« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月30日 (日)

デュオ・アコラ 2nd. ギャラリーコンサート 御礼

Dsc02420

「デュオ・アコラ 2nd. ギャラリーコンサート」を行いました。
天気が悪い中、聴きに来てくださった皆様に御礼を申し上げます。


Dsc02415


Dsc02417

今回は、MMM(みなとメディアミュージアム)にちなんだ写真展での演奏でした。


10


11


12

演奏曲目など

***

鈴木さんは、クラシックギターの王道ともいうべきスペインもの、ソルのエチュード、アルベニスのグラナダ、タレガのアラビア風奇想曲、グラナドスのゴヤの美女を演奏しました。

特に、ゴヤの美女は、あの時代の妖しい雰囲気を良く伝えるすばらしい演奏でした。
曲の解説も良かったです。

 

これは、私の蛇足ですが、
ソルはマドリードでアルバ女侯爵に仕えていました。
また、同時期にゴヤもアルバ女侯爵に仕えていて、こちらは女侯爵といい関係だったようです。それを表した女侯爵を描いたゴヤの絵があります。
そして、ゴヤの美女のモデルとなった女性はゴヤとも関係があったようです。
また、ゴヤの絵にギターを弾いている猿の絵があります。
あれは、ソルではなかったのかなんてことを、昔、あれこれ想像したことがあります。

今回は、前半に私が演奏しました。後半に鈴木さんが正統派の魅力的な演奏をしてくれるので、私の方はかなりマニアックな曲を選曲させていただきました。

メルツの「ヴェルディのオペラ・リゴレットより」、コストのロンド、バリオスの森に夢見るを演奏しました。
メルツは最近何回か演奏していますが、コストは約10年ぶりです。49歳でギターを再開した時にこの曲を弾くことを目標としました。
北口功さんのレッスンを受け、その後、初めて参加したGGサマースクールでもレッスンを受けました。この時は、高田元太郎さんと稲垣稔さんのレッスンでした。この二人は対照的な指導方法でしたが、とても刺激的で、今も懐かしい思い出です。
あれから約10年弾いていませんでした。当時はメロディが横に流れるような流麗な曲という印象でしたが、先日練習していたら新田次郎の八甲田山が浮かんできました。
3つの作品番号を持つ独立した曲を一つの「アルプスのパッセージ」というタイトルで当時出版したものです。ロンドはその最後の楽章です。もっと演奏されてもいいかなと思います。

森に夢見るは、ここで行った新春コンサートで途中で迷走し断念したことがあるので、リベンジとして演奏、今回は中間部で1、2小節迷走しましたが、なんとか最後までたどり着くことができました。

デュオは、前回の演奏を復習し、良くなったと思いますが、ケアレス(老眼性?)かどこを弾いているか見失って、鈴木さんにご迷惑をおかけしました。
良いフォローをもらい幸い大事には至らなかったようです。

***

感想を頂きました。
大変ありがとうございます。

(Yさん)

ゴールデンコンビですね。
ふたりのソロもすごいです。
また演奏してくれるときは行きたいと思います。 

 

(Mさん)

すばらしいコンサートをありがとうございました。
実力者ふたりの演奏はもちろん、曲の紹介などのトークもあって、前回以上に充実したコンサートだったと感じました。

前半のメルツとコストの普段聴けない曲に聴き入りました。メルツが、歌劇の場面展開を見るようで、すばらしかったです。一部だとおっしゃていましたが、全部まとめて聴いてみたいなと思いました。

鈴木さんのスペインものはやはりいいですね。特にゴヤの美女がなんともいえない雰囲気を感じ好演でした。
教えていただいた月光の編曲者の秋山公良をWebで調べてみました。いろいろ編曲している方のようですね。ひとり二重奏の月光がYouTubeにありました。

3rd、4thと回を重ねられることを期待しています。

***.

2015年8月23日 (日)

デュオ・アコラ 2nd. ギャラリーコンサート

最近、夏休みがあった分仕事が忙しいことや夏バテ気味か、暑気払いと称して飲む機会が多いせいか、デュオ・アコラの1st.ギャラリーコンサートの後、あまりギターを弾く時間が取れていません。
8月30日(日)のデュオ・アコラ2nd.ギャラリーコンサートに向けて、土曜日にやっと弦を交換しました。2ヶ月以上交換していませんでした。
合わせの練習には別なギターを使っていましたが。。

Duoacora


10月に東京・本郷の名曲喫茶で「ギターと木管の夕べ」という会を検討しています。その準備で、フルートの方と合わせる練習をしました。ジュリアーニのデュオを予定していましたが、こちらが考えていた曲と違う作品番号の曲を準備してきており、結局、フルートがメインなのでその曲をやることにしました。ギターは結構難しく、またひとつ宿題が増えてしまいました。
それと、当時の楽譜(ファクシミリ)は、音符が小さく、かすれていたり、FとPの識別もつきにくく、誤植もあるなど間違いやすいですね。
実施までにはいろいろハードルがあるようです。


今日は、守谷で取手ギターサークル(あすなろ)と土浦でさとうちゅうさんのコンサートがあるので、出かけてきました。

時間帯が重なるので早めに出たことが逆効果で、ついつい、いろいろ寄り道をしてしまいました。

Dsc02398 

Dsc02400 Dsc02402

Dsc02404


守谷市民交流プラザは会場を勘違いしたことも重なり、予定していた到着スケジュールより1時間ほど遅れてしまいました。ちょうど始まったところでしたが、主催者や演奏される方々とあまり話ができませんでした。

Dsc02405_2


Dsc02406_2


Dsc02407


取手ギターサークルのコンサートは大変盛況でした。

この後も聞き逃せない演奏が続きましたが、残念ながら第1部を聴いて、次の会場に移動しました。

しかし、予想以上に道が混んでおり、土浦市民会館に着いたのは3時半ごろになってしまいました。さとうちゅうさんのコンサートは終わってしまったかと思いましたが、まだ前半の最後の曲でした。
(後で、本人から、バッハのチェロ組曲は繰り返しをしない予定だったが、繰り返してしまったというMCがありました。)

Dsc02414

Dsc02410


今回は、新曲はやらず、これまで愛奏してきた曲、印象深い曲をとりあげたということで、弾きなれた感じでした。

このコンサートシリーズは33回目ということで、毎年続けていくにはかなり大変なことと思いました。終演後、記念撮影などをされているようでしたが、予定もあり、簡単なご挨拶で会場を後にしました。

その後、8月30日のデュオ・アコラ2nd.ギャラリーコンサートの会場の展示状況を観に行く予定にしていました。
ところが、ひたちなか市は夏祭りの最中で混雑の中、やっとギャラリーにたどり着きましたが、閉館になっていました。定休日:火曜日、8時までやっているという札を出しながら、6時にはクローズしていました。夏祭りなのでしょうがないですね。

せっかくなので、ウィンドウ越しに中の写真を撮りました。
今度は、湊線の写真展です。

Img_7775


Img_9079

今日は、ギター演奏をいろいろ聴き、また、運転中は、先日のデュオ・アコラの演奏を鈴木さんがCDにしてくれたものを聴いていました。TさんがDVDにしてくれた動画も観ましたが、ずいぶん勉強になります。自分が演奏したものを復習するということは、なかなか厳しいものがありますが、次回の演奏には非常に役に立ちそうです。
ふくしゅうと入れたら復讐と出ました。リベンジという意味ではこちらでも良さそうです。

 

デュオ・アコラ2nd.ギャラリーコンサート

ひたちなか市 市民交流センター(JR勝田駅前) 
8月30日(日)14:00 - 15:30頃 <入場無料>

デュオ
  ・ゴンチチ  放課後の音楽室
   ・ソル  月光

ソロ
  熊坂勝行
    ・メルツ  ヴェルディのオペラ リゴレットより
    ・コスト  ロンド
    ・タレガ アランブラの思い出

    ~休憩~

  鈴木幸男
    ・ ソル モデラートop.32-1、アンダンティーノop.35-17
  ・アルベニス グラナダ 
  ・タレガ アラビア風奇想曲
  ・グラナドス  ゴヤの美女
 
デュオ
 ・莉 燦馮  紫陽花 

<曲目は変更の可能性があります>

 

デュオの曲目は同じですが、演奏は少し変える予定です。
ソロは前半はロマン派の3大ギタリストの作品、後半はスペイン名曲ものという構成です。
ギターの代表的な名曲とともに、メルツ、コストの歴史に埋もれた作品も演奏します。
ということで予定していましたが、ソロの曲は全て変えるということで、「アランブラの思い出」を「森に夢見る」に変更する予定です。チラシにはアランブラの思い出となっていますので、当日口頭で説明をします。

ご都合がつきましたら、よろしくお願いします。

***

Img_1191


Img_9452


Img_1972

.

2015年8月19日 (水)

ミントに縁が。。

○この前の、デュオ・アコラのギャラリーコンサートの時に、ミントとローズマリーの入ったものを飾りました。(土曜日)

Img_9180

 

○その翌日、家の塀の外のミントが大きくなりすぎたので草刈機で刈りました。市の緑のゴミ袋、5つ分を処分しました。(日曜日)

 

○その翌日の月曜日に、昔一緒に仕事をした人、3人で新丸ビルで暑気払いをしました。

その時、飲んだことが無かったのでメニューからモヒートをたまたま選んでみました。

Mint


これは、ラムをベースに、大量のミントが入ったお酒でした。
爽やかでおいしかったです。

 

○今日、ランチにピザ屋に行きました。ランチパスポートを使うと、ここで650円のものが500円になるので結構賑わっていました。

Img_6150

店内に実験で使うようなガラスの箱があり、その中でミントを栽培していました。

鑑賞用なのか、それとも料理用なのか聞いたところ、料理に使うために育てているとのこと。水耕で蛍光灯のようなもので照らしてるようですが、元気がなく、食用にどうなのかなといった感じでした、

Img_9345

帰りに気づいたのですが、店の外でもミントを育てていました。(その上の写真)
実用とディスプレイを兼ねているようです。

ゴミ袋に5つ分のミントがちょっと惜しくなりました。

.

2015年8月 9日 (日)

デュオ・アコラ 1st. ギャラリーコンサート

「デュオ・アコラ 1st. ギャラリーコンサート」をひたちなか市の市民交流センターで開催しました。
今日は若干涼しくなったとはいえ、猛暑の中、多くの方にお運びいただき、本当にありがとうございました。途中で椅子を追加しました。

Tさんが最新の機材で録画してくれましたので、安心し、画像を撮り忘れてしまいました。
ギャラリーの木村さんが画像を送ってくれましたので、追加しました。

 

Dsc02304

Dsc02311


Dsc02303

感想を頂きまして、ありがとうございます。今後の励みになります。

(Nさん)
ディオ・アコラデビューおめでとうございます。
息があってて、聴いていて気持ちよかったです。
盛り上がり、小さく出した音も綺麗で、お互いの演奏がお互いを引きたててました。
アンコール曲も素敵でした。

(Mさん)
プレリュート3番は美音と色彩のある演奏スタイルにぴったりで、予想通りの好演でした。
アリアは、説明された通り、バッハを感じさせられます。
バッハは、やはりいいです。是非弾き込んで下さい。
Duo アコラもすばらしかったです。月光の編曲は初めて聴きましたが、もう一度じっくり聴きたいです。いずれの演奏もしっとりとして、とてもいい雰囲気が感じられました。
Duoアコラのクラシック曲も聴きたいですね。
いつもながら、素晴らしい時間をありがとうございました。

(Tさん)
素晴らしい演奏を聴かせていただき
ありがとうございました。

Img_9180


次回は8月30日(日)です。

デュオの曲目は同じですが、演奏は少し変える予定です。
ソロは前半はロマン派の3大ギタリストの作品、後半はスペイン名曲ものという構成です。
ギターの代表的な名曲とともに、メルツ、コストの歴史に埋もれた作品も演奏します。
ご都合がつきましたら、ぜひ聴きに来てください。

◆デュオ・アコラ 2nd.ギャラリーコンサート プログラム

デュオ
  放課後の音楽室(ゴンチチ)
  月光(ソル)

ソロ
 熊坂
    ヴェルディのオペラ リゴレットより(メルツ)
  ロンド(コスト)
  アランブラの思い出(タレガ)

  ~休憩~

 鈴木
  モデラートop.32-1、アンダンティーノop.35-17(ソル)
  グラナダ(アルベニス) 
  アラビア風奇想曲(タレガ)
  ゴヤの美女(グラナドス)
   
デュオ
  紫陽花(莉 燦馮)

.

2015年8月 6日 (木)

なんでもアリーナ

Img_8491

8/8に演奏するひたちなか市民ギャラリーを下見してきました。

今回は、なんでもアリーナという企画の展示です。


Img_7661


Img_4860


Img_9990


Img_9611

2015年8月 2日 (日)

長塚彰・ペオネス ミニコンサート

Dsc02390

ギター文化館で長塚彰・ペオネス ミニコンサートがありました。


Dsc02393

第一部 長塚彰 ソロ
①ヘンツェ/ノクターン
②ソル/月光
③ソル/ニ長調のメヌエット
④ベルナンブーコ/鐘の響き
⑤ジョン・レノン/ノルウェーの森
⑥ポール・マッカートニー/And I Love Her
⑦ロドリゲス/ラ・クンパルシータ
⑧ソル/魔笛の主題による変奏曲

Dsc02397

ペオネスは長塚、石塚、荻野と寺田さんがメンバーですが、今日は長塚、石塚、荻野さんの3名で演奏。

ペオネスとはギターの横板と表面版を接続する部材の名前とのこと。

Dsc02394


Dsc02396

第二部 ペオネス 
①ショパン/雨だれの前奏曲(Trio)
②レスピーギ/イタリアーナ(Trio)
③レスピーギ/シシリアーナ(Trio)
④ゴンチチ/放課後の音楽室(Trio)
⑤ビントン/ミスター・ロンリー(Trio)
⑥J.S.バッハ/2つのメヌエット(Duo)
⑦C.P.E.バッハ/マーチとボロネーズ(Duo)
⑧アルマラン/ある恋の物語(Trio)

3人のベテランの個性で和気あいあいとしたステージを見せてくれました。
長くやっているだけに、多彩なプログラムでした。

打上にも誘っていただき、楽しい時間を過ごしました。
ありがとうございました。

.

2015年8月 1日 (土)

映画と音楽

Dsc02377

Dsc02378


Dsc02379


Dsc02380


Dsc02382


Dsc02373


Dsc02384

Dsc02386


Dsc02385


Dsc02387


Dsc02389

知人のアトリエで、「映画と音楽」という会があり、誘われて行ってきました。

私は、「禁じられた遊び」の絵にちなんで、ロマンスと、リクエストのアランブラの思い出を演奏しました。アランブラと映画というと、いくつかあることは知っていますが、実際に映画は見たことが無く、関連付けに悩みました。演奏は爪の具合が良く、割と安定していたようです。

来週のギャラリーコンサートの良い練習になりました。

リュートとフルート・トラヴェルソという珍しい楽器によるヴァイスのシャコンヌの二重奏が演奏されました。いろいろマニアックな方がいるものだと感心します。

ピアノやクラリネットアンサンブルによる演奏がありました。演奏者は映画の解説などされていましたが、それが演奏とどう関わるのか今ひとつ伝わってこなかった。

主催者はチェロ、クラリネット、フルートを演奏し、多才なところを披露していました。暑い夏の日で、ロックインジャパンの初日でしたが、ここは、静かな時間が流れていました。

参加者に学生が多いということは良いですね。

.

デュオ chotto(10/25)コンサートの告知

アコラで、デュオ「Chotto」のコンサートを開催します!

2009aug_006

・10月25日(日) 開場:14:30 開演:15:00

・デュオ「chotto」コンサート   

  谷島崇徳(G)・中田由紀乃(Fl)

  前売り:2500円 当日:3000円

◇プロフィール 

中田由紀乃 
東京学芸大学教育学部芸術課程音楽科卒、
フルートを宇野浩二、金昌国、中野富雄、三村園子の各氏に師事。
横浜市民広間演奏会、国際芸術連盟新人推薦コンサート、神奈川県立音楽堂推薦音楽会、戸塚クラシックコンサート、茨城県新人演奏会等に出演。

谷島崇徳
MIjapan GITマスターコース修了
高崎芸術短期大学音楽科作曲専攻卒業
同大学専攻科及び研究科ギター専攻修了
作曲を松本玲子、クラシックギターを伊藤博志各氏に師事

 

◇プログラム

一部 ソロ 
フルート  
・タンゴエチュード第3番 (ピアソラ)
・ソナタイ短調 (C.P.E.バッハ)


ギター 
・6つのアイルランド民謡から (ジュリアーニ)
・澄み切った空  (シネーシ)


二部 デュオ 
・2つのカンドンベ(プホール)
・タンゴの歴史~Night Club(ピアソラ)
・中世風組曲(ドゥミヤ)
  1.Sicilienne
  2.Sonnerie
  3.Apres une page de Ronsard
  4.Ronde

・タンブーラン(ゴセック) 
・グランドソナタ(ジュリアーニ)
  1楽章
  4楽章

 

なお、賛助演奏として、一部の最後に私も参加させて頂きます。
谷島さんとのデュオで「一夢人」を演奏する予定です。

バラエティに富んだ内容です。

ぜひ、聴きにいらしてください!

このお二人のアコラでのコンサートは2009年以来となります。

 

谷島さんからのメッセージ

.

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ