« 取手ギターサークル(あすなろ)サマーコンサート | トップページ | 茨城マルシェ »

2016年8月23日 (火)

9月11日「ギター愛好家の会」 の曲目について

9月11日のアコラの「ギター愛好家の会」 

ゲスト種谷さんのプログラムは、こちら

愛好家の自由演奏会の曲目は、こちら
 (演奏は締め切りました。聴くだけの方は大丈夫です)

 

+++

私は次の3曲を演奏します。

・ダンデライオン~遅咲きのタンポポ (松任谷由実~竹内編)

・夕べの木蓮 (大河原義衛)

・ハナミズキ (マシコタツロウ~蓮見編)

 

〇ハナミズキ

9月11日の演奏会ということで、「ハナミズキ」が浮かびました。

この「ハナミズキ」の歌詞は、失恋を歌った、子供の結婚を歌った、などという解釈がありますが、2001年の9.11事件を歌ったと言われています。(ウェブ情報ですが)

作詞の一青 窈(ひとと よう)さんの話として、
アメリカ同時多発テロ事件発生時、ニューヨークにいた友人からのメールをきっかけに一週間ほどで書いた詞であった。

作詞当時はA4用紙3枚程で「テロ」・「散弾銃」といった言葉があり、その詞を削っていって「君と好きな人が百年続きますように」の言葉にたどり着いた。テロに対するテロ、その恐怖の連鎖を断ち切るために、始めに自分の大切な人、その人の大切な人、その隣の大切な人そしてその…その人一人一人の100年続く幸せを願えば、世界平和の願いが叶うのではないか…と。
また、9.11で亡くなった人から生きている人へのメッセージだそうです。
聞く人によっていろいろな解釈ができるのがヒットした理由でもあるのでしょうね。

作曲のマシコタツロウは、茨城出身。

(歌詞)
空を押し上げて 手を伸ばす君 五月のこと
どうか来てほしい 水際まで来てほしい
つぼみをあげよう 庭のハナミズキ

薄紅色の可愛い君のね
果てない夢がちゃんと 終わりますように
君と好きな人が 百年続きますように

夏は暑過ぎて 僕から気持ちは重すぎて
一緒にわたるには きっと船が沈んじゃう
どうぞゆきなさい お先にゆきなさい

僕の我慢がいつか実を結び
果てない波がちゃんと 止まりますように
君とすきな人が 百年続きますように

ひらり蝶々を 追いかけて白い帆を揚げて
母の日になれば ミズキの葉、贈って下さい
待たなくてもいいよ 知らなくてもいいよ

薄紅色の可愛い君のね
果てない夢がちゃんと 終わりますように
君と好きな人が 百年続きますように

僕の我慢がいつか実を結び
果てない波がちゃんと 止まりますように
君と好きな人が 百年続きますように

君と好きな人が 百年続きますように

 

〇ダンデライオン~遅咲きのタンポポ

聞く人によって誤解されている曲?
君、彼、私、あなたと出てきます。ライオンという響きで男性をイメージしてしまう人がいるそうですが、ダンデライオンはタンポポということで主人公の少女ですね。

そして、途中まで主人公を「君」と言っていて、最後で「私」と一人称になるところが凄いですね。

(歌詞)
夕焼けに小さくなる癖のある歩き方
ずっと手を振り続けていたい人
風に乗り飛んできた儚い種のような
愛はやがて来る冬を越えてゆく

君はダンデライオン 傷ついた日々は彼に出逢うための
そうよ 運命が用意してくれた大切なレッスン
今素敵なレディーになる

摘み取って捧げたら人に笑われそうな
私にできる全てを受け取って
故郷の両親が寄こす手紙のような
ぎこちない温もりほど泣きたくなる

君はダンデライオン 本当の孤独を今まで知らないの
とても幸せな寂しさを抱いてこれから歩けない
私はもうあなたなしで

とても幸せな寂しさを抱いてこれから歩けない
私はもうあなたなしで

 

〇夕べの木蓮

最初は上の2曲を並べて弾くつもりでしたが、メリハリをつけるために、間にこの曲を入れてみます。そのため、他の2曲は短く改編しました。

大河原義衛(1904~1935)は、日本のクラシックギター黎明期に活躍した一人。
「花束の組曲」という5曲からなる曲集からの1曲です。
俳句のような短い曲。

.

« 取手ギターサークル(あすなろ)サマーコンサート | トップページ | 茨城マルシェ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月11日「ギター愛好家の会」 の曲目について:

« 取手ギターサークル(あすなろ)サマーコンサート | トップページ | 茨城マルシェ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ