« Hakuju ギター・フェスタ2014 | トップページ | アルトフィールドレッスン会 »

2014年8月26日 (火)

ディラ マスタークラス

前日のリサイタルは本当にすごかった。そのせいか、マスタークラスにはプロの演奏家も大勢来られていた。
福田進一さん、佐藤弘和さん、小川さん、松田弦さん、キュヒさん、等々。
愛好家の知人では、水出さんが群馬から来られていた。

魔法のような演奏をするディラが何を考えているのか、その一端がうかがえ、とても有意義なマスタークラスでした。

受講者/受講曲
堤  千花/バッハ:リュート組曲第2番BWV997よりプレリュード
井本響太/トゥリーナ:ファンダンギーリョ
斎藤優貴/ポンセ:ソナタ・ロマンティカ第1楽章
菅沼聖隆/アセンシオ:《内なる想い》より第2楽章〈輝き〉、第5楽章〈苛立ち〉

バッハのプレリュードでは、最近コンクールでこの曲が課題曲になっていて7人がそれぞれ違った弾き方をしていた、ということで、最初のフレーズを例にスタカート気味に弾く場所、レガートに弾く場所を変えることで印象がどう変わるのかということでレッスンが始まりました。正解を見つけるよりも、まず、どうしたらどのような印象になるかをよく聞いて理解し、その結果からどういう弾き方をしたらいいかを自分で判断するようにするということです。古楽の専門家が何人か集まってもそれぞれ異なることをいうことはよくあること。
同じ和音の連打でも、サンバ、アフリカ音楽、クラシックでの弾き方は当然正解が異なる。ディラはクラシックはエレガントであるべきだという考え。自分はエレガントでないからといって笑わせていました。

レッスンの総括として、自分は他の楽器が大きなフレージングで美しく演奏するのを聴いて、そのラインの作り方を勉強した。ギタリストはボンボンと出しているだけ。音と音とのつながりが大切と話していました。また、美しい音の秘訣はとの質問に、良い音を出そうとすることが大切で、そういう意識があれば、爪や弾き方をいろいろ変えることで音は良くなっていくというようなことを言っていました。


140825_175802_3

レッスン中の言葉;

・先生がジョークを言ったら面白くなくても笑わなくてはいけない

・アーティキュレーションのための運指を考える

・音の方向性が大切、アポヤンドも活用できる

・緊張とリラックス

・フレーズの要求する音と拍の要求する音の違いを楽しむ

・ジェスチャーが大切、指揮

・長いフレーズの弾き方を研究する、聴衆はそういった成果をフォローする

・和音をアルペジオ風に弾くことの意味を考える(雰囲気が変わるのでむしろ使わない)

・ソナタ形式 構成 対比 リリカル、器楽的、スケルツオ

・セーハでのビブラートのかけ方

・想像力をもって演奏することは大きな変化をもたらす

・演奏家は長所、短所がある

・メロディの表情付けを大切にしている




.

« Hakuju ギター・フェスタ2014 | トップページ | アルトフィールドレッスン会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ディラ マスタークラス:

« Hakuju ギター・フェスタ2014 | トップページ | アルトフィールドレッスン会 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

無料ブログはココログ