« 小暮浩史 アトリエ コンサート(3/1) | トップページ | 暖かくなってきました »

2014年3月 8日 (土)

下岡蓮杖作品展を見てきました

Yjimage2

東京都写真美術館で下岡蓮杖の作品展をやっており、見てきました。

文政6年(1823年)、下田に生まれ、13歳の頃に江戸に行き、狩野派の絵画を学んでいたが、弘化2年(1845年)、旗本の屋敷で見せられた銀板写真に強い興味を持ち、写真術の習得を志すこととなったそうです。下田や横浜で外国人から写真を学び、十数年かけて辛苦の末にようやく湿板写真術を習得しました(39歳)。

なかなか面白かったです。

普通の写真のほかに、立体写真もありました。3D眼鏡が置いてあれば良いのにと思いましたが、じっと見ていましたら、立体画の要領で自然に立体的に見えてきました。

参考までに、展示していたものとは違いますが、ウェブに下のようなものがありましたので掲載します。5、6点展示されていましたが、展示されていたものはもう少し立体感があったように思います。

Yjimage3

後で、ウェブで見ましたら、明治時代に入ると、写真屋以外に他の事業も始め、乗合馬車の会社、牛乳販売、石版印刷、コーヒー店、ビリヤード店など次々と新事業に手を出すがどれも営業不振に陥り、写真屋として築いた財産を失ってしまった。また、洗礼を受け熱心なキリスト教信者となったり、晩年は一絵師として生活し、大正3年(1914年)90歳という長寿で亡くなったそうです。

日本写真師の祖のひとり。

 

.

 

 

« 小暮浩史 アトリエ コンサート(3/1) | トップページ | 暖かくなってきました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下岡蓮杖作品展を見てきました:

« 小暮浩史 アトリエ コンサート(3/1) | トップページ | 暖かくなってきました »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ