« MMM展示始まる | トップページ | 風立ちぬ »

2013年8月 3日 (土)

MMM ギャラリーコンサート御礼

Dsc00930

ギャラリーコンサートを行いました。

今日は、JR勝田駅前は、ロック・イン・ジャパンに参加する人でいっぱいでした。

Dsc00913

今回は、第1部:私、第2部:谷島さん、第3部:デュオというプログラム構成で行いました。
私のほうは、先週のギャラリーコンサートの中の曲を抜粋して演奏しました。

ミーシャの「Everything」で雪の情景を思い浮かべて涼しくなってもらい、また、「小鳥たちの大聖堂」では、アルペジオが湊線の走るイメージでそこに小鳥や川の流れを思い浮かべてもらえたらということでやってみました。

ダウランドは、生誕450年に当たるので取り上げましたが、プログラムチラシのローズマリー、語源がロスマリンで「海のそば」というような意味だったという記憶です。当時英国はエリザベス女王の時代で、シェイクスピアが活躍したころ。シェイクスピアの話にはローズマリーなどハーブがたくさん出てきます。ということで、かなりのこじつけ。

第1部の最後に、海、港にちなんで、「マラゲニア」とアブレウの「Amand sobre o Mar」を弾きました。

Dsc00916

音楽好きな方がたが多く集まってきてくださり、いい雰囲気で進行しました。

Dsc00925

Dsc00926

第2部は、谷島さんのステージ。

「11月のある日」は、洗練された演奏。この曲以外は、ポピュラー系の曲を演奏してくれました。クラシックギターを弾いている人は分かると思いますが、ポピュラー系の曲を聴かせるのはなかなか難しいです。

谷島さんの話では音楽のベースが全く違うそうで、別な家に住むように違うとのことです。

ボサノバ系、ジャズ系、最後に「海の見える街」、これは今回のMMM展にちなんで選曲したということでした。哀愁感のある良い曲ですね。

Dsc00924

Dsc00920

第3部は、長岡克己の「一夢人」をデュオでやってみました。二人ともあまり練習好きではないので、出たとこ勝負という感じでした。今年のギター新年会のときよりは、良くなったのではと思いましたが、いかがだったでしょうか。

Dsc00927

アンコールでは、谷島さんの弾いた「11月のある日」をもう一度聴きたいという声に応えて、2回弾くのは難しいと言いながらも、しっかり演奏されました。

最後に、二人に花束まで頂きまして、たいへんありがとうございました。



前回来られた方がまた聴きに来てくれたり、ギターを弾く方で新しい方も来られたりと、この場所での演奏も8回目と回を重ねてきているうちに、少しずつですが知られるようになってきたようで、嬉しいです。

そのうち、これまで聴きに来られた方などにも参加していただいて、賑やかにやれたら良いと思います。(市民交流センター様から演奏の依頼があればということですが。)






.

« MMM展示始まる | トップページ | 風立ちぬ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MMM ギャラリーコンサート御礼:

« MMM展示始まる | トップページ | 風立ちぬ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ