« ギターフェスティバル in つくば | トップページ | 宮下祥子関東レッスン会・発表会 »

2014年5月25日 (日)

クラシックギターコンサート

クラシックギターコンサート(中村俊三&谷島崇徳)を観に行ってきました。

<二重奏>
・エリート・シンコペーション(S.ジョプリン )
・三千院 (A.ヨーク)
・天使のミロンガ (A.ピアソラ)

<独奏 谷島>

・11月のある日(ブローウェル)
・組曲一番(オースランド)
・ミロンガ(カルドーソ)
・澄み切った空(シネーシ)

<独奏 中村>

・アランブラの想い出 (F.タレガ)
・盗賊の歌、糸を紡ぐ娘、商人の娘、あとつぎのリエラ (カタルーニャ民謡 ~M.リョベット)
・詩的ワルツ集~全8曲 (E.グラナドス)

<二重奏>
・ロシアの想い出 (F.ソル)
   

Dsc01492

Dsc01494

Dsc01495

アンコールは、ロボスの前奏曲第1番(中村)、タウナーのアンセム(谷島)、デュオでアサドのさようなら。

Dsc01493

 

聴きやすい曲が多く、お二人の特徴を活かした内容だったと思います。
アンコールのアンセムはリラックスした雰囲気で印象に残りました。

打上で、ロシアの想い出はソルの最晩年で、ソルの弟子でもあったフランスのギタリスト、ナポレオン・コストに献呈されており、ソルとコストでこの曲を演奏した可能性はあるとのこと。ソルとコストとは年が30才近く離れており、中村さんと谷島さんの関係と似ていると、中村さんから話がありました。
    

木下さんお勧めの渡船など地酒を3本買って帰りました。

« ギターフェスティバル in つくば | トップページ | 宮下祥子関東レッスン会・発表会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クラシックギターコンサート:

« ギターフェスティバル in つくば | トップページ | 宮下祥子関東レッスン会・発表会 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ