« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月30日 (木)

ペルナンブコ

Joaopernambuco

ジョアン・ペルナンブコといえば、ショーロの名曲、鐘の音あるいは鐘の響 (Sons de Carrilhoes)で知られています。

ペルナンブコ(1883年ー1947年)は、ブラジルのセルタン、ペルナンブコ州に生まれ、ストリートミュージシャンの演奏を聞いて、ギターを覚えたそうです。

鍛冶屋として働きながら演奏し、そしてショーロミュージシャンとして大成功したそうです。

ピシンギーニャやヴィラ・ロボスとも交友があったそうです。

こんな曲もつくっているんですね。

http://www.youtube.com/watch?v=bg8e3v4pEXo

大ヒットしたようです。セルタンの月夜。

http://www.youtube.com/watch?v=TW0PKhIvLz0&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=TT32Zs2GpbI

ひょっとして、ヴィラ・ロボスのプレリュード5番のルーツ?
 

ペルナンブコは、その昔、東京音楽アカデミーだったかの試供盤でおなじみでした。アラウホ作というようなものもあったような気がします。サグレラスのような南米のクラシックギター奏者かと思い込んでいましたが、違っていたんですね。それが分かると、鐘の音も少し違って聞こえてきますね。

.

2014年1月24日 (金)

Jan Depreter

Depreter

現代ギター誌の年間購読を再開しました。その再開1回目が届きました。今回は先の東京国際ギターコンクールの話題などが多かったですね。
年間購読が切れた後、郵便振り込みをするチャンスがなくて、都度購入するかたちでした。

添付楽譜の解説で Jan Depreter という名前を目にしました。
彼は何回か前の東京国際GCに参加しましたが、その時、初めてお会いしました。
楽譜の出版にも関係しており、アサドの「夏の庭」の「さようなら」の楽譜を出版したとのことでその場で譲ってもらいました。この曲はなかなかいい曲ですね。

その後、CDを制作したとのことなどで、メールでやり取りをしていました。

ベルギーに行く機会があったとき、調べてみたらちょうどその日に彼のコンサートがあり、聴きに行けるか列車の時間などをあたったことがありました。

日本で演奏を聴く機会があったら、行ってみたいと思います。

.

2014年1月20日 (月)

ほしいも祭り

Dsc01270

ひたちなか市にあるファッションクルーズで第2回ほしいも祭りが開催されました。

イベントもやっていました。

Dsc01265_4

Dsc01267

ラッキー池田さんの司会で、会場には多くの人が集まっていました。水戸ご当地アイドルは、12月にご当地アイドル全国No.1になったそうです。

Dsc01269

ほしいものケーキを買って帰りました。

 
   

ギターのほうは、最近は、いろいろな作曲家の曲を試しています。

フェランティは、バイオリン奏者からギタリストになったそうで、パガニーニにも絶賛されたそうです。変奏曲などがありますが、指に負担がかかり、難しいので断念です。

シモン・モリトールは、ウィーンで活躍し、オーケストラ、ピアノ、バイオリンなどの曲も書いています。ギターのテクニックを見せるという感じではなく、ディアベルリのような感じ。作品7の大ソナタはすっきりしている。演奏次第では味わいがあるような気がする。

ブレッシャネロは、演奏されたものは聞いたことはないが、ソナタやパルティータなどは楽譜からはヴァイスのような感じで、良さそうに思われます。

また、現代の曲では、クレンジャンスの曲を、大曲は難しいので、小品を試しています。ギターを知り尽くして作曲している。ギターの音の出し方の勉強になるような気がします。

.

2014年1月17日 (金)

申し込みのご確認のお願い

パソコンを変えたため、新旧パソコンの端境でメールを消失してしまった心配があります。

大変恐縮ですが、承知している申し込み状況を下記いたします。

もし、漏れている方がいましたら、連絡をお願いします。

あて先は従来のメールアドレスで大丈夫です。
   

   

◇3月1日(土)   小暮 浩史 ギターコンサート
                 &
             愛好家の自由演奏会

   ・RSさん
   ・TMさん
   ・ENさん
   ・YSさん
       ・HHさん
   ・KNさん
   ・HMさん
   ・OMさん
   ・HYさん
   ・HNさん

      

◇4月6日(日)    宮下 祥子 茨城レッスン会

   ・Oさん
       ・YSさん
       ・Kさん
   ・KNさん
   ・HHさん

  
よろしくお願いします。

.

2014年1月14日 (火)

アコラ・お申込み受付中!

次の催しのお申し込みを受け付けます。

 

◇3月 1日(土)   小暮 浩史 ギターコンサート
                 &
             愛好家の自由演奏会

             2,500円(コンサート&自由演奏)

        Yjimage_2

      


◇4月 6日(日)    宮下 祥子 茨城レッスン会

             10,000円(レッスン受講料)

    Miyashita_s

  先着順で受け付けますので、ご希望の方はお早目に
  お申し込みをお願いします。

    

     

2014年1月 5日 (日)

新春ギャラリーコンサート

ひたちなか市市民交流センターでのギャラリーコンサートを開催いたしました。

今回は、センターの関係者の方がビデオを撮ってくださり、youtubeにアップしてくれました。

http://www.youtube.com/watch?v=iiMhUrWSXLU

タイトルのギターがちょっと違和感ありますが、画像はたいへんきれいに撮れています。

参加された皆様、お疲れ様でした。

また。聴きに来てくれた皆様、大変ありがとうございました。

.

2014年1月 3日 (金)

2014年 ギターと共に

近所の神社でお御籤をひいたら、「大吉」でした。

これまで、大吉が出た記憶がありません。
2014年は、良い年になることを祈念します。

   

+++             

年末から、パソコン類の調子が悪くなりました。
ビデオ・ハンディカムと相性がよかったので長年使っていたパソコンですが、XPなので、ホームページ作成やブログアップができなくなり、メールが使えるだけになってしまいました。
そのパソコンに外付けしていたHDDも、「フォーマット要」のメッセージが出るようになってしまい、データ復旧するのに数万円かかりました。なんとかこれまで収集したギター関係の情報は無事でほっとしました。
もうひとつのパソコンはスタントアロンで、ビデオや音楽用に使っていました。ネットにつないでみようとしましたが、無線LANの親機が壊れていました。有線でしばらく使用しています。今日、無線LAN親機を購入しつないでみましたが、どうやらパソコン内蔵の子機も故障しているようで、接続できません。また、ホームページビルダーが付いていたので、2014年用のスケジュールを作成しましたが、それが体験版だったので、すぐに使えなくなってしまいました。ホームページの更新はしばらくお休みです。

パソコン新しくしたほうが良いようです。これをきっかけに作業環境を整備したいと思います。
最近は、ブログなどの利用が多くでホームページを作成する人が少ないようで、昔のようにパソコンを買ったらソフトが付いてくるというものではないようです。

しばらくホームページの更新ができませんので、このブログに情報を掲示します。必要な場合は、メールでの確認をお願いします。

+++  

年末のかたづけをしていたら、会社に入ったばかりの時に、たまたま同じ寮になった同期入社のT氏と、夏休みに日立市のバブテスト教会でギターの演奏会を行ったときのカセットテープが出てきました。

◆演奏曲

・ヴィヴァルディ ギターコンチェルトの第一楽章 (T&K)

・バイス      ファンタジー、シャコンヌ     (K)

・バッハ      2声のインベンションNo.1   (T&K)

・タレガ      アランブラの思い出        (K)

・ロボス      エチュードNo.11 No.1     (K)

・プジョール    熊ん蜂               (T)

・タレガ      マリエッタ              (T)

・アルベニス   アストゥリアス            (T)

・ファリャ     スペイン舞曲第1番       (T&K)

アンコールに、ヴィヴァルディの第一楽章をもう1回弾いています。また、ラリアーネ祭と磯節(中林淳真編)を弾いています。

ヴィヴァルディ、バッハ、ロボスのNo.11、ファリャはこの演奏会のために急きょやったもので、当時、仕事が忙しく、練習も少なく、今聴いてみると、譜面の読み間違いなのか、演奏中のミスタッチかわかりませんが、あやしい部分があり、恥ずかしいです。しかし、勢いがあり、指も意外によく回っている。

その後程なく、T氏は東京に異動し、以来会っていない。昨年定年になったようだ。ギターはあれ以来弾いていないらしい。このテープを送ったらびっくりするだろう。

+++

その後仕事に追われた生活が続き、約25年たってギターを再開しました。プロのレッスンも受けるようになった。きっかけは、北口さんの「森に夢見る」を聴いたこと。その後、自宅の新築の機会にサロンスペースを造り、アコラの活動を始めました。高校のときのギター同好会の1年後輩のSさんが、同じ市内にいて、いろいろアドバイスしてくれたこと、また、近隣のギター愛好家の方々、プロの方々の好意的なサポートにより、アコラが立ち上がり、継続して来られたことに感謝します。

家内はアコラの活動を理解して、家・サロンのデザインも含め、すべてに亘って支援してくれたことを、本当にありがたく思います。これからも、この活動を続けて行くことが自分の使命だと感じています。

ギターの良さを、これまで以上に感じている毎日です。

+++

ギターは、この冬休みはド・フォッサのディヴェルティメントを練習しています。
また、エチュードを意識してやっています。ソルの月光(エチュード)、愛のロマンス(アルペジオの練習曲)、ロボスのエチュード1番、アランブラの思い出(トレモロ練習曲)。

ソル、タレガのすばらしさは、シンプルなところでしょう。これ以上、削れないというところで、豊かな音楽を造っている。

また、しばらく弾いていませんでしたが、「森に夢見る」を、1月5日のギャラリーコンサートに向けて、やり始めました。

ギャラリーコンサートでは、8人のギター愛好家の演奏がありますので、ご都合がつく方は是非聴きに来てください。

.

 

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ