« 思い出 | トップページ | 第11回ギターフェスティバル in つくば »

2013年4月21日 (日)

色彩

最近、会社の帰り、勝田駅からバスに乗らずに歩いています。毎日ではないですが、バスの待ち時間が長いときにはそうするようにしています。家の近くにTSUTAYAがあり、立ち寄ったりしています。先週、たまたま立ち寄ったら、入口に、村上春樹の新刊があり、買いました。

視力が弱くなってからあまり本は読んでいませんでしたが、結構引き込まれ、寝る前に読み出したら深夜までかかってしまいました。翌日は出張だったのですが、往復の移動中は爆睡でした。

小説の中で、リストの「巡礼の年」の中から「ル・マル・デュ・ペイ」という曲が登場します。
美少女がよくこの曲を演奏していたということですが、高校生でこういった曲を弾いていたということは、かなりの設定だと思います。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Y-oZPh3LzNg

6分程度の地味な曲です。全体にモノトーンの曲ですが、4分位のところで一瞬気分が高まる部分があり、そこの色彩感がすばらしく、感動しました。


小説の中で演奏家まで指定してあり、現実の話として、レコード会社は廃盤だったものを急遽再販することにしたようです。

.

.

« 思い出 | トップページ | 第11回ギターフェスティバル in つくば »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 色彩:

« 思い出 | トップページ | 第11回ギターフェスティバル in つくば »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ