« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月25日 (日)

クラシックギターコンサート

クラシックギターコンサート(中村俊三&谷島崇徳)を観に行ってきました。

<二重奏>
・エリート・シンコペーション(S.ジョプリン )
・三千院 (A.ヨーク)
・天使のミロンガ (A.ピアソラ)

<独奏 谷島>

・11月のある日(ブローウェル)
・組曲一番(オースランド)
・ミロンガ(カルドーソ)
・澄み切った空(シネーシ)

<独奏 中村>

・アランブラの想い出 (F.タレガ)
・盗賊の歌、糸を紡ぐ娘、商人の娘、あとつぎのリエラ (カタルーニャ民謡 ~M.リョベット)
・詩的ワルツ集~全8曲 (E.グラナドス)

<二重奏>
・ロシアの想い出 (F.ソル)
   

Dsc01492

Dsc01494

Dsc01495

アンコールは、ロボスの前奏曲第1番(中村)、タウナーのアンセム(谷島)、デュオでアサドのさようなら。

Dsc01493

 

聴きやすい曲が多く、お二人の特徴を活かした内容だったと思います。
アンコールのアンセムはリラックスした雰囲気で印象に残りました。

打上で、ロシアの想い出はソルの最晩年で、ソルの弟子でもあったフランスのギタリスト、ナポレオン・コストに献呈されており、ソルとコストでこの曲を演奏した可能性はあるとのこと。ソルとコストとは年が30才近く離れており、中村さんと谷島さんの関係と似ていると、中村さんから話がありました。
    

木下さんお勧めの渡船など地酒を3本買って帰りました。

ギターフェスティバル in つくば

庭中のバラが咲きだしました。

Dsc01467

ギターフェスティバル in つくばが開催され、観に行って来ました。今年で12回を迎えるとのこと。

Dsc01478

Dsc01479

Dsc01480

Dsc01481

Dsc01482

Dsc01484

Dsc01486

Dsc01488

今年もアコラ・フレンズはトリでした。3名でのアンサンブルで、レスピーギとヴィヴァルディの曲を演奏しました。3回しか合わせの練習をしていないということでしたが、レスピーギは美しく、ヴィヴァルディは軽快でした。トリにふさわしく、すばらしい!という感想が聴衆が書かれた感想シートに多く寄せられていました。今年は、転勤で練習時間が取れず、アンサンブルに参加できませんでしたが、まったくその影響はなかったようです。

ゲストはクアトロ・パロス。実は先週、東京の某所で偶然彼らの演奏を聴いたのですが、その時とは全然違って、今回は乗った演奏で楽しめました。ただし、似たような曲が多いので、少し違ったものも聴いてみたいと思いました。

Dsc01489

Dsc01490


演奏しないので、客観的に聴いていましたが、回を重ねていくうちに、指導者がいるグループとそうでないグループでは演奏の質に大分差が出てきているようです。この会の趣旨がギターアンサンブルを楽しむことと多くに人にその楽しさを知ってもらうということのようですので、それもありでしょう。また、あまりハイレベルの演奏ばかりでは、参加を敬遠することにもなりかねませんし、新たに参加しようとするグループにも敷居が高いということになるのでしょう。

.

 

2014年5月12日 (月)

クレムケ バッハコンクール

Samuel_t_klemke

少し前のことですが、Samuel T. Klemke が、昨年の8月に、5. Internationaler Gitarrenwettbewerb Johann Sebastian Bach で、第1位になったそうです。

クレムケから頼まれて、2012年12月に中村俊三先生のリサイタルに共演者(応援者?)として演奏させていただいたことがあります。

http://acousticlife.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-f3dd.html

クレムケは、東京国際ギターコンクールに何度か出場しています。
2012年にも東京国際ギターコンクールに出場しましたが、課題曲のバッハで迷走し、今一つ調子が出ていなかったようでした。

コンクールもいろいろあるようですね。

.

2014年5月 6日 (火)

バリオス (YouTube)

Mi0001127503

フォルホーストのバリオスの演奏がYouTubeにありました。

http://www.youtube.com/watch?v=x4DU7AH7yZo

フォルホーストはナクソスのバリオス作品集も演奏をしていますが、これはブリラントクラシックのCDから抜粋されたもののようです。

ポルケドゥが6枚組のバリオス作品全集を出していますので、珍しい曲というのはもうないのかもしれませんが、普段あまり弾かれない曲もあり、また演奏もポルケドゥより精彩があると思います。

CDには以下の曲が収録されていますが、そこから12曲ほどを抜粋しています。

Waltz  in D minor, Op. 8/3
Las Abejas (The Bees)
Julia Florida
Dinora
Waltz  in D major, Op. 8/4
Una Limosna por el Amor de Dios
Mabelita
Escala y Preludio
Estudio en Arpegio
Estudio  in G minor
Estudio de concierto
Estudio del Ligado
Medallon antiguo
Gavota al estilo antiguo
Homenaje a Bach, for 2 guitars
Un Sueño en la Floresta
Estilo Uruguayo
Danza Paraguaya (No. 1)
Jha che Valle (Danza Paraguaya No. 2)
Cordoba

また、ピアノでのバリオスの演奏、これを聞くとバリオスは実に良い音楽を書いていると思います。この演奏(特に第3楽章)はいまいちですが。

http://www.youtube.com/watch?v=Sdxjy_jcOjk&list=RDSdxjy_jcOjk

 

.

 

2014年5月 4日 (日)

シニアギターコンクール

Dsc01411

Dsc01407

Dsc01409

Dsc01408

コンクールまで時間があるので、フラワーパークに行ってきました。
バラはまだ早いようでしたが、アーチ状に仕立てたきれいなつるバラの鉢があったので購入しました。
  

それから、ギター文化館のシニアギターコンクールの観戦に行ってきました。
今年はシニア部門に36名エントリーするなど盛況で、レベルの高い演奏でした。

 

◇シニアギターコンクール(第9回)の本選結果

シニアの部;
第一位 山崎文郎 静岡県
第二位 山本英雄 茨城県
第三位 鈴木幸男 茨城県
第四位 加瀬英子 千葉県
第五位 上原和男 千葉県
第六位 鹿野誠一 北海道
第七位 堀田京子 千葉県

ミドルの部;
第一位 坂本 亮  東京都
第二位 浮海祥治 愛知県
第三位 増田泰隆 石川県
第四位 松田利枝  滋賀県
第五位 相川 明  東京都
第六位 桧山政広 青森県

      
  

Dsc01413 Dsc01412

Dsc01414

Dsc01415

Dsc01416

濱田先生の感想の中で、鈴木さんの魔笛の演奏について、このような古典の有名曲でコンクールに臨むことはミスが目立ちやすいが、好ましいことであり、良い演奏だったとお話がありました。また、クレンジャンスのカプリス形式のアラベスクを弾いた堀田さんは、時間10分のところを1分以上オーバーしたため失格になるところだったが、7位にしたとのこと。

藤井先生の講評で、もっとも大切なのは、演奏のもとになる音作りとのこと。今回上位になられた方は皆それができていたとのこと。
  

アコラに来られる方々も大活躍でした。お疲れ様でした。
課題曲で良い演奏をしている中で普段しないと思われるようなミスをしてしまった方も見受けられ、大変残念でした。
また、堀田さんの演奏、良い演奏だったのに時間オーバーで惜しまれます。演奏中、控え室からの練習音が漏れてきて聞き苦しかった。ピアニシモでハーモニックスを聞かせる部分など台無しだった。

坂本さんは実力を発揮してのミドルの部の1位、また、山本さんはシニアの部の2位、本当におめでとうございます。

加瀬さんのロボスのエチュードは、低音がチェロを思わせるような丸い音で安定感があり好演でした。審査員席のあたりでは音が広がって聞こえる可能性があるので、事前にどのくらいのタッチで弾いたらベストなのかチェックすることも必要か?アマチュアコンクールでそこまでやる?

.



2014年5月 3日 (土)

GWですね

一斉に花が咲きだしました。

Dsc01385

Dsc01386

Dsc01388

Dsc01389

Dsc01390

Dsc01391

Dsc01392

Dsc01393

Dsc01394

Dsc01395

Dsc01396

Dsc01397

Dsc01398

Dsc01399

Dsc01401

Dsc01403

Dsc01404

Dsc01406

アコラのホームページへアクセスができなくなって、ご不便をおかけしています。
プロバイダーに対策依頼中ですが、現在、ijsnet関係のホームページの全部に支障が出ているとのことです。サーバは残っているので、大丈夫ということですが、もう1週間以上になります。
しばらくは、このブログで情報提供をすることになりそうです。

メルアドも、ijsnet時代のものは完全に使えなくなりました。以前から連絡しているものと同じですが、今後はこれでお願いします。

ma-gyumug-765019@ijs.dream.jp

携帯は、以前から連絡しているもの以外も使用できるようになりました。平日などはこちらに連絡をお願いします。

080-9364-9934 (新)

080-6524-2206 (従来)

6月28日、29日の10周年記念感謝イベントに参加希望される方は、そろそろご連絡をいただければ幸甚です。

アコラ10周年記念感謝イベント

.

 

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ