« ギター愛好家の会(12月)のプログラム | トップページ | 第58回東京国際ギターコンクール本選結果 »

2015年12月 5日 (土)

第58回東京国際ギターコンクール二次予選

第58回東京国際ギターコンクールの第二次予選が東京HAKUJU HALLで開催されました。

本年の出場者18名のうちスペイン人1名が欠席で17名が参加。邦人は9名。
国内ギターコンクールの頂点にふさわしい白熱した演奏が披露されました。
審査員は荘村清志、福山敦子、建孝三、松本平行、渋谷環、若生智彦、柴田健。

 

本日の二次予選を通過されたのは、以下の6名!(演奏順)

Dsc02528



Cameron O'CONNOR:アメリカ

Davide Giovanni TOMASI:イタリア

小暮 浩史:日本(フランス在住)

Damien LANCELLE:フランス

山田 唯雄:日本

Xavier JARA:アメリカ
  

明日の本選が楽しみです。

+++

リハーサルの様子

Dsc02514

宇田

Dsc02515

山田

Dsc02516

JARA

 

演奏後、結果発表までの間の時間。この時間が観衆にとっては、また楽しみです。

Dsc02518

LANCELLE

Dsc02519

福井、小暮、山田

Dsc02520

山田さん、12/12のアコラでの演奏が楽しみです!

Dsc02525

TOMASI、LANCELLE

Dsc02531

松澤さん、良い演奏だったが惜しかった!

 

小暮さんは、仏留学の成果でしょう、音楽が一回り大きくなったという感じで、文句なしの本選出場。

JARAはミスがない高度な演奏。ゴヤのカプリチョス、難しそうですね。

LANCELLEのメルツのLE ROMANTIQUE、こういった曲を名手が弾くと立派なコンサートピースだったことが認識されます。やはりメルツは相当なギタリストだった。

福井さんに話しかけたら、覚えていてくれたようで嬉しかった。10年位前、自由ヶ丘で明石現さんのサマースクールでレッスンを受けていた。あの時はテデスコのボッケリーニ讃歌の第4楽章を無茶苦茶に弾いていた中学生。それがレッスンでみるみるうまくなっていった。とうとう、ここまで来たという感じ。今はフランスでペロアに師事しているとのこと。今回の課題曲もテデスコの地中海風前奏曲を個性的な演奏で魅了させてくれた。

日本勢の最年長は小暮さんで27才、山田さんは20才、若い方は小菅さんが15才、そして坂本和奏さんは13才というからびっくり。将来が期待できます。

 

二次予選演奏順

1 Cameron O’CONNOR アメリカ
2 坂本 和奏 北海道
3 Davide Giovanni TOMASI イタリア
4 HUGO Moltó MEDINA スペイン※欠席
5 飯野 なみ  神奈川
6 藤原 盛企  大阪

7 Hamish STRATHDEE オーストラリア
8 LIM Jaemin 韓国
9 小暮 浩史 フランス在住
10 KANG Minseok 韓国
11 福井 浩気 フランス在住
12 松澤 結子 埼玉

13 Damien LANCELLE フランス
14 HUANG Hanyuan 中国
15 山田 唯雄 東京
16 宇田奈津美 大阪
17 古菅 裕之 神奈川
18 Xavier JARA アメリカ

.

« ギター愛好家の会(12月)のプログラム | トップページ | 第58回東京国際ギターコンクール本選結果 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第58回東京国際ギターコンクール二次予選:

« ギター愛好家の会(12月)のプログラム | トップページ | 第58回東京国際ギターコンクール本選結果 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ