヴェ・マリア (G.カッチーニ)

ザク (長岡克己)

ラグリマ (F.タレガ)
アランブラの思い出 (F.タレガ)

(曲目は変更の可能性があります)

ご都合がつきましたらいかがでしょうか?

会場は、「ふれ愛展part4」をやっており、グラスアート、写真、
とうもろこし人形などが展示されています。

入場は自由です。

.

.

2012年7月 8日 (日)

ノン・ブラック展

M_img245

「第53回 ノン・ブラック展」が、7月3日(火)~7月8日(日)まで茨城県民文化センターで開催されました。

画はまったく分かりませんが、先日のギャラリーコンサートでお世話になったSさんが出展しているとのことで、行こうと思っていましたが、なかなか時間がとれませんでした。やっと、ぎりぎり最終日に行くことができました。

2012jun_002  2012jun_001

Sさんの作品です。震災の影響を受けた原発についてメッセージを込めた作品とのことです。

2012jun_008

大作が多く展示されていました。

2012jun_009

ギターも描かれた作品が何かの賞を受賞していました。

2012jun_011                                                     

                            

県民文化センターは、詩吟コンクールも開催されており、賑わっていました。

2012jun_022

その後、ランチを食べに行きました。さすがに生牡蠣はありませんでしたが、生の岩牡蠣があったのでいただきました。夏ばて気味でしたが元気が出たようです。

午後は、中村先生のレッスンを受けました。曲の構成や音色・タッチなどについて勉強しました。最近は、家で十分な練習ができなくなっています。効率よく練習することも必要なことだと感じています。

土曜日は法事があり、親戚が集まりました。こんな時にギターで演奏する曲はあまりないのですが、余興として、故人が好きだった歌謡曲を演奏してみました。

ちょっと演奏時間が長すぎるかも知れませんが、こんな場には伊福部さんの曲などは合いそうと思いますが、どうでしょうか。

.

2012年7月 6日 (金)

第7回 Hakujuギターフェスタ2012

Hakujyu_2 

Hakujuギター・フェスタの目玉のひとつが、毎年このフェスタのために書かれる委嘱作品で、今年は久石譲さんの新曲がお披露目されるそうです。久石譲さんといえばジブリ映画というイメージが強いですが、ギター・フェスタのための新曲は、ミニマルでありながらメロディアス、そして時にフラメンコを彷彿とさせる音型が入る2台ギターのための作品とのことです。

曲のタイトルは “Shaking anxiety and Dreamy Globe”。アメリカのシュルレアリスムの詩人、ラッセル=エドソンの詩の中の、生命が生まれる瞬間を表した一節を引用した造語だそうです。この言葉を音楽に生命が宿る瞬間に読み替え、その瞬間への尊敬の気持ちをこめてつけられたタイトルとのこと。

8月19日に世界初演をする荘村清志さん、福田進一さん。

7e2f7f41s

Hakujuのブログより引用させて頂きました。

http://www.hakujuhall.jp/                                                     

                                   

また、第7回 Hakujuギター・フェスタ のイベントととして「旬のギタリストを聴く〜熊谷俊之リサイタル」が開催されます。

こちらのプログラムが公開されていました。 

【プログラム】

ダウランド: ジョン・スミス卿のアルマンド/蛙のガイヤルド
ピアソラ: 5つの小品
ウォルトン: 5つのバガテル

巨匠たちの演奏、熊谷さんの演奏、どちらも楽しみなイベントです。

.

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ