« 井上仁一郎ギターコンサートプログラム | トップページ | 弦楽器フェア »

2014年10月25日 (土)

アルヴァロ・ピエッリ

Images_2

ピエッリのリサイタルに、ヤマハホールに行ってきました。

チケットは取れなかったのですが、Sさんが譲ってました。席は前から5列目、中央の通路側でとても良かったです。ありがとうございました。

最初のパガニーニのソナタはちょっと音が小さいかなと思いましたが、自在な演奏でびっくりしました。次はアルベニスの組曲エスパーニャから4曲とセビリアを演奏。このプレリュード、ソルチーコ、何といっていいか分からないほどの演奏で、伊達さと繊細さというかスペインの中にフランスを感じるような演奏でこれを聴けただけでもう満足でした。休憩にワインを頼みましたが、出るまでに時間がかかり出てきて1分もしないうちに後半開始のアナウンスで、一気に飲みほして後半へ。バリオス4曲のうち扇の国は現代的な感じで新鮮でした。隅におけない曲という感じでしょうか。「最後のトレモロ」はややつくり過ぎの感じも。プログラム最後のヒナステラのソナタは圧巻でした。完全にコントロールされた演奏。アンコールはフォルクローレのような曲を演奏、こういうものには天性のものがあるのでしょう、聴きほれます。そして再登場して、ロボスのエチュード4番、これがまたこれまでに聴いたことが無いような美しいフレージング、終盤で12番の期待感が浮かんできました。そして、やはり、そのまま12番を演奏。これが巨匠の十八番なのか、という感じの素晴らしい演奏で、ピエッリのギターを堪能いたしました。

Pieri5_2

会場にはアコラに来られるSKさん、Yさんなども来ていました。
サインをもらって帰りました。家に着いたら、もう翌日になっていました。

   

その感動と期待で、マスタークラスにも行ってきました。

昼食をとってから定刻に会場に入りました。会場はホールではなくサロンで、5列目でしたがフラットな室内で演奏する顔や手元が見えずにあまりいい環境ではなかったです。アコラに来るNさん他も来ていましたが、しっかり最前列の中央で聞いておりさすがです。昼食などをとってのんびりしていたことを後悔しました。

しかし、受講曲に「森に夢見る」があり、そのところはNさんが席を譲ってくれ、良く観ることができました。ありがとうございました。この受講生の場合には、右手の構え方についての指導が多く、音楽的な話は少なかったのが残念でした。会場には、キュヒさんも来ていました。キュヒさんは親指が短いのでやや親指が内側に入っても問題ないが、受講生の場合は親指が長く、弾き方を変えないといけないとのことでした。キュヒさんの森夢は素晴らしいので音楽的な観点からどんな指導をするのか関心がありましたが、そのあたりの話はなかったです。

Pieri2

ブリテンのノクターナルを弾いた人の演奏はなかなか良かったです。ピエッリの指導にも熱が入りおそらくレッスン時間1時間のところを1時間半以上やっていて、まだまだ続きそうなところで、ストップをかけたという状況でした。

全般的に、ピエッリは、まず自分の演奏についてどう思うかと問いかけ、テクニックと音楽的なことを生徒に応じて優しく教えていました。

テクニックとしては、大きなサムライと小さなサムライをうまく使うこと(何のことか分からないと思いますが)や音を切らないように左手の押さえている指を変えるテクニック、ポジション移動時に雑音を少なくする方法など、自分にとっては面白いものがありました。

レッスンは全部で6人あったのですが、全部聞いていると帰れなくなってしまいそうで、4人聞いて帰りました。

+ +

忘れないうちに、キーワードを追記しておきます。

・ブローウエルのソナタ: ポピュラーミュージックの要素が入っている。ブラジル音楽を知らないとブラジル音楽は弾けない。リズミカルなピース。方向性。重要性を分からせることが大切。退屈してしまう。どう弾きたいか?自分の音を聞いているか?自分の音を聞きたいか?リズム。ミクロクレシェンド。音楽は時間の芸術。

・スコットランドの歌による変奏曲:歌うように、楽しんで弾く。エコー。アウフタクト。ヴィブラート、わさび。ソルらしく。ハイドンが参考になる。ギターは音色をつくれることが素晴らしい。イメージした音の作り方を練習する。料理の材料を仕入れるようなもの。親指を支点とした3つのゾーン。移動の前にひじを準備しておく。細かい動きは手首で。

・森に夢見る:インティモ

.

« 井上仁一郎ギターコンサートプログラム | トップページ | 弦楽器フェア »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルヴァロ・ピエッリ:

« 井上仁一郎ギターコンサートプログラム | トップページ | 弦楽器フェア »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ