« ペルナンブコ | トップページ | 坂本さんのミニコンサート@G文化館 »

2014年2月 2日 (日)

松村さんのご冥福を祈ります

松村雅亘さんの告別式から戻って来られた北口さんから、以下のようなメールを頂きました。

「以下に長くなりますが、会場に掲示された、グロンドーナ氏からのメッセージ(福田進一氏からの依頼による英文)と拙訳をお送りします

グロンドーナ氏から、松村さんのご家族をはじめ、ブーシェ展、きずなの会のイベント、美山での講習会、クレオ大阪でのリサイタルなど関西での活動でお会いできた皆様にはぜひ北口からニュアンスをお伝えして欲しいとのことでした

これからのギターライフにお役立て下さい
                             北口功

MESSAGE FROM STEFANO GRONDONA TO JAPANESE WORLD OF THE GUITAR

The great luthier Matsumura died today, 31 of Jannuary 2014

I consider Matsumura a true friend, a true man, a true artist.

Sincere and inspired he leaves his heritage in the sound and soul of his guitars, but also in the sensitivity of those who had met him and that take the deep privilege of his generosity.

I have lost somebody who really appreciated me with all his deep heart. I will keep his memory with me along all my life.

Mr Matsumura represents also one of the historical links to European guitar culture, being so close and with great devotion to his idol Robert Bouchet. Matsumura represents in my opinion the most important and courageous follower that Bouchet might have deserved.

The most honest and respectful feeling of devotion from the ancient and more authentic values of Japanese traditional culture where offered by Mr Matsumura to Robert Bouchet and ,for what could concern my personal and humble essence, to me and to my music. I am personally grateful to this great man that I have had since 1997, the year of our first meeting, the honor to consider as intimate friend.

And the Japanese world of the guitar owes so much to this man, because he helped with love, energy and enthusiasm generations of guitarists to increase and inspire their love for the guitar and for the real music.

Everyone has now the debt to help the memory of Matsumura-san to be projected and evolved into the future.

Today my heart is very very sad. My music will always carry a drop of the presence of my friend Matsumura.

Stefano Grondona

 

日本でギターに関わるすべての皆さまへ ~ステファノ・グロンドーナ

今日2014年1月31日、偉大なギター製作家Matsumuraが永眠されました。
私から見て彼は真の友人であり、真の人間、そして真の芸術家です。

誠実で才気あふれる彼の遺産は、「松村ギター」の音とそこに込められた精神はもちろんですが、彼と出会い類まれな人柄の大きさに触れた皆さんの心の中に残されることとなりました。

私自身にとっても今日失ったのは、私のことを心の最も深いところから賞賛してくれた人物です。一生忘れることはできません。

ギター製作家松村雅亘は、熱愛する師匠ロベール・ブーシェから親密に受けた指導内容の紹介を通じ、ある意味で、ヨーロッパのギター文化と日本の重要な架け橋となりました。私は、彼こそ、ブーシェを追跡する製作家たちの中で最も重要な弟子であり、その心の強さはブーシェの弟子たるにふさわしいものだったと考えています。

芸術家ロベール・ブーシェにとっても、現代を生きる松村さんの中に、日本古来の伝統的価値として知られる「献身」の心が、極めて正直かつ率直に息づいているのに触れたはずです。私などのことを引き合いに出させていただいてよいならば、この「献身」の心は私の奏でる音楽にも振り向けられていたように感じます。この偉大な人物との1997年の初対面以来のさまざまな出来事をありがたく思いますし、親友といえる関係であったことを光栄に思います。

もう一点、日本のギター界の発展はこの人物に負うところが大変大きい―なぜなら、あらゆる世代のギター関係者がこの人の愛情とエネルギーと情熱によって、ギターと音楽への気持ちかきたてられて来たからです。

これからは、一人ひとりが「松村さん」の思い出を未来に向けて活かし広げていくことを考えねばなりません。

今私はとてもとても悲しい。これから私の演奏する音楽に友マツムラはしずくとなって奏でられていくでしょう。

                            Stefano Grondona」
  

ギター界にとって重要な方が亡くなられました。
ご冥福をお祈りいたします。

.

« ペルナンブコ | トップページ | 坂本さんのミニコンサート@G文化館 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松村さんのご冥福を祈ります:

« ペルナンブコ | トップページ | 坂本さんのミニコンサート@G文化館 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ