« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月29日 (土)

ちょっと休憩

Vojislav Ivanovic   の Cafe pieces です。

2番

 

 

3番


  

 

5番

 

 

2014年3月28日 (金)

携帯電話の変更・他

これまで良く使っていた携帯電話は使えなくなりました。

このため、アコラのHPには前から掲載していたものですが、以下の番号しか使用できなくなりましたので、よろしくお願い申し上げます。

携帯 080-6524-2206

また、4月から東京に転勤となります。今一番の心配はアコラの予定した行事への影響です。

4月6日(日)のレッスン会は、それほどの準備はないでしょうから、大丈夫でしょう。
ただ、自分の受講曲がその日までに練習できるかどうかは多少気になります。

6月下旬の10周年記念については、まだ不透明ですが、ぜひ実施したいと思います。

つきましては、早めに準備を済ましておきたいと思いますので、6月27日、28日の参加希望者はお早目に連絡をいただけますと助かります。
また、演奏する曲目もご連絡をお待ちします。
   

現状の概要です。

http://www.ijsnet.ne.jp/~us3jazc3/anniversary.html


   

         

    

Area05img07_01l

Photo_zane

2014年3月22日 (土)

暖かくなってきました

Dsc01365

Dsc01368

Dsc01369

やっと暖かくなってきました。

寒いうちから庭に咲いていた椿やクリスマスローズなどに加えて、気づいたら紅梅、白梅が満開になっていました。

Dsc01367

Dsc01366

昨日、お墓参りに行ってきました。

今日は親戚も来て、一緒に行ってきました。
   

+  +  +  

アコラの10周年記念感謝イベントに、札幌の川田さんから参加の申し込みがあり、びっくりしました。

川田さんは、ギター文化館のアマチュアコンクールで、ミドルの部、シニアの部の両方で優勝したこれまで唯一の方です。少し時間を取ってミニコンサートをやっていただこうと思います。

+  +  +

先週末に面談をし、まだ正式な連絡はないですが、4月1日から東京に転勤することになります。
震災後に出来た某社団法人に出向ということですが、給料は継続して今の会社からもらいます。これまでの経験が活かせればいいが、実際のことは行ってみないとわからない。
先週から、ばたばたしています。

+  +  +

パソコンを変えて、ホムページビルダーを最新版に変えましたが、これがものすごく使いづらいです。
ヤマダ電気のサービスの方もこれは使いにくいと言っていましたが、しようがなく使っています。やっと、画像がアップできました。
今まで簡単にできたことが、バージョンアップで面倒な操作になるということは、どうなっているのでしょうね。

 

2014年3月16日 (日)

アコラ10周年・愛好家コンサート申し込みの件

Face21

アコラ10周年記念感謝イベント:6/28(土)の愛好家コンサート@アコラの演奏者を募集していましたが、申し込み希望者が多く、約2時間のプログラムになりそうです。このため、募集を終了とします。
6/29(日)も愛好家の自由演奏会@Swing を開催しますので、申し訳ないですが、これから申し込まれる方はそちらをご検討お願いします。

なお、観覧の方はどちらもまだまだ余裕があります。ただし、「上質の音楽を少人数で楽しむ」趣旨で座席が20程度に制限されますので、お早目にお申込みいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

.

2014年3月15日 (土)

坂本さんのミニコンサート

Dsc01359

坂本亮さんのミニコンサートに行ってきました。
 

第一部はソロ

スペイン風セレナーデ/マラッツ
ソルのエチュードOp31-4、Op35-17夢/ソル
バーデンジャズ組曲よりⅠ、Ⅲ/イルマル
五つの小品よりⅡ/ピアソラ
ハンガリー風幻想曲/メルツ

                 

第二部は、角教室のメンバーでのデュオとトリオ

Dsc01362

エルチョクロ/ビジョルド 
坂本亮、角圭司、長塚彰

Dsc01363

カッチーニのアヴェ・マリア/カッチーニ 
3つのエレジーより第一曲/メルツ 
坂本亮、細谷寛子

Dsc01364

不良少年/武満徹
坂本亮、角圭司、山本英雄


坂本さん、ソロはしっかりとした曲を持ってきて、ほとんどミスのない良い演奏でした。坂本さんのハンガリー風幻想曲は何度も聞いていますが、これまでで一番魅力的だったと思います。

第二部は、角さんも共演し、和気あいあいとした感じで楽しめました。アヴェ・マリアは19世紀ギターの音色が良くマッチしていました。
不良少年は、懐かしく、感動的な演奏でした。
 

アンコールはスペインセレナーデ。

.

 

宮下祥子レッスン会の受講生〆切りました

Images

宮下祥子茨城サロンレッスン会の受講生募集は〆切りました。

順番は、こちらで暫定したものですが、変更を希望される場合は連絡をお願いします。
                               

◇予定 (10:00~ )

 Kmさん      ソナタロマンティカ Ⅱ 
 
 
                                        
 Suさん      魔笛の主題による変奏曲

 
 
            (午後)
   
 Ooさん      タンゴ アン スカイ

 
  Sgさん      ラグリマ、アルハンブラの想い出

 Ngさん      ジョンスミス伯のアルメイン
 
 Hoさん      ソナタOp.15 (ジュリア‐ニ)   
   
 Yaさん      Lagrima

                           Prelude from Suite IV in G-major
 
 
 Nkさん       この道

   
      

◇受講料 10,000円 50分程度

.

 

2014年3月12日 (水)

宮下 祥子 茨城サロンレッスン会 (4/6)

Images

宮下 祥子 茨城サロンレッスン会を 4/6 に開催いたします。

◇レッスン予定 (10:00~ )

 Kmさん      ソナタロマンティカ Ⅱ 
                                         
 Suさん      魔笛の主題による変奏曲
   
 Ooさん      大聖堂 Ⅱ・Ⅲ  ?

 NGさん      ジョンスミス伯のアルメイン

 
 Hoさん      ソナタOp.15 (ジュリア‐ニ)   
   
 Yaさん      未定

 
 Nkさん       この道

 曲目は変更の可能性があります。

 

もう1名まで、レッスン生を受け付けます。 (1万円 ~50分)

なお、今回は、レッスンの密度を高めるため非公開レッスンで行いますので、聴講のみの参加受付はありません。(レッスン生は他の方のレッスンを聴講可能です)

.

アコラホームページのURL変更

Face21

アコラのホームページを windows8対応 に変更しました。
「お気に入り」には、こちらを登録してください。

従来のものは今後は更新されません。

http://www.ijsnet.ne.jp/~us3jazc3/acousticlife2014.html

取り急ぎ、ポータルと2014年のスケジュール部分のみを新しくしました。

windows8 で見ると、古いホームページはビット数が違っているので、文字と画像の位置がずれてしまっております。時間があれば、少しずつ直そうかと思いますが、とりあえずはこのままでご容赦ください。

アコラの10周年記念感謝イベントで、6/28に演奏を希望される方は、3月下旬までに連絡をお願いします。連絡いただいたもので、計画を作成し進めます。なお、6/29の自由演奏会(ランチコンサート)での演奏につきましては、4月以降に申し込まれても結構です。


よろしくお願いします。




.

2014年3月 9日 (日)

暖かくなってきました

この週末は珍しく予定がありません。

どうやら、4月から東京方面に職場が変わりそうです。

人事の話は微妙なので決定してからでないと何とも言えない状況です。来週、面談や引継ぎなどあり、急速に具体化しそうです。会社の寮に入るようになるとその準備などでばたばたしそうです。

昨日、インターネットでいろいろ演奏を聞いていたが、先日のペロアもすごかったが、やはり、ディラやレドジッチはいい感じです。かっこいいのがディラで、レドジッチは若いのにうまい演奏で、音色が好みに合っています。レドジッチも若い頃の演奏では普通の若者といったところです。

他にも、いい演奏家が多くいると思います。ラルースもいいですね。

どこかに最近の海外ギタリストランキングのようなものがあると参考になりわかりやすいのですが、ご存知の方がいましたら教えてください。

レドジッチの演奏に刺激されて、挫折した曲に再チャレンジしてみたところ、意外に弾けそうな気になってきました。暫らく放っておいたのが良かったのか?
1月ごろは左手が握れず、売店で瓶を落としてしまう程でしたが、暖かくなって体調が改善したのか、握れるようになっていました。ギターを演奏するのに支障はないようです。
最近、エチュードをあれこれやってみていますが、自分にはエミリオ・プジョールのものが割と効果的のようです。古典的なエチュードばかりやっていると逆にそれにはまってしまい指が硬直していたような感があります。プジョールの運指も凝っているので、音が出せればいい位の感じでやっていますが、いろいろやっているうちに、逆にプジョールの運指のほうが簡単ではないか、という具合にはなってきています。
    

何かとりとめのないブログになっていますが、暖かくなってきて指が動きやすくなり、ブレークスルーするのにいい季節になってきていますので、皆さんもギターをどんどん弾いてみてください。1曲に絞るのもいいですが、あれこれ気楽に弾いてみるのも意外に効果的かと思います。

大萩さん、やはりうまいですね。

http://www.youtube.com/watch?v=3FC8PKds5PI#t=177


   

.

2014年3月 8日 (土)

下岡蓮杖作品展を見てきました

Yjimage2

東京都写真美術館で下岡蓮杖の作品展をやっており、見てきました。

文政6年(1823年)、下田に生まれ、13歳の頃に江戸に行き、狩野派の絵画を学んでいたが、弘化2年(1845年)、旗本の屋敷で見せられた銀板写真に強い興味を持ち、写真術の習得を志すこととなったそうです。下田や横浜で外国人から写真を学び、十数年かけて辛苦の末にようやく湿板写真術を習得しました(39歳)。

なかなか面白かったです。

普通の写真のほかに、立体写真もありました。3D眼鏡が置いてあれば良いのにと思いましたが、じっと見ていましたら、立体画の要領で自然に立体的に見えてきました。

参考までに、展示していたものとは違いますが、ウェブに下のようなものがありましたので掲載します。5、6点展示されていましたが、展示されていたものはもう少し立体感があったように思います。

Yjimage3

後で、ウェブで見ましたら、明治時代に入ると、写真屋以外に他の事業も始め、乗合馬車の会社、牛乳販売、石版印刷、コーヒー店、ビリヤード店など次々と新事業に手を出すがどれも営業不振に陥り、写真屋として築いた財産を失ってしまった。また、洗礼を受け熱心なキリスト教信者となったり、晩年は一絵師として生活し、大正3年(1914年)90歳という長寿で亡くなったそうです。

日本写真師の祖のひとり。

 

.

 

 

2014年3月 2日 (日)

小暮浩史 アトリエ コンサート(3/1)

Dsc01347
            

 
  

アコラのギター愛好家の会のゲストに小暮浩史さんをお招きし、 アトリエコンサートを開催しました。

・無伴奏チェロ組曲第6番 プレリュード (J.S.バッハ)
・ファンタジア第7番 (J.ダウランド)
・演奏会用ロンド   (N.コスト)
・マルヴィーナヘ、不安、夕べの歌   (J.K.メルツ)
・舞踏の旋回     (C.R.リヴェラ)
・黒い花        (F.デ・カロ)
・天使の死       (A.ピアソラ)
  

Dsc01353
  
  

若い新鮮な感覚と深い表現力で、コンサートを充分に楽しませていただきました。
素晴らしい!

 

Dsc01354
  

アンコールは、ピアソラとド・ヴィゼー

  
 
 

コンサート後にQ&Aを行いました。

Dsc01356

 

トレモロ上達法などの演奏に関する話題以外に、CD制作、コンクール直後のことやこれからのことなども話され 、演奏家の素顔に触れる良い交流会でした。今後、留学されるとのことで、さらに パワーアップされることは間違いないでしょう。

 

Dsc01351

使用ギターはアベル・ガルシア2009年製作~メキシコ。
                        

Dsc01357

Dsc01358

 

+++

最近少なくなったコンサートでの感動を覚えました。

ダウランドやコスト、すっきりした中にドラマがあり良かったです。
舞踏の旋回は、いままで変な曲だなと思っていましたが、今日の演奏を聴いてよくわかりました。
ピアソラの2曲は、泣けました。
   
       

http://ameblo.jp/kog-blog-guitar/entry-11785605016.html

 

 

.

 

愛好家の自由演奏会(3/1)その2

続き

Dsc01337_2

Dsc01338

Dsc01340

Dsc01342

Dsc01343

Dsc01344

Dsc01345

珍しいメルツの2重奏。 テルツギターの曲とのことで、19世紀ギターと普通のギターにカポをつけた組み合わせで演奏されました。

前回は昨年の12月でしたが、今回は新しいレパートリーを披露された方が多く、チャレンジしている様子が伝わってきました。

演奏せず聴きにこられただけの方も会を盛り上げてくださり、ありがとうございました。

愛好家の自由演奏会を始めたのは2006年の1月からで、振り返ると8年間続けてきたことになります。皆様のご協力に本当に感謝いたします。当初に比べると演奏内容が相当レベルアップしてきています。

6月28日(土)、29日(日)にアコラ10周年記念感謝行事を開催します。
アコラ5周年は「ギターフェスティバル in ひたちなか」という形で、ひたちなか市文化会館のホールにて愛好家の交流とともに、一般の方へクラシックギターの魅力を周知するような趣旨のイベントをやってみました。10周年記念は、アコラの「上質の音楽を少人数で楽しむ会」という精神に戻って、ギターを愛する方々がさらにギター美の世界を深める機会になればと考えています。

ゲストとして、北口功氏、宮下祥子氏、中村俊三氏、谷島崇徳氏・あかね氏に参加の了解を頂いています。各先生ともにアコラ開設のころからお世話になっている方々ですが、先生方には、これがギターだというプログラムをお願いします、と依頼しています。

愛好家によるコンサートもありますので、関心がある方、また参加希望者(聴くだけの方も)は、アコラへ連絡をお願いします。
(お早目に)





.

.

 

 

愛好家の自由演奏会(3/1)

140301_01

小暮浩史さんをゲストに迎えて愛好家の自由演奏会が開催されました。

Dsc01328

Dsc01330_2

Dsc01331

Dsc01332

Dsc01333

Dsc01334

Dsc01335

Dsc01336

 

この続きは次のブログにアップします。
(容量制限なのか画像がアップできなくなってしまいました。)
      

なお、曲目はこちら。

http://acousticlife.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/31-a864.html

今回は、新しくアコラに来られた方、また、これまでも演奏を聴きに来られていましたが演奏はされていない方が初めて演奏されるなど、楽しい会でした。

こういう場で演奏するのは、なかなか緊張するかと思いますが、アコラはギターを楽しむ場ですので、初心者も経験者も関係なく気軽に演奏・交流を楽しんでいただければと思います。

私が弾いたクレンジャンスの3つの小品は、ラメント1、シャンソネッタ(子供の領分)とアリア5番です。
1月からやり始めましたが、自分の演奏を聴いてチェックする時間がないまま、今日演奏してしまいました。暗譜できないまでも、やはり何回かチェックしてからやればよかったかなと思いました。

.

.

 

 

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

無料ブログはココログ