« ひたちなか・ま なんでもアリーナ | トップページ | エル・グレコ »

2013年2月 2日 (土)

クラシックギター&19世紀ギターの調べ

Dsc00504

ひたちなか市・市民交流センターのコミュニティギャラリーで「クラシックギターの調べ Ⅵ」を行いました。

天気があまりよくなかったのお客さんが来るのか心配でしたが、大勢の方が見えられ感謝申し上げます。

第1部は、ユーミンの曲を中心にプログラミングしました。間に長岡克己さんのザクを交えました。

Dsc00517

   

第2部は、遠路、桜川市から来られた細谷さんの19世紀ギターでの演奏。

予定した第2部と第3部を入れ替えて演奏させていただきました。

Dsc00510

19世紀ギターの澄んだ響きにうっとり。

Dsc00512

メロディアスで美しいレーモンの曲、ポンセの「エストレリータ」といった現代の曲も19世紀ギターの響きにマッチしていました。

もちろん、ソルの「第6幻想曲」、メルツの「マルビーナへ」は19世紀ギターがぴったりで、一層味わい深く聴きました。              

            

第3部は、同じくメルツの「コンチェルティーノ」からスタート。

Dsc00514

「森に夢見る」も久々に弾いてみました。クラシックの2曲の間に「ハナミズキ」、「さくら(独唱}」を演奏してみました。

Dsc00516

最後に、「花は咲く」を演奏しました。皆さんも、一緒に歌ってくださりとてもいい雰囲気で終ることができました。

Dsc00506

会場には、甲斐さん、鈴木さんも聴きに来てくださり、応援いただき、大変ありがとうございました。
 

細谷さんからのメッセージ;

今日は参加させていただいてありがとうございました。

たくさんの方に19世紀ギターの音色を聴いていただけて良かったです。いろんなハプニングがあって、ハラハラしながらの演奏になってしまいましたが、お客様が楽しんで聴いて下っているのが伝わってきて嬉しくなりました。

またよろしくお願いします。

+ + +

アコラではクラシックギターの愛好家の中で演奏していますが、ギャラリーコンサートでは普段あまりクラシックギターの演奏を聴かない方々が多く来られますので、プログラミングをあれこれ考え準備をしています。そういう意味で大変勉強になり、また楽しいです。

次回がいつか未定ですが、また、共演者を募りたいと思いますので、その際は宜しくお願いいたします。

+ + +

コミュニティセンターの記事;

http://blogs.yahoo.co.jp/fureai_4_8/folder/988760.html

.

.

« ひたちなか・ま なんでもアリーナ | トップページ | エル・グレコ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クラシックギター&19世紀ギターの調べ:

« ひたちなか・ま なんでもアリーナ | トップページ | エル・グレコ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ