« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月26日 (日)

那珂湊・わをんマンドリンコンサート

Img_4465

今日は良い天気でした。

  
庭のラヴェンダーとカレープラントがちょうどいい時期です。
Facebookのカバー写真にしました。

駅の近くの広場で、音楽マルシェというイベントがあったので通りすがりに寄ってみました。

バンジョーなどの音楽バンドや民謡・踊りなどと食べ物のテント店のコラボのようです。お昼には人出が予想されますが、午前中はまださほどではありませんでした。

 

+++

マンドリンアンサンブルでギターを弾いている魚津さんから、那珂湊でコンサートをするという案内があり、行ってきました。

途中で那珂湊駅に寄ってみました。湊線に一度乗ってみようと思っていますが、わざわざ乗る機会がないです。駅の近くで、お酒の出るようなイベントがあれば良いのにと思っています。

那珂湊駅はレトロ感が良いです。


Img_0206

ギターの音が聞こえたので入ってみたら、弾き語りをやっている方がいました。
同世代の方でスィングで見かける方です。
陽水が好きなようですね。上手いです。


Img_3858

 

 

コンサートまで時間があったので、その辺を走っていましたら、突然池に着きました。

Img_1482

Img_8833

Img_8394

穏やかで静かないい感じのところでした。

近くでありながら、全く行ったことのない空間ってあるのですね。

白鳥が一羽だけいました。住みついてしまっているのでしょう。

反対側まで歩い行ってみたら、そっちが入口で、なんとAMFの会場の「しあわせプラザ」の隣でした。

 

Waon1

 

コンサート会場の百華蔵。
イベントができるように整備されていました。


Img_3535


Img_1820


Img_3272

四人とも実力がある方できちっとした演奏で、またプログラムや進行も楽しめるよう工夫されていて感心しました。
メンバーは、有坂加奈子、岡野健太郎、魚津ご夫妻。

7、80人くらいでしょうか蔵がいっぱいの観客でした。アコラにも来られる川又さんが隣に座られたのでいろいろマンドリンアンサンブルの話など聞かせていただきました。

実は私も大学でマンドリンクラブにいたことがあり、少し懐かしかったです。クラブは大人数でオケがメインでしたが、今回のような少人数のアンサンブルは初めて聞いた感じで、こういったものは良いですね。昔もそういうものはあったはずだと思いますが、記憶にないです。

7/10のDUO・アコラのチラシも少し渡してきました。

.

2016年6月25日 (土)

7月に向けて

Img_2712

アコラから歩いても行けるところにある「馬渡はにわ公園」の花しょうぶがきれいでした。

 

◇「新ジヴェルニーサロン」  7月10日(日) 10:00からアコラで開催されます。

特に内容は決めずに部活・部室にいるような感じで、参加者中心の会(サロン)です。

参加者を募集中です。ぜひ、よろしくお願いいたします。

前回の内容

 

「DUOアコラ 3rd.ギャラリーコンサート」  7月10日(日)14:00~

市民交流センター(JR勝田駅前)の依頼で、DUOアコラによるギャラリーコンサートを行います。<入場無料>

今年のシニアコンクールのシニアの部で1位になられた鈴木幸男さんのソロ演奏をたっぷりお楽しみください。

Dsc02970

私も、新旧レパートリーで頑張ります。ジヴェルニーサロンと同じ日になってしまいましたが、よろしくお願いいたします。    


◇「AMF in ひたちなか ~ギターを囲んで~」 10月9日(日)に開催されます。

ギターを中心に、他のアコースティックな楽器の演奏、参加者の交流を目的としたものです。会場はふれあい交流館(しあわせプラザ)で、約500人収容の音楽ホールです。

参加者・参加団体を募集しています。

詳細はこちらを参照してください。

Img_4113


Img_2743

会場はアコラの近く(車で10分ちょっと)のところにあり、ひたちなかICからも近いです。

ちょうど、海浜公園のコキア・フェスティバルの頃で良い季節です。

 

◇7月は「ギター愛好家の会」がないので少し時間余裕があり、アコラ以外の場所に演奏会を聴きに行ったり、いろいろと参加をする予定です。

.

2016年6月20日 (月)

林 祥太郎コンサート@アコラ

6月19日、林 祥太郎さんをゲストに迎え、ギター愛好家の会がアコラで開催されました。
               
以下のような順番で演奏されました。

・鳥の歌  (F. モンポウ)

・カタルーニャ民謡より(M. リョベート編)
 盗賊の歌、聖母の御子

・マジョルカ(I. アルベニス)

・暁の鐘  (E.S. デ・ラ・マーサ)

・コンチェルティーノ (J.K.メルツ) 

・哀歌と祈り (F. タレガ)

・グラン・ソロ  op. 14 (F. ソル)

Dsc02972

Dsc02974

Dsc02980

Dsc02983

Dsc02987

アンコール

Dsc02985

アンコールはファリャの主題による幻想曲(F.ガスイ)、フラメンコの奏法による作品で、林さんのフラメンコ音楽に対する思いと技量が伝わります。

 

交流会

Dsc02989

Dsc02990

いろいろな質問に丁寧に話してくれました。

 

咲きだしたイングリッシュ・ラヴェンダーの前で。

Dsc02998

この後、打ち上げに行きました。


+++

林 祥太郎、1989年、福岡県生まれ。カタルーニャ上級音楽院修士課程首席修了。菊地通介、富川勝智、アレックス・ガロベー各氏に師事。ペロワ、グスマン、リカルド・ガジェン他のマスタークラスを受講。2011年、イーストエンド国際ギターコンクール、セゴビア国際ギターコンクールにおいて優勝。2015年、デビューアルバム「カタルーニャ」をリリースし、レコード芸術及びステレオ誌特選盤に選出。

GG誌の付録CDに収録されていた林さんの留学前の学生時代の演奏を聴き、気になっていた若手演奏家の一人でした。
お願いしてメルツの「コンチェルティーノ」を演奏して頂けることになりました。暫く演奏していなかったということで、先週の大阪でのコンサートの後、アコラでの演奏のために準備してくれたとのこと。留学前の演奏も素晴らしかったが、さらにパワーアップした演奏で本当に素晴らしかったですね。


感想を頂きました。

〇KMさんから
今日は、ありがとうございました。
祥太郎様の演奏を聴いて、ギターの面白さを、あらためて感じました。
コンチェルティーノは、ブラボーです。
暁の鐘、アンコール曲も素晴らしかったです。

〇TMさんから
本日は、お世話になりました。
会場に入った時に目に飛び込んできたトレドの風景画を見て、今日のゲストへの配慮かと驚きました。昨年、拝見した時も思いましたが、この絵はこのアトリエにぴったりですね。
Hさんが丁寧に弾かれたクレンジャンスが印象的でした。

林さんの演奏は、その容姿と同様に、端正で音色にも表情があり、きめ細やかな感じでした。メルツは、CDで聴いた時よりも全体の構成感があって非常に良かったです。素晴らしい難曲ですね。
シープレス?のアルカンヘルは初めて聴きましたが、ハカランダとは全く違う印象でした。素晴らしい技巧を修められた林さんが、これからどのように自分らしさを表現していくか楽しみですね。

 

〇HKさんから
昨日のコンサートありがとうございました。林さんの演奏はすごかったですね。練習の仕方や民謡での節回しをとった弾き方など参考になりました。
Facebookに次のような記事を投稿しておきました。
次の機会を楽しみにしています。

ギターコンサートと愛好家の自由演奏会(2016.6.19)
ひたちなか市のアコラで林祥太郎によるコンサートとギター愛好家による自由演奏会が開催された。林祥太郎は、A.セゴビア国際ギターコンクールで優勝するなど数々の賞に輝いた福岡出身の有望な若手ギタリストで、優れた技術とリズム感でスペインのクラッシック、フラメンコ調の激しい曲、哀感にあふれる民謡などが演奏され、素晴らしい演奏を身近に聴くことができた。
演奏後は、ビールを飲みながらリラックスして参加者からの質問に答えてギターの練習法やスペインと日本のギターの指導法の違いなどの説明があったりして、小ホールでのコンサートの良さを楽しむことができた。
自由演奏会では12人のギター愛好家により、オペラ「椿姫」からの曲やアルハンブラの想い出などが演奏され、私も練習用に易しく編曲されたショパンのノクターンOp9-2を冷や汗をかきながら何とか演奏できた。下手なりにもっと楽しく演奏したいという願いはなかなか実現できない。
.

 

ギター愛好家の会(6/19)を開催しました

林 祥太郎さんをゲストに迎え、6月19日ギター愛好家の会がアコラで開催されました。
今回も、茨城県内を始め栃木県、群馬県から参加がありました。

取り急ぎ、画像をアップします。

Dsc02955

メルツ編曲のヴェルディのオペラ「椿姫」から

 

Dsc02958

ピカピカ

Dsc02959

ソルのワルツ 

Dsc02961

ショパンのノクターン


Dsc02964

ロジー伯の墓のために

Dsc02965

チマローザのソナタ 
ポロネーズ BWV1067
しっかりした演奏


Dsc02967

アルハンブラの想い出

 

Dsc03001

バルカローレOp.60-1
丁寧に弾かれたクレンジャンスが印象的でしたとの感想を頂きました。

Dsc02968

カディス

 

Dsc02969

グラナドスのオリエンタル、サラバンダ

絵画にマッチした雰囲気のある演奏

 

Dsc02970

コストの舟歌
ポンセのプレリュードホ長調
垂石雅俊のノスタルジア

ノスタルジアは珍しい

Dsc02971

コストのエチュードニ短調

来年のコンクールにむけて?

.

ジヴェルニーサロン(6/19)を開催しました

新・ジヴェルニ―サロン
6月19日のテーマ:ポピュラー音楽

〇ミニコンサート:鈴木俊彦さん

Dsc02931


Dsc02928


・小さなロマンス(ワルカー)
・枯葉 (コスマ)
・この道 (サビオ)

いつもの練習の通りの演奏でした、との本人感想。
枯葉、いい雰囲気を出していました。


〇フリーコンサート

今、咲き誇る花たちよ、フェスティ・ラリアーネ、ロジー伯の墓のために、ミラネーゼ、スィートメモリーなどが演奏されました。

Dsc02939

Dsc02946

Dsc02951

Dsc02953

〇話題:絵画に音楽をつける

Dsc02935

建築家Kさんのトレドの絵に対して、ホティーリャ、グラナダの花、アランフェスの第2楽章(アダージョ)、カディスなどが演奏されました。

Dsc02937

Dsc02944

Dsc02949

偶然ですが、アダージョを二人が選曲しました。

第2回目は多くの方が参加されました。
和やかな感じが良い、などの感想も頂きました。

〇次回(7月10日)の予定
テーマ:中南米・北米音楽(目安です。これにこだわりません)
ミニコンサート:幕田さん
    (演奏者は参加者の中から次回の演奏者を決めます)

Dsc02954

MさんのハウザーⅡでアラビア風綺想曲

午後の演奏を聴いた林祥太郎さんが、幕田さんの音色をほめていました。
「スペインを感じる」とのことです。

ギターはいろいろな楽しみができる多様性があるので、これまでの愛好家の会とこのジヴェルニーサロンを実施していこうと思います。
日々の生活の中でのギターに関心があります。それぞれのライフスタイルの目線でギターを使って楽しむ会になったらいいかと思います。
サロンの主役は参加者の皆さまです。気楽に遊びに来て下さい。

.

2016年6月11日 (土)

DUOアコラ 3rd.ギャラリーコンサート

20120906073344

 

数日前にDUOアコラにギャラリーコンサートの依頼があり、急きょ、演奏させて頂くことになりました。そういったこともあり、今回はソロギターを中心にしたプログラムとなっています。

偶然ですが、メルツ、コスト、タレガというクラシックギター界のロマン派を代表する3人の作品を演奏します。今回のメルツとコストの作品は、プロでもあまり演奏していない超レアな名曲です。

<入場無料>

◆DUO アコラ 3rd.ギャラリーコンサート

 7月10日(日)14:00-15:00

 ひたちなか市 市民交流センター(JR勝田駅前) 

 

◆プログラム

ハナミズキ (マシコタツロウ)

ヴェルディのオペラ「椿姫」より (メルツ)

 ~ 前奏曲、乾杯の歌、プロヴァンスの海と陸、
   過ぎし日々よ、さようなら、他 ~

アルハンブラの思い出 (タレガ)

                 以上、熊坂

  ~休憩~

 

母の涙 (ケイロス)

ファンタジー (ヴァイス)

舟歌 (コスト)

オートゥイユの夜会 (コスト)

ノスタルジア (垂石雅俊)

                 以上、鈴木

 

月光 (ソル)         DUO 

 

<曲目は変更の可能性があります>

 

お近くの方は、ぜひ、お運びいただければ幸甚です。

 

◆DUO アコラ

  Duoacora

鈴木幸男:第4回シニア・ギタコン ミドル部門 1位
             第11回シニア・ギタコン シニア部門 1位

熊坂勝行:第7回シニア・ギタコン シニア部門 1位       

.

よこはまギターフェスティバル

201605201921051da

井桁先生を中心とした「第3回 よこはまギターフェスティバル」が6月10日~12日の3日間、「みどりアートパーク」にて開催されています。鈴木大介、クアトロ・パロス、井上仁一郎、林祥太郎、秋田勇魚、山田唯雄、井本響太、他、プロ、アマチュアが多数演奏します。

その初日、近くに行く機会があったので立ち寄ってみました。

Img_1221

Img_5904

「フォークソングを歌いましょう」というコーナーをやっていました。
大勢のお客さんで椅子が足りなくなっていました。

Img_6506

ホールでは、アマチュアのソロとアンサンブルが披露され、その後、若手女性3名によるゲスト演奏がありました。

Img_0652

Img_0700

北原有紀、美山華鈴、渡邊茜の3名、それぞれの持ち味を大切にした演奏でした。

渡邊茜は前にミニコンサートを聴いた時とは大きく変わっていてびっくりしました。
タッチによって音楽の幅が大きく変わってくるのですね。

クアトロ・パロスには会えませんでしたが、来週アコラで演奏していただく林祥太郎さん、また伊藤亘希さんと少し話ができました。

.

2016年6月 9日 (木)

種谷 信一ギターコンサート(9/11)の告知

種谷 信一さんから、プロフィールや演奏曲目について連絡がありましたので、ご紹介します。

参加者、募集中です。

 

Taneyas_2

◇演奏曲目

G.サンス  パバーヌ

F.ソル    3つのエチュード(セゴビア編2、5、6番)

              メヌエット(第二グランドソナタOp.25より)

         魔笛の主題による変奏曲

H.ヴィラ=ロボス 

                ヴァルサ・ショーロ

        ガヴォット・ショーロ
   
        プレリュード1、3、5番

 

 

◇プロフィール 種谷信一(たねや しんいち)

1955年生まれ、東京都出身、埼玉県三郷市在住。

ギターを伊東福雄氏に師事。1978年10月より半年間、NHK教育テレビ「ギターをひこう」に生徒として毎週出演し、小原聖子氏の指導を受ける。

神奈川新人ギタリストオーディション第1位、埼玉ギターコンクール第1位、ギター連盟コンペティション全国大会グランプリ、シニアギターコンクール第1位、中部日本アマチュアギターコンクール総合第1位、マスターズギターコンテスト最優秀賞、フォルマール・ギターオーディション最優秀賞、ほか入賞多数。

埼玉ギター協会、神奈川ギター協会、日本ギター合奏連盟会員。

 

◇スケジュール

 13:30~  愛好家の演奏会

        休憩 (tea time) 

 16:00頃~ 種谷 信一 ギターコンサート

 

◇参加費 

 料金は、1,500円(飲み物付) です。 

 

 

◎ゲスト演奏に先立って、「愛好家の自由演奏会」があります。

 演奏希望者は、曲名を連絡ください。

 愛好家の自由演奏会のプログラムは別ブログに掲載します。

2016年6月 5日 (日)

6月ですね

ハードな5月、なんとか乗り越えたようですが、先週ちょっと体調を崩しました。

お酒とコーヒーなど、ドクターストップで、1週間はなんとか続けました。お酒で体調管理をしてきた私にとっては、かなりきついです。いつまで続くのか。。。

6月になり、そろそろ梅雨入りしそうです。

 

◇6月19日(日) 愛好家の会 

募集は6月10日で締め切りとさせて頂きますので、申し込みを未だされていない方は宜しくお願いします。

 ゲスト:林 祥太郎 コンサート

 愛好家の自由演奏会のプログラム

Shotarohayashi004s


林さんは、第3回よこはまギターフェスティバルの6/12(日)に行われる「これから世界で活躍する若手ギタリスト」コンサートにも招聘されています。若手の実力者です。

招聘メンバー;林 祥太郎、秋田勇魚 山田唯雄&井本響太

 

林さんのブログ

 

◇今年の愛好家の会もほぼ予定が決まって参りました。

8月7日(日) 愛好家の会 

   ゲスト: 小暮 浩史

  
  S

アコラ通算7回目、フランス留学の成果に期待が高まります。

 

9月11日(日) 愛好家の会

   ゲスト: 種谷 信一 

 Taneyas

アマチュアギタリストの第一人者です。

NHK教育テレビ「ギターをひこう」に生徒として毎週出演し
小原聖子氏の指導を受け、多くのコンクールで優勝。

 

 

11月20日(日) 愛好家の会

   ゲスト: 松澤 結子

 Matsuzawas

 アコラ2回目、気合を感じます。

ぜひ、皆さんのご予定に入れておいてください!!

.

松澤 結子ギターコンサート(11/20)の告知

「こんにちは。
11/20(日)にアコラさんにて弾かせていただくことになりました、
松澤結子です。

伺うのは昨年の4月以来2回目ですが、またあの響きのよい、明るい雰囲気の中で演奏できることをとても楽しみにしています。
今回は、今まで弾きこんできた曲も多くプログラムに織り込みます。聞き応えのある演奏を目指したいと思っていますので、
皆さまアコラさんにてお会いできれば嬉しいです。

よろしくお願いいたします!

                            松澤結子 」

松澤結子さんから、プロフィールや演奏曲目について連絡がありましたので、ご紹介します。

 

Matsuzawas_2

 

◇プログラム

・ファンタジア (J.ダウランド)

・『おお空よ静かに』による変奏曲 (M.ジュリアーニ)

・タランテラ (M.Cテデスコ)

・序奏とロンド (D.アグアド)

・ティエント (M.オアナ)

・ワルツ第4番 (A.バリオス)

 

 

◇プロフィール (松澤 結子)

7才よりギターを始め、本木盛夫、小原聖子の各氏に師事。

桐朋学園短期大学にて佐藤紀雄氏に師事。

S・グロンドーナ、T・ケイン、W・カネンガイザー、各氏のマスタークラスを受講。

2011、2014年にイタリアのキジアーナ音楽院夏期マスタークラスにてO・ギリア氏のレッスンを受講、及びファイナルコンサートに出演。

第28回GLC学生ギターコンクール中学生の部第1位、第27回スペインギター音楽コンクール第4位、40回神奈川新人ギタリストオーディション主席合格。
第1回オールジャパンギターコンクール 第3位。

 

◇スケジュール

 13:30~  愛好家の演奏会

        休憩 (tea time) 

 16:00頃~ 松澤 結子 ギターコンサート

 

◇参加費 

 料金は、2,500円(飲み物付) です。 

 

 

◎ゲスト演奏に先立って、「愛好家の自由演奏会」があります。

 演奏希望者は、曲名(6分まで)を連絡ください。

 愛好家の自由演奏会のプログラムはこちらのブログに掲載します。

.

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ