« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月28日 (土)

小暮 浩史ギターコンサート(8/7)の告知

8月7日(日)、アコラで小暮浩史さんをゲストに迎えてギター愛好家の会を開催します。
               

      S

  
小暮さんから、ご連絡を頂きました。

+++

お世話になっております。お元気でいらっしゃいますか。

私は今ストラスブールにおります。先日は紀尾井ホールでお会いできて嬉しかったです。
3月はちょうどあの前後で東京春音楽祭という企画に出演させていただいておりました。
タイミング的にもぴったりで藤元君の演奏を聴けて良かったです。

アコラのファンの皆様 
ご無沙汰しております、ギターの小暮浩史です。
早いものでフランス・ストラスブールで留学を始めてから丸2年が経とうとしています。
今回も夏の一次帰国に合わせてアコラさんでコンサートをさせていただくことになりました。
大学生のころからお世話になって、ありがたいことに今回で通算7回目となります。
今回はダウランドのリュートレパートリーから、ギター黄金期のアグアド、近代ギターの父であるタレガ、さらには現代のギター作曲家にまで焦点を当てて、幅広いギター音楽の魅力を楽しんでいただければと思っております。夏真っ盛りではありますが、ひたちなかで皆さんとお会いできることを心より楽しみにしております。みなさま是非お越しください。  

小暮浩史

 

◇プログラム

・トッカータインブルー / C.ドメニコーニ

・ファンタジー / J.ダウランド

・序奏とロンド / D.アグアド

・ソナタ / L.ブローウェル

・内なる想い / V.アセンシオ

・グラン・ホタ / F.タレガ


◇プロフィール

小暮 浩史/こぐれ ひろし/Kogure Hiroshi, Guitar

1988年、東京都生まれ。
16歳より独学でアコースティックギターを始め、
その後18歳より本格的にクラシックギターを始める。
これまでギターを高田元太郎氏に師事。
またマヌエル・バルエコ、エデュアルド・フェルナンデス、パヴェル・シュタイドル、ゾーラン・デュキッチ、福田進一各氏
ほか国内外の演奏家のマスタークラスを多数受講している。

JGAギター音楽祭にゲスト出演するなど、現在は全国各地でリサイタルや演奏活動を行っている。
2011年に早稲田大学教育学部社会科学科を卒業。

アルトフィールド音楽教室ギター講師

【コンクール歴】
<ソロ>
2009年GLC学生ギターコンクール大学生の部 第1位
2009年日本ギターコンクール大学生の部 第1位(同時に各部門の最優秀賞である読売賞を受賞)
2010年スペインギター音楽コンクール 第1位
2011年東京国際ギターコンクール 第3位
2012年クラシカルギターコンクール 第1位
2013年日本ギターコンクール オヌール部門 第1位
<アンサンブル>
2010年「Trio福小吉」にて日本ギター重奏コンクール 第1位
同時にHARUMI賞を受賞(Trio福小吉=福井浩気、小暮浩史、吉田潤)
2012年「こーき&ひろし」にて日本ギター重奏コンクール 第1位
同時にフリーバーズ・ベストデュオ賞を受賞(こーき&ひろし=藤元高輝、小暮浩史)

 

◇スケジュール

 13:30~  愛好家の演奏会

        休憩 (tea time) 

 15:30頃~ 小暮 浩史 ギターコンサート

 

◎参加者の募集を開始します。 

 料金は、3,000円(飲み物付) です。 

 

◎ゲスト演奏に先立って、「愛好家の自由演奏会」があります。

 演奏希望者は、曲名を連絡ください。

 愛好家の自由演奏会のプログラムは別途ブログに順次掲載します。

.

2016年5月27日 (金)

深沢七郎ギター愛奏曲集

GWの後、家事・庭などをする時間が無かったので、今週末はそういったことに忙殺されそうです。
また、車検のため車を販売店に持っていく予定です。  
 
先日の「ギターフェスティバル in つくば」の後、ギターに触っておらず、週末は5日ぶりに練習ができたらと思います。
 
 
Dsc02885
 
ギターフェスのゲストで来たクアトロ・パロスの萩野谷さんのご厚意で、「深沢七郎 ギター愛奏曲集」をお借りできました!
 
この曲集は最近ではなかなか手に入らないレアもののようです。
前半には海外の名曲が、後半には日本のいわゆる黎明期の作品が掲載されています。
 
収録内容
•五つのロマンス: 愛のロマンス / スペイン民謡
•メルツのロマンス / メルツ
•パガニーニのロマンス / パガニーニ
•声もなきロマンス / メンデルスゾーン ; タルレガ
•メンデルスゾーンロマンス / メンデルスゾーン ; タルレガ
•アルハンブラの想い出 / タルレガ
•カプリチョ・アラベ / タルレガ
•マリーア / タルレガ
•セビリア / アルベニス ; タルレガ
•ラグリマ (涙) / タルレガ
•トロイメライ / シューマン ; タルレガ
•悲しみの礼拝堂 / ゴメス
•ゴンドリエ / メルツ
•アンダンテ / コスト
•月光 / ソル
•アストリアス / アルベニス
 
•花束の組曲 / 大河原義衛
 松虫草
 あじさいの唄
 鬼けしの踊り
 夕べの木蓮
 アマリリスのボレロ
•夕焼 / 武井守成
•軒訪るる秋雨 / 武井守成
•落葉の精 / 武井守成
•祖母の昔語り / 武井守成
•断章 / 平山英三郎
•香煙 / 大河原義衛
•民謡調即興曲 / 平山英三郎
•噴水 / 小栗孝之
•くちなしの花 / 小栗孝之
•前奏曲"雨" / 永田哲夫
•紡ぎ唄 / 小栗孝之
 
 
山下和仁のCD「黎明期の日本ギター曲集」で取り上げられた曲ともかなり重なっており、深沢の慧眼に感服します。
 
また、この曲集の譜面を見ながら山下の演奏を聴くと、山下のCDを聴いただけでは気づかなかった、譜面そのままではなく微妙にくずしたような演奏をしていることが分かりました。山下の和音楽に対するアプローチなのか、面白い。
残念ながら、深沢自身が弾いているLPは、一部分はネットから聴きましたが、全部はまだ聴けていません。(ネット情報は、以前のブログを参照してください)
 
長塚さんがそのLPを持っていたとのことで、長塚さんのマニアさにも驚きました。
 
ネットに永田哲夫作曲の「前奏曲"雨" 」がありました。
これも、存在感のある作品ですね。
これを演奏している青木一男が演奏している武井守茂作曲の「星を見る」もなかなか味わいがあります。
武井作品はマンドリンにも良いものが多いようです。
.

2016年5月23日 (月)

ギターフェスティバル in つくば 2016 その2

〇ゲスト演奏 クアトロ・パロス

Dsc02889


Dsc02891


Dsc02892


Dsc02893


Dsc02894

夫々の素晴らしいパフォーマンスで、会場も一つになって盛り上がりました。


Dsc02895

曲中でちょっとした趣向がありました。


Dsc02897

花束贈呈


Dsc02898


アンコールのインスピレーションは、最高にのってました。

〇打上

Dsc02899

進行は、長塚さん

Dsc02900

 

参加9団体の代表から、それぞれ挨拶

Dsc02903


Dsc02904

Dsc02905


Dsc02906


Dsc02907


Dsc02908


Dsc02909


Dsc02910


Dsc02911

Dsc02912

〆はリベルタ



Dsc02915

Dsc02919

クアトロ・パロスからも、アンサンブルの練習の仕方や楽しいお話がありました。

もう少ししたら、CD第2弾が発売になるそうです。

 

この後は、自由に、それぞれ会話や写真撮影などを楽しみました。

今回はCD第1弾を持ってこられたので、購入しました。

 

14年間継続して来られた関係者の方々に敬意を表します。

Syugou2_3

           


+++

このイベントでは観覧者から各団体に対するアンケートを、その日のうちに渡していただけます。それを鈴木さんがとりまとめてくれたので、掲載します。無記入を含め60以上の感想を頂きました。ありがとうございます。これからの励みになります。

○全般的な感想
・メロディー弾き素晴らしいです.多くの練習成果を感じられました.
・努力がつたわりました 感謝
・力強く.みんなそろって良かった。
・良かった.3曲目が大変良かった
・四人の方のバランスがとても良く.安心感がある。編曲もよかった。
・まとまっていて良かったです.
・力量有るメンバーが強く揃って聴きやすかったです
・音が一人ひとりしっかりしていた。
・それぞれ大変良かった.毎回素晴らしい曲、演奏有難うございました。
・4人ながら迫力あり.
・とてもよくそろっていて、きれいでした.
・力強くて 自然に足でリズムをとっていた。
・きれいな音で安定感がありました
・男ディズムを感じました。渋くてよかったです。
・とても優しい音色でうっとりしました。これからもがんばってください?
・早い曲でも指がきれいに動いてよかったです。
・音がしっかりして聞き良かった。
・真に弦楽器を弾いているという感じで とてもよかったです.
・ギターが本当に好きな方達だと感じました。
・軽快な音がとてもキレイでした
・音は良かった。明るい曲が聞きたかった。
・良かったです

○曲まで触れた感想
・2曲とも好演奏でした。特にビバルディのソナタ。
・トリオソナタは良い曲ですネ ヴィヴァルディの曲とは知りませんでした 若大将もいいネ
・1楽章ごとにメロディ担当を変えての工夫が良い。音の出し方、表現がよい。
・①編曲・演奏ともにお見事です.②懐かしい青春時代を思い起こします。演奏している皆さんもそんな感じが出てました。
・トリオソナタそれぞれにメロディーをひいてみなさんとてもすてきでした。君といつまでももとてもすてきでした
・日本のメロディーを入れるとは良い
・軽く楽しい曲ありがとうございました。「君といつまでも」良かったです
・トレモロ上手ですね 左手をふわりとおさえるのが勉強になりました
・「君といつまでも」は加山雄三の映画シリーズのバックミュージックで、日本の曲が、クラシックギターの繊細な雰囲気から、解放されて、気がほぐれたようにさせてくれて良い選曲です
・4人の息のあったえんそうがすばらしかったです 君といつまでものえんそうをきいて、楽しかったです
・君といつまでもとてもよかったですよ。これからも楽しく皆様で演奏してください。
・特に「君といつまでも」多彩な変化で楽しかった.素晴らしい.
・親しみやすい歌謡曲を組入れたのは良かった。
・園城寺さんの演奏に聴きほれてしまいました!特に「君といつまでも」の主旋律は、心はずむ音色で、きいていて気持ちのよいものでした ありがとうございました

○アドバイス
・演奏は上手であったが特別な感激がない
・バロック音楽と君といつまでも、対照対で 君といつまでももっとくずした方が?(原文ママ)
・低音を弾く人がもう少し音大きく、でも良い演奏でした
・トリオソナタむずかしそう。知っている曲は聴いて楽しい。最後のジャン元気がいい 調弦ひんぱんにするのが気になる
・いつも1パートひとりで、きれいな音色で素敵ですね。トリオソナタの三楽章は、もう少しゆっくりの方が1stのスケールがきれいに入ったと思います。トレモロ奏法は、少し残念な感じでした.スミマセン

○意味がよくわからないもの(原文ママです)
・○
・2.0

○無記入18人

.





2016年5月22日 (日)

ギターフェスティバル in つくば 2016年も盛会

「ギターフェスティバル in つくば 2016」が開催されました。

茨城で最大のギターアンサンブルのイベントも今年で14回を迎えました。

Acola


 

アコラ・フレンズの最後の練習は、前日に、「ゆかりの森」で。

Dsc02864

ここで、いろいろ音符の変更もあり、この最後の練習が大事なんですね。

練習した後、近くの店で一緒に夕食をとり、解散。

私は、一人で「ゆかりの森」に泊まりましたが、ベッドがなじまず、よく眠れませんでした。

いつものように5時に起きてしまいました。爽やかな早朝、付近を散策しました。

Dsc02866


+++

会場の「カピオ」入りました。

これはリハーサルでの画像です。

Dsc02868

始まるまで時間があるので、会場入り口に行ってみたら、ゲストのクアトロ・パロスさんに会いました。

気さくに写真のリクエストに応じてくださいました。 

ちょっと怪しい動きですね。(動画なら分かりますが。。)

Dsc02871

 

今年も司会は、黒田さんです。

Dsc02878

自分達の演奏のあと、幾つかのグループの演奏を客席から観ることができました。



Dsc02873

筑波大学

Dsc02876

ギター文化館アンサンブル

Dsc02879

守谷ギターアンサンブル

Dsc02880

GCブリランテ

Dsc02883

ギターアンサンブル・リベルタ

Dsc02881

皆さん、本当にギターが好きなことが伝わってくる良いコンサートでした。

Dsc02874

+++

ゲストのクアトロ・パロスの演奏は、いろいろバラエティに富んで、楽しかったです。

そして、全員での打ち上げ。

(これは別ブログに書きます)

皆さん、お疲れ様でした。

+++

あと、「AMF in ひたちなか~ギターを囲んで~」が10月9日(日)にひたちなか市で開催されます。
皆さまのご参加を募集しています。

皆さんの演奏を、水戸市やひたちなか市の方々にも、ご披露お願いします。
また、今日の演奏のリベンジ組も大歓迎です。
1年間の練習の総仕上げの場としても活用していただけたら、幸いです。

詳細は後ほど、ご紹介致します。

.

2016年5月21日 (土)

良い季節 (アコラのサロン)

いろいろな花が咲きだしました。

室内に入ってくる光も良い印象なので、写真も撮ってみました。

 

Dsc02856

 

Dsc02851

 

Dsc02852

 

Dsc02855

 

Dsc02853

 

Dsc02848

 

+++

Dsc02863

 

Dsc02861



Dsc02857

 

Dsc02859

 

Dsc02860

 

Dsc02862

+++

 

Dsc02760

 

イベントはこんな感じでやっています。 

Aa2

Dsc02259


Dsc02256

 

.

2016年5月20日 (金)

金銀プチ2度目の参加

金銀プチに行ってきました。

銀座でお酒を飲みながらギターが弾けるということで、楽しみにしていました。

しかし、月曜日の帰宅に乗った特急が地震の影響で取手で停まってしまい、少しずつ動きながら、途中から各駅停車になり、勝田駅に着いたのは、翌朝の5時でした。その電車は勝田からは特急に戻っていわきまで行くということで、寝込んでしまうと大変なことになるため、寝ることもできませんでした。

火曜日は用事があったので、家には1時間位帰っただけで、また出勤となってしまいました。そんなこともあり、今週は体力がぎりぎり金曜日までもったという感じで、銀座山荘の5階まで階段を上った時点で、力尽きたという感じでした。

会は新たな参加者が3名来られたということで、にぎわってました。
ビールとワインは結構利きました。


 

かみやんさんとチェロの名手によるV.ロボスのメロディア・センチメンタルも演奏されました。当日の初合わせのようです。

この曲は、以前ブログに書いたオードリー・ヘプバーンが主演した映画で使われた曲でした。聴いたことがある曲だと思いましたが、しばらくは気がつきませんでした。やはり、良い曲です。

皆さんベテランの方々で、それぞれ味わいのある演奏をされ、良い時間を過ごしました。

2回弾く機会が回ってきたので、ヴェルディのオペラ「椿姫」から(メルツ編)と、同じく「リゴレット」を演奏しました。前者は、人前で初めての演奏、後者は、ファイルのビニールが照明で反射して見えないところがあり、そこそこの出来でした。

2巡目になると、弾く方も聴く方もかなり飲んでいるので更に熱くなって。。という感じでした。

明後日は、つくばギターフェスティバルがあるので、明日の夜、つくばで練習し、そのまま泊まってフェスに参加するという流れです。

これで、チャレンジングな5月が乗り越えられたら良いが。。

2016年5月15日 (日)

中村俊三ギターリサイタル

中村俊三ギターリサイタルを聴きに行きました。

Dsc02843


「19世紀のギター作品」というタイトルです。

Dsc02846

前半は、ジュリアーニとソルの作品を、後半はパガニーニ、メルツ、レゴンディの作品が演奏されました。

古典派とロマン派のギター名曲集です。

Dsc02845


Dsc02844

ギター教室の生徒さんも多く見えられ、教育的なプログラムという面もあったようですが、難度の高い曲が多く、たいへん意欲的な内容だったと思います。

パガニーニの大ソナタでは、自作のカデンツア付きで、面白く聴きました。

また、楽器もハウザーⅢと高橋達男の2つを使い分けて演奏しました。
これも、楽器の違いがよくわかり、良かったと思いました。

アンコールは、アルハンブラの思い出と自作のショリーノというブラジル風の曲でした。

 

 

+++

酒、特に日本酒はあまり飲まない方がいいと思っていますが、料理用の日本酒が無くなったことを理由に、コンサートの帰りに酒屋に寄りました。
支払いの時に財布にクレジットカードがありませんでした。カードを使ったのは行きにローソンに寄った時にSUICAで支払った時で、その時にそのまま置き忘れたのだと気づきました。

スマホで地図から店を調べて、連絡したら、保管してあるということで安堵しました。
このまま家に帰っていたら、大変な時間ロスで、やはり途中で酒屋に入ったのは正解でした。

おいしいお酒になりました。

.

2016年5月14日 (土)

ギターフェスティバルinつくば

「ギターフェスティバルinつくば」は、今年で第14回となります。
アマチュアギターアンサンブルでは県内最大級のイベントになっています。

Flyer

アコラ・フレンズの演奏曲目は、ビバルディの「トリオ・ソナタ RV85」と加山雄三の「君といつまでも」です。
鈴木さんの編曲です。

観覧無料ですので、お近くの方ぜひいらして下さい!

◇5月22日(日) 13:00〜(開場 12:30)  

会場:つくばカピオホール(つくば市竹園1-10-1)               

参加団体:
ギタルラス・デ・プラタ、アコラ・フレンズ、
ホーム・ギターアンサンブル、
ギターアンサンブル・ウイズ、
筑波大学ギター・マンドリン部、
ギター文化館アンサンブル、
守谷ギターアンサンブル、GCブリランテ、
ギターアンサンブル・リベルタ

ゲスト:クアトロ・パロス

 

+++

Dsc02835


Dsc02836


Dsc02837

今日は、約3時間集中的に練習をしました。その後、食事も含めて約3時間、ギター談義で過ごし、充実した1日でした。

.


2016年5月 8日 (日)

日立シビックセンターで演奏しました

Dsc02829

日立シビックセンターのミュージックトレインというイベントに参加しました。


Civic



Dsc02818

シビックセンターの外の広場では、吹奏楽団が幾つも集まって、合同演奏会が行われていました。なかなか迫力がありました。市民音楽祭という感じのイベントです。

Large


Dsc02822

Dsc02828

Dsc02833

全部で30チームが参加しました。ギターは4チームほど。

谷島さんとのデュオで長岡克己さんの「一夢人」を演奏しました。

アコラにもよく来て頂いている日立市のYさん、Tさんも参加していました。それぞれ、ソロで参加です。

Dsc02824


Dsc02825

 

打上は、日立お魚センターで自分でトッピングが選べる海鮮丼をつまみに、ビールで乾杯しました。

演奏後はこれが最高ですね!

聴きに来てくださった皆様、どうもありがとうございました。

 

 

+++

「お二人の息の合った演奏綺麗でした。

Tさん、元気に演奏できてよかったですね。」

 

感想を頂き、ありがとうございました。

.

2016年5月 7日 (土)

ミュージックトレイン & ジヴェルニー日程変更

Img_4635

明日、5月8日(日)に、日立市のミュージックトレインに谷島崇徳さんと出演してきます。
曲は長岡克己さんの「一夢人」です。
場所は駅前の日立シビックセンターです。

アコラにも良く来られる日立市の方も何名か出場されるそうです。

観覧無料ですので、お近くの方いらして下さい!



Civicmt_2

+++

新ジヴェルニーサロンを立ち上げています。

次回は、6月5日(日)ということで準備していましたが、実家の法事と重なってしまい、大変申し訳ないですが、6月19日(日)10時からに変更して開催いたします。

この日は、午後から愛好家の会があるので、両方出られる方にはむしろ都合が良いかと思いますが、ゲストの出迎えなどでばたばたしそうです。よろしくお願いします。

また、その次は7月3日(日)ですが、中村ギター教室の発表会と重なっているようです。また、私の東京でのレッスン受講日とも重なってしまい、次の週への変更を考えています。

本来は第1日曜日と決めて、何かの理由でできない場合は次に先送りし方が良いかと思いますが、今回は立ち上げ時期につきこのような形で進めようと考えています。

6月5日(日)→6月19日(日) 10:00~

7月3日(日)→7月10日(日) 10:00~

+++

今年のGW、10連休にしました。

いろいろ有意義に過ごせました。

ベンチをリフォームしました。

10年以上前に組み立てキットのようなもので作りました。

屋外用の塗料を定期的に塗っていましたが、ここ数年は手が回らずにほおっておいたら木が腐ってしまい、座ると危険な状態でした。木を交換すればいいのですが、ねじがさびついてしまいどうしようもありませんでした。いろいろ考えて、一番簡単な方法でリフォームしました。1,2年は持つでしょうか。

Dsc02803

誰だったかに、緑色に塗ったらいいのではというアドバイスを頂きました。その時は、意味が分からなかったのですが、新ジヴェルニーを立ち上げるにあたってジヴェルニーの庭のウェブを見ていましたらその理由が分かったような気がしました。

また、10年くらい経つ鉄製のバラのアーチなども継ぎ目からさびだして、このところの強風で折れてしまっていました。

オリーブの木、元気がないので良くみたら、ゾウムシに浸食されていました。幼虫が何匹か巣食っていたのを取り出し、スミチオンを塗ってみました。

ディル、毎年ここからアゲハ蝶が何匹も飛び出していきます。昨年は、どういうわけか見かけなかった。今日、黒い羽根ありが2匹とまっており、根元を見たら、地面から何匹も出てきていた。これが、原因なのか、分からない。

Img_1302

ディルは料理に使えるが、そこまで手が回らないので、ショウブのような香りなので風呂に入れてみようと思う。まったくの思い付きです。

Dsc02807

この時期は、いろいろな花が咲きだします。チェリーセイジの赤は気に入っています。

Dsc02812

モッコウバラの隣にクレマチス。

+++

つくばギターフェスが5月22日にあるので、その準備も少しずつしています。

練習はあと2回。

長いGWももう終わりで、仕事に戻るストレス感が出てきています。

.

2016年5月 4日 (水)

シニアギターコンクール2016

Dsc02774_3

シニアギターコンクーを観戦してきました。


Dsc02802

シニアの1位は鈴木幸男さん、ミドルは廣岡さんでした。

鈴木さん、おめでとうございます! 自由曲「オートイユの夜会」は、最近何回か聴かせていただいていますが1番良かったのではないかと思います。実力が発揮できることも日頃の練習の成果と思います。

シニアの部
1位
Dsc02794

2位
Dsc02793

3位
Dsc02790

4位
Dsc02792

6位
Dsc02789

 

ミドルの部
1位
Dsc02798

 

課題曲のソルでは多くの人が実力を出せずにミスする中、4月にアコラに来られた、Kさん、Sさんはしっかりとした良い演奏でした。

Dsc02773

Dsc02768

Kさんは次点で本選出場ならず。惜しかった!

シニアで2位になったUさんの歌心、4位のKさんのバッハも好感でした。また、3位のKさん、6位のYさんもきらりとしたところがある魅力的な演奏でした。

明らかに弾けている人で、音楽性もあるのに、ミスが出てしまい低い評価となる人がいる。体育会でもあるまいに、コンクールだからと言って競技的になっていないだろうか。これでいいのかな、相撲でも敢闘賞など3賞を設けていますね。

ミドルの課題曲のハーモニックスの部分で、メロディーと伴奏部を理解して弾き分けていた人はほとんどいなかったようだ。

.

2016年5月 3日 (火)

バッハをテーマにしたミニコンサート

Img_2992_2


水戸市にあるfelice音楽教室で「バッハをテーマにしたミニコンサート」があり、参加させていただきました。

 

◇プログラム

ギターソロ 熊坂
・カリフォルニア組曲~
  プレリュードとアルマンド・・・ガジャルド・デル・レイ

ギターソロ 谷島T
・組曲10番から ・・・ブクステフーデ

ギターデュオ 谷島T&熊坂
・一夢人 ・・・長岡克己

ピアノソロ 金澤
・12の小プレリュード ・・・バッハ

ピアノソロ 谷島A
・トッカータ e-moll ・・・バッハ

フルート 高安&谷島A
・ソナタ h-moll ・・・バッハ
・無伴奏フルートのためのソナタ ・・・C.P.E.バッハ


Img_9187

カリフォルニア組曲のプレリュードは、バッハのチェロ組曲第1番をモチーフにしたもの。

谷島さんのブクステフーデは、ブクステフーデがバッハの先輩にあたる音楽家でバッハにも多大な影響を与えたドイツバロック界の巨匠、バッハとバッハリスペクトな作品を合わせたコンサートはよく見るが、逆は少ないかなと思って選んでみた、とのことです。

ギターに合ったいいレパートリーだと思います。

一夢人は、箸休めです。バッハだけでは疲れますからね。ピアノを習っていると思われる小さいお子さんも多く聴きに来ていました。

5月8日の日立シビックセンターのミュージックトレインでも演奏します。

Img_3742

近くのおいしいパン屋さんを案内してもらいました。

.

.

2016年5月 1日 (日)

新ジヴェルニーサロン開催しました

Dsc02760

新ジヴェルニーサロン 5月1日(日)   

参加されました方、お忙しい中、ありがとうございます!!
スタートにふさわしい良い会になったと思います。

 

今回のテーマ: 欧州からの音風

〇ミニコンサート 
   
昔、スペインのコルドバで夜道をあるいていたら、塀の中からフラメンコのリズムとギターが聞こえてきました。パティオに集って楽しんでいる様子で、カルチャーショックというか衝撃を感じました。

ちょうど咲きだしたハナミズキにちなんで、「ハナミズキ」から始まり、ギターの音色が風に乗って運ばれてくるような曲を選曲しました。


〇フリーコンサート、話題提供 

Dsc02752

TSさん、NHKギター教室のテキストの紹介。ご自身のギターとの関わりについて、また河野賢氏の「ギターの楽しみ方」という資料を配られました。

Dsc02751

禁じられた遊びを演奏。
今日は楽譜を持ってこなかったので、残念ながら演奏は1曲のみでした。

Dsc02755

建築家で絵を描かれるKさん。先日、スペインから帰ったばかりで、その時のスケッチをいつくかご紹介いただきました。


Dsc02757

また、スペインで観たフラメンコに感動し、フラメンコギターを始めたという話がありました。
演奏を録画しています。

 

〇次回(6月5日)の予定 

テーマ:ポピュラー音楽(目安です。これにこだわりません)

ミニコンサート:本日参加されたTSさん 

トピックス:Kさんのトレドの街を描いた絵画に音楽をつける。

       
Img_4897s

この絵に似合う曲を自由な感性で選び、演奏してください。

Kさんに実物を展示していただき、希望者に演奏していただこうと思います。
この絵は、昨年の小暮さんのコンサートの時、1日だけアコラに展示していたので観られている方もいると思います。イメージがわきましたら、是非よろしくお願いします。

また、ギターに関する話題がありましたらご紹介をお願いします。

+++

今回は、急に発案したことやGWの最中ということもあったのでしょうか、参加申込予定は5名ほどでしたがいろいろあり、当日は3名で実施しました。6月は既にYさん、Nさんの申し込みもあり、ちょうどいい感じでスタートしそうです。

ギターはいろいろな楽しみができる多様性があるので、これまでの愛好家の会とこの会をそれぞれ実施していこうと考えています。日々の生活の中でのギターに関心があります。参加者、それぞれのライフスタイルの目線で、ギターを使って楽しむ会になったらいいかと思います。サロンの主役は参加者の皆さまです。立ち上げ時期はいろいろ試行錯誤をすることになると思いますが、よろしくお願いします。

 

〇5月のミニコンサート リスト
・ハナミズキ  (マシコタツロウ)
  
・シチリアーナ (作曲者不詳、17世紀のイタリアのリュート曲)
・風笛 (大島ミチル、NHK朝ドラ「あすか」 1999年10月~)
・アルハンブラの思い出 (F.タレガ、スペイン)
・マラゲニア (スペイン民謡)
      
・二人の運命 (D.レイス、ブラジル ショーロギターの偉人)
・Everything (松本俊明、ミーシャ歌)
・時代 (中島みゆき)
・上を向いて歩こう (中村八大)   

.

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ