« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月23日 (水)

10月のコンサート(谷島さんからメッセージ)

フルート&ギターデュオ「chotto」の谷島です。
 
フルートの中田由紀乃さんとはかれこれ5年以上はデュオ活動をしてますが、フルコンサートは今回は初となります。
 
プログラムは
 
一部 ソロ
 
フルート  
・ソナタイ短調 (C.P.E.Bach)
・タンゴエチュード第3番 (ピアソラ)
 
ギター
・6つのアイルランド民謡から (ジュリアーニ) 
・澄み切った空  (シネーシ)
 
賛助演奏 熊坂&谷島
・一夢人 (長岡 克己) 
 
二部 デュオ
 
・カンドンベ(プホール)
・タンゴの歴史(ピアソラ)から 
 Night Club
・中世風組曲(ドゥミャ) 
1.Sicilienne
2.Sonnerie
3.Apres une page de Ronsard
4.Ronde
・タンブーラン(ゴセック)
・グランドソナタ(ジュリアーニ)から
 1楽章
 4楽章
 
といった感じで、一部は各々のソロで後半デュオとなっております。
前半のソロは、ピアソラ、ジュリアーニ、カンドンベつながりで「澄み切った空」と後半のデュオに関係した曲を選びました。
 
無伴奏のフルート曲はけっこうあるのですが、あまり聴く機会は多くないかもしれません。
タンゴエチュードの3番は後半の「Night Club 」に似たカッコイイ曲で、フルート奏者にも人気の曲です。
 
私の方はジュリアーニの何を弾くか迷いましたが、ちょっとマニアックなアイルランド民謡集にしてみました。
2曲弾く予定ですが、アイルランド民謡と古典アレンジが意外にも(?)マッチした隠れた名作だと思います。
 
デュオはこれまで演奏していたレパートリーから選曲しました。
南米ものからクラシックの流れで、組曲やソナタからいいとこどりした形です。
全曲だとちとツライという方にもピッタリです。
いずれも長く弾いているものですので、企画ものではない常設デュオならではの演奏を目指したいと思います。
 
本格的な内容を軽く聴けるよう工夫してみたつもりですので、ぜひ軽い気持ちでいらしてくださいね!
 

・10月25日(日) 開場:14:30 開演:15:00

・デュオ「chotto」コンサート   

  谷島崇徳(G)・中田由紀乃(Fl)

 詳細はこちら

 

***

Img_0597_2



一夢人のデュオの練習をしてきました。

一夢人は長岡克己がデュオの「いちむじん」のために作曲したものです。いちむじんは長岡さんの曲を多く演奏・録音していますが、なぜかこの曲は演奏してくれないと長岡さんが言っていました。

その後、谷島さんの教室(Felice音楽院)の近くにある「サロン・ド・テ なかやま」でランチ。
水戸でお茶が一番おいしいところです。
                                                                                          (熊坂)

 

.

2015年9月21日 (月)

東京国際ギターコンクール

2015年、第58回東京国際ギターコンクールは、12月5、6日にハクジュホールで開催されます。

第2次予選の課題曲は、ソナタロマンティカ Ⅰ&Ⅱ/M.M.ポンセ、自由曲は8分以内のプログラムです。

また、本選の課題曲は、前奏曲、アリア、トッカータ/原嘉寿子、自由曲は三つの時代を満たしたプログラムで演奏の正味時間20分以上30分以内。 ①ルネッサンス、バロック期の作品、②1750年頃より1920年頃の作品、③1920年頃以降の作品

第1次予選(課題曲は社交界の小品op.36-1/F.ソル)を通過したのは以下の18名です。

H.Strathdee、H.M.Medina、D.Lancelle、X.Jara、L.J.Min、M.Kang、H.Huang、C.O'Connor、T.D.Giovanni、小暮浩史、宇田奈津美、坂本和奏、飯野なみ、藤原盛企、松澤結子、小菅裕之、福井浩気、山田唯雄。

アコラで演奏していただいた小暮さん、松澤さん、また、12月の愛好家の会のゲストに呼んでいる山田唯雄さんも第2次予選に進まれ、凄いことになりました!

課題曲がソナタロマンティカのⅠ&Ⅱということで、例年のバッハではなくなったようです。Ⅱ楽章は好きなので楽しみです。

原嘉寿子の曲は以前の課題曲にもなったことがあるようです。

***

先日のDuoアコラギャラリーコンサートから、しばらくあまり練習をしていませんでした。あの時弾いたコストについては、当日、この曲は普段のエレガントなコストとは少し違った曲というようなことを話しましたが、今はやはりこの曲もエレガントに弾く曲だったと考え直しています。クラシックの曲は丁寧に弾くのがなにより大切です。

一音一音聞かせるような静かな曲があう季節になってきました。

秋ですね。

.

2015年9月14日 (月)

山田唯雄コンサート @アコラ

Dsc00569


◇12月12日(土) 愛好家の会 (ゲスト:山田唯雄)

 

◇プロフィール(山田唯雄 Io Yamada)

1995年2月13日生まれ。大阪府柏原市出身。

京都市立京都堀川音楽高等学校を経て、東京音楽大学に入学。

2歳の頃より父である山田直樹にクラシックギターの手ほどきを受け、これまでに藤井敬吾、江間常夫、荘村清志、高田元太郎の各氏に師事。

小学校一年生よりコンクールに出場し始め入賞を重ねる。

第16回名古屋ギターコンクール第一位、

第38回日本ギターコンクール第一位、

第21回山陰ギターコンクール第一位。

 
デビット・ラッセル、松永一史、ステファノ=グロンドーナ、パヴェル・シュタイドル、アルヴァロ・ピエッリ各氏のマスタークラス受講。

現在は同大学に音楽学部器楽専攻として2回生で在籍。

各地で演奏活動も行っている。

2015年 スペインギターコンクールで優勝! 

2015年 東京国際ギターコンクール第4位!

 

◇プログラム @アコラ

B.Britten/Nocturnal
B.ブリテン/ノクターナル

H.W.Henze/Drei Tentos
H.ヘンツェ/3つのテントス

J.Manen/Fantasia Sonata
J.マネン/幻想ソナタ

V.Asencio/Colletici intim
V.アセンシオ/内なる想い

 ※曲目は一部変更となる可能性があります。

 

◇スケジュール

 13:30~ 愛好家の演奏会

       休憩 (tea time) 

 15:30~ 山田唯雄 ギターコンサート

 

◎参加者の募集を開始します。 

 料金は、2,000円(飲み物付) です。 

◎ゲスト演奏に先立って、「愛好家の演奏会」があります。

 演奏希望者は、曲名を連絡ください。

 愛好家の自由演奏会のプログラム

 

+++

重厚なプログラムです。

20世紀を代表するギター名曲集といってもいいでしょう。ブリーム、セゴビア、イエペスといった巨匠に捧げられた作品を、20歳の山田さんがどんな演奏をするのか、本当に楽しみです。マネンの幻想ソナタは最近弾かれだしているようです。

 

ブリテンは昨年のピエッリのマスタークラスで、アセンシオは東京音大のコンサートで聴きましたが、大変すばらしかったです。その時はコンクールの実績などは知らなかったのですが、大変な実力のある若手だと思いました。
その時のインパクトで、今回のコンサートをしていただくことをお願い致しました。

Yamada2_2


2014年のピエッリのマスタークラス@ヤマハでの画像

今年も、ピエッリのマスタークラスを受講されます。

.

2015年9月13日 (日)

中村ギター教室発表会

中村ギター教室発表会を聴きに行ってきました。

大勢の方で駐車場がいっぱいでした。

緊張の中にもこれまでの練習の成果を感じさせる、しっかりとした演奏が多かったように思いました。

Dsc02421_2

Dsc02422_3


Dsc02424


Dsc02425


Dsc02426


Dsc02427


Dsc02428


Dsc02429


Dsc02430


Dsc02432

Dsc02433



最後は中村先生の演奏。

Dsc02434


Dsc02435

「ありのままで」は、ギターにあった好編曲でした。

レゴンディは、本人からかなり長い曲という説明がありましたが、長さを感じさせない熱演でした。

アコラに来られている方も多く、落ち着いた味わいのある演奏をしていたように思います。

◇プログラム

1. 大きな古時計(ワーク)      藤原時泰  藤原 優  
2. カチューシャ(ロシア民謡)           藤原時泰
3. イタリア風舞曲(ノイジトラー)         藤原 優
4. 琵琶湖周航の歌(小口太郎)         久保田敬一
   アメイジング・グレイス(伝承曲)
5. この広い野原いっぱい(森山良子)      河井由美子
   アレグレットト長調(カルカッシ)
6. コンドルは飛んでゆく(ロブレス)        真分 昭
7. ノクターン(ヘンツェ)               奥山 論
8. エチュード(コスト)                鈴木恵一
9. 月光(ソル)                    小池清澄
10. 禁じられた遊び(A.ルビラ他)         赤沼増美
11. ノクターン(ショパン)              澤畑敦史
12. ワルツ(ソル)                   根本 滋
13. グリーン・スリーブス(カッティング編)     甲斐 洋

 

14. トロイメライ(シューマン)           清水和夫
   夜想曲(フェレール)         
15. 枯葉(コスマ)                  鈴木俊彦
16. ワルツ(タレガ)                 関 義孝
17. 二つのメヌエット(バッハ)           有我 等
    ブーレ ~リュート組曲第1番より(バッハ)
18. ラリアーネ祭(モッツアーニ)         石川博久
19. サンバースト(ヨーク)              及川英幸
20. サラバンド(ヘンデル)             佐藤智美
21. 涙のパヴァーン(ダウランド)         佐藤眞美
22. アルマンド ~リュート組曲第1番より(バッハ)
   メキシコ民謡(ポンセ)              米沢洋樹

23. ありのままで(アナと雪の女王より)      中村俊三
    序奏とカプリッチョ(レゴンディ)  

2015年9月 5日 (土)

福田進一ギターリサイタル

Hukuda116b

今日は、福田進一のギターリサイタルに行ってきました。

還暦を迎え、ピアノのコンサートのように大曲4、5曲の、自分がやりたいプログラムにした、ということで、以下の重厚なプログラムでした。

ソル:魔笛の主題による変奏曲 作品9

J. S. バッハ(福田編曲):シャコンヌ BWV 1004

ウォルトン:5つのバガテル

ブリテン:ノクターナル 作品70

マネン:幻想ソナタ  作品A22

 

楽器は、サントス・エルナンデス。

 

お客さんがいっぱいで、最前列になってしまいました。

福田さんの美音と、演奏中に歌っているのが良く聴こえました。

さすがにマエストロの演奏でした。

ソルの魔笛は良かったです。

最前列は見上げるようで疲れます。

マネンの幻想ソナタはYoutubeにもいろいろありましたが、福田さんの演奏は抜群に聴かせる演奏でした。

アンコールのタレガは2曲とも名演奏でした。

 

***

Img_8800

庭のマスカットが実りました。今年は気候のせいか、ばらつきが大きく、甘いものは少なくまだ食べる前なのかすっぱいものが多かった。

2kg位取れたので、ジャムを作ってみることにしました。とりあえず、クックパッドのレシピに合わせ1kgやってみました。


Img_1815

水分が多すぎたようで、冷えても固まらないので、リサイタルから帰ってきてから、再度煮詰め直して冷やしています。

味はまだ試していません。

出かけている間に、Tさんが来てくれたようで、先日のキャラリーコンサートのDVDが郵便受けに入っていました。

ありがとうございました。

これから観てみます。

.

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

無料ブログはココログ