« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月25日 (日)

興味深い考察

あるホームページに興味深い考察が書かれていました。

途中からですが、一部分を引用させていただきます。

『~ネイガウス流派の特徴は、フレデリック・ショパンのピアニズムと言っても過言ではないほど、まず美しい響きとロマンティックな音楽解釈にあります。その響きには、ロシアならではの秘密が隠されているのです。

一般的に日本で行われている教育は、ドイツやフランスのピアニズムの流派が根付いており、しっかりとした立ち上がりの良い音・・「基音」で演奏します。ハノンやツェルニーで指の関節を鍛えるのが発声の基本であると認識されているためです。しかしながら、生まれ持った手の性は人それぞれであり、どんなに努力を積み重ねても関節は医学的にある一定以上は強くならないと証明されています。それと同時に、腱鞘炎やジストニア等の故障を招く危険性も高く、その原因は指を鍛える際に使う筋肉「伸筋」が働いてしまうためなのです。

そもそも、手というのは物を掴むために存在しています。なので、ネイガウス流派(ショパン流派)のピアニズムでは、伸筋を一切使わず「屈筋」のみを使って演奏します。その際、指の関節もダラダラに脱力させ、手のひらの内側にあるインナーマッスルと、手首の下の腱で支えるのです。この筋肉は、例えばロッククライミングの世界では常識的に鍛えられており、クライマーたちは指力ではなく腱を鍛えて岩を登るのです。~』 

丸尾祐嗣 さんのHP

http://yujirussiapianism.jimdo.com/

上記引用以外にも「倍音の効果」など、興味深い指摘があります。
ギターにも共通するところがあるのではないでしょうか。

+++

この内容が良いというわけではなく、ピアニストもあれこれ試行錯誤しているというところに興味があります。物理現象と脳や心理的な作用に分けて考えた方がいいのでしょうか。

.

2016年9月24日 (土)

パク・キュヒ リサイタル@水戸芸術館

Cs7dvduuaaal_d7

水戸芸術館のパク・キュヒ リサイタル

スカルラッティ: 
 ソナタ K32、K.178, K14、K.391
タレガ:
 アルハンブラの思い出
 アラビア奇想曲
 椿姫の主題による幻想曲
アルベニス:
 アストゥリアス
 カタルーニャ奇想曲 
 コルドバ
 セビリヤ

ブローウェル:旅人のソナタ
バリオス:森に夢見る
ヒナステラ:ソナタ 作品47

いい感じのプログラムですね。

 

Img_8629

  

スカルラッティの最初の芳醇な音で惹き込まれました。

タレガの音色の変化の美しさ、単音の存在感!!

アルベニス、やりたいことが完全にできているといった感じで、圧巻でした。

前半はイベリア半島のロマン派までの小品、後半はロマン派以降の中南米の大曲といった構成で、ギターの魅力を多くの人に伝えられるようなプログラム。
国際的に活躍しているプロらしい、素晴らしいコンサートでした。

アンコールはタンゴアンスカイ。

サインをもらおうと思いましたが、長蛇の列であきらめました。
Sさんの背中を写し、コンサートに来ていた旧職場の方と一緒に帰ってきました。

キュヒさん、リサイタルでも楽譜をおいて演奏してましたね!
自分の演奏スタイルに自信が持てました。

 

+++

金曜日は休みを取ったので4連休でしたが、雨が多くすっきりしませんでした。

左手の親指の痛みが続くので、整形外科に行ってきました。
レントゲンを撮りましたが、トゲなどは入っておらず、診察の結果はアロデニアということになりました。
レーザーを5分当てて、以降は治療、薬もなし。
効果的な治療方法はなく、様子を見ることになりました。

ギターはある程度は弾けるのですが、10分に一回位、ある押さえ方をすると飛び上がるような痛みを感じます。次は、10/1のレッスンと10/9の「AMF in ひたちなか」で演奏しますが、それまでに直ってくれることを祈ります。

.

2016年9月22日 (木)

山﨑さんのミニコンに行ってきました

Dsc03339s

山﨑弘一さんのミニコンサートがG文化館であり、行ってきました。

◇プログラム
第一部14:00~ 
・山﨑ソロ
 盗賊の歌(ミゲル・リョベート)カタロニア民謡
 アメリアの遺言(ミゲル・リョベート)カタロニア民謡
 聖母の御子(ミゲル・リョベート)カタロニア民謡
 エストレリータ(マヌエル・ポンセ)
 トロイメライ(シューマン)子どもの情景より
 ひまわり(ヘンリー、マンシーニ)
・山﨑&橋居デュオ~ ラルゴとロンド(カルリの対話風二重奏)

第二部16:00~
・山﨑&細川デュオ~ 
 落ち葉のコンチェルト(アルバート・ハモンド)
 月光(ソル)
・山﨑&橋居&細川トリオ~ 
 アメージンググレイス(讃美歌)
 グリーンスリーブス(イギリス民謡)
 君をのせて(久石譲)
 ワルツピカピカ(アルゼンチン民謡)



Dsc03343


Dsc03342

取手ギターサークルを主宰している山﨑さん。
山﨑節、全開でした。
気持ち良さそうに弾いていますね。うらやましいです。


Dsc03340

細川さんとの二重奏、美音でした。
落ち葉のコンチェルト、等に聴き入りました。


Dsc03344

橋居さんを加えた三重奏、和気あいあいとした演奏でした。一部と二部の内容を変え、また、その間の時間はステージを愛好家が自由に使えるというようにしていました。良いアイデアだと思います。

今日は楽器を持って行かなかったのですが、貸してくれる方がいて、皆さんが弾いた後で少し弾かせていただきました。皆さん、いい楽器を持っていましたが、最後に貸していただいた楽器は弾きやすく、音も出しやすく気持ちよかったです。アルカンヘルだということで、納得しました。私は、アルカンヘルというと、グスマンが浮かんできて硬質の音をイメージしてしまいますが、粘りのあるしなやかな音でした。

取手ギターサークルの方々と再会し、楽しい時間を過ごしました。

山﨑さん、皆さん、お疲れ様でした。

+++

ミニコンサートの入場料は、これまで一律800円でしたが、今回からアマチュアが演奏する場合は500円(プロはこれまで同様)になるとのことです。

.

2016年9月19日 (月)

角教室発表会(牛久エスカード)

角さんの教室発表会が牛久のエスカードホールで開催され、行ってきました。

Dsc03336


Dsc03320


Dsc03321


Dsc03322


Dsc03323


Dsc03324


Dsc03325


Dsc03327


Dsc03328


Dsc03329

坂本さんの演奏、久しぶりに聴きました。ホセのソナタ第一楽章を暗譜で演奏。凄い。

以下、ゲスト・ミニコンサート

Dsc03335

角さんと黒田さんで、ファリャの代官の踊りと、スペイン舞曲第一番。スリリングな、いい感じを出していました。


Dsc03337

初めて聴く、森田綾乃さん。GG学園などで講師をしている。
ロボスのプレリュード5番やバッハ、ポンセを演奏したが、予想以上に良い演奏、しなやかな音楽で、感心しました。


Dsc03338

最後に、三人でロンドンデリーの歌などを演奏され、賑やかに終了しました。

写真は省略していますが、いろいろな方、団体の演奏がありました。やはり、よく会う方々の演奏が内容的には良かったと思います。印象的だったのが、長塚さんで、2重奏、ソロ、アンサンブルと大活躍。バリオスのワルツ3番もだんだん細やかな表現になってきて、どこまで行くのか?という感じ。山本さん、細谷さんも丁寧な演奏で目立っていました。

ソルの魔笛より6つの小品全曲を演奏したご婦人がいて、アマチュアにもこういう方がいることや、角さんのクラシックギター音楽を大事にする姿勢、指導が感じられました。

予定では、1時から5時までということでしたが、5時45分位までかかり、帰りの電車の都合で、アンコールの終了と同時に帰りました。幸い、駅まで5分もかからず、予定の電車で帰って来られました。


松澤結子さんからのメッセージ

Matsuzawas


11月20日(日)にアコラで演奏される松澤結子さんから、メッセージを頂きました!!

「 こんにちは。

11/20(日)にアコラさんにて弾かせていただくことになりました、松澤結子です。

伺うのは昨年の4月以来2回目ですが、またあの響きのよい、明るい雰囲気の中で演奏できることをとても楽しみにしています。

今回は、今まで弾きこんできた曲も多くプログラムに織り込みます。
聞き応えのある演奏を目指したいと思っていますので、皆さまアコラさんにてお会いできれば嬉しいです。

よろしくお願いいたします!

                          松澤結子 」

+++

松澤さんのコンサート、楽しみです。

愛好家の会のスケジュールやプロフィール等はこちら。

曲目が決まりましたら、追記致します。

参加希望者の受付は始まっておりますので、連絡をお願いします。

 

 

カリス サンデーサロン

Dsc03316

サンデーサロンに申込んでいたので、恵比寿のカリスに行ってきました。


Dsc03308

店長とMさんの2重奏。
佐藤弘和さんが高校生の時にピアノ用に作曲した曲を、最近、佐藤さんが病院でギター2重奏用に編曲した手書き譜による演奏。
合わせの練習は、サンデーサロンが始まる前に1回やっただけ。凄い。

Dsc03317

千葉から来られたOさん。
来年のシニアギタコンに向けて、知らない人の前で演奏しに来たが、知った人が多すぎるとの談。

十数人が参加。2人、急に欠席になったとのこと。


Dsc03311


Dsc03315

ジュリアーニの「私の愛する花選集・象徴的な花束」から ばら/バンジー、それとハナミズキ(マシコタツロウ~蓮見昭夫編)をやりました。肝心のところがうまく弾けず、すっきりしませんでした。

クラスタで顔なじみのYさんは、先のアマコンで優勝し、今日は優勝お祝いの演奏がありました。しっかりとしたタッチの演奏で、勢いがありました。

アマチュアでも真摯な演奏を聴くと、いろいろ得るものがあります。

+++

駐車場から駅まで歩いて10分位かかります。10時20分ごろの電車に乗るのに余裕を持って出かけたところ、雨が降り出し、しかもかなり激しくなってきた。ギターが濡れるので、今日は行くのは止めようかどうか迷い、こち亀のTVアニメを駐車場で観ていましたが、スカイツリーで爆発した両さんの運命が気になり最後まで見てしまいました。終わるころには、雨も小雨になってきて、ちょうど良かったです。

帰ってきてから、ギターを弾いてみましたが、爪がかなり伸びていました。
カリスで弾いていて違和感がありましたが、それも一因のようです。
あと、2日前から左手の親指にとげが刺さったような痛みがあり、ある場所に力がかかるとびっくりするくらいの痛みが走ります。とげなのか発疹なのか?

.

2016年9月18日 (日)

種谷さんからのアドバイス

Taneyas


愛好家の演奏にアドバイスなどあれば・・・
とのことですが、私も一愛好家に過ぎず、「ここは、こうしましょう」とか「こうしてはいけません」などと申し上げるのはおこがましいので、「私は、こうしています」という話にとどめたいと思います。

まず、私がサロンやホールなど人前で演奏するときは、「こんな素敵な所で弾けて、うれしいな」と思うように努め、「ど忘れしたら、どうしよう」とか「あれっ、あそこはどう弾くんだったかな?」などと考えないことにしています。

ステージ中央に向かって一歩踏み出す前に、腹式呼吸で大きく息を吸って、ゆっくりと息を吐きながら椅子の横まで、自信ありげな歩調で進みます。

弾く前に「まだ練習途上なので、うまく弾けないと思いますが・・・」などとは、たとえ事実だとしても、言わないようにしています。

心身をリラックスさせるうえで「深呼吸」は効果がありますが、人前演奏が苦痛であるかのような「ため息」はつかないようにしています。

サロンやホールは(中には例外もありますが)多くの場合、ふだん練習している自分の部屋より音響が良いので、その、ふだんより良い(美しい)自分の音を、チューニングのときから楽しむように心がけています。
ただし、チューニングのときは「小さな美音」に徹し、連打は控え、余韻で合わせるようにしています。

というようなことで、もっぱら心構えの話になってしまいましたが、参考になりましたでしょうか。

                        種谷

+++

種谷さんに愛好家の演奏のアドバイスをお願いしましたところ、上のメールを頂きました。

永く人前で演奏している経験を感じさせる内容で、そのまま掲載させていただきました。

参考になるところが多いですね。

どこかイチローにも通じるところがあります。

.

2016年9月14日 (水)

11/20愛好家の会の演奏曲目

愛好家の会のゲストは松澤 結子さんです。

 

◇愛好家の自由演奏会の曲目

・オペラレビュー (J.メルツ) 
 ロッシーニのオペラ「モーゼ」より

・郷愁のショーロ (A.バリオス)

・前奏曲第1番 (V.ロボス)

・心の瞳 (三木たかし~小関佳宏編)

・スターダスト (H.キャミチェル)
 ミスターロンリー (G.アラン& B.ヴィントン)

・ラグリマ (F.タレガ)

・エチュード (F.タレガ)

・トロイメライ~子供の情景より~ (R.シューマン)

・アンダンテ ラルゴ (F.ソル)

・「吟遊詩人の調べ」から 
 マルヴィーナヘ (J.メルツ)

・マリアルイサ (J.サグレラス)
 エチュードOp.35-4 (F.ソル)

・イギリス組曲 (J.デュアルテ)

・エチュード (F.ソル)
 アヴェマリア (C.グノー)

・ひまわり (H.マンシーニ)
 イエスタディ (P.マッカートニー)

・エチュード (N.コスト)
  ワルツ3番 (A.バリオス)

・ファンタジー (S.L.ヴァイス)

・スペインセレナーデ (J.マラッツ)

・アンクラージュマン (F.ソル)

・ラルゴとロンド (F.カルリ)

 

(変更の可能性があります)

2016年9月11日 (日)

種谷信一コンサート@アコラ

種谷信一さんのコンサートがアコラで開催されました。

Dsc03273

          
G.サンス 
  パバーヌ

F.ソル 
  3つのエチュード(セゴビア編2、5、6番)
    メヌエット(第二グランドソナタOp.25より)
   魔笛の主題による変奏曲

H.ヴィラ=ロボス 
  ヴァルサ・ショーロ
  ガヴォット・ショーロ   
  プレリュード1、3、5番


Dsc03274


Dsc03292

チューナー事件のMC

Dsc03293

 
Dsc03296

Dsc03295




Dsc03299


Dsc03301

Dsc03306


お疲れ様でした!


Dsc03271

打上、乾杯!

Dsc03307

ギターテクニック談義が続きました。

 

+++

さすがにアマチュアのトップギタリストということで、多くの方が参加されました。

演奏もキャリアを感じさせる風格がありました。
プログラムは、サンスで指ならしをし、ソルとロボスの作品に絞ったすっきりした構成。

アポヤンドの深い音が上品で、一つ一つの音から更にイメージが広がってくる感じで、ギターの名曲集にありがちな陳腐感がなく、心地よく聴けました。

真に、「フェルナン道」にふさわしい演奏でした。

 

+++

種谷さんから感想を頂きました。

素晴らしいサロンで気持ちよく弾くことができました。
今、三郷駅からバスに乗ったところです。
今日はとても良い一日でした。本当にありがとうございました!

種谷さんからのアドバイス

 

+++

感想を頂いています。

〇種谷さん、素晴らしかったです。
 アマチュアで控えているところ、また良かったです。

〇昨日は、お世話になりありがとうございます。
 同じ世代に生まれた方が、仕事をしながらギターを頑張ってたのだと思うと、心に響きます。その中で、演奏でき嬉しいです。

〇種谷さん、演奏素晴らしかったです。
 実力のある方なので上手いのは当たり前ですが、それに加えて近年は攻める演奏になってきていると思います。

.

ギター愛好家の会(9/11)開催しました

Dsc03275

ゲストにアマチュアの雄、種谷さんを迎えて開催しました。

プログラムはこちら

 

Dsc03277


Dsc03278

 
Dsc03279

 

Dsc03280

 

Dsc03281

 

Dsc03282

   

Dsc03283


Dsc03284


Dsc03285


Dsc03286


Dsc03287


Dsc03288

佐藤弘和さんの曲集から


Dsc03289

指板外にもう1弦ある7弦の19世紀ギターのご紹介


Dsc03290

19世紀ギターデュオによる演奏


Dsc03291

ソルのアンダンテ・ラルゴ

今回は、栃木から来られた方もいて、また、アコラの常連さんがほぼ参加されて、予想以上の盛り上がりでした。

 

ばたばたしていて、自分の画像を撮り忘れてしまいました。

私の方から特に何も言うことはないですが、強いて言えば効率的な練習の仕方です。ありきたりですが、人前で弾いた演奏を録音して聴いてみて、悪いところから直していくということです。完璧にやるのは大変なので、相当だめなところを直す感じで良いと思います。それができたら、その曲を弾こうと思ったときにその曲のここが良いと思ったところがイメージ通りに弾けているか、ということで、3回位チェックをしたらいいと思います。品質管理のPDCAですね。皆さん、やられていると思いますが。

アコラをそういう機会に使ったらいいと思います。人前で弾くと不安なところがはっきり演奏に出ますので、そういったところから手当てしていったらいいと思います。

愛好家のイベント紹介がありました。

・9月22日 ミニコンサート 山崎、細川、橋居 @ギター文化館

・10月2日 水戸ギターアンサンブル @ひたちなか市文化会館
 

・10月9日 AMF in ひたちなか @ひたちなか市しあわせプラザ
       (問い合わせ先:谷島)

・10月30日 クラシックギターのつどい @守谷市中央公民館
                 (問い合わせ先:細川)

・11月27日 ミニコンサート 熊坂 @ギター文化館

 

・12月23日 ギャラリーコンサート 鈴木幸男、熊坂
         @ひたちなか市市民交流プラザ 

.

2016年9月10日 (土)

北口功 ミニコンサート

Dsc03262

北口功さんのミニコンサートがギター文化館であり、行ってきました。

 

Dsc03270

 

シベリウス/スプルース(もみの木)

ブラームス/ワルツOp.39-15

モーツァルト/ラクリモーサ(レクイエムより) 

バッハ/シャコンヌ

Dsc03261

本日は、早朝から庭の芝を刈りました。いつの間にかお昼を過ぎており、急いで出かけましたが、何とか2時からのコンサートに間に合いました。  

ギター文化館に到着したら、リハ―サルをやっており、1966年のブーシェが色彩豊かに、朗々と響いて、既に本番といってもいい感じでした。

Dsc03264

 

すべて、本人の編曲による演奏です。

モーツアルトは初めて聴きました。亡くなる直前に作曲したレクイエムからの編曲。

モーツアルトの到達した最高の境地とのこと。

 

何といっても、シャコンヌは圧巻でした。

聴き入りました。

 

Dsc03267

アンコールに、ラクリモーサをもう一度演奏しましたが、これも別な曲かと思うくらい深い演奏でした。

来年も、アコラで演奏していただくことになりました。

 
楽しみです。

.

2016年9月 4日 (日)

水戸・自由ヶ丘スタジオ

Dsc03258

9月になっても暑いですね。
Felice音楽教室の発表会があり、水戸市にある自由ヶ丘スタジオに行ってきました。

Dsc03251

一夢人だけ弾けばよいと思っていましたが、ソロも弾くというリクエストがあり、練習中のダンデライオンを演奏しました。

Dsc03253

デュオで一夢人を演奏しました。


Dsc03255

谷島さんの生徒さん、お父さんと娘さんのデュオ(エレキ)。
良いですね!


Dsc03256

作曲コースの方は、自作の曲を伴奏を打ち込んだ音源と一緒にピアノを演奏。


Dsc03260

ギター、ピアノ、フルートの生徒さん達の発表の後は、講師演奏。
谷島さんと高安さんによるテデスコ。

Dsc03259

最後はピアノの谷島さんとフルートのデュオで、人魚姫にちなんだ曲が演奏されました。

例年は、芸術館の敷地にあるレストランで発表会をしているそうで、今年も予約していたそうですが、レストラン改装?のためにキャンセルになったということでした。急遽、このスタジオでの開催となったそうです。

小学生と年配の方が多いようでしたが、練習の成果が十分に発揮できたようです。

フルート2本とピアノ伴奏という形は聴きやすかったです。

 

こういう場で演奏するのは、難しいですね。
ギターの良さが伝わったのか気になります。
食事や会話をしながらフランクな感じで演奏を聴くという趣旨のように見受けられましたのでポピュラーを演奏しましたが、アルハンブラとか禁じられた遊びにすれば良かったかな?

.

2016年9月 3日 (土)

福田進一ギターリサイタルに行ってきました。

20160903052008ed2

福田進一ギターリサイタルがギター文化館であり、行ってきました。

 

◇プログラム
  
ブローウェル:俳句(2016〜福田進一 60 歳の誕生日に)

バッハ(福田進一編曲):リュートのためのフーガ BWV1000

バッハ(福田進一編)リュート組曲第2番 BWV997

ソル(アグアド版):グランソロ作品 14

〜休憩〜

ブローウェル:ソナタ第5番  「アルス・コンビナトリア/結合術」(2012-13)

バリオス:大聖堂、アイレ・デ・サンバ、舟歌、
      郷愁のショーロ、ワルツ第 4 番、パラグアイ舞曲第1番

アンコールは、コルドバ(アルベニス)

 

Img_8521

テクニックを活かした流麗な演奏で、満員の会場からため息が出ていました。

グランソロ、バリオスも爽快でした。

特にアンコールのコルドバは美しい演奏でした。

今日は暑くて大変でした。また、ステージ上で音が2つ聞こえるということで演奏する位置に気をつかっていました。このホールの特徴だと言っていました。

懇親会の参加も考えていましたが、先の台風でパーゴラの屋根の一部が飛んでしまい、その修理のため、午前中にハウスビルダーの人と会う予定でしたが、午前中に来れなかったため、家に帰ることになりました。

 

Img_8506

途中で、やさとの唐辛子、ゆず、葉しょうが、モロヘイヤ、焼き鳥を買って帰りました。

 

カルリの曲は今までやったことがありませんでしたが、カルリも曲数が多いので少しなぞってみました。

メルツのオペラレビューは、いろいろやって新しい曲を2曲に絞ってきています。
少し見通しが出てきました。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ