« 市民ギャラリー | トップページ | ブリランテと角圭司リサイタル »

2015年7月12日 (日)

根幹の肖像

2015sorseminar

茨木市で、「根幹の肖像」と題されたイベントが開催されています。

      

[Lecture-Concert講演と演奏] 
 ソルの生い立ちと作品
 濱田滋郎(おはなし)、
 北口功・大島直・渡辺悠也・藤村良(ギター演奏)

第1部
 スペイン時代、ロンドンからロシアへ
 きらめきホール、7月12日(日)あさ10時

第2部
 パリ時代、そして晩年
 きらめきホール、7月12日(日)午後7時

 

[Workshop有志による演奏と作品背景] 
 ソルの教育的作品に親しむ
 濱田滋郎(おはなし)
 ソルの教育的作品(Op.6,29,31,35,60)より有志演奏

 ワークショップW1
  多目的スタジオ(2階)、7月11日(土)午後6時30分

 ワークショップW2
  研修室304(3階)、   7月12日(日)午後2時00分

会場:茨木市立生涯学習センターきらめき

主催:茨木クラシックギターセミナー実行委員会
協力:茨木六弦堂
ご予約・お問い合わせ:TEL072-646-9185 (茨木六弦堂) /
                avenuemozart@dream.com (北口)

 詳細はこちら

 

* * *

Img_9678


会場の茨木市立生涯学習センターきらめき

「根幹の肖像」は、ソルとその音楽に基づく、感動的な催しでした。

特に北口先生の「悲歌風幻想曲」は熱かった。

 

レクチャーコンサートとワークショップは画像が撮れなかったので、主催側からの提供を期待します。

打上も盛大に行われ、関西のギター愛好家の熱気を十分に感じました。

Img_6581


Img_6866


サンデーギタリスト戸田氏とAご夫妻

戸田さんには十年くらい前にCDを頂きましたが、お会いしたのは初めてでした。ギター全般に詳しく、また熱意のある方ですね。自分が演奏しているというCDを2枚プレゼントしてくれました。

 

ここでの打ち上げの後、場所を六弦堂の教室に移して、懇親会が始まりました。

深夜1時半ごろになって、誰か弾いたらという動きになりました。

私は翌日仕事があるので早朝から移動しなければならず、濱田先生とホテルに帰りました。

おそらく、宴は続き、夜明けを迎えたことでしょう。。

Img_7344

北口先生、濱田先生、主催および協力された方々に感謝いたします。

濱田先生にアコラ活動の原点となったことをあらためてお伝えすることができました。

 

* * *

Acoustic Life (アコラ)について:

◆「ギターは演奏者の心が聴く人の心に直接伝わる、心から出て心へと伝わるものである。」 (濱田滋郎氏)

◆アコラは「上質の音楽を少人数で楽しむ」サークルです。

ギターという楽器は音量が少なく、大ホールではその魅力を十分に感じることが困難な場合があります。が、

もし、小人数で聴くとしたら、ギター以上に多彩な音色、表現を持つ楽器はないのではないかと思います。

 Tarreg_2


2004年1月

.

« 市民ギャラリー | トップページ | ブリランテと角圭司リサイタル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 根幹の肖像:

« 市民ギャラリー | トップページ | ブリランテと角圭司リサイタル »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ