« 佐藤純一コンサート聴いてきました | トップページ | ギター愛好家の聖地・クラスタ »

2014年11月30日 (日)

第7回クラシックギターの集い

Dsc01849

守谷市の市民交流プラザで「クラシックギターの集い」が開催されました。今年で7回目とのことで、すっかり定着し、満席で椅子を追加するほどでした。

Dsc01851


Dsc01846


ポンセのアンダンテという地味な曲をあえてやってみましたので、アランブラと組み合わせてみました。最後まで聴いて頂けてほっとしました。ありがとうございました。
 

   
Dsc01853

Dsc01855


Dsc01856

ソロあり、デュオあり、アンサンブルあり、クラシックあり、ポピュラーあり、お子さんからシルバーまで、和気あいあいとした、良いコンサートでした。聴きに来られている方々もギターを弾かない方の方が多いようですが、この会を楽しみにされていることが良く伝わってきます。主催者のご準備も行き届いて関心致しました。
今日は勝田~柏~おおたかのもり~守谷と電車を乗り継いでいきました。守谷駅と会場間は、行きは立川さんに、帰りは長塚さんに運転して頂き、ありがとうございました。


Dsc01854

いちむじんの宇高さんが会場に見えられ、飛び入りでご挨拶。結婚され、フルートをされる奥様と守谷で音楽教室を始められたとのこと。守谷でギターが加熱しそうですね。

+ +

この会には2009年(第2回)から呼んでいただいています。今年で本当に終了とのことで、残念です。以下、当時の画像です。

2009oct_003k

主催者の細川さんのご挨拶、「ギターを広めたいとの思いから集いの会にふさわしい この丸い建物を選びました、、、、」
2009oct_004

お嬢さんかと思いましたがお孫さんだったのでびっくりしました。

+ +

夜、ひたちなか市文化会館小ホールで「水戸ギター・アンサンブル演奏会」があり、聴きに行ってきました。

Dsc01858


Dsc01859


Dsc01860

こちらも、ソロ、デュオ、アンサンブルがあり、アンサンブルは、アンサンブルAとアンサンブルBという2チームが演奏しました。大勢の方が聴きに来られ盛況でした。中村先生の指導のもとで、きっちりとした演奏だったと思います。時間の関係で全部聴けなかったのが残念でした。

+ +

ポンセのアンダンテ(ソナタ・ロマンティカ第2楽章)ですが、最初は原典版を立ち読みしてセゴビア編とあまり変わらないと思い、セゴビア編でやっていました。音の流れで強弱が分からないところがあり悩んでいましたが、高田先生から原典版をチェックした?といわれ、念のために、購入して良く観てみました。そうしましたら、悩んでいたところ辺りを中心に和音がシンプルに変更され、クレシェンド、デクレシェンドが逆転していることが分かりました。テーマが何回か繰り返されますが、ポンセは強弱関係を逆転させて大きな流れを作っていました。セゴビアは分かりやすく、弾きやすくということなのでしょう、和音は単純に、同じパターンを繰り返していました。残念なのは、そういった変更は、自分の演奏で自由にやるのは良いのですが、出版譜を自分の演奏に合わせて作ってしまったということです。ひょっとすると、ゴーストライターがセゴビアの演奏を聴いて譜面を仕上げたのでは、なんて思ってしまいます。似たようなケースはコンポステラでもありました。
愚痴になりますが、学生のころロボスのエチュードを独学でやろうとして、譜面に間違いがあることを知らずに、訳が分からなくなってやめたことがありました。譜面の間違いは、罪作りです。
逆のケースでは、ソルの悲歌風幻想曲の当時の出版譜には記載ミスがあります。原典だろうと思い真に受けると失敗するケースもあります。
  

+ +

トレモロのいい曲があるということで、細川さんが楽譜を貸してくれました。
齊藤太計雄の幻想曲という曲でした。少し弾いてみたら、伊福部のギター曲に似た雰囲気の曲でした。トレモロというよりもトッカータ風ですかね。伊福部の曲よりコンパクトなので弾きやすいかもしれません。どんな曲なのか検索してみましたが、さすがにyoutubeなどの演奏はありませんでした。

参考ブログ

この曲、ギタリスト溝淵浩五郎に捧げられたものです。溝淵氏は私が高校の同好会で使ったカルカッシ教則本の編者でもありました。

金曜日、混み合う帰りの電車で、早く並んで席を取って、売店に行って戻ってきたら、もう満席になっていました。しばらくして、同じ列の通路を挟んだ席から声をかけられました。高校の時、クラシックギター同好会があって、一緒にやっていたKSさんでした。奥さんと一緒で、表彰があり天皇陛下に会ってきたとのこと。名刺を交換したら県の校長会の会長になっていました。叙勲だったのでしょうか。昔話をしていたら勝田まですぐについてしまいました。アコラの活動を始めた2004年に飯泉昌宏さんのコンサートをひたちなか市文化会館で開催しましたが、そのとき強力にサポートしてくれました。その後、もう一回飯泉さんを今度はアコラに呼びましたが、その夜に彼が水戸でも飯泉さんのライブを主催しました。それ以来会っていませんでした。偶然の出会いにびっくりしました。

.

« 佐藤純一コンサート聴いてきました | トップページ | ギター愛好家の聖地・クラスタ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第7回クラシックギターの集い:

« 佐藤純一コンサート聴いてきました | トップページ | ギター愛好家の聖地・クラスタ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ