« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月29日 (日)

感動と感謝の日

6月28日(土)、アコラ10周年記念感謝イベントが開催されました。

愛好家の真摯な演奏に続き、北口 功さんのバッハとソルのコンサートが行われました。
気迫あふれる、かつ、繊細な演奏に、感動・圧倒されました。

今回は、「伝承」ということをキーワードに、これがギター音楽だ、というものを堪能した日でした。

伝承は文化の中で育まれる。

ライブは聴く時間であり、そこから逃げられない時間。根底に聴く喜びがあることが大切。受け取った人が楽しいかという観点が大事で、地球にとっていいものを生み出す努力が大切とのこと。

また、ブーシェと松村さんの関係、松村さんが目指したもの、作品と商品の違い、等々、北口さんの熱い思いが語られました。

打上は近くの居酒屋で。
ギターという枠を超えて最高レベルのバッハの演奏であり、ぜひもっと多くの人に聴いてもらえるようアクションを起こしたいという話題も出ました。
北関東ギターフェスティバル、洞爺湖ギターサミットなど、話題は尽きませんでした。

その後、地元組と泊り組はアコラに戻り、秘蔵のグロンドーナさんのアコラ・コンサート録画を観ながら、茨城の地酒を飲みつつ、深夜までギター談義が続きました。


明日の2日目の午前中はこのグロンドーナさんのアコラ・コンサート鑑賞やアコラの記録のご紹介、愛好家の弾きっこなどをする予定です。ご都合のつく方は、Swingでのランチ・コンサートの前に立ち寄られてはいかがでしょうか?なお、11時半にはアコラを出て移動しますので、行き違いのないようにお願いいたします。

     
今日は、熱気というものを感じました。
この2日間、睡眠時間が短くなっています。29日はどこまでいけるか?

Sさんが、北口先生のコンサートに駆けつけてくださり、探していたカンタービレの楽譜を譲ってくれました。この曲は、曲自体よりもこの曲にまつわる思い出があり、感謝します。それについては、また別の機会に。


 

.

2014年6月27日 (金)

送別会と偶然の出会い

昨日、長く務めた会社を定年退職するにあたり、職場の方が祝賀会を開催してくれました。

一昔前は、大きな宴会場で、関係した方々に参集いただいて賑々しくやっていたものですが、最近は退職者も多く、また定年になってからもシニア(嘱託)として継続して仕事をするケースも多いので、課内、部内を中心にやるようになってきています。入社当時に一緒に仕事をした方やお世話になった方も若干みえられ、昔話や近況報告等々、大変懐かしく、無事終了いたしました。

幹事からギター演奏を依頼され、20分のミニコンサートをやりました。
意外なほど関心を持って聴いていただきました。ありがとうございました。
帰りは日立市からタクシーで家まで送ってくれました。
    

その後、寝る前にPCを見ていましたら、探していた曲の楽譜を見つけました。セゴビアが弾いていた曲で良い曲だと思っていましたが、これまで楽譜が手に入らなかった曲です。
今年になって自分で採譜して演奏をウエブにアップしているアマチュアの方がいたので、譜面を頂けないかメールを出しましたが、音沙汰がなかった。そのサイトも更新が数年前で止まっており、メールも見ていない可能性が高いようでした。
また、今日の祝賀会の前に1時間ほど空き時間があったので、楽譜も含めて3件の確認を現代ギター社に電話でしようと思いました。電話番号をメモっていなかったので104に電話したところ、現代ギター社は番号登録していないということでした。本当?と思い、2回かけましたが、登録はしていないとのことで、連絡できないでいました。

それが偶然見つかり、びっくりしました。

 Imagesdnctaef3


一夜(二夜)づけになりますが、29日の愛好家自由演奏会ではプログラムに載せた曲目を変更して、こちらをやってみようと思います。二つの細密画という小品で、うまくいくかどうかはわかりませんが、この偶然に感謝して、やってみようと思います。

もう、ひとつは、C.P.E.バッハのカンタービレの楽譜を探しています。お持ちの方がいましたら譲ってください。現代ギター誌113号に載っていると思います。



.

2014年6月26日 (木)

10周年記念感謝イベント・S.グロンドーナ

イタリアのマエストロ、ステファノ・グロンドーナさんから、アコラ10周年記念に対し心温まるメッセージを頂きました。

グロンドーナさんに初めてお会いしたのは2004年で、福島市でリサイタルがあるというので車を運転して出かけました。その時の演奏が素晴らしく、また。リサイタルもこじんまりとしたホールで、グロンドーナさんの音楽と人柄と相まって、密度の高い最高の時間を過ごしました。その感動がAcoustic Lifeの活動のもとになっていると思います。その時に撮った写真です。

S


グロンドーナさんもこの写真を今回のプログラムに使うことを快諾してくれました。
ちょうど10年前の出会いでした。

その後は、亀岡でのコンサートを聴きました。

アコラでのグロンドーナさんのコンサートは、2006年に開催いたしました。コンサートの後で制作楽器に対するグロンドーナさんからのアドバイス、翌日はマスタークラスなどを行いました。東京、京都方面からも参加者があり大変な熱気を感じました。コンサート後の打ち上げでは、中村先生が地元ギタリストを代表して挨拶をされました。マスタークラスは北口さんに通訳をしていただき、また宮下祥子さんが海外演奏からの帰路立ち寄ってマスタークラスをアランフェスの第2楽章で受講されるなど、見応え聴き応えがありました。

この時は、タレガの前奏曲2番、3番で受講しました。暗譜しないで受けたので余計に緊張しました。その時のアドバイスとして、ソルのエチュードが具体的に示されました。確かに、このエチュードは自分にはとっつきにくいものでした。それだけに練習すべきポイントがあるということでしょう。しかし、このエチュードは今でも敬遠したままです。将来、再チャレンジしようと思います。
最近は、2012年にバリオスの森に夢見るのレッスンを受けました。トレモロのメロディの音が大きすぎるという指摘がありました。これは、直すのが結構難しく、現在も課題です。

Summer06090220009_2


グロンドーナさんの素晴らしい演奏、また生で間近で聴いてみたいです。

.

2014年6月23日 (月)

伊福部昭 ・ 鈴木大介

Safe_image

伊福部昭の生誕100年を記念して、鈴木大介さんがオール伊福部のCDを制作しました。

これが素晴らしく、感動しました。

09_1107_02

このCDには次の曲が入っています。

1. サンタマリア(transcription:Daisuke Suzuki)
2. ギターのためのトッカータ
3. バロック・リュートのためのファンタジア(transcription:Daisuke Suzuki)
4. 古代日本旋法による踏歌
5. 小ロマンス(transcription:Daisuke Suzuki)
6. 箜篌歌(くごか)
7. サンタマリア[別ヴァージョン](transcription:Daisuke Suzuki)

ギターのための有名な3作品以外は編曲です。サンタマリアからは、ミランの曲のような響きが聞こえてきてびっくりしました。千利休の娘でキリシタン大名・高山右近を愛した女性を描いた映画、その主人公が歌う曲とのこと。シンプルながら深い味わいがあります。

伊福部は19才の時に、アマチュアギター奏者であった兄のために、ギター曲を作曲してますが、現在楽譜の所在は不明。また、戦前の林務官時代、山小屋でギターを使って管弦楽曲を作曲してたとのこと。

2006年ごろ伊福部の曲に夢中になって練習していたことがあり、グロンドーナがアコラに来た時に楽譜を渡して、また、哘崎考宏の伊福部作品のCDを聴いていただいたことがありました。懐かしいです。

ギターのための有名な3作品は演奏時間が長く、また繰り返しが多く(そこが伊福部が狙ったところでもありますが、一般には)退屈な印象を受けます。しかし、なぜか琴線に触れるものを感じるときがあり、不可思議な音楽です。
日本狂詩曲などは、本当に素晴らしいです。

.

2014年6月22日 (日)

アコラ10周年記念感謝イベント・5

宮下祥子さんのプログラムは次の通りです。
  

Dsc01513


◇ 宮下 祥子   演奏曲目 ◇
                
アヴェ・マリア J.S.バッハ/C.F.グノー/F.タレガ

大聖堂          A.バリオス

夢 作品19        G.レゴンディ

ポロネーズ第2番 作品14 N.コスト

+++

ご案内では大聖堂が漏れてしまい、大変申し訳ございませんでした。

 

.

アルトフィールド&カリス

140603_131501


三田にある職場からの風景です。
東京タワーが近くにあるので行ってみようと思っていますが、なかなか行けません。

140603_131601

品川~田町間に新駅ができます。駅名は、建設予定地に近く地名もポピュラーな「芝浦」や「泉岳寺」などが候補になっているらしい。品川―田町駅間にある車両基地「田町車両センター」の跡地に大規模なオフィス街や商業施設の建設が予定されています。

140618_183601

昔一緒に仕事をしたことのある知人の職場が新丸ビルにあり、数人で集まりました。東京駅を見下ろす好ロケーション。

先日、アルトフィールドで高田元太郎さんと河野智美さんのレッスンを受けました。

高田さんは音楽を中心に、河野さんは技術的なところを中心に指導されました。
譜の読み間違いなども抽出頂き、勉強になりました。

Dsc01517s


Dsc01519
 

恵比寿のギターショップ・カリスのフリーコンサートに行ってきました。
愛好家に交じってGLCで優勝した若手の演奏やゲスト演奏などもあり、楽しめました。
陳腐な曲かなと思っていたものが、どこかきらっと光るような場面があり、はっとしました。やはり、生の演奏はいいですね。

Dsc01522


Dsc01523

.

2014年6月20日 (金)

アコラ10周年記念感謝イベント・4

北口先生から連絡を頂きました;
10周年おめでとうございます
質実でよい2日間になりそうに思います
翌朝に帰らなくてはならないのが残念です
(中略)
プログラムは以下と致します
楽器はすべてブーシェを使用します。
 
◆10周年コンサート:北口功
バッハ作曲
 アンダンテ
   (無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第2番より)
バッハ作曲
 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番
   アレマンダ・ドゥーブル
   コレンテ・ドゥーブル
   サラバンド・ドゥーブル
   テンポディボレア・ドゥーブル
ソル作曲
 悲歌風幻想曲Op.59
バッハ作曲
 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番
   プレリュード
   ルール
   ロンド形式のガヴォット
   メヌエット
   ブーレ―
   ジーグ
 
よろしくお願いします
                       北口功

2014年6月14日 (土)

アコラ10周年記念感謝イベント・3

6/29(日)のゲスト演奏のプログラムです。

演奏者; 谷島 崇徳・あかね

       中村 俊三

       宮下 祥子

29guest


曲目は変更の可能性があります。

アコラ10周年記念感謝イベント・2

 6月28日のゲストコンサートのプログラム

  演奏は、北口 功さん

28guest_3

プログラムは変更の可能性があります。

2014年6月11日 (水)

アコラ10周年記念感謝イベント・1

10周年記念感謝イベントももうすぐとなりました!
平日は忙しく、週末はそのしわ寄せで雑事が多く、なかなか準備ができません。準備というと、企画、プロ演奏家への依頼と調整、愛好家への参加・演奏の募集、プログラム構成、プログラム等の作成・印刷、会場づくり、当日の飲み物、29日のランチ&愛好家演奏会場のSwingとの調整、などなど、ありますが、会場関係では、庭の手入れが一番時間がかかります。特に、このところは週末雨となっているので、困りました。
愛好家のご参加につきましては、大体の方からご連絡を頂きましたので、6/14(土)辺りで一旦閉め切らせていただきプログラムや時間配分を検討したいと思います。

アコラ活動開始は、2004年で、この年は、中林淳眞(日立シビックセンター天球劇場)と飯泉昌宏(ひたちなか市文化会館小ホール)を開催いたしました。アコラの会場がまだなかったので一般の会場を使っての公演ということで、ポスター、チケットの作成、配布、回収など、またPR活動が大変でした。この時には、会社の総務で文化活動に関係している方で、ご自身もドラマーとして活動している方にご協力、ご支援を頂きました。これらは、ものすごく大変でした。

2005年からは、アコラを会場として活動を開始いたしました。
アコラの活動は、HPに毎回記録として残しておいたのですが、そのHPがプロバイダーが合併吸収されてしまい、当初は何の問題もなかったのですが3年経過したということでしょうか、今年の4月になってから使用できなくなってしまいました。復旧処置をしていますがなかなか進みません。ご迷惑をおかけいたしています。

10周年記念感謝イベントのコンサートには、創設以来アコラで名演奏を披露してくださった、北口功さん、中村俊三さん、宮下祥子さん、谷島崇・あかねさんをゲストに迎えて2日間にわたって開催いたします。アコラ活動の趣旨であります「上質の音楽を少人数で楽しむ」という原点に立ち返り、20名程度で、ギター音楽そのもの、またサロン形式でのコミュニケーションなどを楽しく感じ取っていただけたらと思います。
また、ギター愛好家の演奏会も開催いたしますので、日ごろの練習の成果をぜひご披露いただきたいと思います。これまでに、市内、県内をはじめ、千葉、群馬、北海道などからもご参加を希望するとの申し込みを頂き、感謝いたします。

時間の関係で、思いつくまま、このブログに進捗状況などを記載していきたいと思います。

今回は「伝承」と「感謝」ということをテーマに、私の演奏曲をプログラミングしようと考えています。
28日(土)の愛好家のコンサートでは、パート1として、{伝承」。北口さんが前回、アコラでコンサートを開催後に、色紙に「伝承」という言葉を残されました。このことと、常々、LP,CD、YouTubeがなかった時代において、ギタリストはアイデンティティを伝えるためにどうしたのか?ひとつは、楽譜に残す。エチュードで技術を伝承したのでは、という、2つのことから、ギターのエチュードを取り上げたいと考えています。スタートは「ソルのエチュード」から、タレガ、ロボスなどを。続いて、メルツのオペラレビューから「リゴレット」を演奏します。(メルツについては、コストとともに、マカロフが主催した作曲コンクールのことや、当時の音楽事情、オペラとのかかわりなど、関心があることは多いが、省略)
パート2として、「感謝」。昨年亡くなった妻への感謝、アコラをサポートしてくださった皆様への感謝、ギターへの感謝ということで、「ソナタ・ロマンティカ第2楽章」、「時代(中島みゆき)」、「森に夢見る」を演奏します。 

 

 321252571_188s_4

こう書きますと、ものすごいプレッシャーになりますが、残念なことに今ギターに触る時間がほとんど取れずに練習はできていません。あえて書くことで頑張ろうと思います。

28日の愛好家の演奏は閉め切っています。皆さんから送って頂いた演奏曲のプログラミングを行っています。決まりましたら、掲載したいと思います。
視聴の方はまだ受付可能ですので、検討中の方はぜひご参加をお待ちします。

29日のランチ&愛好家演奏会場Swigにも、先日行ってきました。常設の演奏コーナーが出来ていて、受け入れ態勢もばっちりでした。ここでは、アンサンブルもできるスペースがありますので、アンサンブル参加もご検討してみてはいかがでしょうか?
29日は、演奏、視聴とも、まだ若干名受付いたします。

アコラ10周年および29日(日)のイベントについて、中村俊三さんがブログで紹介されています。こちらも参照していただけたら、よりイメージが膨らむのではないかと思います。

http://mitoguitar.blog85.fc2.com/blog-entry-591.html

10周年記念感謝イベントのご案内;

http://acousticlife.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/10-1787.html

.

2014年6月 8日 (日)

マルティン・ルター

Image

職場の人から、共通の知人の方がドイツを自転車旅行し、それを何かの冊子に文章にしたものを見せて頂きました。その中で、マルティン・ルターのリュートを見てきたと書かれていました。

ルターについては、教科書で宗教改革を行った人として知っている程度でした。

ルター(1483-1546)は讃美歌も多く作りは、最もよく知られている「神はわがやぐら」(Ein' feste Burg ist unser Gott)、は1527年-1529年の間に歌詞を書き、リュートで作曲したそうです。リュートもフルートもうまかったそうです。


Image015150x150

ウエブから引用ですが、
ルターが求めたのは、読者に誤りなく真の意味を伝えるよう、学問の無い人にもわかりやすいよう、また、言葉が美しくよい響きであるよう心掛けた。“書かれたドイツ語でなく、語られたドイツ語” 大学では、ドクターと名のついたほどの名説教をしたというらしいから、 これはもう、ルターが人気があったのは一目瞭然だろう。しかも、新しいドイツ語礼拝で中心にしたのは、コーラス。みんなで歌って、信者の心をわしづかみにしようとした。しかも、当時のいわゆる流行歌や、カトリック教会の礼拝で歌われている、スタンダード聖歌讃美歌の、替え歌をドイツ語で作っている。 そして、何より当時の最新テクノロジーの”印刷”という方法を使ったことによって、 より多くの人が、その歌本を手にすることが可能となった。
  
    

Lutherlied1

「神はわがやぐら」は、バッハの編曲によって知られる曲でもあります。

「コラール」というのは、無伴奏で、混成四部合唱で歌うのが一般的で、特にルター派のこの時代の讃美歌のことをいいます。けれども、この四声で歌われたりするのは後期・コラールと言いまして、ヨハン・セバスチェン・バッハのカンタータから取られたもののことなどを指しています。ですから、「コラール」は、言ってみれば、讃美歌の原点と言ってもよいものなのです。また、今日では「コラール」と言えば、ドイツ・ルター派の教会音楽のことだというふうに一般的に受け止められているようです。

とのことです。(だいぶ省略しましたが、引用が長くなりました)

バッハだけでなく、メンデルスゾーン、ワーグナーやドビュッシーなども、ルターの讃美歌の影響を受け作曲をしているとのことです。

http://www.youtube.com/watch?v=7Tcei7mPlzw

ザビエルが鹿児島に来てキリスト教を伝えたのが1549年で、昨年生誕450年だったダウランド(1563-1626)より、少し前の時代になりますね。

.

2014年6月 1日 (日)

宮下祥子関東レッスン会・発表会

Dsc01507


新宿 角筈区民ホールで宮下祥子関東レッスン会・発表会がありました。

21名の演奏がありました。

演奏者の画像です。
2部途中からは控室に居ましたので画像はありません。

Dsc01497

Dsc01498_2

Dsc01501

Dsc01502

Dsc01503

Dsc01504

Dsc01505

Dsc01508

Dsc01509

全体に発表会としてはレベルが高い内容だったと思います。後半はギターコンクールの入賞者(加瀬さん、黒江さん、川田さん、上原さん、坂本さんなど)の演奏でした。私は準備時間がなく、茨城レッスン会でレッスンを受けた曲でない曲での参加となってしまいました。


最後に宮下先生によるアラビア風奇想曲、大聖堂、羽衣伝説の演奏がありました。この発表会は一般にも無料公開しており、集まった聴衆から大きな拍手がありました。

Dsc01513

真夏のような暑さで打上のビールが旨かったでしょう。
私は打上には参加できず帰り、常磐線でビールを飲みました。水戸で空き缶をゴミ箱に捨てて席に戻って勝田になったら降りる準備をしていたら。。。
車掌から終点ですと起こされました。ちょっとの間に寝込んでしまっていたんですね。幸い、上野で一本特急を見送って次の勝田どまりの電車に乗ったのでセーフでした。過去に何度も磐城まで行ってしまい帰ってこれなくなったことがあり、こんなこともあるかと用心したのが良かったようです。


.

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ