« 菅原 潤 特別講演会 (旧HP復旧) | トップページ | 愛好家の会(7/26) 自由演奏会の状況 »

2015年6月23日 (火)

アコラ・フレンズ コンサート 御礼!

アコラ・フレンズのコンサートが、6月21日にアコラ(marisのアトリエ)で開催されました。

大勢の方が来てくださり、厚く御礼を申し上げます。

盛況で予定した受付が終了してからも嬉しい参加申し込みがあり、夏のスリッパが足りなくなり追加しました(笑)。




Dsc02220


Dsc02257

司会進行 鈴木

 
第1部 ソロ

Dsc02258

長塚 彰  あの日に帰りたい (松任谷由美)
        ラ・クンパルシータ (ロドリゲス)

Aa2


Dsc02259

熊坂勝行  カンタービレ (C.P.E.バッハ)  
        アリア第5番 (クレンジャンス)

 

Dsc02260

園城寺哲男  禁じられた遊び (ルビラ)




Dsc02261

鈴木幸男 トリーハ (モレーノ・トロバ)
       アラビア風奇想曲 (タレガ)
       ショーロ (ペルナンブコ)

 

第2部 四重奏


Dsc02262

M_img_6590

主よ、われ汝を呼ぶ (J.S.バッハ)
マンドリン協奏曲ハ長調 (ヴィヴァルディ)
ミスター・ロンリー (ヴィントン)
ティコ・ティコ (アブレウ)

 ・アンコール  川の流れのように

演奏前からいろいろハプニングがあったが。。

ブログの時間が取れずにいましたら、すでにいろいろ書いて頂いていました。

あれやこれや

こちらにも

 

○打上

Dsc02229

乾杯 長塚


Dsc02231

中村さん


Dsc02232

千葉さん


Dsc02233

山崎さん


Dsc02236

魚津さん


Dsc02237

圷さん


Dsc02238

幕田さん


Dsc02239

鈴木昌良さん


Dsc02240

豊崎さん


Dsc02242

細川さん


Dsc02241

峯村さん


Dsc02243

細谷さん


Dsc02245

山本さん


Dsc02246

橋居さん

Dsc02244

甲斐さん

Dsc02247

谷さん

Dsc02248

鈴木俊彦さん


Dsc02249

バンジョー演奏 園城寺


Dsc02251

中野さん

Dsc02252

田崎さん


Dsc02253

中締め、お疲れ様。

 

中締め後も、さらに宴は続く。。

Dsc02254


Dsc02256

 

皆さま、どうもありがとうございました。

県内の重鎮、ギターサークルの代表者、コアなギター愛好家の前で演奏するのは緊張しましたが、最後まで聴いて頂きましてありがとうございました。
貴重な感想、ご意見、いろいろありがとうございました。

リベンジなったでしょうか?

アコラ・フレンズのフルメンバーでの演奏は、来年のギターフェスティバル in つくばまで、なさそうです。

8月下旬に、ひたちなか市市民ギャラリーで鈴木幸男さんと私とで催しを検討中です。

その際は、またよろしくお願いします。

+++

Mさんから感想を頂きました。

素晴らしい時間を過ごさせていただき、心から感謝します。

アコラ・フレンズは、打ち上げの席でも感想を述べさせていただきましたが、4人の実力者が噛み合って、素晴らしいアンサンブルでした。ギター4重奏の場合、4オクターブもない音域に、4つのパートが絡み合いのは難しいなあと感じられることもあるのですが、今回はすっかり魅了されました。特に最後のティコティコでは、鈴木さんのメロディーラインが、他の3人に支えられて気持ちよく歌っており、早めのテンポにもかかわたず、しっかりとしたアンサブルを聴かせていただきました。
さすがアコラ・フレンズです!

熊坂さんのカンタービレにすっかり聴き入りました。映画「阿寒に果つ」の持つ雰囲気が突然蘇りました。封切り当時かどうか記憶は曖昧ですが、私はこの映画を観ていました。この映画の持つ独特の雰囲気が自分の中に残っており、それが音楽によって蘇ったことに驚きました。もちろん、今までこの曲の作曲者が誰なのかなど全く知りませんでした。熊坂さんが「映画の雰囲気で弾きます」といった言葉が非常によく理解できました。そして、抑え気味?に弾かれたロボスのエチュードがその雰囲気に妙に合っていました。
帰宅後、熊坂さんの昨年10月のブログを探して読みました。現代ギター5月号の真鍋理一郎氏の追悼記事と楽譜を眺めました。タンスマンへのインタビュー記事の掲載された1969年12月号は、渡辺範彦のパリコン優勝を特集する号で、今でも私の書棚に残っています。タンスマンー範彦ー真鍋ーカンタービレー阿寒に果つー熊坂さんの演奏と不思議な繋がりを感じます。ちなみに、映画「阿寒に果つ」は、1975年6月21日の封切りだったのですね!40年目の記念日に、熊坂さんのカンタービレを通じて映画に再会できたというのも驚きです!

次回7/26も是非参加したいと思っています。
小暮さんのタンスマンとフランスの作品がたいへん楽しみです。

+++

身に余る感想、ありがとうございます。
私の中では映画「阿寒に果つ」の冬の阿寒湖の荘厳でクリスタルなイメージが強烈で、カンタービレに続いてエチュード1番が自然に出てきたものです。違和感を感じない不思議な組み合わせだと思って演奏しています。
「阿寒に果つ」を観られた方がいたというのも驚きました。

.

« 菅原 潤 特別講演会 (旧HP復旧) | トップページ | 愛好家の会(7/26) 自由演奏会の状況 »

コメント

ご盛会おめでとうございました。
聴きに伺いたくてうずうずしたのですが、数日前に水戸へ行ったばかりで疲れて寝込み、すごく残念でした。ぜひまたアコラ・フレンズのコンサートを開いてください。楽しみにしています。

岩渕さま
 コメントありがとうございます。
 なかなかメンバーがそろえないのですが、もう少し露出度をあげてもいいかも知れませんね。
次回やるときは、ぜひよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アコラ・フレンズ コンサート 御礼!:

« 菅原 潤 特別講演会 (旧HP復旧) | トップページ | 愛好家の会(7/26) 自由演奏会の状況 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ