« 愛好家の会(5/31)開催しました | トップページ | アコラ・フレンズ@アコラ (6/21) »

2015年5月31日 (日)

佐藤純一ギターコンサート@アコラ

佐藤純一さんのコンサートがアコラの愛好家の会で開催されました。

8年ぶりのアコラでの演奏です。
  

Dsc02204

◇プログラム
  
「粋な軽騎兵」の主題による変奏曲
「もしも私が羊歯ならば」の主題による変奏曲
「魔笛」の主題による変奏曲
「マルボローは戦場に行った」の主題による変奏曲
                      ……以上、ソル

………休憩………

大聖堂………バリオス
ラマンチャの歌………トローバ
アランブラの思い出
アラビア風奇想曲
ラグリマ
ベニスの謝肉祭の主題による変奏曲………タレガ




Dsc02206

前半はオール、ソルの作品で、ソルと今回使用する楽器:ラコートについてのお話などを交えながら、行われました。


Img_1364

Dsc02207

 

Dsc02209

後半は、田辺ギター(サトジュンスペシャル2?)

Dsc02212

Dsc02211


Dsc02213


Dsc02214

熱い拍手!

アンコールはアデリータ。

リクエストがあり、ラコートでソルのエチュードを演奏。 

Img_7460

CDも好評だったようです。

打上はいつもの店で。

Img_7536

今回は、栃木から初めてアコラに来られた方もいて、いろいろな話題で盛り上がりました。

佐藤さんを始め、皆さん、お疲れ様でした。

+ + +

サトジュン(佐藤さん)からのメッセージです。

「昨日は大変お世話になりました。
ありがとうございました。

ゲストはいつも愛好家にアドバイスをしてると聞きましたので、ここに総体的なアドバイスを書いて送ります。

たとえ音を小さくしてでも、もっと力を抜いてレガートな演奏をした方がいいと思います。それでも十分に音は鳴りますから。
肩や手腕の脱力は気をつけているでしょうが、背中、特に肩甲骨の周りの脱力にも努めてはどうでしょうか?
レガートを意識するためには自分の音のアタック音だけでなく、伸びて消えて行く様子をよく聞きながら、次に発するアタック音がどの程度までの力加減ならレガートにつながって聞こえるのかを感じてみてはいかがでしょうか?

これからの皆様の発展を願っています。」

+ + +

Nさんから感想を頂きました。

「昨日は、お世話になりありがとうございます。
佐藤純一様には、始まる前に乙女の祈りの曲の質問をその日ののりで聞いていました。
心よく聞いてくださり、私のギターで弾いてくださいました。

佐藤様の腕にかかりますと、私のギターの音色が素晴らしく奏でられました。
今までの悩みが解消され意欲が湧いてきました。
佐藤様のコンサートでは、持ち味がよくでて、楽しく素晴らしかったです。

アンコールの演奏で、ギターの音が響いて、終わるにはもったいなかったと私は思いました。もう一曲とは、言えませんでした。」

+ + +

Mさんからの感想;

「さとじゅんさんのラコートによるソルの変奏曲は素晴らしく、
聴き入りました。弾き進むにつれて音色に表情が出てきたように感じました。さとじゅんさんの音楽もしっとりと落ち着いていてラコートの音色にぴったりでした。

ロマンチックギターの生演奏をこんなにまとめて聴いたのは初めてですが、すっかり魅了されました。
やはり、生演奏はいいですね。」

+ + +

佐藤さんとは直接関係ないですが、7月5日に栃木県で愛好家のプチ発表会があり、足利市観光も兼て、参加する予定です。

.

« 愛好家の会(5/31)開催しました | トップページ | アコラ・フレンズ@アコラ (6/21) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤純一ギターコンサート@アコラ:

« 愛好家の会(5/31)開催しました | トップページ | アコラ・フレンズ@アコラ (6/21) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ