« ちよだいちば | トップページ | ギター文化館でミニコンサートをしました »

2016年4月24日 (日)

6/19 愛好家の会の演奏曲目

6/19 愛好家の会(ゲスト 林 祥太郎)の自由演奏会

 

◇愛好家の自由演奏会の曲目を順次掲載します。(6/11)

・ヴェルディのオペラ「椿姫」から (J.メルツ)

・ピカピカ (作者不詳)

・ワルツ (F.ソル)

・ノクターン (F.ショパン)

・ロジー伯の墓のために (S.L.ヴァイス)

・ソナタ (D.チマローザ)

 ポロネーズ BWV1067 (J.S.バッハ)

・アルハンブラの想い出 (F.タレガ)

・カディス (I.アルベニス)

・バルカローレOp.60-1 (F.クレンジャンス)

・オリエンタル   (E.グラナドス)

 サラバンダ     (E,グラナドス)

・舟歌 (N.コスト)

 プレリュードホ長調 (M.ポンセ)

 ノスタルジア (垂石雅俊)

一応、これで演奏曲目は締め切らせていただこうと思います。
よろしくお願いします。

 

林さんにお願いしてメルツの「コンチェルティーノ」を演奏して頂けることになったので、メルツにちなんで、メルツの曲をやってみることにしました。メルツのオペラ編曲については、これまで次のような曲をいろいろやっています。どれも短縮版でやりました。椿姫はメルツ編そのままでやろうと思いましたが、やはり、多少間延び感があり、いいとこどり版でやります。

 

シャモニーのリンダ (ドニゼッティ)

リゴレット     (ヴェルディ)

シシリアの晩鐘   (ヴェルディ)

椿姫は、タレガ編(アルカス編)が有名ですが、このメルツ編は原曲をそのまま持ってきている感じです。といっても、もちろん、全曲2時間程度のところから名旋律を抜粋して、12-3分程度にまとめています。さらに、私の演奏は一部割愛して10分位にします。

「前奏曲」に続いて、「乾杯の歌」、「プロヴァンスの海と陸」、「過ぎし日々よ、さようなら」など、たぶん聞いたことのある有名な旋律が出てきます。

「金銀プチ」と「アンダンテ」で試しに弾いてみました。

 

.

« ちよだいちば | トップページ | ギター文化館でミニコンサートをしました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6/19 愛好家の会の演奏曲目:

« ちよだいちば | トップページ | ギター文化館でミニコンサートをしました »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ