« ギャラリーコンサート開催しました | トップページ | 国分寺クラスタ »

2016年1月30日 (土)

週末ギタリスト

Img_4339


雪が少し積もりました。

明日の勝田マラソンは寒そうです。
(もちろん走りませんが)

 

通勤で時間がとられるため、最近は週末しかギターが弾けず、週末ギタリスト状態です。

この状態だと、どうしても集中してギターを弾いてしまうので指を壊してしまうことが心配です。また、日々0.3ミリ位、爪が伸びてくるそうで、1週間では2ミリ伸びるので、せっかく爪を整えても、また最初からやり直しになってしまいます。

通勤時間を有効に活用したいと思っています。
CDがたまってきたので、また解説文をよく読んでいなかったCDが多く、CDプレイヤーを買いに行きましたが、昔のような手元で選曲ができるようなものはもう無くなっていました。CDの解説文が読みたかったので、また、CDから移す作業が面倒なので、ipodは最初から考えていませんでした。しかし、結局、ipodを購入することにしました。

とりあえず、CD20枚ほど、300曲を入れて聴いています。アルバム単位で聴いていくと、数日で飽きてきます。これには先入観もあるでしょう。シャッフルして自然体で聴くとまあまあ良いようです。

演奏者、録音で大分好みが識別されます。音のきれいさ、分離ぐあいなど、CDによってあまりに出来具合が違うのは意外でした。

何回聞いてもいいのはバリオスです。人形の夢のような曲も先入観なく聴くと面白く聴けました。また、当然ですが同じ演奏者もバリオスのこの曲はうまいと思うのと、あっさりして特に印象に残らない場合があります。したがって、曲の仕分けをするなら何人かの演奏をシャッフル機能で聴いたうえででやったほうがいいでしょう。

バリオス以外では、エミリオ・プジョール選集やクレンジャンスの自作自演のCDは良かったです。また、トレモロの曲も意外に幾つもあり、聴き比べするのも面白かったです。

 

Pp6  P3



最近はNAXOSのCDが多いです。若い旬の演奏者を聴けるのと、幅広いテーマで作られていて、値段も安いです。ただ、演奏者が何年も温めていた演奏のCDと比べると、何回か聞くと、もういいかなという印象になります。そもそもギター的な響き重視の曲やテクニック重視の曲は何回も聴くというものではないです。

昔、LPを何度も聞いたという時代に比べると、密度が薄くなったような気がします。

それと、通勤時間の最大の有効活用は睡眠時間の確保です。イヤホーンの質を少し上げてから、心地よい音楽を聴けるのと各停車駅前後での騒がしい車内放送(必要性は認めますが)が遮断されるので、快適です。以前は、ほとんど眠れていなかったことが分かりました。

スマホでYoutubeで聴いているとすぐに制限時間になってしまいますので、その点はipodは良いですが、過去のCDをipodに移す作業はやはり面倒ですね。

+++

現代ギター誌に「粉雪」の楽譜があったので弾いてみたが、どんな曲か忘れてしまったので、Youtubeをみたら、オリジナルと編曲とは全然感じが違っていた。

やはり、特別なことでもない限り、原曲の雰囲気は残してほしい。
ソロギターでは無理なのかと思って、検索したら、蓮見さんの演奏がありました。こっちの方がしっくりきます。昔は蓮見さんのライブを良く聴きました。少し懐かしい。

現代ギター誌は4月から値上げになるようだが、この際、付属楽譜の質を上げてほしい。最近、活用できる楽譜が少なくなっている気がするのが残念です。

この「粉雪」という曲、数年前の曲かと思ったら、2005年の曲ということで、びっくりです。

ついでにこんなのもありました。千本桜

.

« ギャラリーコンサート開催しました | トップページ | 国分寺クラスタ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週末ギタリスト:

« ギャラリーコンサート開催しました | トップページ | 国分寺クラスタ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ